300坪の土地活用方法12選!注意点についても徹底解説!

近年、300坪のような広い土地を持て余している方が多くなっていると言われています。

しかし、300坪となると「何をしたら良いのか分からない」という方も多いかと思います。

そこで今回は、「300坪の土地活用方法」を様々な状況別に紹介していきます。

「プロの意見も参考にしたい」という方に向けての情報も盛り込んだので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

この記事の監修者

黄 威翔/宅地建物取引士

黄 威翔/宅地建物取引士

台湾出身。日本で不動産業と出会い、一年目で宅地建物取引士を取得。 地方の不動産会社に長年勤務し、日本全国の中古不動産の売買仲介を担当。
 日本の方はもちろん、外国の方の対応経験も豊富で様々な視点から日本の不動産市場をご紹介しています。

あなたに適した土地活用プランが無料で請求

【最大7社に無料でプラン請求】
土地活用を検討するなら最大収益プランが簡単に見つかるHOME4Uの土地活用をご利用ください。土地の節税対策や資産運用による副収入をご検討ならおすすめです。
㈱NTTデータ・スマートソーシングが運営する信頼と安心感、国内最大級1,000万人利用の実績のある土地活用プラン提供サービスです。

状況別に見た300坪の土地活用方法

状況別に見た300坪の土地活用方法

ここでは、300坪の土地活用方法を状況別に紹介していきます。

都市や市街地に300坪の土地がある場合

都市や市街地に300坪の土地がある場合、以下5つの土地活用がおすすめです。

アパート・マンション経営

1つ目は、「アパート・マンション経営」です。

アパート・マンション経営は、入居者が退去しない限り、必ず賃料が入ってくるため、比較的安定した収益性が期待できます。

そのため、「固く土地活用をして行きたい」と考えている方には、おすすめしたい土地活用方法です。

しかし、エリアによって需要が異なるので注意しましょう。

駅から近い、都市部にあるという土地であれば、単身者や夫婦二人暮らしなどの、ビジネスパーソンからの需要が高い傾向にあります。

また、住環境が良い場所にある土地は、ビジネスパーソンというよりかは、3~4人家族のファミリー層に需要があります。

需要と合わない賃貸物件を建てても、収益が見込めないので、アパート・マンション経営を行う場合は、周辺ニーズを調査しましょう。

賃貸用事務所ビル・店舗ビル経営

2つ目は、「賃貸用事務所ビル・店舗ビル経営」です。

賃貸用事務所ビル・店舗ビル経営は、「駅が近い・オフィス街・商業地・交通量が多い幹線道路沿い」などの条件に当てはまる土地と相性が良い土地活用方法です。

賃貸用事務所ビル・店舗ビル経営は、坪単価が高いので、アパート・マンション経営よりも高い収益が期待できます。

そのため、「収益性を最優先に考えたい」という方におすすめです。

しかし、賃貸用事務所ビル・店舗ビル経営も「立地」で上手くいくか否かが左右されるので、事前リサーチは欠かせません。

介護施設経営

3つ目は、「介護施設経営」です。現在は、4人に1人が65歳以上と言われています。

また、2025年には団塊の世代が75歳以上になるため、医療・介護制度のさらなる充実が求められています。

そのため、現代と非常に相性が良い土地活用方法と言えるでしょう。

介護施設経営は、これまで紹介した土地活用方法とは異なり、駅から遠く立地が悪いエリアでも成立します。

むしろ、「静かに暮らしたい」という高齢者が多いため、周りには何もないというエリアが好まれる傾向にあります。

戸建て賃貸経営

4つ目は、「戸建て賃貸経営」です。

賃貸として出している戸建ては少なく、需要に対して供給の方が少ないので、高稼働が見込めます。

戸建て賃貸は、ビジネスパーソンや夫婦というよりかは、小さい子供がいるファミリー層に需要があります。

小さい子供が独立するまでそこに住み続けるという方々が多いため、入居者を見つければ、後は比較的安定した収益が期待できます。

しかし、1つの戸建てでは高い収益が期待できないので、収益性を重視する場合は、300坪の土地を分割して複数の戸建てを建てるようにしましょう。

商業施設経営

5つ目は、「商業施設経営」です。

具体的にはホームセンターやスーパーなどを建設して、収益を得る土地活用方法です。

当然のことながら、立地が良ければ良いほど、高い収益性が見込めます。

商業施設経営は、自分で商業施設を建てて、それを事業者に貸し出す「リースバック方式」と土地だけを事業者に貸し出す「事業用定期借地方式」のどちらかで経営していくのが一般的です。

数千万円~数億円の初期投資が必要ですが、10~20%の利回りが期待できる土地活用方法です。

少ない初期費用で土地活用していきたいと考えている場合

少ない初期投資で300坪の土地を活かしたいと考えている場合、以下2つの土地活用がおすすめです。

駐車場経営

1つ目は、「駐車場経営」です。土地の形にもよるのですが、300坪であれば40~50台分の駐車場を作ることができます。

月5000円で貸した場合、半分の台数で月10~12万5000円、全て埋まれば月20~25万円の収益が見込めます。

簡易的な駐車場であれば、土地を整備し、砂利を敷くだけで完成するので、アパート・マンション経営や介護施設経営と比べると、圧倒的に少ない初期費用で土地活用ができます。

事業用定期借地

2つ目は、「事業用定期借地」です。

事業用定期借地とは、300坪の土地を事業者に貸し出し、その事業者から毎月貸し出し料を得る土地活用方法です。

基本的に建設費は土地を借りた人が全額負担するため、地主は初期費用が不要です。

そのため、失敗する可能性は限りなくゼロに近いと言えるでしょう。

しかし、高い収益は期待できないので、「収益よりもリスクの低さを重視したい」という方におすすめです。

不動産最新情報を配信中!

管理の手間をかけたくない場合

なるべく、管理の手間をかけずに300坪の土地を活用していきたいと考えている場合、以下2つの土地活用がおすすめです。

太陽光発電

1つ目は、「太陽光発電」です。

太陽光発電は、日中の日差しで電力を作り、それを電力会社に売ることで収益を得る土地活用方法です。

基本的に、設置するだけなので手間がかかりません。

また、日当たりが良ければどこでも良いので、立地に左右されることもありません。

国が、「発電した電力は20年間固定価格で買い取る」という保証制度を定めているため、比較的安心して始められるでしょう。

資材置き場

2つ目は、「資材置き場」です。

基本的に土地を建設資材の置き場や工事用重機の保管場所として貸すだけなので、手間がかかりません。

舗装する必要もないので、非常に始めやすい土地活用と言えるでしょう。

収益性を重視したい場合

300坪の土地を活かして高い収益を得ていきたいと考えている場合、以下3つの土地活用がおすすめです。

オフィス経営

1つ目は、「オフィス経営」です。

オフィス経営は、企業にテナントとして貸し、賃料収入を得る土地活用方法です。

一般的には、「自己経営」か「サブリース」のどちらかで経営していきます。

日当たりや住環境に左右されず、高利回りが期待できるというのがオフィス経営最大の魅力です。

ホテル経営

2つ目は、「ホテル経営」です。

ホテル経営は、ディベロッパーやホテル運営事業者と共同で開発から出店までを行うのが一般的です。

ホテルの種類にもよりますが、基本的にはアクセスが良い立地でホテル経営した方が高い収益が見込めます。

初期費用は高額ですが、住居系よりも高い賃料を設定できるため、収益性は数ある土地活用の中でもトップクラスに高いと言えます。

医療系施設経営

3つ目は、「医療系施設経営」です。

医療系施設経営は、開業医や医療法人責任者と地主が共同で開発から開設までを行うのが一般的です。

また、基本的に規模が小さい医療施設は「リースバック方式」で、規模が大きい医療施設は「事業用定期借地」で経営していきます。

300坪の土地を活用する場合の注意点

300坪の土地を活用する場合の注意点

ここでは、300坪の土地を活用する場合の注意点を具体的に説明していきます。

土地の特性によって適切な活用方法は異なる

まず、土地の特性によって適切な活用方法は異なるので注意しましょう。

土地の特性とは、「法規制」や「需要」などのことです。

土地には、建設できる建物の種類や大きさなどが法律で定められています。

商業施設を建てられない土地で商業施設経営を行おうとしても、根本的に不可能なので注意しましょう。

また、周辺の「需要」に合わなければ、収益が見込めません。

そのため、土地活用をする前に「法規制」と「需要」のリサーチを必ず行いましょう。

高額な税金が発生する

次に、300坪の土地となると、高額な税金が発生するので注意しましょう。

郊外であれば、多少低くはなりますが、それでも毎年払っていく必要があるので、無視できない出費です。

そのため、税金の知識があまりないという方は、一度近くの税理士に相談してみることをおすすめします。

目的が不明確なまま土地活用しない

最後に、目的が不明確なまま土地活用しないように注意しましょう。

土地活用を考えているのであれば、「収益源を増やしたい」や「節税対策したい」など、何かしらの目的があるはずです。

この目的が不明確だと、適切な土地活用ができないので、「思っていたのと違う」という状況になってしまう恐れがあります。

そのため、「土地活用の目的」をなるべく具体的にしておきましょう。

専門家の意見が欲しい場合は「土地活用一括資料請求サービス」を利用しよう

「土地活用と言っても、何すれば良いのか分からない」という方も多いでしょう。

その場合は、これから説明する「土地活用一括資料請求サービス」を活用してみることをおすすめします。

土地活用一括資料請求サービスとは

土地活用一括資料請求サービスとは、土地の大きさや土地活用の目的など、必要事項を入力することで、「このような土地活用はどうですか」と土地活用専門会社から提案を受けられるサービスのことです。

土地活用一括資料請求サービスは、一度に複数の企業に土地活用方法の提案を依頼できるため、手間をかけずに様々なプランを比較することができます。

もちろん、サービスは365日24時間無料で使えます。

土地活用一括資料請求サービスを利用するなら「HOME4U」がおすすめ

「プロの提案を無料で受けられるなら土地活用一括資料請求サービスを利用してみようかな」と思った方も多いかと思います。

その場合は、厳選した優良企業のみと提携している「HOME4U」を使ってみましょう。

収益を最大化するための土地活用方法を提案してくれますし、しつこい営業電話・メールもないので、土地活用初心者でも安心して使えます。

あなたに適した土地活用プランが無料で請求

【最大7社に無料でプラン請求】
土地活用を検討するなら最大収益プランが簡単に見つかるHOME4Uの土地活用をご利用ください。土地の節税対策や資産運用による副収入をご検討ならおすすめです。
㈱NTTデータ・スマートソーシングが運営する信頼と安心感、国内最大級1,000万人利用の実績のある土地活用プラン提供サービスです。

まとめ

今回は、「300坪の土地活用方法」について解説してきました。

様々な土地活用方法がありますが、土地の特徴や活用の目的によって適切な土地活用方法は異なります。

しかし、土地活用に手慣れている方ばかりではないので、「適切な土地活用方法は土地によって異なる」と言われても困るかと思います。

その場合は、HOME4Uのような土地活用一括資料請求サービスを活用してみてください。

土地活用のプロが、あなたならではの土地活用方法を提案してくれるので、知識が浅い方でも自分にぴったりの土地活用方法を見つけることができます。