賃貸おすすめメーカー9選!選ぶときのポイントも解説

賃貸アパートの経営をしたいけれど、アパート建設をどこに依頼すればいいかがわからないという方は多いと思います。

メーカーによってどんな建物の特徴があるのか、そもそもメーカーはどこがあるのかなど疑問点がいくつも出てくるかと思います。

今回は賃貸アパート建設におすすめのメーカー9選をご紹介します。依頼先を決めるときのポイントも解説するので、依頼先を決めかねている方は必見です。

この記事の監修者

黄 威翔/宅地建物取引士

黄 威翔/宅地建物取引士

台湾出身。日本で不動産業と出会い、一年目で宅地建物取引士を取得。 地方の不動産会社に長年勤務し、日本全国の中古不動産の売買仲介を担当。
 日本の方はもちろん、外国の方の対応経験も豊富で様々な視点から日本の不動産市場をご紹介しています。

3分で簡単に3つの資料が手に入る!

【無料で高収益プランを見つけよう】
アパート経営による土地活用の具体的なプランを知りたいなら、大手ハウスメーカーから地域密着の工務店まで一括相談できるタウンライフをご活用ください。オリジナルの経営・建築プランや将来を見据えた収支計画書、周辺の市場調査報告書など、アパート経営に欠かせない3つの重要資料が無料で手に入ります。入力作業も約3分で完了するほどシンプルで簡単なので、気軽に高収益なアパート経営プランを手に入れられます。

賃貸アパートの建築依頼先とは

賃貸アパートの建築依頼先とは

賃貸アパートの建築を考えても、そもそもどこに依頼すればいいかわからないという方もいるでしょう。

ここではアパート建設を依頼できる場所についてご紹介します。

建築会社

建築会社とは建物を建てることを仕事としている会社です。

建物には高層ビルからショッピングモール、マンションなど様々なものがあります。

もちろん住宅建設を得意としている建設会社も多く存在しますので、アパートを建設するのであれば住宅建設を得意とする建築会社がおすすめです。

ハウスメーカー

ハウスメーカーとは全国各地に支所を置くことで幅広く営業している会社です。

ハウスメーカーは一から施主と一緒に建物を作り上げていく方法だけでなく、用意している住宅商品の中から施主に選んでもらう方法も用意しています。

どんな建物が良いかわからないという場合、ハウスメーカー側で用意している住宅商品を見せてもらえば、どういった建物が良いかの参考になるでしょう。

黄 威翔/宅地建物取引士
黄 威翔/宅地建物取引士

もちろん住宅商品通りの建物を建設してもらうことも可能です。

またハウスメーカーは建築資材の大半を工場で製造しているため、建築にかかる工期が短いことも特徴となっています。

建築依頼先を決めるときのポイント

建築依頼先を決めるときのポイント

建築依頼先にはハウスメーカーや建築会社がありますが、どちらかに絞っても選択肢は多くあります。

ここでは建築依頼先を決めるときに見ておきたいポイントについて解説しましょう。

住宅の性能

住宅の性能は各会社によって異なります。

どんな工夫をすることで住みやすい家作りをしているかを確認しておくことで、長期的に人が集まりやすい賃貸アパートを建てられるでしょう。

住宅性能には様々なものがあります。

例えば気密性は断熱材がしっかり入っている住宅は空気に出入りが少ないため、冷暖房の効き目が高くなります。

また防音効果にも優れているためお子さんがいる家庭にもおすすめです。

不動産最新情報を配信中!

住宅の設備

住宅設備が整っている住宅は人気を集めています。

Wi-Fi設備が整っている、オートロック、浴室乾燥機が付いているなど様々な設備があります。

いずれも人気の理由となっているポイントなので、住宅設備を重視している会社に依頼することもおすすめです。

建築費

賃貸アパートの建設には高い費用がかかり、もちろん施主側にも大体の予算があります。

その予算に応じて住宅の相談にのってくれるところに依頼することも大切です。

予算オーバーの建物ばかりを提案されても応じられないかと思いますので、予算について事前に説明しておき、その予算で収まる建物を提案してくれる所を選びましょう。

アパートの建築費の相場や内訳について詳しく知りたい方は、下記記事も参考にしてみてください。

相見積もり

複数の賃貸メーカーに相見積もりを取るのは、様々なチェックポイントをまとめて比較できるので便利です。

あるメーカーが苦手で隠しているポイントを他のメーカーが得意でアピールすることもあるので、見落としが減り失敗するリスクも下げられます。

タウンライフ土地活用

タウンライフ土地活用_アパート

出典:タウンライフ

タウンライフ土地活用は、大手ハウスメーカーから地域密着の工務店まで、一括で相見積もりを取れるサイトです。

アパート経営や建築プラン、収支計画書はもちろん、土地周辺の市場調査書まで無料で手に入れられます。

資料請求の入力フォームも約3分でできるほど簡単なので、今すぐ最適なアパート経営計画をスタートできます。

賃貸アパートのおすすめメーカー9選

賃貸アパート建築でのおすすめメーカー9選

賃貸アパート建築でおすすめのメーカーをご紹介します。

9つの会社の特徴を解説していくので、ここから気になるメーカーを見つけてみてください。

大東建託

大東建託は賃貸住宅管理戸数や賃貸仲介件数で1位を誇る大手ハウスメーカーです。

鉄筋コンクリートや鉄骨造での建築を得意としているため、防音性の高い建物を希望する方におすすめとなっています。

生活音に関するクレームはどこの賃貸物件でも非常に多いため。

入居後のクレームを減らすこともできるでしょう。

大東建託では賃貸経営受託システムというものも用意しています。

建物の建設から賃貸アパートの管理までを一括で大東建託にお任せできるシステムなので施主側にとって大きなメリットがあります。

実績数も豊富なので初めての賃貸経営をするという方に特におすすめです。

積水ハウス

積水ハウスが管理する不動産の入居率は全国平均97%と非常に高い数値です。

入居者の満足度が非常に高いため、多くの方が満足してくれる賃貸アパートを建設してくれるでしょう。

積水ハウスの不動産が人気の理由は外観・内装デザインがとてもおしゃれなことが挙げられます。

住む期間を問わず、できればおしゃれなアパートに住みたいと考える人は多くいます。

積水ハウスの不動産はそんなニーズを満たしてくれるため、デザイン性にこだわりたい方に特におすすめです。

また積水ハウスが用意する建物タイプはメゾネットやオートロックエントランスタイプ、パティオタイプなど様々なものがあります。

施主側が希望する建物タイプを選べることも積水ハウスのメリットと言えるでしょう。

旭化成ホームズ

旭化成ホームズは戸建て住宅のへーベルハウスを展開するハウスメーカーです。

へーベルハウスで培った実績を活かし、賃貸住宅のヘーベルメゾンを提案。入居者が長く住める快適な住まいを実現しています。

へーベルメゾンでは断熱性の高い住宅を提供しているため、防音性の高い住宅となっています。

冷暖房の効き目も非常に良いので電気代の節約も可能です。

光熱費を気にする方は非常に多いため、入居者にとっても大きなメリットとなるでしょう。

長く快適に住める住宅づくりをすることでアパートの価値も下がりにくくなっているので、長期的に安定した収入を得たい方におすすめです。

パナホーム

パナホームは大手家電メーカーであるパナソニックから出たハウスメーカーです。

家電メーカーから出たハウスメーカーとなると建物の面で弱いのでは…と不安に感じる方も多いかと思いますが、パナホームは設備面での強みがあります。

家電メーカーならではのノウハウを生かした住宅設備を完備しているため、住宅設備重視の方に特に人気があります。

また建物の外観と内装のデザインもとてもおしゃれになっていますので、デザイン性にこだわりたい方からも高い評価を得ています。

家事を効率よく行いたいと考える方におすすめのメーカーです。

ミサワホーム

ミサワホームは氷点下が日常的な極寒地帯である南昭和基地の建物建設に携わったハウスメーカーです。

極寒地域での生活にも耐えうる住宅建設のノウハウを生かし、気密性の高い住宅建設を得意としています。

北海道など北の地域に住んでいる方も、ミサワホームの住宅でなら暖かく過ごせるでしょう。

戸建て住宅の建設に特化したメーカーですが、アパート住宅の建設も行っています。

独自のデザインやアイデアを活かした住宅プランでグッドデザイン賞を何度も獲得しているため、住みやすい建物プランを提案してくれるでしょう。

またミサワホームでは一括借り上げシステムを提供しています。

入居率に関わらず安定した家賃収入を得られるシステムとなっていますので、空室時のリスクが気になる方にもおすすめです。

住友林業

住友林業は大手建築会社のハウスメーカーブランドです。

木を使った建築を得意としており、住友林業が建設した住宅は温かみがあるとして好評となっています。

これは鉄骨や鉄筋コンクリートでは成しえない技なので、住友林業の大きな強みといえるでしょう。

住宅のサンプル資料などが充実していることもメリットのひとつです。

どんな住宅を建設するかは実際に見てみないとわかりませんが、写真数が多く、担当者が住宅の細部までしっかりと説明してくれます。

施主側も住宅の特徴をきちんと把握したうえで依頼できますので、建築する住宅の隅々まで知ったうえで建てたいという場合に最適です。

建築後のアフターフォローも万全なので困ったことがあればメーカーに頼ることも可能です。

三井ホーム

三井ホームは三井不動産グループの一員であるハウスメーカーです。

三井不動産グループでの賃貸管理実績を活かすことで住みやすい住宅を提供してくれます。

建設から建築後の管理までまとめてお任せすることも可能なので、賃貸経営が初めてで不安という方は一括でお任せするプランを依頼することもおすすめです。

日本の風土に合わせた住宅づくりを行っているメーカーなので、気密性の高い住宅作りを得意としています。

どんな季節でも快適に住めるだけでなく、防音性にも優れているので生活音をあまり気にせずに済むでしょう。

耐震性にも優れているため、地震が予想される地域の賃貸アパート建設もお任せできます。

生和コーポレーション

生和コーポレーションはマンション建築やアパート建築に特化した建築会社です。

特に都市部のマンションやアパート建設を多く行っており、2017年には東京の賃貸マンション延床面積で1位を獲得しています。

実績が豊富なため安心してアパート建築をお任せできるでしょう。

生和コーポレーションの大きな強みは不動産オーナーへの対応力です。

建設した建物で何らかのトラブルがあった場合、24時間365日でオーナーに変わって入居者へ対応してくれます。

トラブルが起こったとき、どう対応すべきかで迷うオーナーは数多くいます。

そんな時に対応をすべてお任せできますので、管理者にとって心強い味方となってくれるでしょう。

大和ハウス

大和ハウスは大和ハウスと大和リビングの2社で対応してくれるハウスメーカーです。

建物の建築は大和ハウスに、建築後の管理には大和リビングに依頼することになります。

双方に依頼するための費用がかかりますが、2社に依頼しておけば建設から建築後まで一括でお任せできるため便利です。

大和ハウスに建築依頼をすると最長40年間の保証が付いてくるため、何らかのトラブルがあった時は保証にて対応してもらえます。

また全国各地にお客様センターがあるのでトラブル時にはそちらにて対応をしてもらうことが可能です。

3分で簡単に3つの資料が手に入る!

【無料で高収益プランを見つけよう】
アパート経営による土地活用の具体的なプランを知りたいなら、大手ハウスメーカーから地域密着の工務店まで一括相談できるタウンライフをご活用ください。オリジナルの経営・建築プランや将来を見据えた収支計画書、周辺の市場調査報告書など、アパート経営に欠かせない3つの重要資料が無料で手に入ります。入力作業も約3分で完了するほどシンプルで簡単なので、気軽に高収益なアパート経営プランを手に入れられます。

まとめ

賃貸アパートやマンションの建築におすすめのメーカーは数多くありますが、メーカーによって得意とする建物の種類や建物の特徴が異なります。

どんな建物を建築したいのか、住宅設備にはどんなものを望むのか、アフターフォローを重視するかによって選びたいところが変わりますので、メーカーの特徴をきちんと把握しておきましょう。

気になるメーカーがいくつかあるなら複数のメーカーに建物プランの相談をしてみることもおすすめです。

比較してみることで最も良いメーカーを選ぶことができるでしょう。

最適なメーカーを選んで、後悔のない賃貸アパート・マンションを建設してください。