不動産買取の基礎知識|仲介と違う?長所・短所や一括査定など

家やマンション、土地など、不動産を売るとなると、金額が大きくなりますし、さまざまな手続きが必要です。

不動産取引に詳しくない人は、非常に戸惑うことでしょう。そのような場合、「とりあえず、不動産屋さんに相談しよう」と考える方も少なくありません。

しかし、不動産業者に相談する際に基本的な知識を知っておかないと、相場の価格よりも安く売ってしまったり、思わぬ手間や費用がかかったりすることがあります。

事前に不動産の一般的な売却の仕方を理解していると、ご自身の状況に合った方法を用いて適正な金額で売却しやすくなります。

今回は、不動産を売るときの基礎知識をご紹介します。

不動産買取に関係するこちらの記事もおすすめです。


こちらから査定を依頼できます!

HOME4Uで不動産査定

【あなたの不動産いくらで売れる?】
HOME4Uが実績重視で厳選した1,500社と提携。査定価格を簡単比較!

不動産売却の主な2つの方法

不動産を売る方法には、主に「買取」と「仲介」の2つがあります。

まったく違う方法ですので、それぞれの特徴をよく理解しておきましょう。

買取とは

買取とは、不動産を扱う業者があなたの土地や家などを買い取ることです。

そして、不動産業者がその物件を転売したり、賃貸に出したりするのです。

この方法のメリットは、すぐに土地や家を売れることです。

仲介とは

仲介とは、不動産会社が間に入り、不動産の購入者を探してもらうことです。

広告やインターネットなどを通じて、「このような不動産があります」と公開します。

買い手がつけば、不動産業者に仲介手数料を支払います。

メリットは、時間はかかるものの、ある程度希望に沿った金額で売却できることです。

一般的には、価格を自分で決められる仲介を選ぶ売り手が多いです。

仲介が多いのには、業者側の事情もあります。買取を行えるほど豊富な資金力がある業者は、それほど多くはないからです。

不動産一括売却査定ならHOME4U

買取の長所と短所

不動産買取の長所と短所を紹介します。

一番の長所はスピード

買取の一番の長所といえばスピードです。

仲介の場合は、数カ月、半年以上買い手が見つからないこともありますが、買取の場合は、即決で業者が購入してくれます。

すぐに家や土地を現金化できるのは大きなメリットといえます。

また、業者に売ることで、売却時点の物件に対する瑕疵担保責任が消滅することも非常に有利です。

瑕疵担保責任というのは、物件売却後、1年以内に欠陥が見つかった場合、それを保証しなければならない、という義務です。

重大な欠陥が見つかった場合、数十万円から百万円以上の修繕費がかかることもありますが、その不安や負担からも解放されます。

さらに、仲介手数料がかからないことも重要な点です。

仲介手数料は「成約価格×3%+6万円」と法律で上限が決められており、その金額を請求されるのが一般的です。

5000万円で土地を売れば、156万円と消費税を支払うことになります。買取では、この支出を削減できます。

不動産を所持していることでかかる税金についても知っておきたいところです。こちらの記事が参考になります。

短所は価格が安くなりがちな点

買取の場合の短所は、家や土地を売る価格が、仲介と比べると安くなりやすいことです。市場の相場価格を下回ることもありえます。

価格がおさえられる理由は、不動産業者は取得した物件を運用して利益を出さなければならない点にあります。

長期間運用できなかった場合のリスクや、家やマンションの場合は必要なリフォーム費用も考慮に入れなければなりません。

ビジネスですから、かかりそうな費用や必要な利益を、購入時に差し引いているのです。

仲介の長所と短所

仲介の長所と短所

次に、仲介の場合の長所と短所を紹介します。

自分の希望する値段がつけられる

仲介で不動産を売る場合は、自分の希望する値段をつけることができます。

もちろん、市場の値段よりも大幅に高額になると難しいですが、まず、少し上乗せした価格で反響を見て、少しずつ価格を下げていくこともできます。

少しでも高い値段で家や土地を売りたいという希望が強い場合には、良い方法といえるでしょう。

売れるまでに時間がかかる

高く売れる可能性がある一方で、時間がかかるという短所があります。

前述したように、数カ月単位はかかることが多く、価格にこだわった場合、1年以上かかることもあるでしょう。

その間の建物の維持費や資産を運用できない損失なども考えなくてはなりません。

売ろうとしている家にまだ自分が住んでいる場合、家の中を見たいと希望する人がいれば、内覧の対応もしなければなりません。

プライバシーに関する問題はそれだけではありません。

仲介を依頼するということは、インターネットや広告に物件を公開するということです。

近所の人や勤務している会社にも売却中であることを知られることがあるでしょう。

売却を秘密にしておきたい方は避けたほうがよいです。

不動産一括売却査定ならHOME4U

不動産を売る場合、どちらがよいのか

買取と仲介、それぞれの長所と短所を紹介しました。では、どちらが有利に不動産を売れるのでしょうか。

結論は、物件や資金の状況を考えて、よりよい方法を使い分けることです。

それぞれの売却方法に向いている条件をまとめました。

買取の場合

すぐに現金化をしたい場合は、買取です。

新しくマンションを買う頭金を得るために今の家を売りたい、といった差し迫った期日や必要がある場合は、買取を利用したほうがスムーズでしょう。

また、資金がない場合も買取をおすすめします。

仲介の場合は、仲介手数料や瑕疵担保責任、リフォームなどさまざまな資金が必要になってきます。

買取の場合は、すべて不動産業者が行うので、自分で余剰な資金を用意しておく必要がありません。

そのほか、買い主との価格交渉など煩雑な手続きをする時間が取れない方も買取がおすすめです。

仲介の場合

時間や手間を惜しまず、少しでも高く売ることが最優先という方には仲介がおすすめです。

さまざまな個人と交渉し、高く買ってくれる人が現れるまで待つことができるのであれば、仲介のほうが有利に売却できる可能性が高いでしょう。

リフォームの必要が少ない新しい物件にも向いています。

まとめ

不動産を売る場合、「買取」と「仲介」という2つの方法があります。

買取はスピード感があり、すぐに不動産を現金化できますが、買取価格は低くなる傾向があります。

一方、仲介は、数カ月からときには1年以上時間がかかりますが、自分の希望する額に近い価格で売却できる可能性があります。

どちらもメリット・デメリットがあるので、すぐに決めるのは難しいものです。

不動産買取の一括査定などを利用して複数社に見積もりを依頼し、比較検討することから始めてみてはいかがでしょうか。

▼無料一括売却査定はこちら▼
※都道府県が選択されていません。
※市区町村が選択されていません。
※ご指定いただいたエリアへのお問合せは、現在取り扱っておりません。

※リンク先の売却査定/買取査定は、当社提携先の株式会社NTTデータ スマートソーシングのサービスページになります。