コインランドリー経営に必要なものとは?メリットもご紹介

コインランドリーの経営は自由度が高く、初心者でもある程度の知識があれば経営を始められます。

しかし、コインランドリーの経営を考えているけれど、経営には何が必要なのかがわからないとお困りではないでしょうか。

今回はコインランドリー経営に必要なものと費用、メリットやデメリットについて解説します。

経営を考えている方はぜひ参考にしてください。

コインランドリーの経営に必要なもの

コインランドリーの経営に必要なもの

コインランドリー経営を始めようと思っても、まずは何が必要なのかがわからないかと思います。

そこで、経営を始めるために必要なもの3つを解説します。

土地

コインランドリーは建物を建てて経営をしなければなりませんので、建物を建てるための土地が必要です。

すでに土地を所有しており、そこに建てるというのであれば用意する必要はありません。

もし土地を持っていないのであれば、不動産などに行ってある程度の広さがある土地を購入しておきましょう。

土地は小型店舗であれば10坪以上、大型であれば50坪以上の土地がおすすめです。

土地の購入が難しい場合は借りるという方法もあります。

賃貸は一度にまとまった高額のお金を用意せずに済むため負担が少なくて済みます。

毎月賃料を払わなければなりませんが、コインランドリー経営の収益でまかなうこともできます。

コインランドリーの建物

土地を用意したらコインランドリーを設置するための建物を建てます。

建物は10坪以上であればどんな大きさでも構いません。

広ければ広いほど利用者が増える可能性も高いため、用意した土地の広さに合わせて建物を建てましょう。

土地と同じように建物を賃貸することも可能です。

コインランドリー向きの立地、またはある程度の広さがあるフラットな空間ならコインランドリーとして利用することが可能です。

設備

コインランドリーには設備が必須です。乾燥機だけの店舗もありますが、洗濯機も一緒に置いておけばより高い収益が見込めます。

小さめアパートで洗濯機が設置できない物件もありますので、そういった物件がコインランドリー周辺にあれば洗濯機は必須です。

洗濯機があればそこでまとめて洗濯も乾燥もできますので、集客率も高くなるでしょう。

洗濯機と乾燥機の他、待っている間にくつろげる机や椅子を用意しておくこともおすすめです。

時間つぶしに漫画などを置いているコインランドリーもあります。

コインランドリーを無人店舗にする場合は店内に防犯カメラを取り付けておくようにしましょう。

カメラがあれば店員がいなくても問題なく利用できるため、所有者側も利用者側も安心です。

コインランドリーにかかる初期費用について

コインランドリーにかかる初期費用について

コインランドリー経営をするには、前項でご紹介した3つを用意しなければならず、もちろん費用も掛かります。

初期費用が具体的にどのくらいかかるのか、店舗規模別にご紹介していきましょう。

小型店舗なら2000万円から

10~15坪程度の小型店舗を経営する場合の初期費用は2000万円からとなっています。

そのくらいの広さであれば洗濯機や乾燥機を10台前後置けますので、設備費として1300万円、さらにダクト工事や電気工事、給排水工事など700万円ほどかかります。

合計2000万円ほどとなりますが、導入する設備によってはこの金額より安くなるかもしれません。

洗濯機と乾燥機をそれぞれ導入すればこのくらいの費用ですが、洗濯と乾燥の二つの機能が付属した洗濯乾燥機を購入すれば費用を抑えられます。

初期費用を抑えたい方は洗濯乾燥機を選びましょう。

これは土地代と建物代を含めていないため、どちらも新たに購入する場合はその購入費用も加算されます。

プレハブなら3500万円から

余っている土地があるけれど建物を建てる建築費用が用意できないという場合は、プレハブでのコインランドリー経営もおすすめです。

建物を建てるより安く済むため、初期費用を抑えて経営を始められます。

プレハブの場合は洗濯乾燥機を10台前後、プレハブ代、設備費用すべて含めて2500万円、電気工事やダクト工事などの費用で1000万円ほどかかるため、合わせて3500万円のほどの費用になります。

大型店舗なら3000万円から

駐車場が付いたコンビニ程度の広さがある土地なら、大型店舗の建設がおすすめです。

大型店舗は駐車場を付けることもできますので、来店しやすいというメリットもあります。

コインランドリーに来店する人の多くは、重たい洗濯物を抱えて来ますので、車を停められる場所があれば集客率も自然と上がるでしょう。

大型店舗だと洗濯機や乾燥機などを20台前後置けますので、2200万円ほどの費用が必要になります。

それからダクト工事や電気工事、給排水工事などで800万円ほどかかりますので、合わせて3000万円ほどの費用が必要になります。

店舗が広ければたくさんの洗濯機や乾燥機を置くことができます。

しかし数を増やすとそれだけ機器代が高くなりますので、最初は予算に合った台数分だけを置くようにしましょう。

収益が増えてきたら台数を増やすことがおすすめです。

コインランドリーのランニングコスト

コインランドリーのランニングコスト

コインランドリーの初期費用は店舗の規模によって異なりますが、経営スタートした後のランニングコストはどの店舗でも必要です。

ではどれくらいの費用が毎月かかってくるかを解説していきましょう。

水道代や電気代などの光熱費

コインランドリーは洗濯機を置いている場所なので当然水道代が発生します。

また乾燥時には電気を使うため、電気代も必要です。

電気は室内の明かりや看板と言った部分にも電気が必要になりますので、電気代は少し割高になるかもしれません。

店舗規模によって機器の台数や電気の数が異なりますが、10~30万円ほどの費用がかかるでしょう。

人を配置する場合は人件費が必要

コインランドリーに人を配置する場合は人件費も発生します。コインランドリーは基本的に無人店舗です。

しかし、コインランドリー内の機器に異常が発生した場合は、修理を依頼しなければならないので依頼する人間が必要になります。

オーナーがその都度対応できればいいですが、オーナーに本業があれば対応が難しくなります。

人を配置しておけば修理依頼などを任せられますし、コインランドリー内の清掃もしてもらえます。

何かがあった時に対処してもらえますので、オーナーに本業がある場合は人を配置することを考えておいた方が良いでしょう。

人件費は月に5万円程度かかります。

また、後述するリースによる機器の導入であれば、不具合が生じたときの対応もまとめて請け負ってくれることがあります。

洗剤などの雑費

洗濯機を置くのであれば洗剤が必要になります。

また、利用者の時間つぶしとして漫画や雑誌を置くのであれば定期的に変える必要もあるため、その費用も必要です。

雑費は店舗にもよりますが、5,000円~1万円ほどかかります。

機器故障時のサポート費

コインランドリー内に置いている洗濯機や乾燥機は、毎日複数回稼働するかと思います。

稼働回数が多ければ多いほど機器は壊れやすくなるため、ある日突然機器が壊れてしまうこともあります。

壊れてしまった場合は機器を修理してもらわなければなりませんので、その修理費用も用意しておきましょう。

機器は購入、またはリース開始すぐに壊れる可能性は低いため、毎月の収益から少しずつ修理費用を貯蓄しておくことがおすすめです。

そうすれば壊れてしまった時に慌てずに済みます。

機器をリースしている場合はリース費用

洗濯機や洗濯乾燥機は購入することもできますが、業者からリースすることも可能です。

乾燥機だと70~100万円ほど、洗濯機は140~300万円ほどの費用がかかります。

初期費用を多めに用意しておけば問題なく購入できるかもしれませんが、初期費用をあまり用意できなかったという方はリースにて対応しましょう。

リース費用はリース業者によって異なりますので、安く機器を借りられるところを探すことがおすすめです。

建物を借りている場合は家賃

コインランドリーの建物を建築した場合は家賃が発生しませんが、建物を借りている場合は家賃を支払わなければなりません。

家賃は立地や店舗の大きさによりますが、15~25万円ほどかかると思っておきましょう。

コインランドリー経営のメリットとデメリット

コインランドリー経営のメリットとデメリット

コインランドリーの経営にはメリットがありますが、デメリットもあります。

ここではそれぞれについて詳しく解説しましょう。

メリット

コインランドリーは景気の良し悪しに関係なく利用される施設なので、景気が悪くても安定した収益が期待できるというメリットがあります。

一日に多くの人が利用するため利回りも抜群ですし、現金のみの受付なので利益をすぐに得られることもポイントです。

また他の経営方法に比べてもランニングコストが低めなので、得られる利益が多くなりやすいという魅力もあります。

デメリット

コインランドリーに限らず、何もない状態から経営を始めるとなると土地代・建物代・設備費用といった高い初期費用が必要になります。

土地を持っている場合は初期費用を浮かせることができるため、土地を持っている、または経営向きの不動産を所有している場合にコインランドリー経営はおすすめです。

コインランドリーは無人でも経営できる利点がありますが、防犯面においてやや不安があります。

ただしこれは防犯カメラを設置することで犯罪リスクを減らせるため、必ずしも何らかのトラブルが起きるわけではありません。

店内の複数箇所に防犯カメラを設置し、「防犯カメラ作動中」と書かれた張り紙をいくつかに貼りだしておきましょう。そうすれば盗難を未然に防げます。

まとめ

コインランドリーの経営は土地や建物の用意など、最初に用意しておくべきことがいくつもあります。

費用も高くなりますが、初期費用さえ用意しておけばランニングコストが安く済むため収益を上げやすい経営方法です。

無人でも構わないため副業として始めても良いでしょう。

コインランドリー経営は経営初心者でも始められる土地活用の一種です。

難しい知識も専門的な資格も必要ありませんので、所持している土地の有効活用方法に困ったらコインランドリー経営を検討してみてください。

こちらから最適な土地活用プランを請求できます!

【最大7社に無料でプラン請求】
土地活用を検討するなら最大収益プランが簡単に見つかるHOME4Uの土地活用をご利用ください。土地の節税対策や資産運用による副収入をご検討ならおすすめです。
㈱NTTデータ・スマートソーシングが運営する信頼と安心感、国内最大級1,000万人利用の実績のある土地活用プラン提供サービスです。