不動産投資の勉強方法!初心者が知らない成功のポイントを徹底解説!

「不動産投資を始めたいけれど、勉強法が分からない」

「不動産投資を始めるためには、何をすればいいのか分からない」

不動産投資を検討している方の中には、どのようにアプローチすべきか分からず一歩を踏み出せていない方もいるのではないでしょうか。

不動産投資には様々な方法があるので、目的や状況に応じて最適な方法を選ぶことが大切です。

また、不動産投資をスムーズに進めるには、自分に合う勉強法で必要な知識を習得する必要があります。

本記事では、不動産投資の勉強法や成功のポイントについて詳しく解説します。

簡単な少額の不動産投資なら!

【投資家を保護する様々な仕組みあり】
不動産投資が気になるなら、COZUCHI(コヅチ)から始めてみてはいかがでしょうか。1口1万円から不動産投資を始められる不動産クラウドファンディングであり、優先劣後構造など、投資家にローリスクを提供する仕組みを多数用意しています。投資期間中であっても事務手数料3%〜5.5%を支払えばいつでも換金できるため、リスクが少ない不動産投資を少額で始めたい人におすすめです。

まず知っておこう!不動産投資の種類

不動産投資には様々な種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

不動産投資の目的や条件によって最適な投資方法は異なります。

あらかじめ希望にマッチする不動産投資の種類を把握しておくと、スムーズに進められるでしょう。

不動産投資の種類による違いについて解説しますので、チェックしてみてください。

不動産クラウドファンディング

不動産クラウドファンディングは、不動産投資家から集めた資金をもとに、運営会社が不動産運営を行います。

不動産クラウドファンディングには元出1万円からなど手軽に投資できる案件があり、初心者の方でも始めやすいでしょう。

案件によって投資金額の上限と下限が異なるので、確認しておきましょう。

基本的に投資期間は短く、長期運用を考慮する必要がありません。

ただし、中途解約ができない案件が多い、元本割れのリスクを伴うなどの注意点があります。

なお、投資上限があるため、数千万円単位の大きな金額を運用するのには向いていません。

ローリスクローリターンではありますが、手軽に始められるので、不動産投資初心者の方におすすめです。

不動産クラウドファンディングには様々な案件があるので、情報量や運営会社の信頼度などを総合的に把握し、選ぶ必要があります。

不動産投資型クラウドファンディングのおすすめや選び方については、下記記事で詳しく解説しています。

一棟投資

一棟投資は、文字通りマンションなどを一棟全て購入することです。

運用する部屋数が多いので、収益は大きくなりやすいですし、空室が発生した場合にも家賃収入がゼロにはなるリスクを抑えられます。

一方、投資金額は高めですし、修繕が必要になった場合のコストが高額になる可能性があります。

また、一棟のオーナーとなるので、不動産運営に関する知識が求められるでしょう。

一棟投資ならではの特徴を把握し、投資物件を選びましょう。

アパート経営には、他の投資物件とは異なるメリット・注意点があります。

アパート経営の基本の流れや知っておくべきポイントについては、下記記事で詳しく解説しています。

区分投資

区分投資は、マンションなどに一部屋単位で投資することです。

一棟投資と比較して投資金額は小さめなので、一見すると着手しやすいと感じるでしょう。

ただし、空室リスクが高く、入居者を確保できない場合、家賃収入がゼロになる可能性があります。

空室になる要素がないかを、あらかじめ確認することが大切です。

また、同じ棟に別のオーナーがいるので、自らの判断で建物の管理をすることはできません。

メリット・デメリットを総合的に判断し、投資物件を選びましょう。

ワンルームマンション投資は投資金額が小さく着手しやすい反面、思わぬ落とし穴があります。

ワンルームマンション投資のリスクや失敗を防ぐポイントについては、下記記事で詳しく解説しています。

戸建て投資

「戸建て投資」は、一戸建て住宅に対する投資です。

通常、利用するのはファミリー層なので、比較的入居期間が長い傾向にあります。

ただし、一棟投資・区分投資と違い、比較対象が少ないため、家賃相場を把握しにくいという注意点があります。

投資物件を選ぶ際、価値を見極める知識・判断力が求められるでしょう。

不動産投資は今回紹介した方法以外にも幅広い種類があります。

目的や予算などによって最適な投資方法が異なります。

不動産投資の種類ごとの特徴や選び方のポイントについては、下記記事で詳しく解説しています。

不動産投資で役立つ知識

不動産投資をする際は、投資物件選びや資産運用、税金の管理などに関して、幅広い知識を持っておく必要があります。

また、将来不動産を売却する可能性など、出口戦略についても念頭に置いておくことが大切です。

どのような知識が必要になるか把握し、知識を習得しましょう。

不動産最新情報を配信中!

不動産売却関連の知識

不動産投資の出口戦略として、不動産売却が重要です。

不動産投資する際は、売却時のことも考慮し、築年数や構造の違い、建物の状態などを総合的に検討しておく必要があるでしょう。

また、不動産をできるだけ高く売却するには、不動産売却関連の知識も習得しておかなければなりません。

たとえば、以下のような知識が必要になります。

  • 不動産売却の流れ・期間・必要な準備
  • 不動産売却の相場・査定
  • 不動産売却にかかる税金
  • 不動産売却の方法・相談先

不動産投資では、不動産売却関連の知識が必要となることを把握しておきましょう。

不動産売却時は、不動産売却益を把握した上で税金を抑える工夫などをし、最大限利益を得ることが大切です。

不動産の売却益や節税に必要な計算方法などについては、下記記事で詳しく解説しています。

資金運用関連の知識

不動産投資を成功させるには、資金運用関連の知識が必須となります。

たとえば、以下のような知識は不動産運用に直結するので重要なポイントとなります。

  • 利回りに関する知識
  • キャッシュフローに関する知識

利回りは、不動産運営において収益性を評価するための重要な指標となります。

キャッシュフローに関する知識は、手元資金を正確に把握し、健全な不動産運営を行う上で重要です。

不動産投資をする際は、長期間安定運営できるよう必要な知識を習得しておきましょう。

税金関連の知識

不動産投資においては、税金関連の知識が必要になります。

不動産投資後は、複数の税金が発生しますが、とくに「固定資産税」は不動産投資と深く関わります。

税金に関しては、たとえば、以下の知識が必要になるでしょう。

  • 経費として計上できるかできないか
  • 減価償却の仕組み
  • 確定申告について

専門家へ相談することも可能ですが、ある程度知識を持っておくことで、不動産経営をスムーズに進められるでしょう。

固定資産税は不動産を所有している限り支払い義務があるので、不動産運営に大きく影響します。

固定資産税の減税制度については、下記記事で詳しく解説しています。

不動産投資に関する勉強法

不動産投資に関しては、様々な勉強法があります。

不動産投資の目的によって最適な勉強法が異なるので、自分に合う方法を選ぶことが大切です。

たとえば、不動産投資初心者の方は、初心者向けの不動産投資セミナーへの参加や書籍、インターネットなどで、基本的な知識を習得するのが良いでしょう。

一方、ある程度不動産投資関連の知識がありピンポイントで疑問を解消したい場合は、不動産会社にアプローチしたり不動産投資セミナーの個別相談会などを利用するのがおすすめです。

効率的に学習できる方法でアプローチしましょう。

ここでは、不動産投資に関する勉強法について詳しく解説しますので、参考にしてみてください。

不動産投資関連の書籍を利用する

不動産投資関連の基礎知識を身につけたい方には、書籍の利用がおすすめです。

不動産投資に必要な知識がまとめられている書籍があるので、体系的に学ぶことができます。

不動産投資初心者の方は、入門書を利用するのが良いでしょう。

ただし、不動産投資会社が出版している書籍は、自社に有利な内容に偏っている可能性があります。

内容を鵜呑みにせず複数の書籍を読むことで、総合的に判断するようにしましょう。

不動産投資関連のセミナーに参加する

不動産投資関連の基礎知識を取得するのにおすすめなのが、不動産投資関連のセミナーへの参加です。

不動産投資セミナーでは、専門家からの解説を受けられるので、独学よりもポイントを効率的に把握できます。

不動産投資セミナーには、以下のように幅広い内容があります。

  • 投資物件の選び方
  • 不動産の運用方法
  • 不動産投資に伴う税務関連の内容

また、不動産投資セミナーに参加することで、不動産投資会社の質を把握できるのもメリットの1つです。

不動産投資会社によっては、セミナーで未公開物件の情報提供をしたり個別相談会を開催しているケースもあります。

不動産投資関連の基礎知識を効率的に習得したい場合は、不動産投資セミナーへの参加を検討してみるのが良いでしょう。

様々な不動産会社が不動産投資セミナー開催しており、幅広い目的・レベルのタイプがあります。

不動産投資セミナーのおすすめや選び方のポイントについては、下記記事で詳しく解説しています。

資格取得を目指す

不動産投資関連の資格を目指すことで、知識を深められます。

取得する資格にもよりますが、資格取得に向けた学習をする中で、知識を習得できるでしょう。

たとえば、不動産投資関連の資格としては以下が挙げられます。

  • 賃貸不動産経営管理士
  • 宅地建物取引士
  • ファイナンシャルプランナー
  • 住宅ローンアドバイザー
  • 管理業務主任者
  • マンション管理士
  • 相続診断士
  • ホームインスペクター(住宅診断士)
  • 不動産鑑定士
  • 公認 不動産コンサルティングマスター
  • 不動産実務検定
  • サブリース建物取扱主任者
  • 土地活用プランナー

資格取得を目指すことで、モチベーションがアップするでしょう。

ただし、資格取得を目指す際は、どのような知識を習得したいか、目的を明確にしておくことが大切です。

不動産投資に資格は必須ではないですが、資格取得を通して知識を習得するのも手段です。

不動産会社に情報提供してもらう

不動産会社に情報提供してもらうことで、不動産投資に関する疑問を解消できます。

不動産会社のスタッフは日々最新情報を入手しているので、効率的に情報をキャッチできます。

また、不動産業界で習得した専門家ならではのアドバイスを得られる可能性もあるでしょう。

ただし、情報に偏りがあることもあるので、一社の情報を鵜呑みにするのは危険です。

なお、信頼できる不動産会社を見極めることが大切であり、以下のような点がポイントとなります。

  • 不動産会社の実績や利回り
  • 不動産会社の経営母体
  • 資産状況に合わせた個別のアドバイスをしてくれるか
  • 必要に応じて専門家との橋渡しをしてくれるか
  • 物件情報を豊富に取り扱っているか
  • メリットのみならずデメリットについても解説してくれるか

複数の不動産会社にアプローチし、情報を吟味しましょう。

不動産投資会社のおすすめや選び方については、下記記事で詳しく解説しています。

インターネットを利用する

インターネットを利用することで、不動産投資関連の情報を手軽に収集できます。

インターネット上のブログには、不動産投資経験者の体験談なども記載されています。

不動産投資に関するリアルな声を確認することで、よくありがちな失敗に関してあらかじめ対策できるケースもあります。

経験者ならではのノウハウを学ぶこともできるでしょう。

 ただし、インターネット上の情報は全てが正しいとは限らないので、複数のサイトを閲覧し、信憑性を見極めることが大切です。

現地調査をする

実際に現地調査をして、情報収集するのも有用です。

不動産関連の情報は不動産会社やインターネットから情報収集できますが、現地に行かなければ分からないこともあるのです。

  • 不動産会社の実績や利回り
  • 不動産会社の経営母体
  • 資産状況に合わせた個別のアドバイスをしてくれるか
  • 必要に応じて専門家との橋渡しをしてくれるか
  • 物件情報を豊富に取り扱っているか
  • メリットのみならずデメリットについても解説してくれるか

確認したい項目をピックアップしておくと、必要な情報を収集できます。

 不動産投資関連の仲間をつくる

不動産投資の勉強をする際、仲間をつくるのはおすすめです。

不動産投資に関しては、常に最新情報を入手する必要があります。

仲間とのつながりがあると、情報が入ってきやすいのです。

1人では得られない情報を仲間とのつながりから入手できるケースがあるでしょう。

また、不動産運営などで行き詰ったときに、相談に乗ってもらえることもあります。

不動産投資関連の仲間とは、セミナーへの参加時などに交流を深めるチャンスがあります。

仲間とともに、切磋琢磨しながら勉強できるのは魅力的でしょう。

不動産投資を実践してみよう 

不動産投資について一通り勉強した後は、実際に不動産投資を実践してみましょう。

不動産投資はリスクを伴うため、あらかじめ入念に準備を整えておく必要があります。

不動産投資をスムーズに進められるよう流れを把握しておくことはもちろん、各ステップにおける注意点やポイントを確認しておきましょう。

ここでは、不動産投資を実践する際のポイントについて詳しく解説します。

利用する不動産投資会社を決める

不動産投資を実践する際は、まず、利用する不動産投資会社を決めます。

不動産会社によって、以下のように特徴や強みが異なります。

  • ファミリー層向けの物件を多数所有している
  • ワンルームマンションに強い
  • 立地条件の良い物件が多い

また、 投資する物件を選ぶ際は、「長期間安定運用できるか」という視点が重要になります。

正しい情報をもとに、投資に最適な物件を見極める必要があるでしょう。

以下のような質の高い不動産会社を利用しましょう。

  • 情報提供の質が高い
  • 利用者からの口コミが良い
  • 資本力が高い
  • 所有している物件の質が高い

不動産会社選びは不動産投資の最初のステップとして非常に重要なので、じっくり検討しましょう。

投資する物件を探す

利用する不動産投資会社が決まったら、投資する物件を探します。

不動産投資後、入居者を確保できないと収益を得られないため、空室リスクのない投資物件を選ぶ必要があります。

また、安定して運用するには、修繕費用などを加味して投資することが大切です。

投資する物件を選ぶ際は、「空室リスク」「安定運用」という観点から、以下の要素に着目しましょう。

  • 周辺環境・ライバル物件
  • 不動産の需要
  • 投資物件の状態(設備、築年数や欠陥など)
  • 投資物件の間取り
  • 利回り・運用実績

投資価格や家賃など目先の利益に惑わされるのではなく、幅広い情報を総合的に吟味する必要があります。

不動産会社の情報を鵜呑みにせず、能動的に情報収集し、最適な物件を見つけましょう。

不動産ローンの審査を受ける

投資する物件が決まったら、不動産ローンの審査を受けます。

というのも、不動産投資をする際は、ローンを組むのが一般的です。

スムーズに資金運用するには、有利な条件で融資を受けるのがポイントとなります。

不動産ローンは金額が大きいので、金利の違いが支払い額に影響しやすいです。

 好条件でローンを組めるよう、以下のような融資条件に影響するポイントを把握しておきましょう。

  • 安定収入を証明する
  • 年収に見合う相応した借入額にする
  • 自己資金の割合を工夫する

好条件で融資を受けるには、安定収入の証明が必須となります。

また、自己資金の割合が重要であり、自己資金の割合が多いと金融機関からの信用が高まります。

また、自己資金を確保できていると返済額が小さくなるので、金利上昇の影響を受けにくいのもポイントです。

一方、年収に見合わない借入額となったり、自己資金をほとんど確保できていない場合、借入期間が長くなり金利上昇により支払い額が増えるリスクがあります。

物件価格の15~30%の自己資金があると、安定運用しやすいでしょう。

不動産投資の手続きをする 

不動産ローンの審査を通過したら、不動産投資の手続きに進みます。

通常、主な手続き内容は以下のようになっています。

  • 買付申込書を提出し、売買契約を結ぶ
  • 融資を受ける金融機関と金銭消費貸借契約を結ぶ
  • 決済・登記・引き渡しを行う

不動産投資の手続きは複雑ですが、専門家のサポートを受けられるので問題ありません。

あらかじめ必要なものを揃えておくとスムーズなので、準備物を確認しておきましょう。

不動産の管理会社を選ぶ

不動産投資後は、不動産管理のパートナーとなる管理会社を選びます。

不動産投資後は、以下のような管理が必要になります。

  • 賃料を確実に回収する
  • 建物の設備を管理する
  • 建物の修繕・メンテナンスを行う

不動産投資に慣れていない場合や副業としての位置づけの場合、不動産管理を自力でするのは困難でしょう。

完全に任せきりにするのは良くないですが、ある程管理会社に依頼するのが無難です。

以下の観点から、安心して管理を任せられる不動産管理会社を選びましょう。

  • 不動産管理に関する対応範囲
  • 提示している管理費の妥当性
  • 情報提供の質
  • 対応の質やスピード
  • これまで不動産管理実績
  • 管理会社までのアクセスのしやすさ

不動産管理会社によって対応範囲、質、スピードが異なります。

安定した不動産運営には、不動産会社からの情報提供・対応力が欠かせません。

長期的なパートナーとなる不動産管理会社の質を慎重に見極めましょう。

不動産運用に着手する

不動産管理会社が決まったら、実際に不動産運用に着手します。

入居者募集・賃料回収などに関しては、不動産管理会社が代行してくれるケースが多いです。

ただし、不動産運用する際は、不動産管理会社に任せきりにするのではなく、オーナーの判断力が求められるケースがあります。

たとえば、以下のような不動産運営に直結する内容は能動的に携わる必要があるでしょう。

  • 建物の修繕・メンテナンスの計画策定
  • 不動産売却の検討などの出口戦略

不動産投資後の収益は、入居者からの家賃収入となります。

長期安定運用のためには入居者の確保が重要であり、必要に応じて建物の修繕・メンテナンスをしなければなりません。

修繕・メンテナンス費用が高額になると負担は大きいですが、入居者の確保・家賃の維持など総合的に判断することが大切です。

また、不動産の売却の検討など出口戦略を見据えて運用する必要があります。

安定して収益を得られるよう、不動産運営への能動的な関与を意識しましょう。

関東地方の高収益物件なら!

【専門家による資産形成計画もあり】
関東地方で高収益な不動産投資に取り組みたいなら、武蔵コーポレーション株式会社に相談することをおすすめします。不動産投資家や金融機関の出身者など業界に精通した専門家が、あなたにあった資産形成計画を一緒に考えてくれます。中古の価値を高めた再生物件シリーズ「ReBreath」は、満室状態で購入でき、建物保証もついているため、魅力的です。キャッシュフローをプラスにしながら節税もできるため、リスクヘッジの資産形成を真剣に考えている人におすすめです。

目的に合った勉強方法で不動産投資を学ぼう

不動産投資に興味のある方向けに、不動産投資の勉強法や不動産投資をする際に押さえておくべきポイントについて解説しました。

自分に合う不動産投資法を選択し、目的やレベルに応じた最適な勉強法で知識を習得することが大切です。

不動産投資について勉強する際は、成功につながるよう、以下を意識しておきましょう。

  • 最適な投資物件を選べるようになる
  • リスクの高い投資を見抜ける
  • 不動産を長期的に安定運用できるノウハウを習得する
  • 信頼できるパートナーを見極められる

不動産投資について勉強する際は、不動産会社や不動産投資セミナーなど様々な場所へアプローチし、効率的に情報収集しましょう。