戸建て買取は仲介よりお得?依頼時の注意点や業者の選び方を解説

戸建てを売却する際には、買取と仲介のどちらを選んだ方がよいのでしょうか。

しかし、この疑問には正しい答えはありません。

というのも、買取と仲介は互いにメリット・デメリットがあるので戸建ての立地や状態、売却時期によってどちらを選ぶとお得かの回答も変わってくるからです。

この記事では戸建ての買取の仕組みや、仲介と比べた場合のメリット・デメリットを解説します。

また、戸建ての買取業者を探すために役立つ、不動産一括査定サイトについても利用するメリットやおすすめサイトをご紹介します。

▼無料一括査定依頼▼
※都道府県が選択されていません。
※市区町村が選択されていません。
※ご指定いただいたエリアへのお問合せは、現在取り扱っておりません。

※リンク先の売却査定/買取査定は、当社提携先の株式会社NTTデータ スマートソーシングのサービスページになります。

戸建て買取には2種類の方法がある

戸建ての買取を利用して売却を検討するなら、買取には「即時買取」「買取保証」の2種類があることを理解しておきましょう。

それぞれに長所と短所がありますので、特長を把握してどちらを選択するかを決めてください。

即時買取

即時買取は、不動産会社が提示した買取金額やその他条件について、戸建て(不動産)の所有者が了承したら、買取が成立するという方法です。

すぐに戸建てを現金化できるのですが、買取金額は基本的に相場よりも低くなります。

遺産分割協議などのために売却金額は低くてもよいので急いで現金化したい方には即時買取がおすすめです。

買取保証

買取保障は仲介と買取の両方の性質を持つ買取方法です。

一定期間は仲介で売却を目指し、期間が終了しても売却先が見つからなかった場合に、不動産会社があらかじめ決めていた金額で買取るという流れとなります。

一般的に買取は仲介よりも売却金額が低くなります。

そこで、最初は仲介で高額売却を狙い、売却に至らなかった場合は不動産会社が買取るという、リスクヘッジができる仕組みなのです。

不動産の売却を急いでいないけれど、確実に戸建ての売却をしたいという方には買取保証がおすすめです。

仲介との違い

不動産会社が不動産所有者から直接購入する取引方法を「不動産買取」といいます。

仲介との大きな違いは不動産会社自体が買主になることです。

仲介では個人または法人の買主を不動産会社が媒介して条件交渉を行いますが、買取の場合は不動産の所有者と不動産会社の間で条件に合意すれば売却が完了します。

戸建て買取のメリット・デメリット

まずは戸建て買取のメリット・デメリットを解説します。

不動産会社が買主と売主の間に入る仲介の場合はイメージがつきやすいものの、買取はなかなかイメージがつきづらいと思います。

買取のどのような点が仲介より優れているのか、逆にどのようなデメリットがあるのかをお伝えします。

戸建て買取のメリット

まずは、戸建て買取のメリットについてお伝えします。

早く戸建てを現金化できる

戸建て買取では仲介よりも素早く売却して物件を現金化できるのが最大のメリットです。

仲介では戸建て売却まで以下のような手順を踏まなければなりません。

  • 不動産会社との媒介契約締結
  • 不動産会社による募集活動開始
  • 購入検討者への内覧対応
  • 買主との条件交渉

上記のように基本的に待ちの姿勢となるため、戸建ての現金化まで多くの時間がかかってしまいます。

一方、買取であれば不動産会社から提示された買取価格で合意したら、売却活動が迅速に進みます。

相続の分割のために早く戸建てを売却したい場合などは買取を選ぶのがおすすめです。

内覧の手間がかからない

不動産会社による戸建て買取の場合、取引相手が不動産会社になるため、仲介で売却するときのように内覧対応をする必要がありません。

内覧は想像以上に手間がかかるもので、購入希望者の印象を良くするために事前の清掃をしたり、質問に答えられるように模範解答を準備する必要があります。

買取であればそうした煩雑な作業からも解放されるので、内覧をする時間が確保できない方にも最適です。

契約不適合責任の免除もできる

買取の場合は契約不適合責任が免除される契約を結べるのも、戸建てを売る側にとっては大きなメリットです。

一般人が売却先になる仲介では、売却した戸建てに瑕疵(欠陥)が見つかった場合に「契約不適合(瑕疵担保)責任」を負う必要があり、責任免除する旨の契約はできません。

しかし、不動産会社が買主となる買取の場合はその限りではなく、買取契約の締結時に、契約不適合責任を免責する条項を盛り込むことができるのです。

近隣に知られず戸建てを売却できる

戸建ての買取なら売却する際に周囲に知られることがありません。

近隣とのトラブルや離婚など、人によっては周囲に戸建てを売却しようとしておることを知られたくないケースがあると思います。

仲介で売却する場合には、地域一帯にチラシが投函されたり、内覧が行われるため、戸建てを売りに出していることが知られる可能性が非常に高いです。

買取であれば、広告配布も内覧もないので、周囲に知られるリスクはほとんどありません。

査定の依頼時に、周囲に売却しようとしていることを知られたくない旨を伝えておけば、より安心です。

仲介手数料がかからない

不動産会社が仲介に入って戸建てを売却する場合、売買契約の成約時に不動産会社へ成功報酬として仲介手数料を支払うことになります。

しかし、買取の場合は不動産会社が直接の取引相手となるので、仲介手数料はかかりません。

売却コストを抑えられるので一見お得に見えますが、基本的に戸建ての買取金額は仲介よりも低くなるので、受け取れる金額が必ず多くなるとは限らない点には注意が必要です。

戸建て買取のデメリット

続いてご紹介するのは、戸建て買取のデメリットです。

早く・確実に売却できる買取ですが、メリットだけでなくデメリットも存在します。

両者を理解して、買取と仲介のどちらを選ぶか検討してください。

売却金額が仲介より安くなる

買取で戸建てを売却する最大のデメリットは、売却金額が相場の2~3割ほど安くなってしまう可能性が高いことです。

不動産会社は戸建て買取後に、老朽化した床や天井、設備を補修・更新してから再販します。

他にも販売を担当する社員の人件費や広告費などもかかるので、それらの費用を考慮した買取金額を売主へ提示することになります。

そのため、仲介よりも売却額は安くなってしまうのです。

マンションより買取業者を見つけづらい

流通量が豊富なマンションと比べると、戸建ては買い手がつきづらいです。

そのため、買取を引き受けてくれる業者もマンションと比べると見つけづらくなっています。

一括査定を利用して、戸建ての買取に対応している不動産会社を探すことをおすすめします。

お持ちの不動産(マンション・一戸建て・土地など)の適正な売却価格を調べるなら、NTTデータグループが運営する「HOME4U(ホームフォーユー)」の不動産売却一括査定サービスがおすすめです。


お住まいの都道府県と市区町村を選び、物件の種類を選んでいくだけで、その地域で仲介売却を得意とする不動産会社が自動で選ばれ、最大6社から見積もりをもらうことができます。

全国から厳選した実績豊富な不動産会社に売却を依頼することができるため安心です。

お持ちの不動産(マンション・一戸建て・土地など)の適正な売却価格を調べるなら、NTTデータグループが運営する「HOME4U(ホームフォーユー)」の不動産売却一括査定サービスをご利用ください。

不動産売却一括査定のHOME4U

お住まいの都道府県と市区町村を選び、物件の種類を選んでいくだけで、その地域で仲介売却を得意とする不動産会社が自動で選ばれ、最大6社から見積もりをもらうことができます。

実績豊富な不動産会社に売却を依頼することができるため安心です。。

戸建て買取おすすめ一括査定3選

ここでは、戸建ての買取を依頼する場合におすすめな、不動産一括査定をご紹介します。

いずれも使いやすさく登録業者の質に優れた3社ですので、安心して利用できます。

戸建ての買取が成功するかどうかは不動産会社選びにかかっているといっても過言ではないので、一括査定を活用して信頼できる不動産会社を見つけてください。

HOME4U 

HOME4U不動産一括査定

出典:HOME4U

HOME4UはNTTデータのグループ企業が運営している不動産一括査定サイトです。

通算45万件以上の売却査定実績を誇る老舗サイトで、提携先している約1800の不動産会社も厳格な審査基準を通過した優良企業ばかりです。

戸建ての査定を受けるには、最初に不動産の種類で「戸建て」を選択し、あとは築年数・間取り・売却希望時期などを順番に入力します。

そして最後に、査定を依頼する候補となる最大6社の不動産会社が表示されるので、依頼する企業を選択して完了してください。

不動産最新情報を配信中!

SUUMO

SUUMO不動産売却一括査定

出典:SUUMO

SUUMOはリクルートグループが運営している不動産一括査定サービスです。

専有面積や築年数、売却者の情報などを入力するだけで複数の不動産会社へ査定を簡単に依頼できる、便利なサービスです。

大手不動産会社から地場の不動産会社まで選択できるので、買取を希望する物件の特性や売却希望時期を加味して買取業者を選択してください。

また、SUUMOでは不動産売却に役立つコラムを多数掲載しているので、日頃から読み込んでおくことで知識が身につきます。

LIFULL HOME’S

LIFULL HOME'S

出典:LIFULL HOME'S

通算の一括査定利用者が800万人を突破した、人気の不動産一括査定です。

最初に不動産の種類で「戸建て」を選択するとチャットが起動するので築年数や面積などの質問に回答してください。

また、LIFULLは不動産会社の雰囲気が伝わる店舗内・外観の写真や社員の顔写真が掲載されているのが特長です。

買取の交渉をする相手の雰囲気が分かるのは、取引初心者にとってはありがたいポイントと言えます。

こちらで紹介した以外にも不動産無料査定サイトを知りたい方に向けて、「おすすめの不動産一括査定サイト」を紹介しています。

戸建て買取業者の選び方4つのポイント

戸建ての買取業者選びは、売却の成否に直結します。

では、どのように買取業者を選べばよいのでしょうか。ここでは、戸建て買取業者の選ぶための4つのポイントをご紹介します。

他社より査定金額が高い

戸建て買取業者を決める上で、もっとも分かりやすい基準が提示してきた査定金額です。

独自の戸建て販売ルートを有している業者なら買取した後で高値で再販する算段ができているので、売主へ他者よりも高い査定金額を提示できます。

ただし、あくまで査定金額は参考価格なので実際の買取価格とは異なることを理解しておきましょう。

買取査定額の根拠を明確に示してくれる

買取査定が高額だったからといって単純に喜んではいられません。

中には相場より高額な買取価格を提示しすることで訪問査定に持ち込み、現地調査の際にさまざまな理由をつけて大幅に査定額を下げるという悪徳業者も存在するからです。

戸建ての買取査定が提出されたら、査定の根拠を明確に説明できるかどうかを確かめるために、いくつかの質問を投げかけてみることをおすすめします。

エリアでの戸建ての販売実績があり、評判が良い

戸建ての買取では、企業規模が大きい不動産会社が必ずしも良いとは限りません。

地場の不動産会社の方が買取後の再販ネットワークを有していて、買取査定時に高値をつけてくれることが期待できるからです。

地域住民から信頼されていて、なおかつ戸建ての販売実績が豊富な不動産会社を選ぶことが大切です。

戸建ての売却経験が豊富な不動産会社を選ぶ

不動産会社にも得意・不得意分野があります。

マンションの賃貸が得意な不動産会社もあれば、戸建ての買取が得意な会社もあるのです。

戸建ての買取経験が豊富な会社を選んだ方が、独自の再販ルートを持っており、買取額が高くなることも期待できます。

戸建て買取に向いている物件の特徴

戸建てを売却するにあたって、所有している物件が買取と仲介、どちらを選べばよいのか分からないという方もいらっしゃると思います。買取に向いている戸建てとはどのような物件なのでしょうか。

早く売りたい物件

相続した財産を分割する「遺産分割協議」を控えている場合など、一刻も早く戸建てを売却して現金化したい場合は仲介よりも買取が向いています。

事故物件

部屋の中で事件などが起きてしまったいわゆる「事故物件」の場合、仲介で売りに出してもなかなか買い手がつきません。

買取であれば事故物件であった戸建ての扱いに慣れている買取業者もいますので、問題なく売却できます。

設備などの老朽化が激しい戸建て

買取の場合は仲介と違って築浅よりも、設備などの老朽化が激しい戸建てのほうが向いています。

築浅であれば仲介で高額売却を目指す方が合理的なのですが、老朽化が激しい戸建てはなかなか買い手がつきません。

そこで、買取なら不動産会社が設備リニューアル費用を加味した金額で買取ってくれるので、早期の売却が期待できるのです。

立地が良くない物件

立地が不利な戸建て物件は仲介だと売れづらいのですが、不動産会社はそうした物件を売るために周辺の土地を買取って開発して売却するなどのプランを持っています。

仲介では売れなくても買取りなら売れるというケースも数多くあるのです。

戸建ての買取相場を調べる方法

戸建ての買取査定を依頼する前に、どの程度で売れそうかという相場観を養っておく必要があります。

買取相場を調べるには、「不動産会社のポータルサイト」「不動産ジャパン」の2つを利用すると非常に便利です。

不動産会社のポータルサイトで売却事例を見る

SUUMOやLIFULLなど、各不動産会社は不動産ポータルサイトを運営しており、過去の売却事例を参照できます。

出来る限り買取を検討している戸建てに近い条件の売却事例を数多く見ることが、相場観を養うことにつながるのです。なお、売却事例を閲覧する際には以下の要素を比較するのがおすすめです。

  • 築年数
  • 立地(駅からの距離)
  • 敷地面積
  • 建物面積
  • 間取り
  • 構造(木造・鉄筋コンクリートなど)

「不動産ジャパン」をチェックする

不動産ジャパンは、公益財団法人不動産流通推進センターが運営している総合不動産情報サイトです。

安心・安全な不動産取引をサポートすることを目的としており、不動産の種別ごとに取引相場を公開しています。

戸建ての相場情報も公開されているので、日頃から閲覧しておくことをおすすめします。

参考:不動産ジャパン

戸建ての買取価格を上げるコツ

戸建ての買取を依頼するなら、少しでも高値で買取ってもらいたいものです。

そこで、戸建ての買取価格を上げるためのコツをご紹介します。

複数の不動産会社へ買取査定をする

1社だけではなく、複数の不動産会社へ戸建ての買取査定を依頼することで買取価格は上がりやすくなります。

査定をする会社によって重視するポイントは異なりますし、どうしても販売用の戸建てや土地を仕入れたいという事情を持つ会社もあるからです。

また、複数の不動産会社からの査定額を比較することで、高いのか低いのかという判断もしやすくなります。

戸建ての買取相場を把握しておく

日頃から戸建ての買取相場を調べて把握しておくことで、自信を持って価格交渉に臨むめるようになります。

低い査定額が提示された査定額が低いと感じた際にも、「なんとなく安い」と言うのではなく、相場と比べて安いとを伝えるだけで説得力が生まれるのです。

不動産需要が高い時期に買取を依頼する

不動産会社の繁忙期時期に買取査定を依頼することで、査定額アップが狙えます。

進学や転勤が多くなる3月などの繁忙期に備えて、不動産会社は販売用の不動産を仕入れておきたいと考えるため、少々高値でも買取ってくれるかもしれません。

ただし、3月に売却完了させるなら1~2か月は早く動き出す必要があります。

信頼できる不動産会社に買取依頼をする

不動産会社選びは戸建て買取を成功させるためにもっとも重要です。

机上査定で高額査定額を出してくれる会社を選ぶのではなく、査定を算出した根拠について相場を交えてしっかり説明してくれる会社を選ぶようにしてください。

不動産会社の選び方や良い不動産屋の見分け方」については、こちらの記事で解説しています。

戸建て買取のQ&A

老朽化が激しい戸建てでも買取してもらえる?

必ず買取してくれるとは限りませんが、老朽化が激しい戸建てであってもエリアや敷地面積・敷地の形状がよければ買取ってくれる可能性は高いです。

そうした物件は不動産会社が取り壊して更地で販売したり、新築の物件を建設して販売したりすることを見込んでいます。

ただし、解体費用も見込んで買取費用は低くなってしまう恐れはあります。

住宅ローンの残高がある戸建てでも買取してもらえる?

住宅ローンが残っている戸建てでも、売却金額がローン残高を上回る場合は問題なく買取してもらえます。

残高を下回っている場合でも「住み替えローン」「任意売却」などを利用して買取可能なケースがありますので、不動産会社へ相談してみることをおすすめします。

戸建ての買取査定は無料でしてもらえる?

戸建ての買取査定は原則無料でしてもらえます。

不動産会社は買取査定を通じて、媒介契約につなげることを目的としているためです。

ただし、裁判で提出するための鑑定書を必要とするなら、不動産鑑定士による有料査定を受ける必要があります。

共同名義の戸建てでも買取してもらえる?

買取業者によっては、共同名義の戸建てでも持ち分だけ買取してもらえます。

例えば、兄弟で5:5で戸建てを所有している場合は半分だけの買取となり、事前に共同名義人の承諾を得る必要はありません。

60秒で無料査定依頼!

HOME4Uで不動産査定

【高く売れる場所が見つかる!】
HOME4Uが厳選した1,800社と提携し、あなたの不動産査定価格を簡単比較!
※2021年6月現在

戸建ての買取方法まとめ

戸建ての買取方法について解説してきましたが、疑問点は解決されましたか?

買取は仲介より売却金額が下がる分、確実かつ迅速に売却できます。

売りづらい立地や設備の戸建ての場合は特に買取が有効なケースも多いので、一括査定サイトなどを利用して不動産会社を見つけて早めの売却を目指してください。