アパート経営に役立つ資格10選!資格取得のメリットや注意点も解説

「アパート経営を始める際に役立つ資格はある?」

「アパート経営に資格は必要?」

アパート経営に関与する予定のある方は、安定運用して収益を得たい気持ちがあるので、有利に運用できるよう資格取得に少なからず興味を持つケースが多いです。

アパート経営で資格取得は必須ではないですが、資格取得を通して、役立つ知識・スキルを習得できます。

資格を取得する際は、資格取得自体を目的にするのではなく、どのような知識・スキルを習得したいかを検討することが大切です

本記事では、アパート経営に役立つ資格、メリット・注意点などについて詳しく解説しますので、参考にしてみてください。

3分で簡単に3つの資料が手に入る!

【無料で高収益プランを見つけよう】
アパート経営による土地活用の具体的なプランを知りたいなら、大手ハウスメーカーから地域密着の工務店まで一括相談できるタウンライフをご活用ください。
オリジナルの経営・建築プランや将来を見据えた収支計画書、周辺の市場調査報告書など、アパート経営に欠かせない3つの重要資料が無料で手に入ります。
入力作業も約3分で完了するほどシンプルで簡単なので、気軽に高収益なアパート経営プランを手に入れられます。

アパート経営で資格を役立てよう

アパート経営で資格取得は必須ではないですが、資格をアパート経営に役立てられるケースがあります。

以下のような場面で、資格取得は有用です。

  • アパート経営に関する知識を体系的に習得する
  • アパート経営時に適切な判断を行う
  • 不動産管理会社からの情報の正確性を見極める
  • 赤字になった場合に必要な対策を行う

アパート経営を行う際は、不動産関連の幅広い知識・スキルを持っていると有利になります。

とはいえ、機会がないと学ぶ機会を確保できない方が多いです。

資格取得は、試験日などのタイムリミットもあるので、「何を」「いつまでに」という目標を明確にして学ぶ機会になります。

資格取得を、アパート経営に役立つ知識の習得に役立てるのが良いでしょう。

アパート経営におすすめの資格10選

アパート経営において必須のスキルはありませんが、資格取得を通して必要な知識・スキルを習得できます。

資格取得をする際は、以下のように資格取得を通してどのような知識を習得したいか検討することが大切です。

  • 不動産全般に関する基礎知識を習得したい
  • アパート管理に役立つ知識・スキルを習得したい
  • ローンの組み方を学びたい
  • アパートを相続する際に必要な知識を習得したい
  • 資産計画を立てれるようになりたい
  • 会計関連の知識を習得したい

目的を明確にして資格を取得すると、アパート経営に活かすことができます。

様々な資格をご紹介しますので、チェックしてみてください。

賃貸不動産経営管理士

「賃貸不動産経営管理士」は、賃貸住宅の管理に関連した資格です。

アパート経営に必要な管理のノウハウを学ぶことができます。

以下のような方におすすめです。

  • 初めてアパートを経営する
  • アパート経営をメインで生計を立てたい

アパート経営に関する知識を得られれば、主導的にアパート経営を行えるので、利益を得られる可能性が高いです。

長期間アパート経営をする場合、初期投資としてアパート経営について深く学ぶのも良いでしょう。

宅地建物取引士

「宅地建物取引士」は、国家資格の一種であり、余裕があれば取得する価値があります。

不動産売買に関する知識・技術を習得できるのが特徴です。

宅地建物取引士の資格を取得すると、不動産会社などにおいて、不動産関連の手続きについて説明する業務を行えます。

不動産会社に勤務しているわけではなくても、アパート経営に着手している場合、知識を運営に活かせます。

以下のような方におすすめです。

  • 契約内容を把握した上で納得してアパート経営をスタートしたい
  • 不動産業者と対等にやり取りしたい

アパート経営をする際、契約内容などについて深く理解できるようになります。

また、不動産業者と対等にやり取りでき、悪質な業者に騙されるなどのリスクを抑えられるのも魅力です。

ファイナンシャルプランナー

「ファイナンシャルプランナー」は、資産計画をサポートできる有用な資格です。

資産計画を総合的にサポートする上で重要な要素となる、金融、不動産、税金、ローン、保険、年金など様々な知識を習得できます。

アパート経営を行う上で有用な知識が身につくことに加え、将来設計にも役立つ資格です。

以下のような方におすすめです。

  • 経済・資産関連の知識を習得したい
  • 収支計画を立てて計画的にアパート経営したい

アパート経営では将来設計が重要なので、安定運営のため有用な資格です。

住宅ローンアドバイザー

「住宅ローンアドバイザー」は、住宅ローン関連の専門知識を習得できる資格です。

アパート経営では高額な初期投資が必要なので、ローンを組むのが一般的です。

ローンを組む際は、ローンの種類や計画についての知識が不十分で迷うケースがあります。

住宅ローンアドバイザーは、以下のような方におすすめです。

  • ローンに関する知識を習得したい
  • ローン計画を主導的に立てたい

住宅ローンアドバイザーの資格を取得する際に習得したローンの知識で、アパート経営におけるローンを有利に組むことができます。

マンション管理士

「マンション管理士」は、マンション管理に関する知識を習得できる資格です。

不動産管理業者などで、「不動産の修繕・メンテナンス関連のサポート」「マンション管理者のサポート」などの業務を行います。

アパート経営をする際は、管理会社選びやマンション構造の把握など様々な場面で役立ちます。

マンション管理士は、以下のような方におすすめです。

  • マンションの構造・管理組合について詳しく知りたい
  • 不動産を自主的に管理したい

アパートを安定運用するには、不動産管理に関する知識を習得するのが有用です。

不動産最新情報を配信中!

相続診断士

「相続診断士」は、不動産の相続関連の知識を習得できる資格です。

不動産を相続する方に対し、相続関連のサポート業務を行います。

業務に従事しない場合も、アパート経営を相続する際、有用な知識を得られます。

相続診断士は以下のような方におすすめです。

  • 相続税対策をしたい
  • アパートを相続する予定がある

相続診断士の資格を取得する過程で、相続税を意識したアパート経営を行うスキルが身につきます。

ホームインスペクター(住宅診断士)

「ホームインスペクター(住宅診断士)」は、不動産の価値を判断する際に役立つ資格です。

不動産業者では、中古物件の調査や建物の価値の判断を行い、必要に応じて投資家などへのアドバイスを行います。

中古物件の取り引きではホームインスペクションが義務化されているので、今後より需要が高まることが予想されます。

不動産の構造を習得する必要があるので難易度が高いですが、アパート経営に着手する際に役立つ資格です。

公認 不動産コンサルティングマスター

「公認 不動産コンサルティングマスター」は、不動産コンサルティングに関する知識を習得できる資格です。

以下が、取得できる方の対象となるので、関連する場合は目指すことが可能です。

  • 宅地建物取引士資格登録者
  • 不動産鑑定士登録者
  • 一級建築士登録者

取得条件が定められているのでハードルは高いですが、不動産を運営する際、役立ちます。

不動産実務検定

「不動産実務検定」は、不動産運用に関連する知識を習得できる資格です。

不動産関連の知識全般を習得するのに役立つので、初めてアパート経営を行う方にも利用されています。

「アパート経営を始めるにあたり、不動産経営のノウハウを習得したい」「必要な不動産の知識を網羅したい」という方におすすめです。

比較的ハードルが低いので、チャレンジしやすいです。

簿記

「簿記」は、お金や財産の管理に関する知識を習得できる資格です。

簿記は、3級・2級・1級と複数レベルがあるので、比較的チャレンジしやすいです。

簿記を取得すると、「確定申告のノウハウが分かる」「収支計画を立てられる」などのメリットがあります。

簿記は、以下のような方におすすめです。

  • アパート経営で節税したい
  • アパート運営を自主的に行いたい

簿記を取得することで、不動産運営における収支計画をより高いレベルで行えるようになります。

不動産運営が赤字になっているなど悩んでいる場合も、解決のヒントとなる知識を得られる可能性があります。

アパート経営で必要な知識

資格取得をするのはハードルが高いけれど、アパート経営に必要な知識はしっかり身につけたいという方も多いです。

アパート経営では資格取得にこだわるのではなく、必要な知識・スキルを意識して学ぶことが大切です。

とはいえ、アパート経営に慣れていない場合、どのような知識が必要か判断できないケースもあります。

アパート経営で必要な知識について解説しますので、参考にしてみてください。

不動産の知識

アパートを経営する際は、不動産関連の知識が必須となります。

たとえば、以下のような基本的な知識を確実にしておくことが大切です。

  • アパート経営の仕組み
  • アパート経営にかかる初期費用・維持費用
  • 運営するアパートの選び方
  • アパート経営のリスク
  • アパート経営の運用上のポイント

知識が不十分な状態でアパート経営に着手すると、失敗する可能性があります。

アパート経営に関する知識が不十分な方は、まず、不動産関連の基礎知識を習得しましょう。

関連する法律の知識

アパート経営では、法律関連の知識が必要です。

たとえば、以下のような法律が関連します。

  • 借地借家法
  • 民法

とくに、借地借家法はアパート経営に直結する内容があるので、理解しておくことをおすすめします。

借地借家法は基本的に、アパート利用者目線の法律であり、経営者に対して制限がかけられている内容が多いです。

入居者との間で契約を結んだとしても、法律の内容により、合意内容を撤回せざるを得ないケースもあります。

アパート運営における賃料に関する内容も定められているので注意が必要です。

アパートを経営する際は、借地借家法を把握しておくことが大切です。

会計関連の知識

アパート経営では、会計関連の知識が必要です。

アパート経営では、長期に渡り安定運営できるアパートを見極める必要があります。

そのためには、以下のような会計関連の視点が重要です。

  • 家賃相場
  • 損益やキャッシュフローの知識
  • 減価償却について
  • ローンの組み方

運営するアパートを入手する際は、自己資金の利用と金融機関からの借り入れなどを計画的に組み合わせます。

また、物件の築年数や間取り、立地条件などを総合的に考慮した上で家賃相場を把握するのがポイントです。

なお、アパート経営ではキャッシュフローが重要であり、プラスにできるよう工夫する必要があります。

アパートを安定運営できるよう、会計関連の知識を習得しましょう。

個人事業主としての知識

アパート経営を行う際は、個人事業主としての位置づけになります。

個人事業主になると、以下のように、様々な手続きが必要となります。

  • 個人事業主としての届け出
  • 所得税の申告
  • 確定申告

個人事業主としてアパート経営を行う場合、知識がないと必要な手続きをスムーズに行うことができません。

また、アパート経営では経費の取り扱いもあり、確定申告が煩雑になるケースもあります。

なお、アパート経営が軌道に乗れば、青色申告にて税制優遇を受けることも可能なので、個人事業主として運営する場合の知識をつけておくことが大切です。

自力で手続きするのが難しい場合は、税理士など依頼先に関する知識を持っておきましょう。

アパート経営で資格を取得するメリット

アパート経営において、資格取得をすることには様々なメリットがあります。

資格取得を通して不動産関連の知識が身につきますし、経験が不足している場合も補うことが可能です。

また、アパート経営では様々なリスクがありますが、必要な知識・スキルを持っていることがリスク対策になります。

アパート経営で資格を取得するメリットについて詳しく解説しますので、ぜひ、チェックしてみてください。

不動産関連の知識が身につく

資格を取得する過程で、不動産関連の知識を身につけられます。

とくに、アパート経営の経験や知識が全くない状態でアパート経営に着手することになった場合、知識の習得が必要です。

不動産会社からの提案でアパート経営に着手するケースもありますが、以下のように騙されるケースがあるので注意しましょう。

  • 知識のないことを利用して詐欺を行う
  • 購入者が見つからないアパートを押しつけられる

知識がない状態でアパート経営を行うと、正しい判断ができずに失敗するリスクがあります。

理解せずに不動産会社の言いなりになるのは非常に危険です。

もちろん、信頼できる不動産会社もありますが、正しい知識をもとに自ら判断することが大切です。

資格の取得を通して知識を習得し、リスクを抑えてアパート運営に着手しましょう。

経験不足を知識で補える

アパート経営の経験がない場合も、資格取得を通してしっかり学習すれば、経験不足を知識で補えるケースがあります。

経験不足の状態でアパート経営を行うと、以下のように安定運営できない可能性があります。

  • 需要の低いアパートに初期投資してしまう
  • 空室が生じた際に対策ができない
  • 高額な修繕費用がかかることを想定できていなかった
  • 初期投資額が大きすぎて回収できない

アパート経営では失敗すると、取り返しのつかない状態になるケースもあります。

経験不足による失敗を防げるよう、資格取得を通して知識を習得し、補いましょう。

アパート経営のリスク対策になる

資格を取得して知識を身につけることは、アパート経営のリスク対策になります。

アパート経営では、以下のように様々なリスクがあります。

  • 空室リスク
  • 自然災害発生のリスク
  • 賃料が下がるリスク
  • 高額な修繕費用がかかるリスク
  • ローン返済に難渋するリスク
  • 金利上昇のリスク
  • 入居者とのトラブルが発生するリスク
  • 家賃滞納のリスク

資格を取得する過程で得た知識が、リスク対策に役立つ可能性があります。

たとえば、資格取得を通して法律の内容に詳しくなると、入居者との家賃関連の合意にも役立ちます。

とくに、家賃設定につながる知識は重要です。

家賃を安く設定しすぎると、十分な収益を得られません。

一方、家賃が高いと、空室リスクが高くなります。

また、アパートは築年数の経過に伴い劣化するので、メンテナンスの手配も必要です。

リスクに備えて火災保険の加入などを含めた収支計画を立てる必要があります。

安定してアパート経営を行うには、正しい知識をもとにしたリスク管理が重要なポイントとなります。

資格取得を通して知識を身につけ、リスク対策を行いましょう。

アパート経営を主導的に行える

アパート経営において資格を取得することで、主導的に対応できる幅が広がります。

もちろん、アパート経営で資格取得は必須ではないので、専門家へ依頼するなど、サポートを得ながら運用することも可能です。

とはいえ、アパート経営で収益に直結する部分については、主導的に行うのがおすすめです。

正しい知識を持って主導的にアパート運用に関わることが、収益アップにつながります。

たとえば、「不動産を売却する判断やタイミング」「アパートのリフォーム・修繕の必要性の判断」 などが重要です。

アパート運用を不動産会社などに任せきりにすると、十分な収益を得られないケースもあります。

最大限収益を得られるよう、資格取得を通し、運用に必要な知識を習得しておきましょう。

関連会社と対等にやり取りできる

アパート経営では、金融機関や不動産管理会社などとのやり取りが発生するケースが多いです。

資格を取得していると一目置かれるので、融資を有利な条件で受けられる可能性があります。

また、不動産管理会社も、知識がある人に対して騙すことはできないと判断するので、結果的に正確な情報を提供してもらえるケースが多いです。

なお、正しい知識を持ち、様々な情報の妥当性を判断することは、アパートの安定運用につながります。

関連会社と対等にやり取りできるよう、必要な資格の取得を検討してみましょう。

アパート経営で資格を取得する注意点

アパート経営において、資格取得により「知識・スキルを習得できる」「リスク対策になる」など様々なメリットがありますが、押さえておくべき注意点もあります。

チャレンジする資格によっては難易度が高く、時間やコストがかかる可能性があります。

また、資格取得自体を目的とした場合、実際のアパート経営では活かせない可能性があります。

アパート経営で資格を取得する際の注意点について解説しますので、参考にしてみてください。

時間とコストがかかる

アパート経営に関して、資格を取得するのは有用ですが、時間とコストがかかります。

選択する資格によっては負担が大きく、生活に支障を来すケースもあります。

資格を取得する際は、以下のような点を考慮することが大切です。

  • 資格を取得するのにかかる時間
  • 資格取得に必要なコスト
  • 難易度

あらかじめ時間やコストの目安を把握し、本業や生活との兼ね合いで資格取得にチャレンジすべきか検討しましょう。

アパート経営に関しては、資格取得以外にも様々な学習方法があるので、無理のない範囲で取り組むことが大切です。

資格取得が収益に結びつくとは限らない

アパート経営に関して、資格取得で知識を習得できますが、直接収益に結びつくとは限りません。

資格取得はあくまで補助的な役割であり、ポイントを押さえた運営を行うことが大切なのです。

資格取得が目的になり優先順位を間違えると、不動産投資活動を十分にできないケースもあります。

また、資格を取得すること自体が目的となっていると、実際には活かせない可能性があるので注意が必要です。

資格取得目的は、「必要な知識を習得すること」です。

資格取得を通してどのようになりたいかを明確にし、有効活用するという意識が重要になります。

場合によっては資格取得にこだわらず、その他の学習方法を選択することも考慮しましょう。

3分で簡単に3つの資料が手に入る!

【無料で高収益プランを見つけよう】
アパート経営による土地活用の具体的なプランを知りたいなら、大手ハウスメーカーから地域密着の工務店まで一括相談できるタウンライフをご活用ください。
オリジナルの経営・建築プランや将来を見据えた収支計画書、周辺の市場調査報告書など、アパート経営に欠かせない3つの重要資料が無料で手に入ります。
入力作業も約3分で完了するほどシンプルで簡単なので、気軽に高収益なアパート経営プランを手に入れられます。

目的を明確にして不動産投資の資格を取得しよう

アパート経営に関して、資格取得を通して必要な知識・スキルを習得するのは有用です。

不動産関連の資格は多数あり、以下のように様々な知識・スキルを習得できます。

  • 不動産全般に関する基礎知識
  • アパート管理に必要なノウハウ
  • 不動産売買に関する知識
  • 資産計画の立て方
  • ローン関連の知識
  • 相続関連の知識
  • 会計関連の知識

ただし、アパート経営に資格取得は必須ではありません。

資格取得を通して習得した知識・スキルを活かせる場合に、検討しましょう。

資格取得自体が目的となると、コストや時間がかかるだけでほとんどメリットを得られない可能性があるので、目的意識を持って資格取得にチャレンジすることが大切です。