不動産投資におすすめな資格15選|資格取得に役立つポイントや知っておきたいメリット

「不動産投資関連の資格を取得したいけれど、何があるか分からない」

「そもそも不動産投資に資格は必要なの?」

不動産投資を始めるにあたって、資格取得について悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

不動産投資を実践する際、必須となる資格はありませんが、資格取得の過程で習得した知識を活かすことができます。

ただし、不動産投資関連の資格を取得する際は、資格取得自体が目的にならないように明確な目的を持っておくことが大切です。

本記事では、不動産投資に役立つ資格について詳しく解説しますので、参考にしてみてください。

関東地方の高収益物件なら!

【1万円からできる不動産投資】
少額から不動産投資に取り組みたいなら、利回り不動産に相談することをおすすめします。不動産投資のプロとしての実績と不動産投資に必要な情報提供不動産投資のプロとしての実績があります。しかも、運用終了時の不動産売却損失が生じた場合、損失を負担してくれる商品構成となっていますので、リスクヘッジの資産形成を真剣に考えている人におすすめです。

不動産投資に資格は必要なのか

不動産投資を始める際に資格が必要なのか気になる方もいるでしょう。

結論からお伝えすると、不動産投資に資格は必須ではありません。

不動産投資を行う流れは以下になりますので、不動産投資に資格が必要かどうか検討してみてください。

  1. 不動産投資の目的を明確にする
  2. 不動産投資関連の情報収集をする
  3. 不動産会社を決める
  4. 投資する物件を決める
  5. ローンの審査を受ける
  6. 不動産の運営に着手する

実際に、資格取得なしで不動産投資を始めている人は多いです。

とはいえ、資格取得が無駄になるわけではありません。

資格取得は必須ではないですが、役立つ場面は多々あります。

不動産投資における資格取得について詳しく見てみましょう。

不動産投資において資格取得が役立つ場面

不動産投資において必須の資格はないものの、資格取得の際に習得した知識・技術を活かせる場面があります。

たとえば、資格を取得することで、以下のようなメリットを得られます。

  • 不動産投資関連書類の理解を深められる
  • 不動産管理会社と対等に会話できる
  • 不動産投資会社や営業マンに騙されるリスクを回避できる
  • 不動産運用に行き詰ったときのヒントを得られる

不動産投資関連の手続き・運用は資格なしで実践できますが、資格取得により専門的な知識を習得することで、適切な判断ができるようになります。

悪質な業者に騙されたり、軽率な判断で後悔するなどのリスクを回避できるでしょう。

資格を取得する際は、目的を明確にしておくことが大切です。

専門的な知識・技術は専門家へ相談可能

不動産投資を行う際に、全てを自力で行う必要はありません。

不動産投資の過程では、専門的な知識が必要になる場面や複雑な手続きが必要となるケースがありますが、専門家へ相談・依頼することで解決できます。

たとえば、弁護士や司法書士、不動産管理会社などと連携することが可能です。

不動産投資家になるための基本的な流れや成功のポイントについては、下記記事で詳しく解説しています。

不動産投資を始めるにあたって、何をすべきか迷っている方は、参考にしてみてください。

不動産投資におすすめの資格15選

不動産投資に資格は必須ではありませんが、取得しておくと役立つ資格は複数あります。

以下の15個の資格は、不動産投資に関連するおすすめの資格です。

  • 不動産実務検定
  • 賃貸不動産経営管理士
  • 宅地建物取引士
  • ファイナンシャルプランナー
  • 住宅ローンアドバイザー
  • 管理業務主任者
  • マンション管理士
  • 相続診断士
  • ホームインスペクター(住宅診断士)
  • 不動産鑑定士
  • 公認 不動産コンサルティングマスター
  • 簿記
  • サブリース建物取扱主任者
  • 土地活用プランナー
  • 司法書士

不動産投資初心者の人は、比較的難易度が低く、不動産投資全般の基礎知識を習得できる「不動産実務検定」からチャレンジしてみると良いでしょう。

それぞれについて詳しくご紹介しますので、参考にしてみてください。

不動産実務検定

「不動産実務検定」は、不動産投資専門資格であり、不動産運用に関する全般的な知識を網羅することができます。

不動産投資で必須ではないですが、不動産投資初心者の方は、不動産実務検定を受けることで必要な知識を習得できるでしょう。

以下のような方におすすめです。

  • これから不動産投資を始めたい
  • 不動産経営のノウハウを学びたい
  • 不動産運用を実践したい

難易度はそれほど高くなく、テキストなどを使用し、自力で基本的な内容を習得できます。

賃貸不動産経営管理士

「賃貸不動産経営管理士」は、賃貸住宅の管理に精通した専門家です。

不動産投資後の管理に関するノウハウを一から学べるので、不動産投資において最も役立つ資格と言っても過言ではありません。

以下のような人におすすめです。

  • 不動産運営を一から学びたい
  • 長期間不動産を運営する予定がある

高いレベルでの不動産運営につながる資格なので、チャレンジしてみると良いでしょう。

宅地建物取引士

「宅地建物取引士」は不動産売買に関する知識を習得する資格であり、国家資格です。

宅地建物取引士は、不動産売買関連の手続きの際に必要な情報を顧客に詳しく説明します。

不動産管理業者などにおいて需要のある資格ではありますが、資格取得の過程で得られる知識は、不動産投資でも活かすことができます。

たとえば、不動産投資をする際に契約内容などについての理解が深まるのです。

また、不動産投資の過程では、不動産管理業者や営業マンと接することが多いですが、宅地建物取引士の資格を保有していることで、同じレベルで会話ができます。

悪質な不動産管理業者に騙されるなどのリスクも回避できるでしょう。

ファイナンシャルプランナー

「ファイナンシャルプランナー」は、人生設計における資産計画を総合的にサポートする資格です。

ファイナンシャルプランナーになることで、以下のような経済関連の知識を幅広く習得できます。

  • 金融・税制
  • 不動産・住宅ローン
  • 保険
  • 年金制度など

経済・資産関連の知識を活かし、資産全体を考慮した視点から、不動産投資計画の立案ができます。

不動産投資においては、家計状況を考慮した長期的な視点が重要になるので、有用な資格といえるでしょう。

不動産最新情報を配信中!

住宅ローンアドバイザー

「住宅ローンアドバイザー」は、住宅ローンの専門家として情報提供を行う資格になります。

不動産投資を始める際は、通常ではローンを組む場合が多いです。

初めての場合、以下のような疑問や不安があるでしょう。

  • ローンにはどのような種類があるか
  • ローン計画に不備がないか
  • 投資用ローンにはどのような特徴があるか

住宅ローンアドバイザーの資格を取得することで、ローンに関する知識が深まるので、最適なローンを見つけられる可能性が高まります。

複数のローンを組み合わせるなど、より高度なローンを組めることもあるでしょう。

管理業務主任者

「管理業務主任者」は国家資格の1つであり、不動産管理業務を行う際に必要となります。

管理業務主任者は、不動産管理業者が委託契約に関する報告や説明を行います。

不動産管理業者で需要の高い資格ですが、不動産投資をする際、以下のような点で役立ちます。

  • 不動産投資をする際の契約書の内容の理解が深まる
  • 不動産管理について学べる
  • 不動産の設備に関する知識が深まる

不動産投資後、管理や売買する際に役立つ知識を習得できるのが魅力です。

マンション管理士

「マンション管理士」は、マンション管理に関する専門知識を習得する資格です。

マンション管理のスペシャリストとして、管理組合の立場で、以下のような業務を行います。

  • マンション管理組合の運営
  • マンション管理者からの相談応需
  • マンションの修繕や構造関連の問題解決のサポート

資格取得の際に以下のような知識を習得できるので、不動産投資においても役立ちます。

  • マンションの構造についての理解が深まる
  • マンション管理組合の仕組みに関する知識が得られる
  • 管理会社の質を見極められる

マンション管理について深い知識を習得することで、マンション経営をする際、有利に運用できる可能性が高いでしょう。

相続診断士

「相続診断士」は、相続関連の相談応需・診断を行う資格です。

必要に応じて税理士や弁護士と連携するなど、相続関連の問題解決をサポートします。

不動産投資を行う目的の1つに、相続税の節税があるでしょう。

相続診断士の資格を取得することで、相続税と不動産との関連性についての専門的な知識を習得できるので、不動産投資においても役立ちます。

不動産のみならず、その他の資産の相続にも活かせるでしょう。

ホームインスペクター(住宅診断士)

「ホームインスペクター(住宅診断士)」は、不動産の価値を判断したり、中古物件の欠陥などを診断する民間資格です。

中古物件の取引において、ホームインスペクションが義務化されたことで需要が高まり、以下のような業務を行います。

  • 建物の価値を調査する
  • 不動産の所有者や投資家へのアドバイスを行う
  • 中古物件の欠陥を調査する

不動産の構造を一から学ばなければならないので、高度な学習が必要となります。

不動産鑑定士

「不動産鑑定士」は、不動産の経済価値を診断する国家資格です。

非常に難易度の高い資格であり、取得後は土地活用に関するコンサルティング業務
などを行います。

不動産鑑定士の資格を取得すれば、不動産の価値を正確に診断できるので、不動産投資の際に有用です。

たとえば、以下のような場面で役立ちます。

  • 不動産の資産価値を把握し、投資物件を決める
  • 不動産や土地活用など広い視野で運用計画を立てる
  • 不動産売買時に価値を評価する

不動産の価値が分かる魅力的な資格ですが、資格取得のハードルが高いことを把握しておきましょう。

公認 不動産コンサルティングマスター

「公認 不動産コンサルティングマスター」は、不動産コンサルティングに関する知識・技術を習得していることを示す資格です。

対象は、「宅地建物取引士資格登録者」「不動産鑑定士登録者」「一級建築士登録者」となっています。

合格後に登録申請するには、実務経験5年以上などの条件を満たす必要があります。

不動産投資運用において知識を役立てることができますが、不動産業界に携わっていない方にとっては、ハードルが高いでしょう。

簿記

「簿記」は、収支管理を行う際に有用な資格です。

簿記を初級、2級、3級と段階的に取得することで、収支を把握しやすくなります。

不動産投資においては、以下のような点で役立ちます。

  • 確定申告で節税できる
  • 収支バランスを考慮した不動産運営ができる
  • 貸借対照表や損益計算書についての知識が深まる

とくに、節税目的で不動産運営をする場合や不動産運営が赤字になっているときに効果を発揮するでしょう。
収支に関する専門知識を習得したい方におすすめです。

サブリース建物取扱主任者

「サブリース建物取扱主任者」は、サブリース賃貸住宅に関する専門的な知識を有する人に対する資格です。

サブリースを活用する不動産オーナーが多いので、需要が高まっています。

以下のような業務を行います。

  • サブリース契約に関するコンサルティング業務
  • サブリース契約に関するトラブル回避方法

認定講座を受け、レポートを提出する必要がありますが、試験はないので比較的ハードルは低いでしょう。
不動産投資に役立つ、以下のような知識を習得できます。

  • サブリース契約に関する法律や契約内容
  • サブリース契約関連のトラブル事例や回避方法
  • 良質なサブリース業者を見極めるポイント

不動産投資をする際、サブリース関連の知識があると、トラブルに巻き込まれるリスクを回避できるでしょう。

土地活用プランナー

「土地活用プランナー」は、土地活用に関する専門知識を有する資格です。

「公益社団法人東京共同住宅協会」が認定します。

土地活用プランナーは、土地オーナーの相談応需や土地活用のサポートを行います。

資格を取得することで、土地活用の法令や資金計画、運営方法などに関する専門知識を習得できるでしょう。

不動産運営においては、不動産投資よりも土地活用がメインであり、土地から購入して不動産運用を行う場合に役立ちます。

また、土地オーナーであり、土地活用に悩んでいる場合も、知識の習得が有効になるでしょう。

ただし、土地オーナーとならない場合は、それほど実用性がないと感じる可能性もあります。

司法書士

「司法書士」は、不動産の登記や各種手続きなどを行う専門家です。

資格を取得する際、不動産登記関連や民事訴訟法などに関する知識を習得できます。

合格率が約4%と低く、ハードルは高いでしょう。

不動産業界においては、以下のような場面で役立ちます。

  • 不動産関連の登記を行う
  • 不動産の決済引渡しに立ち会う

不動産投資において、重要な役割を担っています。

不動産投資の資格取得のメリット

不動産投資関連の資格を取得することに関しては、専門的な知識を習得できるなど様々なメリットがあります。

また、資格取得により、取引相手への理解が深まることもあるでしょう。

不動産投資の資格取得のメリットについて詳しく解説しますので、参考にしてみてください。

専門知識が身につく

不動産投資の資格を取得する過程で、専門知識を身につけることができます。

不動産投資をする際、直接的に役立つわけではない資格であっても、習得した知識・技術を活かし、不動産投資・運用に活用できるケースがあるのです。

深い知識を身につけて、不動産投資・運用を実践したい方は、資格を取得する価値があります。

ただし、取得する資格によって、習得できる知識・技術、難易度は異なります。

資格取得で習得した知識・技術を不動産投資の実践に最大限活かすには、目的を明確にしておくことが大切です。

たとえば、資格取得の目的としては以下が挙げられます。

  • 不動産投資関連の基礎知識を身につけたい
  • 不動産運用のノウハウを習得したい
  • 不動産投資ローンについて詳しく知りたい
  • 相続関連の知識に詳しくなりたい

不動産投資においては、資格取得を目的にするのではなく、どのような知識・技術を身につけたいかを明確にしておきましょう

なお、専門的な知識が身につくことで、悪質な業者に騙されるリスクを抑えられます。

サラリーマンが不動産投資でカモにされないためには、下記記事で知識を身につけましょう。

自力で対応できる範囲が広がる

不動産投資関連の資格を取得することで、自力で対応できる範囲が広がります。

専門知識が必要な手続きなどは専門家へ依頼することが可能ですが、不動産投資の運用に直結する部分に関しては、判断を求められることがあるのです。

たとえば、以下のような点は管理会社に任せきりにするのではなく、積極的に関与することで、長期的な安定運用につながるケースがあるでしょう。

  • 不動産売却のタイミングを決める
  • 建物の設備・修繕などのメンテナンス

不動産関連の幅広い知識を習得することで、不動産運用のヒントを得られるでしょう。

不動産投資の初心者が知っておくべきことについては、下記記事で詳しく解説しています。

取引先から信頼される

不動産投資関連の専門資格を取得することで、取引先から信頼されるというメリットがあります。

とくに、不動産投資をする際に融資を受ける金融機関から信頼されると、有利な条件でローンを組める可能性があります。

また、不動産関連の知識がないと、不動産管理会社や営業マンから騙されるケースがありますが、専門的な知識を持っておくことで不動産投資価格の妥当性などを客観的に検討できます。

なお、取引先と対等な立場で会話ができるので、不動産投資を有利に進められる可能性があるでしょう。

不動産投資会社のおすすめや選びを間違えずに資産を増やすコツについては、下記記事で詳しく解説しています。

不動産投資の資格取得の注意点

不動産投資の資格取得には様々なメリットがありますが、時間やコストがかかるなど押さえておくべき注意点もあります。

資格取得自体が目的になり、不動産投資に活かせなければ意味がないでしょう。

不動産投資の資格取得の注意点について詳しく解説しますので、参考にしてみてください。

時間とコストがかかる

不動産投資関連の資格を取得するには、時間とコストがかかります。

難易度が低めの資格であっても、資格取得に向けた時間を確保しなければなりません。

取得する資格によってかかる時間やコスト、難易度は異なりますが、本業との両立が難しいケースもあるでしょう。

資格を取得する際は、必要な時間の目安や料金をあらかじめ確認しておくことが大切です。

不動産投資に資格は必須ではないため、無理のない範囲でチャレンジしましょう。

また、資格よりも実際に不動産投資を少額でも経験した方が、より深く理解できることもあります。

少額でできる不動産投資については、下記記事で詳しく解説しています。

不動産投資会社おすすめ2選

不動産投資の勉強で不明点があれば、不動産投資会社に相談してみることをおすすめします。無料相談・無料セミナーはもちろん、個別セミナーを受け付けている会社もあるので、ぜひ活用してみてください。

ここでは、初心者向けのセミナーを2つ紹介いたします。

▼FJネクスト

出典:FJネクスト

FJネクストは創業41年もの実績があり、建物の資産性と居住者目線の開発で信頼を築いています。

入居ニーズの高いエリアに、新築物件も中古物件も豊富に揃っているので、長期間収益を得られる不動産投資が可能となっています。

不動産投資のプロフェッショナルとしてのノウハウとシステムを駆使し、不動産価値を守っているのです。

セミナーでは不動産投資の基礎知識を習得できることに加え、物件選びのポイントや資産価値の落ちない不動産の特徴など、運用に直結する内容も学べます。

また、相談会は日程調節の相談ができるので忙しい方でも参加しやすいですし、非公開物件紹介など、貴重な情報を入手できるのが魅力です。

FJネクストはこちら

グローバル・リンク・マネジメント

出典:グローバル・リンク・マネジメント

グローバル・リンク・マネジメトでは、

✅不動産投資のメリット・デメリット
✅月収30万円の不動産収入の作り方
✅危険な不動産の特徴

等の初心者向けのセミナーを毎日開催しており、土日祝日や早朝・夜間にも実施しているため、多忙な方でも参加しやすい環境となっています。
また、1日1名限定の個別相談会を予約すれば講師を独り占めすることができ、分からないことは何でも気軽に質問できるので効率的に不動産投資の基礎を学びたい方にはぴったりです。

グローバル・リンク・マネジメントはこちら

不動産投資のセミナーはたくさんあるため、自分に合ったセミナーを知りたい方はぜひこちらの記事をご一読してみてください。
不動産投資セミナーおすすめ10選!選び方や活用のポイントを徹底解説

資格取得が成功に直結するとは限らない

不動産投資関連の資格を取得したとしても、成功に直結するとは限りません。

資格取得をすることで、不動産投資関連の知識を習得したり、取引先からの信用を得られるなどのメリットはあるものの、あくまで補助的な位置づけです。

資格取得に力を入れすぎると、不動産投資活動が中途半端になる可能性があります。

また、資格取得の目的が明確になっていないと、取得した資格をほとんど活かせない場合もあります。

資格取得は必要な知識を習得するためという意識を持ち、資格取得自体が目的にならないよう注意しましょう。

資格取得だけではなく、不動助産投資のリスクについても学んでおくと、不動産投資を成功させる一助になります。

不動産投資のリスクについては、下記記事で詳しく解説しています。

あらかじめリスク回避の方法をチェックしてみてください。

不動産投資成功のために重要なポイント

不動産投資に役立つ資格や資格取得のメリット・デメリットなどについてご紹介しましたが、不動産成功のために押さえておくべきポイントがあります。

資格取得以上に重要なポイントを解説しますので、ぜひ、参考にしてみてください。

不動産投資に必要な情報収集をする

不動産投資をする際は、情報収集が必須です。

とくに、投資物件や案件を選びは不動産等の成功に直結するので、入念な情報収集をして吟味する必要があるでしょう。

たとえば、以下のような情報は物件選びで重要なポイントとなります。

  • 空室リスクにつながる要素がないか
  • 不動産会社は信頼できるか
  • 長期間安定運用できる物件か

情報収集は、資格取得以上に力を入れる必要があるでしょう。

信頼度の高い管理会社を見つける

不動産運用は自力で全てこなせるわけではなく、不動産管理会社に依頼することもあるでしょう。

パートナーとなる信頼できる不動産管理会社を見つけるのは非常に重要です。

とくに、長期的に不動産運営を行う際は、慎重に選ぶ必要があるでしょう。

「不動産運営に関する高い実績がある」「資本力が高い」など、様々な情報から信頼できる不動産管理会社を見極めることが大切です。

関東地方の高収益物件なら!

【1万円からできる不動産投資】
少額から不動産投資に取り組みたいなら、利回り不動産に相談することをおすすめします。不動産投資のプロとしての実績と不動産投資に必要な情報提供不動産投資のプロとしての実績があります。しかも、運用終了時の不動産売却損失が生じた場合、損失を負担してくれる商品構成となっていますので、リスクヘッジの資産形成を真剣に考えている人におすすめです。

目的に合わせて不動産投資の資格を取得しよう

不動産投資には、賃貸不動産経営管理士や宅地建物取引士など、役立つ資格が複数あります。

ただし、資格取得は必須ではなく、資格取得の過程で得た知識を活かすことができます。

不動産投資を機に資格取得するのであれば、資格取得を最終目標にするのではなく、資格取得により得られる知識や技術に着目しましょう。

なお、情報収集など資格取得以外に重要なこともあるので、時間の使い方を検討し、不動産投資を始めましょう。