失敗例から学ぶ!所有地を最大限に活用できる土地活用の方法とは?

「土地を活用して収益化したいけれどどんな活用法があるの?」
「土地活用で失敗をしたくない。失敗しないためにはどうすればいい?」

所有している土地を有効に活用したいけれど、失敗するのが怖くて始められない方もいるのではないでしょうか。

土地の特徴を考えずになんとなく用途を決めてしまうと、収益化できずに赤字を抱えてしまうケースもあります。

ここでは、土地活用の代表的な方法7選と、それぞれの活用方法の失敗例と対策について詳しく解説します。

失敗例からの学びを活かして、大切な土地を最大限に活用できる土地活用方法を探しましょう。

複数の優良企業から一括提案!

【たった3分で今すぐ始められる】
土地活用を検討しているなら、厳選された優良企業に無料で一括請求ができるタウンライフ土地活用を利用してみてはいかがでしょうか?
アパートやマンションはもちろん、駐車場や医療施設、トランクルームなど様々な提案をもらうことができます。
累計112万人以上が利用した実績もあるので、安心して土地活用プランを比較検討できるのが魅力です。

土地活用の代表的な方法7選

土地を活用する方法にはいろいろありますが、代表的なものは下記の7つです。

  1. アパート経営
  2. マンション経営
  3. 駐車場経営
  4. 一戸建て賃貸
  5. 賃貸併用住宅
  6. 太陽光発電
  7. 高齢者施設経営

それぞれの土地活用方法のメリットやデメリット、土地活用に最適な土地を紹介します。

アパート経営

アパート経営は、所有している土地にアパートを1棟建設して賃貸収入を得る土地活用方法で、安定した収益化が見込める人気の土地活用方法です。

一般的にアパートは、木造や軽量鉄骨で2階建ての建築を指すことが多いのですが、アパートとマンションの違いは明確に定義されているわけではありません。

アパート経営のメリットとデメリット

アパート経営のメリットは、賃貸ニーズがあれば長期的に安定した収益を見込め、ローンを返済し終わった後は不労所得を得ることができることです。

また、アパートを建設すると更地の状態に比べて、相続税や固定資産税が節税できるメリットもあります。

一方、初期費用が高額になるのでしっかりとした資金計画を立てておく必要があります。

アパート維持のための修繕費や管理費などの費用や、空室や家賃下落のリスクを考慮した上で経営が成り立つのかを判断しましょう。

アパート経営で失敗しないためには、長期的な経営計画が重要なので事前にリサーチをして賃貸経営の知識を身につけておきましょう。

アパート経営に適した土地

アパート経営には、駅から徒歩圏内で生活利便性が良い土地が適しています。

集合住宅を建設するので、60坪以上の広さがあるとよいでしょう。

土地にはそれぞれ建ぺい率や容積率が定められているので、60坪の広さの土地があったとしても土地全てにアパートを建設できるわけではありません。

事前に所有地の建設条件を確認しておきましょう。

マンション経営

マンション経営は、所有している土地にマンションを1棟建設し、賃貸収入を得る土地活用方法です。

基本的にはアパート経営と同様なのですが、建物の構造と耐用年数が異なります。

アパートは木造や軽量鉄骨造が多いので工事の単価を抑えることはできますが、マンションは鉄筋コンクリート造が多く初期投資額はマンション経営のほうが高額になります。

また、木造アパートであれば法定耐用年数は22年、鉄筋コンクリート造のマンションは47年と鉄筋コンクリート造りのマンションの耐用年数が長く設定されているので覚えておきましょう。

マンション経営のメリットとデメリット

マンション経営のメリット、デメリットはアパート経営とほぼ変わりません。

しかし、マンションの建設費はアパートに比べると坪単価が高くなるケースが多いので、初期投資額が高額になりますが、3階建て以上の建築も可能になるので、戸数を増やして収益性を上げることも可能です。

さらに、マンションの方が建物の性能が高く防音性にも優れているので、賃料を高めに設定することができます。

また、マンションのほうが法定耐用年数が長くとれる可能性があります。

金融機関からのローンの借入期間は、耐用年数が上限となっていて借入期間が長いほど毎月の返済額が少なくなるので、マンション経営の方が返済の負担が小さくなるという違いもあります。

利回りや耐用年数のバランスを考えて、アパート経営かマンション経営かを判断することをおすすめします。

マンション経営に適した土地

マンション経営もアパート経営と同様に駅から徒歩圏内で利便性の高い土地が適しています。

土地の広さも、アパートと同様に60坪以上の広さがあれば充分に可能です。

駐車場経営

駐車場経営は、土地を整備し駐車場を作りその利用料金を収益にする土地の活用方法で、月極駐車場とコインパーキングの2つの種類があります。

月極駐車場の料金は、地域によって差がありますが都心であれば15,000円から30,000円程度の収益が見込めます。

コインパーキングは時間単位で駐車スペースを貸し出すので、繁華街の近くなど需要があるエリアでは1時間あたり1,000円以上の料金設定も可能です。

駐車場経営のメリットとデメリット

駐車場経営のメリットは、初期投資額を抑えて土地活用ができることです。

月極駐車場であれば砕石を敷きつめて区画するだけでも運営できますし、専用の機器を導入するコインパーキングであっても10台程度の規模であれば、整地と機械費用込みでも300万円~400万円程度で始められます。

また、設備の設置や運営管理を委託する一括借り上げ方式を選べば、初期投資がほとんどなく毎月一定の賃料収入を得ることができます。

狭い土地でも経営できることや、用途変更がしやすいというメリットもありますが、駐車ニーズがない土地では稼働率が悪くなるデメリットがあります。

また、駐車場の場合は更地と同額の固定資産税、都市計画税を支払わなければならないので、もともと住宅地だった土地を駐車場に用途変更した場合は、固定資産税は以前に比べて最大6倍も高くなる可能性があるので注意しましょう。

駐車場経営に適した土地

駐車場経営に適した土地は、月極駐車場では、駐車場がないマンションやアパート周辺、駐車場を確保したい店舗やオフィスが近くにある場合は、需要が見込めます。

コインパーキングでは、周辺に商業施設や娯楽施設があり、車でアクセスする人が集中するエリアでは安定した収入を見込むことができます。

所有地の周辺環境に応じて、月極にするのかコインパーキングにするのか判断しましょう。

一戸建て賃貸

一戸建て賃貸は、一戸建て住宅を建設し賃貸収益を得る土地活用方法です。

アパートを一棟建築することに比べると建設費用を抑えられ、ファミリー層をターゲットにしているので、入居が決まれば長期にわたり安定した収益が見込める特徴があります。

賃貸後は入居者に売却することも可能なので出口戦略の選択肢も広がります。

一戸建て賃貸のメリットとデメリット

一戸建て賃貸のメリットは、ファミリー層の需要が高く一定のニーズが期待できることです。

アパート経営に比べると戸数が限定されるので収益性は高くはありませんが、初期費用を抑えられるというメリットがあります。

また、戸建て賃貸はファミリー層をターゲットにするので駅から多少離れていても住み心地や周辺環境が整っていれば一定の賃貸ニーズがあります。

一方で、空室期間が発生すると収益が途絶えてしまう可能性があるので、建築費を抑えるなどして利回りを保つ工夫が必要です。

一戸建て賃貸に適した土地

一戸建て賃貸は、駅から多少離れていても学校や生活環境が整っていれば需要が見込めます。

また、15坪から30坪程度で建設可能なので、変形地や狭小地でも有効に土地活用できます。

賃貸併用住宅

賃貸併用住宅は、1つの建物の中に自宅部分とアパート部分が併存する建物のことで、アパート部分を利用して賃貸経営をする土地活用方法です。

1階部分を自宅にして2階部分を賃貸住宅とするなどすれば、家賃収入でローンの返済をすることも可能です。

自己の居住用スペースが建物の総床面積の50%を超えていれば、住宅ローンの適用が受けられるので金利を抑えて借り入れをすることができます。

賃貸併用住宅のメリットとデメリット

アパート経営に比べると初期投資額を抑えて賃貸経営ができますが、賃貸部分が限られるので収益性は下がります。

また、同じ敷地内に自宅があるので、入居者とのトラブルが精神的な負担になってしまう可能性もあります。

賃貸併用住宅は特殊な構造である場合も多く、売却しにくいことも考えられるので将来的に二世帯住宅にするなどの出口戦略を考慮しておきましょう。

賃貸併用住宅に適した土地

アパート経営をするには狭く、一戸建て賃貸をするには広いという土地の場合、賃貸併用住宅として土地活用することも有効です。

土地の広さに応じて、さまざまな間取りや規模で建設が可能なので、賃貸ニーズの高いエリアであれば充分収益化を見込めます。

太陽光発電

太陽光発電は、自身が所有している土地にソーラーパネルを設置して太陽光発電を行い、その電気を電力会社に売ることで収益を得る土地活用方法です。

初期費用は、ソーラーパネルなどの設備代が主になるので規模にもよりますが数百万円程度から可能です。

土地活用方法としては、自分で運用する自営方式の他に、所有する土地を貸して事業者が太陽光発電を行う方式があります。

土地を貸し出す場合は、土地所有者として地代として収入を受け取ります。

太陽光発電のメリットとデメリット

太陽光発電のメリットは、一度設置してしまえば手間がかからず長期にわたって安定収入が得られることです。

また、固定価格買取制度があり事業用であれば20年間一定価格で電力を買い取ってもらえることも大きなメリットですが、固定価格は年々値下がり傾向にあるので今後の動向を探る必要があります。

維持管理コストもあまりかからないので、忙しい方でも運用可能です。

太陽光発電に適した土地

太陽光さえあればどんな土地でも活用できるので、田舎の広大な土地活用に適しています。

利便性を考える必要がないので、他の土地活用には適していない郊外の土地でも有効に活用できます。

太陽光発電のパネルを広げて設置するので、日当たりのよい150坪以上の土地が適しています。

高齢者施設経営

高齢者施設経営は、高齢者向け施設を建設して介護事業者に貸し出し、賃料収入を得る方法が一般的です。

社会貢献度も高く、高齢化が進む日本では今後も需要が見込まれるので有効な土地活用方法です。

高齢者施設経営のメリットとデメリット

高齢者施設経営のメリットは、自治体によって補助金を受けて建設できるケースがあることです。

また、駅からのアクセスが良くない賃貸経営には不向きな土地でも、活用できる点も大きなメリットです。

介護保険を適用できる場合は、賃貸住宅経営よりも高い収益性や利回りを期待できます。

一方で、広い土地で一定の設備を備えた建物を建設する必要があるので初期投資額はかなり高額になります。

高齢者施設経営に適した土地

高齢者施設経営に適した土地はサービス内容によって変わります。

グループホームや、介護付有料老人ホームであれば、利便性が高くない地域でも充分に建設可能です。

一方、自立度の高い方が利用するサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)では、賃貸アパートや賃貸マンションのように便利な地域が適しています。

高齢者施設経営には、廊下の幅や洗面設備などの規定があるため、200~300坪以上、建物の延べ床面積400~600坪以上が目安となり、まとまった広い土地が必要になりますが、小規模な施設であれば100程度からでも可能なケースもあります。

アパート・マンション経営の失敗例と対策

アパートやマンション経営は大きな収益性が期待できる土地活用の方法ですが、初期投資額も大きいので綿密な資金計画が必要です。

ここでは、アパート・マンション経営の失敗例とその対策について解説します。

賃貸ニーズがなく空室が発生してしまう

アパートやマンション経営で失敗する大きな理由は、賃貸ニーズがない立地に建設してしまい空室が発生してしまうことです。

「駅からのアクセスが悪い」「周辺にコンビニやスーパーがなく不便」「移動手段が車なのに駐車場がない」などの物件は入居者からも敬遠されがちです。

空室を発生させないためには、周辺地域の賃貸物件の稼働率を事前にリサーチして、入居ターゲットを決めた間取りで建設することが大切です。

不動産最新情報を配信中!

建設費が高額になり利回りが低下する

アパートやマンション経営では建設費が高額になり利回りが低下する可能性があります。

利回りとは、年間の見込み収益のことで「表面利回り」や「実質利回り」と呼ばれ下記の計算式で求められます。

  • 表面利回り = 年間家賃収入÷ 物件購入価格 × 100
  • 実質利回り =(年間家賃収入 – 諸経費)÷ 物件価格 × 100

土地活用で賃貸経営をする場合は、すでに土地を所有しているので物件価格は建物の建設費
となるので、土地と建物を購入するよりも高い利回りで運用できます。

しかし、物件価格が高額になればなるほど利回りは低くなるので、複数の業者に見積もりを取るなどして建設費を安く抑えるよう努力しましょう。

大規模修繕などの費用がかかる

アパートやマンション経営は、大規模修繕による修繕費や各住戸内のリフォーム費や設備交換費など、様々な費用がかかります。

外壁工事や屋根の塗装工事は10年から15年程度、給排水管工事は15年から30年程度で行い、建物の規模によりますが400万円~数千万円かかることもあるので、事前に積立をしておかないと資金が調達できません。

適切な時期に修繕を行わないと、資産価値が下がるばかりか入居者からのクレームにも繋がります。

急な出費に慌てないように、当初から事業収支計画に大規模修繕の費用を想定して計上しておけば安心です。

あらかじめ長期的な経営計画を立てておきましょう。

建物の老朽化で家賃が下落する

アパートやマンション経営では、建物の老朽化で家賃が下落し経営が失敗してしまう可能性があります。

一般的に賃貸物件では、新築時から家賃下落が緩やかに始まり、築20年が過ぎる頃には2割程度下落し、20年以降には下落が落ち着くと言われてます。

そのため新築時の賃貸収入が続くつもりで収益計画を立てていると、キャッシュフローの悪化につながります。

周辺の賃貸物件の家賃価格を参考にして、家賃下落を考慮した経営計画を立てておきましょう。

また、家賃下落率を抑えるために、防犯カメラや宅配ボックスを設置するなど付加価値をつけることも検討しましょう。

駐車場経営の失敗例と対策

駐車場経営は、初期投資額が少ないので初心者でも行いやすい土地活用法です。

賃貸経営に比べると収益性は高くありませんが、手間もかからないので副業としてもおすすめですが、ニーズを見極めないと失敗する可能性があります。

ここでは、駐車場経営の失敗例とその対策について解説します。

駐車場のニーズがなく稼働率が悪くなってしまう

「駐車場を作ったものの、空車が目立ち収益化ができていない」「周辺に駐車場が多くて飽和状態になっている」などニーズがない場所に駐車場を作ると稼働率が悪くなり失敗してしまうケースが考えられます。

駐車場経営は狭小地でもできるため、すでに近隣に数多くある場合は価格を下げなければ集客できなくなってしまいます。

月極駐車場とコインパーキングでは集客できる立地が異なるため、どちらがより集客できるのかを検討しましょう。

月極駐車場は、駐車場がないマンションやアパート周辺や、来客用に駐車場を確保したい店舗やオフィスが近くにある場合、需要が高いと考えられます。

一方、コインパーキングは、周辺に商業施設や観光地があり、車でアクセスする人が集中するエリアでは稼働率が高くなるので駐車ニーズを考えて経営しましょう。

駐車しにくいレイアウトで集客が悪い

駐車場では駐車のしやすさも重要なポイントとなります。

駐車台数を増やすために無理なレイアウトで区画を作ってしまうと、利用者からは敬遠されてしまいます。

また、車間距離が狭くなると大きな車同士が駐車した場合、事故やトラブルにもつながる
ことも考えられるので、スムーズに駐車できるレイアウトにしましょう。

賃料滞納などのトラブルが発生

コインパーキング運営をする場合は自動精算機で精算するので未納が発生することはほとんどありませんが、月極駐車場の場合は駐車場料金の未納トラブルが発生しストレスを抱える場合があります。

料金が未納になれば、催促をして支払いを促さないといけないので手間も時間もかかる上に、長期に渡って未納が続けば車の撤去や契約の解除が必要となります。

駐車料金の未納を防ぐためには、指定口座からの引き落としにすることや、入金の締め切り前に事前通知をするなどの対策をしましょう。

更地にしたことで固定資産税が高くなる

住宅地から駐車場に用途変更した場合は、固定資産税が高くなり思わぬ出費に悩む可能性があります。

住宅用地には固定資産税の軽減措置が適用されているので、更地にして駐車場にするだけで最大6倍も固定資産税が高くなる可能性があります。

固定資産税が高くなることを知らずに収支計画を立ててしまうと、収益化が成り立たなくなる可能性があるので注意しましょう。

駐車場経営をする場合は、固定資産税の値上がりを考慮して収益計画をたてましょう。

一戸建て賃貸の失敗例と対策

一戸建て賃貸は、ファミリー層にニーズのある立地では収益化しやすい土地活用法ですが、ターゲットが限定されるので難しい一面もあります。

ここでは、一戸建て賃貸の失敗例とその対策について解説します。

空室時にリスク分散ができない

一戸建て賃貸は空室リスク分散ができず、空室期間は収入がなくなる可能性があります。

投資ではリスクを分散させて長期的に安定した収益を生み続けることが重要です。

複数の部屋を所有できるアパートやマンション経営では、一戸が空室になったとしても他の部屋の賃料でカバーできるため大きなマイナスにはなりません。

一戸建て賃貸はファミリー層をターゲットにしているため、入居者が決まれば長期にわたり安定した収益が期待できますが、空室期間は収入がゼロになります。

収入がゼロの期間でも融資の返済をする必要があるので、余裕を持った収益計画を立てておきましょう。

リフォーム費用が高額になる

一戸建て賃貸の場合は、住居スペースが広いので退去時のメンテナンスやリフォーム費用が高額になる可能性があります。

一戸建て賃貸を希望するのは、子供がいるファミリー層が多いので長期間入居すれば劣化や摩耗度合いが高くなることも考えられます。

一戸建て賃貸では、長期の入居を見込めるので空室リスクの回避にも繋がるのですが、退去時の修繕やリフォーム費用が高額になることも考慮して積立をしておきましょう。

ファミリーに限定されるので入居者が見つけにくい

一戸建て賃貸は、ターゲットをファミリー層に限定しているので入居者が見つけられないことも考えられます。

ファミリー物件は単身者物件に比べると流動性が低いので、4月や10月の転勤時期を除いては、入居者が決まるまでに時間がかかる傾向があります。

子供がいる場合は引越の手続きが煩雑になる上に、転校を避けたいケースも多いので気軽に引越しができません。

そのため、一度退去があると次の入居者を探すのが難しくなり、空室が続くことも考えられます。

一戸建て賃貸経営する場合は、人気の学区エリアにするなどファミリーに需要のある土地かどうかをしっかりと見極めましょう。

賃貸併用住宅の失敗例と対策

リースバックをする不動産の選び方

賃貸併用住宅では、自宅に住みながら家賃収入を得られるメリットがありますが、安易な気持ちで始めるとトラブルに巻き込まれたり、収益化が難しくなることも考えられます。

ここでは、賃貸併用住宅の失敗例とその対策について解説します。

オーナーと入居者との距離感が難しい

賃貸併用住宅では、オーナーと入居者が同じ敷地内で生活するので距離感が難しく、ストレスになってしまうケースがあります。

構造的にも距離が近い場合は、騒音や生活音が気になってしまいトラブルになるケースも見られます。

顔を合わせる機会も多いので、プライバシーを守って生活したい人にとっては落ち着かないと感じることもあるでしょう。

また、不満を感じてもクレームを言いにくく、オーナー側が我慢してしまうケースや、入居者が短期間で退去をしてしまうことも懸念されます。

賃貸併用住宅を建てる場合は、騒音や生活動線を意識した間取りにするなどの対策が必要です。

防音性の高い素材を使うことや、リビングが隣り合わないような間取りにする、入り口を分けるなどの配慮をして、お互いにストレスなく生活できる構造を考えましょう。

収益性が低い

賃貸併用住宅では、自宅に住みながら家賃収入を得ることができますが、賃貸部分が限定されるので収益性は低くなります。

土地を最大限に利用して運用できるわけではないので、収益性を第一に考える方にはあまり適していません。

賃貸併用住宅の最大のメリットは、自宅スペースが建物の総床面積の50%を超えていれば住宅ローンを利用できることです。

不動産投資を行う際に組む不動産投資ローンの金利は2~5%ですが、住宅ローンの金利は1%程度な上に、長期に渡る借入が可能です。

また、居住床面積に応じた住宅ローン控除もあります。

賃貸併用住宅で土地活用をする場合は、何を目的としてするのかを明確にしておきましょう。

利便性が悪い場所に建て空室が発生してしまう

「自宅を建てるついでに賃貸部分を作って収益化しよう」と安易な考えで始めてしまうと、入居者が見つからずに経営が失敗してしまう可能性があります。

賃貸物件として貸し出す以上、賃貸ニーズがある土地に建てることは必須条件です。

賃貸併用物件は、構造によってはオーナーとの距離感が近いことを敬遠する人もいるので、通常の賃貸物件よりも入居者の確保が難しくなるケースもあります。

その上、利便性も悪ければさらに集客は難しくなります。

土地活用として賃貸併用物件を建てるなら、賃貸ニーズがあるかどうかを判断してから検討しましょう。

太陽光発電の失敗例と対策

太陽光発電は、郊外の土地を有効に活用できる土地活用法ですが、専門的な知識がないままに始めてしまうとトラブルになる可能性があります。

ここでは、太陽光発電の失敗例とその対策について解説します。

管理が不十分で近隣からクレームをうける

太陽光発電では、近隣からのクレームがありトラブルに発展するケースがあるので注意しましょう。

具体的には「パネルからの反射光が眩しい」「雑草が生い茂り害虫や害獣が住みついてしまう」などのトラブルがあります。

近隣に民家がある場合は、太陽光パネルを設置する前に、反射光が民家に影響を与えないかを計測することでトラブル回避できるので、施工事例の多い業者に相談しておきましょう。

雑草に対しても、定期的に管理するなどしてクレームが出ないよう心がけましょう。

シュミレーション通りの収入が得られない

太陽光発電は日当たりが重要なポイントとなるので、日照条件のシュミレーションが正確でなければ思うような収益が得られないことがあります。

太陽光発電を導入する時には、導入後の設備の稼働状況をシュミレーションして収益を予測するのですが、施工実績があまりない業者だと正確なシュミレーションができていないことも考えられます。

そのため太陽光発電を導入する際には、複数の業者にシュミレーションを依頼し、より正確な情報を分析しておくことが重要です。

また、契約を取りたいために利用者に都合の良い情報しか伝えない悪徳な業者も存在します。

導入後に後悔しないためにも、複数の業者に相談し信頼できる施工会社を見つけましょう。

保険に加入していなかったため多額の損害を抱える

太陽光発電には、災害や盗難のリスクがあるので保険に加入していなかった場合、被害額が大きくなってしまうことも考えられます。

日本では地震や台風被害が多く、太陽光発電設備に被害を与えることが懸念されます。

万が一、強風や飛来物によってパネルのガラス部分にひび割れや傷がつけば設備を交換することになり収益の悪化につながります。

また、災害だけでなくケーブルなどの盗難被害も存在します。

防犯対策として監視カメラを設置するなどで予防することも可能ですが、災害や盗難に備えて損害保険に加入しておくと安心です。

知識不足で悪質な業者に騙される

太陽光発電では、専門的な知識がないと悪質な業者に騙されてしまう恐れもあります。

太陽光発電設備は耐用年数が長く一度設置すれば長く利用できるものなので、施工業者を選ぶ時には信頼できる業者かどうかを判断しなければいけません。

「質問に対して的確に答えられない」「必要な情報を教えてくれない」「急いで契約させようとする」などの施工業者は避けたほうがいいでしょう。

悪質な業者に騙されないためには、施工実績の多い業者を選ぶことや、複数の施工業者に相談することが大切です。

高齢者施設経営の失敗例と対策

高齢者施設経営は、高額な初期投資額が必要となるので長期的な視点で経営計画を立てておかないと失敗する可能性があります。

ここでは、高齢者施設経営の失敗例とその対策について解説します。

初期投資額が高額になる

高齢者施設経営は初期投資額がかなり高額になります。

土地活用として高齢者施設を経営する場合は、介護事業者への一棟貸しが基本となります。

広さの規定があるため、20戸でも200坪程度の土地の広さが必要となり、建物の規模が大きくなるほど初期投資額も大きくなります。

介護事業は今後も需要が高いと思われますが、初期投資額も大きく長期にわたり返済が必要なので介護業者の選定が重要なポイントとなります。

万が一介護事業者が退去した場合は収入がなくなってしまうので、金銭的なリスクを避けるためにも経営状態のよい介護事業者を選ぶようにしましょう。

退去後の転用が難しい

高齢者施設経営では、退去後の転用が難しく見つけにくいというリスクがあります。

高齢者施設では、食堂や医務室など特殊な間取りで建設されるため、転用が難しく売却しにくい可能性があります。

退去後に高齢者施設に貸し出すとしても、事業性の高い物件なのですぐに借り手が見つかるとは限らないので収益が悪化し大きなダメージをうけてしまいます。

そのため高齢者施設を経営するなら、介護事業者の選定はもちろん、退去後の転用まで視野に入れて設計をすることも考慮しておきましょう。

運営事業者の選定が難しい

高齢者施設経営を失敗する大きな理由は、介護事業者の選定を間違え短期間で退去されてしまうことです。

介護事業者の主たる収入は、介護保険料であり国によって定められているので勝手に価格を変えることはできないので、経営力が求められます。

高齢化に伴い、在宅介護や訪問介護が増加していくことも考えられるので、長期にわたって安定した経営を続けられる介護事業者かどうか見極めることが大切です。

入居者の管理や経費管理を適切に行ってくれる実績のある介護事業者を探しましょう。

土地活用を成功させる3つのポイント

ここまでさまざまな土地活用の方法を紹介しましたが、必ず成功する土地活用法は存在しません。

土地活用を成功させるためには、失敗例から学びリスクを最小限に抑えることが重要です。

ここでは、土地活用を成功させる3つのポイントを紹介します。

  1. 所有する土地に最適な活用法を見つける
  2. 長期的に収益を生む方法を考える
  3. 管理をして資産価値を維持する

土地活用全てに共通することなので、知っておきましょう。

所有する土地に最適な活用法を見つける

土地活用を成功させるためには、所有する土地に最適な活用法を見つけることが大切です。

土地活用で収益を生むためには、自分がしたいことをするのではなく、その土地のポテンシャルを充分に活かせる活用方法を探すことがポイントです。

土地活用ではすでに土地を所有しているので、土地を探す手間はないのですが、ニーズに合わない活用をすれば失敗する可能性が高まります。

アクセスが良く賃貸ニーズがある立地であれば賃貸経営、商業施設や観光地の近くなら駐車場経営をするなど、立地にあわせた土地活用を検討し、ニーズを汲み取った活用を考えましょう。

長期的に収益を生む方法を考える

土地活用を成功させるためには、長期的に収益を生む方法を考えましょう。

土地活用にとって利回りは大切な要素の一つですが、当初の利回りをずっと維持できるわけではありません。

土地活用をする場合、金融機関から借り入れをして行うケースが多く長期間にわたって返済を続けることになります。

そのため初期投資が高額になればなるほど、目先の利回りよりも長期的に安定した収益を生むことが大切になります。

経年劣化による修繕や、毎月のランニングコストなどをシュミレーションしてリスクの少ない土地活用方法を考えましょう。

管理をして資産価値を維持する

土地活用を成功させるためには、運営後の管理が重要です。

建設や設置をすればそれで終わりではなく、適切な管理を続けることで資産価値を維持できるように心がけましょう。

特に収益性の増減が見込まれるアパートやマンション経営では、資産価値を下げないことが収益を減らさないポイントとなります。

入居者のニーズを満たすために設備投資をすることも一つの方法です。

資産価値を高めて長期間運用するにはどうすればいいのかを考えましょう。

複数の優良企業から一括提案!

【たった3分で今すぐ始められる】
土地活用を検討しているなら、厳選された優良企業に無料で一括請求ができるタウンライフ土地活用を利用してみてはいかがでしょうか?
アパートやマンションはもちろん、駐車場や医療施設、トランクルームなど様々な提案をもらうことができます。
累計112万人以上が利用した実績もあるので、安心して土地活用プランを比較検討できるのが魅力です。

失敗例を活かして収益化できる土地活用を目指そう

土地活用で失敗しないためには、所有地の特性を知って最適な方法で活用することが大切です。

それぞれの土地活用方法の失敗例を事前に知り、リスクやデメリットを把握し回避策を考えておけば、成功する可能性は高まります。

土地活用では土地を所有している分、初期投資額を抑えて利回りの良い投資ができるので収益化できる土地活用を目指しましょう。