不動産投資家になるには?基本的な流れや成功のポイントを徹底解説

「不動産投資家になりたいけれど、何から始めればいいのかわからない」

「そもそも不動産投資家に向いているのかわからない」

このように不動産投資家になる方法を知りたいと思っていませんか。

不動産投資家として成功するには、目的に応じ、最適な不動産投資方法を選ぶことが大切です。

本記事では、不動産投資家になるための流れやメリット・デメリットなどについて詳しく解説します。

簡単な少額の不動産投資なら!

【投資家を保護する様々な仕組みあり】
不動産投資が気になるなら、COZUCHI(コヅチ)から始めてみてはいかがでしょうか。1口1万円から不動産投資を始められる不動産クラウドファンディングであり、優先劣後構造など、投資家にローリスクを提供する仕組みを多数用意しています。投資期間中であっても事務手数料3%〜5.5%を支払えばいつでも換金できるため、リスクが少ない不動産投資を少額で始めたい人におすすめです。

不動産投資家になるための流れとは?

不動産

不動産投資家になるためには、スムーズな行動ができるように流れを把握しておくことが大切です。

では、不動産投資家になるための流れを解説します。

不動産投資の目的を明確にする

不動産投資をする際は、目的を明確にしておくことが大切です。

不動産投資の目的は人それぞれですが、目的によって最適な物件が異なるのです。

目的が曖昧な状態で物件探しを開始すると、失敗する可能性が高いでしょう。

たとえば、不動産投資には以下のような目的があります。

  • 老後の資金として利用したい
  • 節税したい
  • 生命保険として活用したい
  • 投資後すぐに収益を獲得したい

老後の資金として利用したい場合は、長期間安定収入を得られる不動産を選ぶ必要があるでしょう。

すぐに収益を得ることを目的としている場合は、少額投資に対応している「不動産クラウドファンディング」や「REIT(不動産投資信託)」が最適になります。

不動産投資家になる目的を明確にし、最適な投資方法を選びましょう。

不動産投資の初心者が知るべきことを確認したい場合は、下記記事で必要な元手などを把握しておきましょう。

不動産投資関連の情報収集をする

不動産投資をする際は、入念な情報収集が必須です。

情報収集が不足していると、物件や不動産会社、投資方法の選択に失敗する可能性があるのです。

とくに、不動産投資初心者の方は十分な知識がないので、思わぬ失敗につながる可能性があります。

不動産投資と一口に言っても、以下のように様々な方法があります。

  • 一棟投資
  • 区分投資
  • 戸建て投資
  • 不動産クラウドファンディング
  • 借地権つき物件投資
  • 底地投資
  • シェアハウス
  • 民泊
  • 駐車場・駐輪場
  • トランクルーム
  • 小口化不動産
  • REIT

それぞれについて正しい知識を持ち、不動産投資家になるべきかの判断をするとともに、自分に合う方法を選択する必要があるでしょう。

なお、不動産関連の情報を収集する際は、以下の方法がおすすめです。

  • 書籍を利用する
  • 不動産関連のセミナーに参加する
  • 不動産投資の成功談・失敗談をチェックする

不動産投資について、多方面から情報収集しましょう。

サラリーマンが不動産投資をする上で騙されないためには、下記記事の注意点を把握しておきましょう。

不動産会社を決める

不動産投資家になることを決断したら、不動産会社を選びます。

不動産投資の目的を明確にし、正しい情報のもとで投資方法を選択したとしても、不動産会社との相性が悪いとスムーズに進みません。

同じ物件を所有していたとしても、不動産会社によって特徴が異なります。

たとえば、不動産会社によって以下のような強みがあるのです。

  • 駅近の物件を多数所有している
  • 一棟投資に強い
  • ワンルームマンションに特化している

また、長期間安心して不動産を運用するには、信頼できる不動産会社を選ぶことが大切です。

不動産投資会社の質を見極めるには、以下のような要素がヒントになります。

  • これまで蓄積している実績
  • 物件に関する情報提供の質
  • 利用者からの口コミ
  • 資本力
  • 所有している物件の質

自分の投資目的に合う不動産会社を選ぶのはもちろんですが、正しい情報を提供してくれるかどうかが重要なポイントとなります。

不動産会社選びは不動産投資の成功に直結するので、慎重に判断する必要があるでしょう。

下記記事では様々なジャンルごとに不動産投資会社のおすすめをまとめているため、まだ知らない方は見逃さないようにしてください。

投資する物件を決める

不動産会社を定めたら、投資する物件を決めなければなりません。

不動産会社の情報を鵜呑みにして投資する物件を決めると、採算が取れずに失敗する可能性があります。

不動産投資後の収益は家賃収入なので、長期にわたり入居者を確保できる物件を選ぶことが大切です。

また、不動産投資後に高額な修繕費用がかかると赤字になる可能性があるので、建物の状態なども確認する必要があるでしょう。

投資する物件を選ぶ際は、以下のように様々な要素を確認しましょう。

  • 周辺環境の利便性
  • ライバル物件の有無
  • 周辺地域の人口や需要の高さ
  • 利回り
  • 物件の築年数や修繕の必要性
  • 必要な設備が整っているか
  • 間取りや使いやすさ
  • これまでの運用実績

不動産を購入する際、家賃など目先の利益に惑わされ情報収集が不足していると、大きな損失につながるリスクがあります。

たとえば、「不動産会社が家賃を高く設定していたが、実際には家賃を下げなければ入居者を確保できない」などの失敗が挙げられます。

投資する物件選びは不動産投資家として成功できるか否かに直結するので、積極的に情報収集するようにしましょう。

ローンの審査を受ける

最適な物件を選んだら、ローンの審査を受けます。

物件選びに成功したとしても、ローンの審査に落ちたり融資条件が悪かったりすると、不動産投資家として成功することはできません。

とくに、金利の違いでローンの支払額が大きく異なります。

不動産投資をする場合は数千万円と高額なローンを組むケースが多いので、0.1%の違いで数万円の差が生じることになるのです。

ローンを組む際は、以下のような融資条件を良くするポイントを把握しておきましょう。

  • 安定収入を得られている
  • 年収に見合う借入額となっている
  • 自己資金の割合を多くする

安定収入があることを証明できると、好条件でローンの審査に通りやすくなります。

なお、不動産投資では、自己資金が十分にあると安心です。

自己資金の割合を多くするとローン審査で有利になるのはもちろん、金利上昇の影響を受けにくくなるのです。

また、ローンに頼りすぎると借り入れ期間が長くなるので、金利が上昇し支払い額が増えるリスクがあります。

目安としては、物件価格の15~30%の自己資金を準備しておくのがおすすめです。

不動産の運営に着手する

ローン審査を通過すると、運営が開始します。

不動産投資後は、家賃収入により収益を得ます。

不動産投資家として長期にわたり利益を得るには、不動産投資後の運営が重要です。

運営がうまくいかないと、入居者を確保できずに赤字になる可能性があります。

高額な修繕費用は大きな負担ですが、十分な修繕ができていないと家賃収入が低下する原因になるのです。

不動産投資後は不動産会社に任せきりにするのではなく、以下のように能動的に運営に携わる必要があります。

  • 修繕の計画を立てる
  • 売却のタイミングを検討する

安定して収益を得るには、収支計画をもとに不動産運営を行うことが大切です。

不動産最新情報を配信中!

不動産投資家がおすすめな人

不動産

不動産投資家になるには、向き・不向きがあります。

不動産投資家がおすすめな人の特徴を解説しますので、ご自身に当てはまるのかチェックしてみてください。

安定した本業収入があり融資を受けられる

不動産投資家になるには、安定した本業収入があり融資を受けられることが重要になります。

不動産投資では投資額が高額になるケースが多いので、融資を受けることができないと着手するのが難しいのです。

また、不動産投資後は修繕費用など急な出費が必要になることがあります。

自己資金に余裕がないと、急な出費に対応できず、スムーズな運用ができなくなるでしょう。

不動産投資家になるには、ある程度の経済力が必要であることを把握しておきましょう。

長期的な視点で物ごとを考えられる

不動産投資では、長期的な視点で物事を考えなければなりません。

不動産投資は数十年単位でローンを組み、運用していきます。

あらかじめ収支計画を立て、長期にわたり収益を獲得できる体制にする必要があるでしょう。

たとえば、目先の利益にとらわれて格安物件を購入したとしても、入居者を獲得できなければ赤字になります。

なお、不動産投資をする際は、最終的に売却する可能性についても考慮しなければなりません。

不動産投資家になるには、長期的な計画性が重要になることを把握しておきましょう。

地道な努力を続けられる

不動産投資家になるには、地道な努力が必要です。

不動産投資家は働かずに収入を得られるイメージを持っている方もいますが、そうではないのです。

スムーズに運用するには、以下のような努力が必要になります。

  • 投資する物件の情報収集を入念に行う
  • 好条件で融資を受けられる金融機関を探す
  • 複数の不動産会社を回る
  • 常に不動産関連の最新情報をチェックする

もちろん、不動産会社に任せられる部分もあるので自力で全てをこなす必要はありませんが、スムーズに運用するためには能動的に関わる必要があります。

また、長期にわたり安定した収益を得るには、ある程度専門知識を持っておかなければなりません。

不動産投資家になるには努力が必要であることを把握しておきましょう。

不動産投資家のメリット

不動産

不動産投資家になることは、収入や税制面でのメリットがあります。

不動産投資家になるメリットを押さえて、不動産投資への意欲を高めていきましょう。

定期収入が得られる

不動産投資後は、毎月の家賃が大幅に変わることはあまりありません。

そのため、入居者を確保できていれば、定期収入を得ることができます。

ただし、不動産投資後の収入は家賃収入が全てなので、空室リスクに備える必要があるでしょう。

節税になる

不動産投資すると、節税になるケースがあります。

不動産投資をする際にかかる諸経費を経費として計上できるためです。

ただし、不動産購入価格を一括して経費として計上することはできず、毎年減価償却する仕組みとなっています。

老後資金として利用できる

老後資金として利用するため、不動産投資に着手する人もいます。

不動産投資では、労働することなく定期収入を得られるためです。

ローン完済後は、資産として残るのも人気のポイントになります。

少ない自己資産で始められる

不動産投資ではローンを活用できるので、少ない自己資産で始められます。

また、家賃収入をローンの返済に当てられるのも、着手しやすいポイントでしょう。

ただし、スムーズに運用するには、ある程度の余剰資金がある方が安心です。

不動産投資家になるデメリット

不動産

投資家になるにはメリットがある反面、リスクもあります。

不動産投資家になるデメリットについても、あらかじめ把握しておきましょう。

赤字になるリスクがある

不動産投資家になる最大のデメリットは、赤字になるリスクがあることです。

不動産投資後の収入は家賃収入なので、空室になると収益を得られないのです。

また、投資後に高額な修繕費用がかかり、大きな損失となる可能性があります。

投資先によっては、赤字になる可能性があることを把握しておきましょう。

運用に負担がかかる

不動産投資家になると、運用に負担がかかります。

不動産会社に運用を任せることも可能ですが、完全に任せきりでは安定した収入を得ることができません。

不動産投資では、「修繕の必要性」「売却のタイミング」「設備のメンテナンス」など、収支計画を立てた上で様々な決断をしなければならないのです。

不動産運用には、地道な努力が必要であることを把握しておきましょう。

金利上昇の影響を受ける

不動産投資をする際は、ローンを組むケースが多いので、金利上昇の影響を受けます。

とくに、自己資金の割合が小さく、ローンの借り入れ期間が長い場合は、金利上昇により支払い額が大きくなる可能性があるのです。

自己資金が不十分な状態で不動産投資すると、ローンの返済に戸惑う可能性があります。

すぐには資産形成できない

不動産投資をしたとしても、すぐには資産形成できません。

不動産投資の際はローンを組んでおり、スタート時点では家賃収入をローンの返済に充てることになるのです。

ローン完済後は不動産が資産として残りますが、高額な投資なので数十年の期間がかかることを把握しておく必要があるでしょう。

より詳しく不動産投資のメリットやデメリットを把握したい方は、下記記事を読み進めてください。

不動産投資家の4つの分類

不動産

不動産投資家は、投資対象や投資額に応じて4つに分類できます。

それぞれ特徴を解説しますので、チェックしてみてください。

少額投資型

少額投資型は、数万円で着手できます。

少額でリスクを抑えて不動産投資したい方におすすめです。

少額投資型は、以下が挙げられます。

  • 不動産クラウドファンディング
  • REIT(不動産投資信託)
  • 不動産小口化商品

とくに不動産クラウドファンディングは、1万円からスタートできる案件も多いので、初めての方でも気軽に投資できるのが魅力です。

予算の範囲内で無理なく不動産投資したい方は、少額投資型を選ぶのが良いでしょう。

経験を積むために少額でできる不動産投資に取り組みたい方は、下記記事を通して理解を深めて下さい。

分散投資型

分散投資型は、資金を複数の不動産に分けて投資する方法です。

投資対象を1つに絞ると、価格変動などの影響を受けやすいですが、分散投資することでリスクも分散できるのです。

すでに株式投資やFXなどを実践している方は着手しやすいでしょう。

ただし、むやみに投資しても、スムーズな運用はできません。

分散投資は、以下のような様々な条件を考慮して着手する必要があります。

  • 物件の種類や間取り
  • エリア
  • 築年数

投資する不動産の特徴を把握し、最適な投資先を複数選ぶことで、バランス良く運用できるでしょう。

集中投資型

集中投資型は分散投資型とは対照的に、高い利益を期待できる不動産に絞って投資することです。

ある程度不動産投資の経験があり、資産を拡大させようとしている方におすすめです。

とくに、キャピタルゲインを狙っている方にとっては、集中投資型を選ぶことで大きな利益を獲得しやすいでしょう。

ただし、集中投資型はハイリスクハイリターンであり、失敗すると大きな赤字になることを覚悟しておかなければなりません。

節税重視型

不動産投資は、節税になることがあります。

節税重視型の投資は、高年収で納税額を抑えて資産を増やしたい方におすすめです。

不動産投資をすれば、経費として計上できる金額が大きくなるので、所得税や住民税が抑えられるのです。

また、不動産投資は相続対策にもなります。

現金と比較し、資産価値が低く見積もられるので、相続税が小さくなるのです。

不動産投資で節税効果を期待するには、木造物件や中古物件など減価償却費の金額が大きい物件が適しています。

関東地方の高収益物件なら!

【専門家による資産形成計画もあり】
関東地方で高収益な不動産投資に取り組みたいなら、武蔵コーポレーション株式会社に相談することをおすすめします。不動産投資家や金融機関の出身者など業界に精通した専門家が、あなたにあった資産形成計画を一緒に考えてくれます。中古の価値を高めた再生物件シリーズ「ReBreath」は、満室状態で購入でき、建物保証もついているため、魅力的です。キャッシュフローをプラスにしながら節税もできるため、リスクヘッジの資産形成を真剣に考えている人におすすめです。

事前に情報収集を行って不動産投資家になろう

不動産投資家と一口に言っても、様々な方法があります。

不動産投資家になるには、不動産投資の目的を明確にした上で、投資先や投資金額などをじっくり検討することが大切です。

事前に情報収集を行い、スムーズな不動産投資を実現しましょう。