農地を有効活用しよう!活用方法を徹底解説!

「農地を保有しているけれどうまく活用できない」

「農地を放置しているので何とかしたい」

農地は農業を営む重要な土地として、特別に規定されています。

農地には様々な活用方法がありますが、上手く活用できていないケースも多いです。

農地を放置していると、税金の負担が大きくなったり、メンテナンスできずに荒れるなどのリスクがあります。

農地を有効活用するには、周辺環境などに応じ、最適な活用方法を見つけることをおすすめします。

本記事では、農地の活用方法について詳しく解説します。

あなたに適した土地活用プランが無料で請求

【最大7社に無料でプラン請求】
土地活用を検討するなら最大収益プランが簡単に見つかるHOME4Uの土地活用をご利用ください。土地の節税対策や資産運用による副収入をご検討ならおすすめです。
㈱NTTデータ・スマートソーシングが運営する信頼と安心感、国内最大級1400万人利用の実績のある土地活用プラン提供サービスです。

農地の活用方法3パターン

農地は基本的には農業を営むための重要な土地ですが、様々な活用方法があります。

農業を継続できる場合は、農地としての性質を活かし、農作物を栽培するのが一般的です。

他者へ貸し出し、農地として活用してもらうのも手段です。

また、農地としての活用が難しい場合は、転用したり売却するなどの方法もあります。

農地の活用方法には、「農地としての活用」「農地以外への転用」「農地の売却」と大きく3パターンあるので、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

農地として利用する

農地は、農地としての性質を活かして活用することができます。

農業を続けることが可能であれば、農地の良さを活かした活用方法がおすすめです。

たとえば、農地として活用する方法は以下が挙げられます。

  • 市民農園として利用する
  • 農地を貸し出して収益を得る
  • 農地集積バンクを利用する

とくに、農地の状態が良い場合はそのまま利用できるので、コストがかかりません。

長期間貸し出すことができれば、安定収入にもつながります。

農地以外に転用する

農地は、農地以外に転用することも可能です。

ただし、登記内容が「農地」となっている場合、農業以外の方法で利用することはできない仕組みになっています。

農地を他の目的で利用する場合は、申請が必要です。

申請し、農地以外の活用方法が認められれば、以下のような手段があります。

  • 農地にアパートを建てる
  • 駐車場を建設する

農地として活用するのではなく、その他の方法で活用したい場合は、「農地以外への転用」を検討しましょう。

転用することで、活用の幅が大きく広がります。

ただし、農地を転用する場合は、適性の見極めが必要です。

立地環境や土地の広さなどを総合的に考慮し、活用方法を検討しましょう。

売却を検討する

保有している農地が不要であれば、売却を検討するのも手段です。

農地を売却すれば、メンテナンスなどの手間を削減できます。

また、農地を売却すれば、固定資産税の負担がなくなります。

金額設定にもよりますが、成功すれば大きな臨時収入になるので魅力的です。

新たに収入を得て、より収益を得られる不動産や土地などに投資するのも手段です。

ただし、農地の売却は農業委員会の審査を経る必要があるので、農地以外の土地を売却するときとは異なる手続きを行います。

農地活用のための条件

農地を活用するには、まず、状況を把握する必要があります。

条件によって、活用方法が制限されるので、あらかじめ確認しておきましょう。

農地の活用方法を検討する際に重要な要素について解説します。

農地としての条件を満たすか確認する

農地を活用する際は、農地としての条件を満たすか確認する必要があります。

というのも、土地には地目が定められており、「農地」と定められた土地は農地として使用することしかできません。

農地は人々の生活に必須の土地なので、農地を保護したいという意図が背景にあります。

土地がどのような登記内容になっているかが分からない場合は、法務局で確認することが可能です。

ただし、農地の登記内容は、田もしくは畑などとなっているので、登記上の地目のみならず、農業が行われているかなど、土地の用途も加味して判断されます。

農地以外の目的で利用するなら転用が必要

農地としての条件を満たす土地の場合は、原則農地としてでしか利用できない仕組みとなっています。

そのため、農地にアパート・マンションを建設するなどその他の用途で利用したい場合は、宅地転用などの対応が必要です。

ただし、全ての農地で、農業以外の目的で使用することが許可されるわけではありません。

場合によっては、農業委員会より許可を得られないケースがあるのです。

とくに、農地が農業振興地域にある場合は許可をもらえない可能性があるので、あらかじめ確認しておきましょう。

不動産の役立ち情報を配信中!

売却する場合は農業委員会から許可を得る

農地を売却する場合は、農業委員会から許可を得る必要があります。

また、購入者にも制限があり、以下のような方のみ購入可能です。

  • 農家を営んでいる
  • 農業に参入している

そのため、農地を農地として売却する場合は、対象が狭まります。

対象者の幅を広げ、効率的に売却したい場合は、宅地に転用する方が扱いやすいです。

ただし、転用する場合も農業委員会の許可が必要なので、あらかじめ把握しておきましょう。

農地を農業用として活用する方法

農地の性質を活かせるのであれば、農業用として活用するのがおすすめです。

遊休農地であっても、方法によっては農業を再開できる可能性があります。

自力で活用できない場合は、農家に貸し出したり、市民農園として活用するのも手段です。

農地を農業用として活用する方法について解説しますので、参考にしてみてください。

体験農園で地域活性化を目指す

農地は、体験農園として提供する活用法があります。

体験農園として普及すれば、地域活性化にもつながります。

体験農園には、「業者と提携し、体験農園を開催する」「他の農家へ貸し出し、共同で体験農園を行う」などの方法があるので、状況に応じて選択しましょう。

たとえば、以下のように体験農園として活用できます。

  • 野菜や果物などの収穫体験を行う
  • 田植えを体験する
  • 収穫物で調理を楽しむ
  • 農家の人とのふれあいを経験する

農地はアイデア次第で様々な活用方法があります。

いちご狩りなどを家族連れで楽しむケースもあります。

実際に収穫したものを調理するのも貴重な経験となり、喜ばれるのでおすすめです。

業者と連携し、ツアーや旅行などとして、農業体験を企画するのも手段です。

観光地として定着すれば安定収入にもつながるので、どのように活用できるか検討してみましょう。

市民農園として活用する

使用していない農地は、市民農園として活用することができます。

市民農園は、業者との契約を介して農地を貸し出す仕組みです。

市民農園には、以下のようなメリットがあるので、検討してみることをおすすめします。

  • 農地のメンテナンスを業者に任せられる
  • 近隣農家とのやり取りも不要
  • 利用者は専門家の指導を受けられる

市民農園は、農地のメンテナンスに手間をかけたくない方にぴったりです。

また、市民農家には専門家が関与するケースが多いので、利用者はクオリティの高い農業体験をできます。

農業体験を通して様々な知識を得られ、貴重な体験になるでしょう。

また、市民農園は自治体にも推奨されています。

市民農園を運営する際は、必要な資材を準備するなどの初期対応が必要ですが、使用可能な状態になれば、安定収入につながります。

農家に貸して活用してもらう

農地を自身で活用するのが難しい場合は、他の農家に貸し出して活用してもらうことも可能です。

農家に貸し出すのは、その他の方法よりも必要な手続きが少ないので、手間がかかりません。

ただし、農家へ貸し出す場合は、農業委員会や都道府県知事の許可をもらう必要があります。

貸し出しの契約が完了すれば、賃料として収入を得られます。

とくに、近所に知り合いの農家がいる場合に利用しやすい方法です。

農地を活用してくれる知り合いがいる場合は、貸し出しを検討してみましょう。

売却して収益を得る方法

農地は、売却して収益を得るのも手段です。

農地を将来的に活用する予定がなく、管理するのが負担になる場合は、売却を検討しましょう。

とはいえ、農地の売却方法には、「農地として売却する」「転用してその他の用途の土地として売却する」など複数の方法があります。

状況によって最適な売却方法が異なるので、慎重に検討しましょう。

農地集積バンクを利用して売却する

農地を売却する際は、農地集積バンクを利用するのも手段です。

農地は農業関連の方にしか売却できないこととなっているので、なかなか引き取り手を見つけきれないケースがあります。

農地集積バンクは、農地を集約し管理している機構です。

農地の売却に関して、以下のようなメリットがあります。

  • 個人で売却先を見つける手間を省ける
  • 大規模農家へ貸し出す手続きを行ってくれる
  • トラブル発生時は窓口として対応してくれる

農地を売却する際、農地集積バンクを利用すれば、スムーズに売却につなげられる可能性があります。

利用する場合は、市町村へ連絡してみることをおすすめします。

農地として売る方法が分からない方におすすめです。

転用して不動産として売却する

農地より転用したら、農家以外の方にも売却できるようになります。

というのも、農地を売却する際は、「農業関係者」と売却対象が限られます。

農地を不動産として売却できるよう、転用手続きを行うのがおすすめです。

農地を転用するには、農業委員会の審査に通過し、許可を得る必要があります。

対象範囲が広がれば、より高く売却できる可能性があります。

ただし、立地条件などによっては、審査に通過できない可能性があるので注意が必要です。

というのも、農地には区分があり、以下以外の区分の場合は転用不可となっています。

  • 第二種農地
  • 第三種農地

まずは、条件に該当しているか確認しましょう。

農地転用後の活用方法

農地は転用により活用の幅が広がります。

転用後の使用目的によっても、審査結果が異なるので、あらかじめ決めておく必要があります。

「駐車場として活用する」「アパートを経営する」など、様々な活用方法の中から、最適な方法を選びましょう。

周辺環境との兼ね合いも重要です。

農地転用後の活用方法について解説しますので、参考にしてみてください。

駐車場経営を行う

住宅街に近い場所に農地を保有している場合、駐車場経営を行うのも手段です。

月極駐車場などとして運用すれば、定期収入を得られます。

とくに、都会など駐車場が不足している立地であれば、駐車場としての需要が高いです。

もちろん、農地を駐車場として利用するには設備投資が必要ですが、それほど高額な費用はかかりません。

初期投資をそれほどかけずに農地で収益を得たい方は、駐車場経営を検討しましょう。

太陽光発電を行う

農地は日当たりの良いケースが多いので、太陽光発電にぴったりです。

太陽光発電を行うにはソーラーパネルの設置が必要なので、数百万円と高額な初期費用がかかります。

とはいえ、一度初期投資をすれば運営コストはあまりかからないので、効率的に収益を得られるのが魅力です。

太陽光発電を行う場合、充電収入を得ることとなります。

また、太陽光発電には国からの補助金があるので、比較的アプローチしやすいです。

なお、農地で農業を営んでいる場合は、農業と太陽光発電を併用して運用することも可能です。

ソーラーパネルを農地の上に設置する形になります。

農地と太陽光発電の併用であれば、土地を転用する必要がありません。

転用できない土地の活用方法に悩んでいる方にもおすすめです。

アパート経営を行う

農地の活用方法として、アパート経営を行う方法があります。

アパート経営には、以下のようなメリットがあります。

  • 固定資産税の節税になる
  • 比較的面積が狭い場合も運営できる
  • 毎月定期収入を得られる
  • 相続税を軽減できる

とくに、固定資産税が大幅に軽減されるので、節税目的にアパート経営を検討するケースが多いです。

また、相続税対策にもなります。

ただし、アパート経営を行う場合、初期費用が高額になるので慎重に検討することが大切です。

資材置き場として利用する

農地は資材置き場として利用することが可能です。

事業者に対し、資材を置くスペースを提供します。

土地を貸し出すだけなので、建物を建設する必要はありません。

農地によっては建物の建設が制限されているケースがありますが、資材置き場としてであれば活用しやすいでしょう。

大きな収益は期待できないですが、初期費用もほとんどかからないので、リスクの少ない方法です。

高齢者施設を建てる

農地に高齢者施設を建設するのも、有効な活用方法です。

高齢者施設は広さが必要なので、農地に建てる建物としてはぴったりです。

需要もあるので、軌道に乗れば大きな収益を得られます。

ただし、高齢者施設を建設するには、農地を宅地に転用する必要があるので注意が必要です。

また、高齢者施設は比較的規模の大きい建物なので、初期費用が高額になります。

収支計画を立てた上で、高齢者施設の建設を検討しましょう。

農地を放置するデメリット

農地を活用できずに、遊休農地として放置されているケースは多いです。

というのも、農地は後継者問題などもあり、有効活用するのが難しい状況になることもあるのです。

しかし、農地を使用せずに放置することはおすすめできません。

農地を放置していると、収益がない状態で税金を支払うことになります。

また、荒れ果てた状態になると、周辺へ迷惑がかかります。

農地を放置するデメリットについて解説しますので、チェックしてみてください。

固定資産税の負担が大きくなる

農地を放置すると、固定資産税の負担が大きくなるので注意が必要です。

農地の固定資産税は以下のように算出され、いずれか少ない方が適用されます。

  • 評価額×税率

※評価額は、「売買価格×0.55」で算出

  • 前年度の課税標準額(前年度の売買価格×0.55)×負担調整率×税率

※前年度の課税標準額は、「前年度の売買価格×0.55」で算出

農地であれば、売買価格に0.55を乗じるので税額が下がりますが、放置して遊休農地となると、0.55を乗じてもらえなくなるケースがあります。

固定資産税の額が上がり税負担が大きくなるので、遊休農地とならないよう注意が必要です。

なお、収益を得られない農地を保有し、税負担がかさむのは大きなデメリットです。

農地として将来使用する予定がないのであれば、早めに別の活用方法を検討しましょう。

長期放置すると活用の難易度が上がる

農地を長期間放置すると、活用の難易度が上がるので注意が必要です。

というのも、通常、農業を運営している場合は、以下のように農地のメンテナンスを必然的に行います。

  • 農薬を散布する
  • 草むしりを行う
  • 適宜清掃を行う

しかし、農地を使用せずに放置していると、ごみが散乱したり雑草ばかりになるなど収拾できない状態になる可能性があります。

荒れた状態では、貸し出すこともできません。

一旦状態が悪くなると、立て直すのにコストがかかりますし、活用できる状態になるまでに長期化する可能性があります。

周囲へ悪影響を及ぼす

農地を使用せずに放置していると、周囲へ悪影響を及ぼします。

たとえば、農地のメンテナンスをしていないと、害虫が発生したりごみを不法投棄されたりする可能性があります。

「異臭の原因になる」「害虫の被害が発生する」などの状況になると、近隣へ迷惑がかかるので注意が必要です。

トラブルが拡大すると、最悪の場合損害賠償を請求される可能性があるので早めに対処しましょう。

使わない農機具は専門業者に

農地の有効活用はもちろんですが、使わない農機具がある場合、専門業者に売却して利益を得ることも可能です。

農機具も使用せずに放置していると、錆びなどの劣化につながります。

劣化すると価値が下がり、売却できなくなるので、早めに売却処分するなどしましょう。

使わない農機具を売却したい場合は、「農機具高く売れるドットコム」の利用をおすすめします。

「農機具高く売れるドットコム」についてご紹介しますので、参考にしてみてください。

負担金なしで利用できる

「農機具高く売れるドットコム」を利用する際、利用者の負担金は発生しません。

以下のような料金は全て無料で利用できます。

  • 査定料
  • 出張料
  • サービス利用料
  • 処分費用

全国対応なので利用しやすい

「農機具高く売れるドットコム」は、全国どこでも対応可能なサービスを展開しています。

自宅まで出張引き取りも行っているので、大型の農機具を保有している方でも利用しやすいのが魅力です。

日程調整し、希望の日に合わせて引き取りを行うことができるので、忙しい方でも負担になりません。

上場企業が運営しているので信頼度が高い

「農機具高く売れるドットコム」を運営しているのは、東証プライム上場企業です。

信頼度が高いので、安心して利用できます。

実際に、利用した方の満足度は99.7%となっています。

多くの方に支持されるクオリティの高いサービスを行っているので、ぜひ、チェックしてみてください。

複数の優良企業から一括提案!

【たった3分で今すぐ始められる】
土地活用を検討しているなら、厳選された優良企業に無料で一括請求ができるタウンライフ土地活用を利用してみてはいかがでしょうか?
アパートやマンションはもちろん、駐車場や医療施設、トランクルームなど様々な提案をもらうことができます。
累計112万人以上が利用した実績もあるので、安心して土地活用プランを比較検討できるのが魅力です。

周辺環境を考慮し農地の活用方法を検討しよう

農地は、人々の食生活に重要な役割を果たす土地なので、税制上優遇されています。

とはいえ、農地を有効活用できていないと、収益を得られないにも関わらず税金のみが発生するという状況になります。

また、遊休農地となり放置していると、周辺へ影響を与えるほど荒れるリスクがあるので注意が必要です。

農地は自分で活用できない場合、他者へ貸し出して収益を得る方法もあります。

その他、立地条件によっては、駐車場や資材置き場として活用するなどのアイデアもあります。

手続きをして転用し、アパート経営などで大きな収益を得るのも手段です。

不要と判断する場合は、売却することも可能です。

農地を活用する際は、「農地として活用を継続する」「農地から転用して他の活用方法を見いだす」など、周辺環境や状況を考慮して選ぶ必要があります。

周囲のニーズによっても最適な活用方法が異なるので、最大限活用できる方法を検討しましょう。