不動産投資の学習におすすめの本15選!選び方も解説

「不動産のことについて本で学びたいけれど選び方が分からない」

「不動産投資初心者でも理解できる本を読みたい」

不動産投資について本で学びたいと思っても、数多くの本が出版されてあるので、選びきれない方もいますよね。

不動産投資について本で学ぶのは非常に有用ですが、効率的に知識を習得するには、自分に合う本を選ぶことが大切です。

本記事では、不動産投資におすすめの本や選び方を徹底解説します。

簡単な少額の不動産投資なら!

【投資家を保護する様々な仕組みあり】
不動産投資が気になるなら、COZUCHI(コヅチ)から始めてみてはいかがでしょうか。1口1万円から不動産投資を始められる不動産クラウドファンディングであり、優先劣後構造など、投資家にローリスクを提供する仕組みを多数用意しています。投資期間中であっても事務手数料3%〜5.5%を支払えばいつでも換金できるため、リスクが少ない不動産投資を少額で始めたい人におすすめです。

不動産投資におすすめの本15選

不動産投資関連の本は数多く出版されています。

初心者の方向けに分かりやすくかみ砕いて解説してある本もあれば、中級者向けに特定の分野に特化した本もあります。

あらかじめ、本のレベルや記載されてある内容、筆者の考え方などを把握しておくと、より自分に合った本を選べます。

不動産投資におすすめの本を厳選して紹介しますので、ぜひ、参考にしてみてください。

普通のサラリーマンが実現させた毎年年収1000万円の不動産投資

タイトル通り、不動産投資で毎年年収1000万円を実現したサラリーマンが不動産投資のノウハウを伝授してくれる1冊です。

不動産投資で年収1000万円を実現するには、将来を意識した不動産運営が必要です。

本書では、不動産運営のヒントになる以下の内容が記載されています。

  • 物件の選び方
  • 金融機関とのやり取り
  • 不動産会社との付き合い方

不動産運営で必須となる物件の選び方、融資条件など将来の運営に直結する金融機関とのやり取り、不動産会社との付き合い方のポイントなどが詳しくまとめられています。

年収1,000万円を超える成果を出したサラリーマンの不動産投資術が分かるのは大きなメリットです。

  • タイトル:普通のサラリーマンが実現させた毎年年収1000万円の不動産投資
  • 著者:名取幸二
  • 発売日:2019/9/5
  • 出版社:standards; 四六版 (2019/9/5)
  •  

収益性と節税を最大化させる不動産投資の成功法則

不動産投資に着手する人は増えており、様々な情報が溢れていますが、正しい情報を判別する力が求められます。

本書では、実際に不動産運営を行っている筆者が、不動産運営を成功させるノウハウを伝授しています。

筆者は資産運用コンサルティングを行っているので、情報の信頼度が高いです。

たとえば、以下のような内容が記載されています。

  • 正確なシミュレーションを行うのが重要
  • 不動産購入前の初期設定が重要

また、不動産投資の成功法則が以下の分類でまとめられています。

  • エリア
  • 指標
  • 物件
  • 融資
  • 管理

各ステップで成功法則が分かるので、初心者の方にも有用です。

なお、資産形成や節税など、知りたいノウハウについてもまとめられています。

物件選びから運用まで、成功するポイントが分かるので、不動産投資前に読みたい1冊です。

  • タイトル:収益性と節税を最大化させる不動産投資の成功法則
  • 著者:藤原正明(ふじわら・まさあき)
  • 出版社:クロスメディア・パブリッシング(インプレス) (2021/4/23)
  • 発売日:2021/4/23

世界一やさしい 不動産投資の教科書 1年生

「世界一やさしい」と記載されているように、初心者の方におすすめの1冊です。

不動産投資の入門書として、基本的な内容となっています。

たとえば、以下のような内容が記載されています。

  • 不動産投資のメリット
  • 不動産投資で利益を得る仕組み
  • 不動産投資で成功するポイント
  • 成功につながる物件の選び方
  • 不動産運営のノウハウ
  • 不動産売却のノウハウ

不動産投資をする上で、必要な知識を網羅できる内容です。

教科書的な内容から学びたい方にぴったりです。

なお、初心者の方も読みやすいよう以下のような工夫がされています。

  • 図やイラストを多用している
  • 不動産関連の書類のサンプルをのせるなど視覚的に分かりやすい工夫をしている

分かりやすさのみならず、内容に具体性があり、すぐに役立つ情報をキャッチできます。

不動産投資に着手したいけれど、何から始めれば良いか分からないと悩んでいる方におすすめの1冊です。

  • タイトル:世界一やさしい 不動産投資の教科書 1年生
  • 著者略歴:浅井/佐知子
  • 出版社:ソーテック社; A5版 (2015/11/21)
  • 発売日:2015/11/21

不動産投資家のリアル・ルール ~拡大していく投資家は「これ」を間違えない~

不動産投資は正しく運用すれば大きな成果を得られるというコンセプトのもと、将来を見越した不動産運営のルールを記載した1冊です。

「不動産投資で成功するのは難しい」などと悩んでいる方向けに、一定以上の水準を達成するためには、将来の売却までを見越した収支計画を立てることの重要性を強調しています。

「不動産投資を今から始める方」「不動産投資をすでに実践している方」「不動産運営の規模を拡大したい方」など、幅広いニーズを満たしています。

  • タイトル:不動産投資家のリアル・ルール ~拡大していく投資家は「これ」を間違えない~
  • 著者:上海摩天楼君
  • 出版社:技術評論社 (2022/2/19)
  • 発売日:2022/2/19

経営者のための初めての不動産投資戦略

不動産投資初心者の方向けの入門書です。

不動産投資によりどのようなメリットを得られるか分かるので、不動産投資を始めるべきか迷っている方にもぴったりです。

たとえば、以下のような内容が記載されています。

  • 不動産投資に伴うリスク
  • 不動産投資をする際の物件の選び方
  • 融資を受けるポイント
  • 金融機関とのコミュニケーションの取り方
  • 不動産投資の出口戦略

不動産運用にすぐに役立つ情報が網羅されています。

なお、「Wゲインシート」を使用できる特典付きであり、初心者の方でも収支シミュレーションを無理なく実践できます。

自力でシミュレーションできれば、不動産会社からの情報を鵜呑みにして失敗するなどのリスクを抑えられますし、主導的に不動産運営に携われます。

不動産を運用するに当たり、読んでおくと役立つ1冊です。

  • タイトル:経営者のための初めての不動産投資戦略
  • 著者:曽我ゆみこ
  • 出版社:プレジデント社 (2020/2/13)
  • 発売日:2020/2/13
不動産最新情報を配信中!

初心者から経験者まですべての段階で差がつく!不動産投資 最強の教科書

本書は、全編Q&A形式で記載されています。

不動産運営をする際によくある疑問を解決できる内容です。

不動産投資に成功した筆者が、投資をする前に感じていた疑問が記載されてあるので役立ちます。

実際に、筆者はそれほど年収が多くない状態で不動産投資に着手しているので、体験談が参考になります。

これから不動産投資をする方は、失敗を防ぐためにも読んでおきたい1冊です。

  • タイトル:初心者から経験者まですべての段階で差がつく!不動産投資 最強の教科書
  • 著者:鈴木 宏史
  • 出版社:東洋経済新報社 (2018/10/5)
  • 発売日:2018/10/5

確実に儲けを生み出す 不動産投資の教科書

不動産投資初心者の方向けの入門書です。

不動産投資をするに当たり、すべきことが具体的に記載されてあるので、実践しやすいです。

たとえば、以下のようなステップでのポイントが記載されています。

  • 不動産投資の目標設定
  • 物件探し
  • 不動産契約

「1000/30/3/1の法則」「5W1Hで写真を撮る」など、独特な内容もあるので、気になる方はチェックしてください。

本書では初心者の方でも実践で活かせることを意識して記載されています。

穴埋めシートがあり実際に記載できるなど、習得しやすい工夫もされています。

なお、不動産投資初心者の方でもスムーズに理解できるよう、知っておきたい常識が網羅されているのもポイントです。

物件の収支シミュレーション付録が付いているので、利用してみると良いです。

  • タイトル:確実に儲けを生み出す 不動産投資の教科書
  • 著者:姫野 秀喜
  • 出版社:明日香出版社 (2020/3/12)
  • 発売日:2020/3/12

不動産投資のお金の残し方 裏教科書 税理士大家さんがコッソリ教える

不動産投資に伴う税金について詳しく知りたい方におすすめの1冊です。

筆者が不動産投資初心者のとき、正しい情報を把握していなかったために、必要以上に税金を支払ったという失敗があります。

自身の経験を活かして税理士の資格を取得しているので、体験談も含めて参考になります。

たとえば、以下のような内容が記載されています。

  • 修繕費と資本支出を区別する方法
  • 法人化の適したタイミング
  • 経費計上のポイント
  • 不動産運営で知っておくべき税金関連の情報

本書は、税金や経費関連の内容がメインとなっています。

不動産運営では節税がポイントとなるので、最大限利益を得たい方は読んでみることをおすすめします。

  • タイトル:不動産投資のお金の残し方 裏教科書 税理士大家さんがコッソリ教える
  • 著者:石井彰男
  • 出版社:ぱる出版 (2018/7/28)
  • 発売日:2018/7/28

副業としての不動産投資

税金や社会保険料の負担が増えるなど、将来の生活に不安を感じている方もいるでしょう。

不動産投資は、家賃収入で収益を確保できることに加え、管理業務は管理会社に依頼できるため、副業として最適な旨が記載されています。

少しでも貯蓄しようと副業として不動産投資を始める方向けに、成功のノウハウを伝授しているので、不動産投資への着手を後押ししてもらえます。

本書では「コスト」「空室」「出口」と、不動産投資に伴うリスクを考慮した上で、成功するポイントを学べます。

本書を読むことで、不動産投資が副業として最適であることが分かります。

  • タイトル:副業としての不動産投資
  • 著者:鉄羅 敦士
  • 出版社:クロスメディア・パブリッシング(インプレス) (2021/12/17)
  • 発売日:2021/12/17

中古一棟収益物件 攻略完全バイブル

不動産投資の際、不良物件を購入すると失敗して赤字になる可能性があります。

不動産投資では、「純資産の増加」を目指すべきという考えのもと、様々なノウハウを伝授しています。

たとえば、以下のような内容が記載されています。

  • 物件選びのポイント
  • 収支計算のコツ
  • 不動産運営における節税
  • 売却時のノウハウ

不動産投資では、価値が下がりにくい物件を適性価格で購入する必要性を強調しています。

なお、東京圏の中古一棟アパートへの投資に焦点を当て、純資産の増加実現のポイントが解説されています。

中古一棟アパートの購入に興味のある方はもちろん、その他の物件の購入を検討している方にも役立つ1冊です。

  • タイトル:中古一棟収益物件 攻略完全バイブル
  • 著者:長渕 淳
  • 出版社:幻冬舎 (2018/9/26)
  • 発売日:2018/9/26

不動産投資は「新築」「木造」「3階建て」アパートで始めなさい!

不動産投資で成功するには、物件選びが重要になります。

とくに、中古・新築で迷う方は多いでしょう。

本書では、「新築」「木造」「3階建て」アパートを薦めており、運営のポイントについても詳しく記載されています。

たとえば、以下のような内容が解説されています。

  • 新築木造3階建てのメリット
  • 不動産会社選びのポイント
  • 入居付けのノウハウ
  • 入居者に人気の設備

実際に不動産運営に着手する際のポイントも把握できます。

また、中古と新築を比較する内容も充実しているので、物件選びの疑問を解消するヒントになります。

投資家自身によって、適した物件は異なるので、本書の情報をもとに自分に適した物件を見つけてみると良いでしょう。

  • タイトル:不動産投資は「新築」「木造」「3階建て」アパートで始めなさい!
  • 著者:田脇宗城
  • 出版社:あさ出版 (2017/3/13)
  • 発売日:2017/3/13

空室率40%時代を生き抜く!「利益最大化」を実現するアパート経営の方程式

アパート経営で利益を最大化するために、7つの方程式を紹介しています。

論理的な構成になっており、納得できる内容です。

本書は、不動産の管理・運営のノウハウがメインとなっています。

「何もしなくても利益を得られる時代ではない」という考えのもと、利益を最大化するためにすべきことを把握できます。

筆者は管理会社での勤務経験があり、実績も豊富なので、信頼できる内容です。

たとえば、「入居付けのノウハウ」「リフォーム工事のノウハウ」などが記載されています。

また、「プロパティマネジメント」という手法についても解説されており、利益を出すには欠かせないことが強調されています。

不動産の管理・運営をスムーズに進めるコツを学べますし、管理会社選びのポイントも把握できる内容です。

  • タイトル:空室率40%時代を生き抜く!「利益最大化」を実現するアパート経営の方程式
  • 著者:大谷 義武,太田 大作
  • 出版社:幻冬舎; 改訂版 (2013/7/2)
  • 発売日:2013/7/2

超実践 不動産投資のプロ技

不動産投資を実践する際に役立つ内容が記載されています。

筆者は不動産営業マンであり、不動産運営経験もあるので、幅広いノウハウを持っています。

たとえば、以下のような内容が記載されています。

  • 投資物件の選び方
  • 不動産購入の際の値切り交渉
  • 融資を受ける際のコツ
  • 不動産の運用方法
  • 不動産売却のノウハウ

全て実践的な内容ですし、具体性があるので、すぐに活かすことができます。

プロが実践するノウハウを学ぶことができます。

偏りなく幅広い投資方法に精通する内容なので、不動産投資に着手予定の方は読んでみてください。

  • タイトル:超実践 不動産投資のプロ技
  • 著者:関田タカシ
  • 出版社:彩図社 (2018/11/27)
  • 発売日:2018/11/27

Excelでできる不動産投資「収益計算」のすべて

不動産運営に成功するには、収益計算が重要です。

不動産投資で利益を得られる仕組みが分かるので、シミュレーションしやすくなります。

税金、金利、経費など、様々な観点から収益を検証してみてください。

実際に、自分で計算することにより身に着きます。

また、収支計算の中から以下のような内容も考えるきっかけになります。

  • 金利変動に伴う影響
  • 融資期間の考え方

表面的な知識だけでなく、実践する中で深く学びたい方は、一度手に取ってみることをおすすめします。

  • タイトル:Excelでできる不動産投資「収益計算」のすべて
  • 著者:玉川 陽介
  • 出版社:技術評論社 (2017/3/16)
  • 発売日:2017/3/16

利益と節税効果を最大化するための収益物件活用Q&A50

不動産投資をする際の様々な疑問がQ&A形式でまとめられています。

物件選び、不動産管理、売却など様々なステップでの疑問点を解消できる内容です。

初心者の方が気になる内容がメインとなっていますし、分かりやすくまとめられているので、不動産投資に興味のある方は見てみてください。

何らかの疑問がある方や知識をしっかりつけたい方におすすめです。

  • タイトル:利益と節税効果を最大化するための収益物件活用Q&A50
  • 著者:大谷 義武
  • 出版社:幻冬舎 (2016/7/31)
  • 発売日:2016/7/31

 不動産投資は本で学ぶのが効果的

不動産投資について学ぶ方法は、インターネットの利用、セミナーへの参加、書籍の利用など様々です。

それぞれにメリット・デメリットがありますが、体系的な知識を手軽に学ぶには本がおすすめです。

不動産投資の学習に本が効果的な理由について詳しく解説しますので、ぜひ、参考にしてみてください。

情報が正確

本の情報はインターネットに比べ、情報の正確性が高いです。

というのも、本は出版されるまでに、専門家などによりしっかりチェックされるのが一般的です。

著者の情報も分かるので、信頼度の高い本を選ぶこともできます。

一方、インターネットなどには様々な情報がありますが、不特定多数の方が配信できるので、信憑性に欠けるものもあります。

間違った情報を鵜呑みにして不動産投資に着手すると、思わぬ失敗につながる可能性があるので注意が必要です。

とくに不動産投資初心者の方は、正しい情報を判別するのが難しいので、本で学ぶのがおすすめです。

体型的な知識を学べる

様々なテーマの不動産投資関連の本が出版されています。

体系的な知識を習得できる内容となっている本が多いので、不動産投資を一から学びたい方にもおすすめです。

初心者の方は入門書など、基礎知識を習得できる本が良いですし、知りたい内容がはっきりしている方は特定の内容を重点的に解説している本を選ぶのも良いです。

たとえば、以下のように不動産投資に必要な知識を体系的に学べる本は有用です。

  • 物件選び
  • 不動産管理のノウハウ
  • 不動産投資に伴う税金
  • 不動産の運用方法
  • 不動産売却のノウハウ

本で体系的な知識を身につけましょう。

復習しやすい

不動産投資では習得すべき知識が多数あり、一度で身に着けるのは難しいです。

本のメリットは、何度もすぐに読み返せることです。

また、1冊に必要な情報が網羅されてあるので、効率的に必要な知識を習得できます。

一方、インターネットでは手軽に検索できる反面、繰り返し復習するという観点からはおすすめできません。

不動産投資に関する正しい知識をしっかり身に着けたい場合は、本を利用してみてください。

不動産投資関連の本の選び方

不動産投資に関する学習には本が有効であることをお伝えしましたが、選びきれずに迷う方もいるでしょう。

不動産投資関連の本を選ぶ際は、「自分の知識レベル」「本を利用する目的」「知りたいポイント」など様々な観点から自分に合うものを選択する必要があります。

不動産投資関連の本の選び方について解説しますので、ぜひ、参考にしてみてください。

分かりやすさ重視で選ぶ

不動産投資初心者の方はとくに、分かりやすさ重視で選ぶのがおすすめです。

まずは、不動産投資の全体像が見えるようになると、様々な知識を習得しやすいでしょう。

難しい内容の本よりも、図やイラストを使用するなど、分かりやすい本から始めるとスムーズに理解できます。

いきなり難しい本を手に取ると、挫折してしまうかもしれません。

不動産投資について本で学ぶ場合は、自分のレベルに合う内容のものを選んでください。

体験談付きの本は参考になる

本で不動産投資関連の知識をつけるのはもちろんですが、体験談付きの本はより参考になります。

不動産関連の本を出版する著者は、自ら不動産投資に着手した経験があったり、不動産関連会社での勤務経験があるケースが多いです。

不動産投資のノウハウはもちろん、著者の体験談が記載されている本もあります。

成功談や失敗談から、学べることは多いです。

不動産関連の本を選ぶ際は、記載されている体験談にも着目してみてください。

リスクを把握できる本を選ぶ

不動産投資にはリスクが伴います。

不動産投資のメリットのみならず、リスクを把握できる本を選ぶのが効果的です。

不動産投資のメリットしか記載されていない本の情報を鵜呑みにすると、思わぬ失敗につながる可能性があります。

不動産投資の成功談を見るのも良いですが、リスクも総合的に把握し、失敗しないよう対策する必要があります。

情報が偏っている本を選ぶのではなく、メリット・デメリットを総合的に把握できる本を選びましょう。

知りたいポイントが載っている本を選ぶ

不動産投資についてある程度知識のある方は、知りたいポイントが載っている本を選ぶのがおすすめです。

ポイントが絞られている本では、効率的に必要な知識を習得できます。

たとえば、以下のような内容が例として挙げられます。

  • 投資物件の選び方
  • 好条件で融資を受けるためのノウハウ
  • 不動産運用のポイント
  • 不動産投資に伴う税金の仕組み
  • 不動産売却のノウハウ

特定の分野について詳しく記載されている本を選ぶのは効果的です。

不動産投資に関する基礎知識を身に着けた後は、より効率的な運用を目指し、深い知識を習得してください。

簡単な少額の不動産投資なら!

【投資家を保護する様々な仕組みあり】
不動産投資が気になるなら、COZUCHI(コヅチ)から始めてみてはいかがでしょうか。1口1万円から不動産投資を始められる不動産クラウドファンディングであり、優先劣後構造など、投資家にローリスクを提供する仕組みを多数用意しています。投資期間中であっても事務手数料3%〜5.5%を支払えばいつでも換金できるため、リスクが少ない不動産投資を少額で始めたい人におすすめです。

知識レベルに合った不動産投資の本を選ぼう

不動産投資関連の本は多数出版されており、レベルや内容など様々です。

不動産投資について効率的に学ぶには、自分に合う本を選ぶことが大切です。

たとえば、初心者の方は不動産投資について体系的に学べる本が良いですし、ある程度知識がある方は知りたいポイントが凝縮されてある本が良いです。

あらかじめ記載内容や特徴を把握しておくと、自分に合う本が見つかりやすいです。

知識レベルに合った本に出会い、不動産投資について学びましょう。