儲かる土地活用の方法とは?田舎の土地での注意点も紹介

儲かる土地活用の方法を探しているけれど、どれが良いのかがわからないとお困りではありませんか。

持て余している土地があるなら何らかの方法で活用することがおすすめです。

今回は儲かる土地活用の方法についてご紹介します。

この記事の監修者

黄 威翔/宅地建物取引士

黄 威翔/宅地建物取引士

台湾出身。日本で不動産業と出会い、一年目で宅地建物取引士を取得。 地方の不動産会社に長年勤務し、日本全国の中古不動産の売買仲介を担当。
 日本の方はもちろん、外国の方の対応経験も豊富で様々な視点から日本の不動産市場をご紹介しています。

複数の優良企業から一括提案!

【たった3分で今すぐ始められる】
土地活用を検討しているなら、厳選された優良企業に無料で一括請求ができるタウンライフ土地活用を利用してみてはいかがでしょうか?アパートやマンションはもちろん、駐車場や医療施設、トランクルームなど様々な提案をもらうことができます。 累計112万人以上が利用した実績もあるので、安心して土地活用プランを比較検討できるのが魅力です。

土地活用は必ず儲かる?

土地活用は必ず儲かる?

土地活用を実践すれば必ず儲かるのかという点は多くの方が知りたい事だと思います。

ここでは土地活用=儲かるものなのかどうかを解説します。

儲かるケースと儲からないケースがある

 

土地活用は儲かるケースもあれば儲からないケースもあります。

所有している土地はどんな場所にあるのか、またどんな方法で活用するのかによってどちらかが決まります。

その土地に適した方法で使わなければ収益は少なくなりますが、環境に適した使い方をすれば予想以上の収益を得られるかもしれません。

土地の環境に適した活用方法の実践が大切

 

土地活用で儲けるには土地の環境に適した活用方法を実践することが大切です。

人が集まりやすい都市部の土地であればマンションやアパートを建設しても良いですし、コンビニなどの店舗を経営しても集客率が高く利益も大きくなるでしょう。

田舎だと人が集まりにくいですが、その場合は「太陽光パネルを設置する」、「自販機を設置する」などの活用方法があります。

また高齢者が多い地域なら老人ホームを建設することで多くの入居者を集められるかもしれません。

その土地の条件に見合ったものを探し当てることで儲けを得ることができますので、所有する土地の環境をしっかりと見極めてから活用方法を決めましょう。

儲かる土地活用5つの方法

儲かる土地活用5つの方法

土地活用の方法には様々なものがありますので、ネットで検索してみた方はあまりの多さに悩んでいるのではないでしょうか。

ここでは儲かる土地活用方法でおすすめのものを5つご紹介します。

不動産の役立ち情報を配信中!

ウィークリーマンションやマンスリーマンション

 

月単位で貸すマンスリーマンションや週単位で貸すウィークリーマンションを建設する方法があります。

これらは単身赴任でその土地に来ているという方に人気のマンションです。

土地周辺に会社が多く、単身赴任者が多く訪れるという場所であればこういったマンションの需要が高くなりますので、儲けを得ることができます。

週単位・月単位のマンションはあらかじめ家電や家具が設置されているため、ホテルに泊まることと変わりありません。

それでいてホテルの宿泊費より安くなりますので、少し長めの出張のときにも活用されています。

人の出入りが普通のアパートなどと比べると多くなりますが、マンスリーマンションなどの方が高めに貸せるため、利益も大きくなります。

周辺状況に合わせて普通のマンションなどを建てるか、週単位や月単位で貸せるマンションを建てるかを選びましょう。

アパートやマンション経営

 

人が集まりやすい場所の土地を所有しているならアパートやマンションを建ててみても良いでしょう。

「学校が近い」、「周辺に買い物できる施設が多い」、「駅が近い」などの立地条件が良い場所は、人気の高い土地だといえます。

こういった場所にアパートやマンションを建てると人が集まりやすいので、高い収益が見込めます。

経営をするとなると、建設費用などの初期費用の他、建物の修繕費用などのランニングコストも必要となります。

人が集まりやすい場所であれば黒字経営にもなりやすいですが、その分出費も多くなるため収支計画をきちんと立てておくことがおすすめです。

コンビニやドラッグストアの賃貸

 

住宅街の中の土地で、周辺に買い物できる施設があまりないという場合には、コンビニの賃貸が良いでしょう。

コンビニは手軽に立ち寄れるうえに、様々なものを揃えているため、買い物施設が遠い場所でなら高い集客率が見込めます。

近くにドラッグストアがない場合、ドラッグストアの賃貸もおすすめです。

周辺に大きい病院がある場合は、調剤薬局を併設したドラッグストアでもいいでしょう。

調剤薬局はどこの地域にあっても利用される場所なので、病院が近い場所にある土地ならより多くの方が来店してくれます。

コンビニやドラッグストアは、業種の中でも特に高い賃料で貸せる建物です。

儲かる土地活用の一種なので、場所に適していればこれらの方法で活用しても良いでしょう。

子どもが多い地域なら保育園もおすすめ

 

子どもが多いけれど、周辺に保育園がないという土地なら、保育園の一棟貸しがおすすめです。

都市部の保育園の賃料は、一般的な住宅の賃料に比べて安くなっているため、あまり儲けが得られません。

しかし、都市部でない他の地域になると、住宅賃料より保育園の賃料の方が高い場所もあります。

そういったところなら高い利益が見込めますので、土地活用で儲けることができます。

また、保育園は一度入ると長く貸し続けられるというメリットがあります。

退去する可能性が極めて低いため、長期的に安定した収入を得られるのが特徴です。

事業用としての土地貸し

 

自身で建物を建てることに躊躇するなら、事業目的の土地として他人に貸し出す方法もあります。

土地をそのまま貸し出せば、後は借り手がその土地に建物を建てますので、自身が建設する必要はありません。

ただし、土地貸しは10年以上貸し出す必要がありますので、いずれは自身で土地を使うという場合にはおすすめできません。

もし、土地貸しをするけれどいずれ使うというのであれば、契約期間をしっかり決めてから契約しましょう。

田舎の土地活用は注意が必要

田舎の土地を所有している場合にも土地を活用できますが、利用時に注意しておきたいポイントがあります。

ここで紹介するので、田舎の土地を活用予定の方は参考にしてください。

規制がある土地が多い

田舎の土地は規制がある場所が多くなっています。

田舎の土地は市街化調整区域であることが多く、この区域の土地には建物を建てられません。

アパートやマンションはもちろん、戸建て、コンビニなどの店舗もNGです。

その他にも田舎にはいくつかの規制があります。

農地の保護や利権関係に関する法律である農地法、森林生産力向上を目的とした森林法、風景を保護する自然公園法などいくつもの法律があるため、田舎の土地を自由に活用することは難しいといえます。

まずは自身が所有する土地には、何らかの規制があるかを確認しましょう。

もし、規制が多くて活用しにくい場合、売却するのも一つの方法です。

市街化調整区域土地の売買の流れとコツは、こちらの記事で紹介しているので、ぜひ合わせてご覧ください。

田舎は賃貸に適さない

 

田舎でアパートやマンションの賃貸、土地の貸し出しを行っても、中々借り手がつかない可能性が高いといえます。

田舎は都市部と異なり、住宅や土地の価格が安くなっています。

賃貸で借りずとも購入することができるため、買う側の需要が低く賃貸に適していない地域です。

 

田舎で儲かる土地活用をするなら

田舎で儲かる土地活用をするなら

田舎で儲かる土地活用をするには、土地規制を確認する必要もありますが、ある程度の需要が期待できる方法で利用することが大切です。

ここでは田舎の土地に適した方法をご紹介しますので、田舎の土地を持っている方は必見です。

老人ホームの建設

 

高齢化社会に伴って需要が高まっているのが老人ホームです。

高齢者はどこの地域にもいて、特に田舎は若者より高齢者の方が多くなっています。

そのため老人ホームの貸し出しをすれば、高確率で借り手が現れるでしょう。

老人ホームは土地をあまり選ばないこともポイントです。

老人ホームの施設に入る場合は通う必要はありませんし、自宅から通う場合であっても送迎バスがあれば駅が近くなくても問題ありません。

老人ホームとして貸し出したいなら、事前に建物を建築しておく必要があります。

一棟貸しすることで毎月賃貸料を得られますので、儲けることができるでしょう。

コンテナルーム

 

土地の広さをあまり問わないのがコンテナルームです。

コンテナルームは土地にいくつかのコンテナを置いておくだけでOKです。

後は募集をかけ、利用者が現れることを待ちます。

コンテナルームは借りたコンテナに自身の荷物を入れることができます。

コンテナはある程度の広さがありますので、自転車や大きめの荷物など、自宅に入りきらない荷物を自由に入れることが可能です。

コンテナルームはどんな場所であってもある程度の需要が見込めますし、管理費も安く済みます。

定期的に土地の清掃をしておくだけなので、所有者側の手間もあまりかからないというメリットがあります。

月極の駐車場

 

周辺に住宅があるなら月極の駐車場もおすすめです。

住宅のほとんどには車庫があるかと思いますが、中には車庫がないという家庭もあります。

また一台分の車庫はあるけれど、もう一台欲しいから駐車場を探しているという方もいるでしょう。

住宅街の中に一つでも月極の駐車場があれば高い需要が見込めるため、住宅街の中の土地で周辺に月極の駐車場がない場合は駐車場を作ることがおすすめです。

駐車場は整備しておけば、より高い集客を見込めますが、初期投資があまりできなければ整備なしの状態から始めても良いでしょう。

活用方法がなければ売却も検討

 

どの活用方法も自身の土地に適していないという場合は土地の売却をすることもできます。

売却は不動産会社に相談すれば、買い手の募集をかけてもらえますが、田舎の土地となると中々買い手が現れない可能性も高いです。

しかし、根気よく待つことで買い手が出てくる可能性もありますので、売却は時間がかかるものと思っておきましょう。

複数の優良企業から一括提案!

【たった3分で今すぐ始められる】
土地活用を検討しているなら、厳選された優良企業に無料で一括請求ができるタウンライフ土地活用を利用してみてはいかがでしょうか?アパートやマンションはもちろん、駐車場や医療施設、トランクルームなど様々な提案をもらうことができます。 累計112万人以上が利用した実績もあるので、安心して土地活用プランを比較検討できるのが魅力です。

まとめ

儲かる土地活用方法はいくつもあります。

ただし土地環境や周辺の人口によっては適さない活用方法もありますので、どの方法なら高い収益を見込めるかをしっかり考えてから行動を起こしましょう。

特に田舎の土地には規制がいくつもありますので、自身の土地が何らかの規制があるのかを確認しておくことが大切です。

規制がある場合は規制外の方法で利用しましょう。

活用方法がよくわからなければ不動産会社などのプロに相談することもおすすめです。

所有する土地を活かして儲かる土地活用を始めましょう。