ソーシャルレンディングとは?メリット・デメリットや成功のポイントを徹底解説!

「ソーシャルレンディングに興味があるけれどよく分からない」

「ソーシャルレンディング案件はどのように選べば良い?」

ソーシャルレンディングは、手軽に資金運用できるシステムとして人気ですが、知識が不十分で着手できていない方も多いのではないでしょうか。

ソーシャルレンディングは、資金が必要な企業と資金を増やしたい投資家を結びつけるシステムであり、少額投資も可能なので、初心者の方でもチャレンジしやすいのが魅力です。

ソーシャルレンディングで資金運用するには、仕組みやメリット・デメリットなどの情報を把握しておくことが大切です。

本記事では、ソーシャルレンディングとはどのようなものか、成功のポイントなどについて詳しく解説します。

関東地方の高収益物件なら!

【専門家による資産形成計画もあり】
関東地方で高収益な不動産投資に取り組みたいなら、武蔵コーポレーション株式会社に相談することをおすすめします。不動産投資家や金融機関の出身者など業界に精通した専門家が、あなたにあった資産形成計画を一緒に考えてくれます。中古の価値を高めた再生物件シリーズ「ReBreath」は、満室状態で購入でき、建物保証もついているため、魅力的です。キャッシュフローをプラスにしながら節税もできるため、リスクヘッジの資産形成を真剣に考えている人におすすめです。

ソーシャルレンディングとは?

ソーシャルレンディングは、「融資型クラウドファンディング」「貸付型クラウドファンディング」とも言われます。

ソーシャルレンディング業者が投資家から出資金を集め、資金が必要な企業へ提供し、利息による利益を投資家へ分配します。

資金が必要な企業と、資産運用したい投資家を結びつける事業です。

また、ソーシャルレンディングは企業そのものではなく、ファンドへの投資が一般的であり、比較的利回りを予測しやすいのが特徴です。

ソーシャルレンディングが注目されている理由

ソーシャルレンディングは、比較的資金調達しやすい方法なので、様々な企業に注目されています。

実績のある大手企業は金融機関からの融資を受けられますが、規模が小さい企業や歴史の浅い企業は融資審査を通過できないケースがあるのです。

十分な資金を調達できないと、事業発展の妨げになります。

一方、ソーシャルレンディングでは、融資審査のハードルが金融機関を利用した場合と比較して低いので、融資を受けやすいと感じる企業が多いです。

「金融機関に融資を断られた」「資金調達の手段を増やしたい」という企業にとって、ソーシャルレンディングは魅力的です。

投資家から資金を調達するソーシャルレンディングは、銀行からの融資を受けられない企業や高額な資金が必要な企業などに利用されています。

ソーシャルレンディングの仕組み

ソーシャルレンディングは、資金が必要な企業と資金を増やしたい投資家を結びつけるシステムです。

ソーシャルレンディング運営業者は、ファンドを形成して投資家から資金を調達し、資金が必要な企業へ融資します。

そして、融資により得られた利息を投資家へ分配する仕組みです。

利息は案件により異なるので、投資前に確認しておくことをおすすめします。

投資家が受け取る分配金は、投資額により変動します。

ソーシャルレンディングは、「資金を調達したい企業」「資金を増やしたい投資家」それぞれにメリットのあるシステムなのです。

ソーシャルレンディングと不動産クラウドファンディングの違い

ソーシャルレンディングと不動産クラウドファンディングの違いは以下のようになっています。

ソーシャルレンディング
  • インターネットを通して資金を回収
  • 第二種金融商品登録事業登録・貸金業登録が必要
  • 投資家は貸付金利で収益を得る
不動産投資型クラウドファンディング
  • 不動産特定共同事業法に従って運用
  • 投資家から資金を回収し、不動産を購入して運用
  • 家賃収入・売却額で利益を得る

ソーシャルレンディングと不動産投資型クラウドファンディングは、ビジネスモデルが異なります。

ソーシャルレンディングはインターネットを通して投資家から資金を回収し、資金調達したい企業へ融資するので、第二種金融商品登録事業登録・貸金業登録を求められます。

一方、不動産投資型クラウドファンディングは、投資家から回収した資金で不動産運営を行い、得られた収益を分配する仕組みです。

そのため、不動産特定共同事業法に従った運用が必要です。

運用に関する法律や登録事業者が異なるため、利益の源泉も異なります。

また、ソーシャルレンディングは融資先企業からの利息を、不動産投資型クラウドファンディングは家賃収入・売却額により収益を得ます。

ソーシャルレンディングの種類

ソーシャルレンディングは、資金が必要な企業と資金を増やしたい投資家を結びつけるという仕組みがベースにありますが、金利の決定方法などにより複数の種類があります。

「マーケット型」「ファンド型」「オークション型」により、投資家のアプローチ方法が異なるので、複数のパターンを把握しておくことをおすすめします。

ソーシャルレンディングの種類について詳しく解説しますので、参考にしてみてください。

マーケット型

マーケット型は、需要と供給の関係が金利に影響するのが特徴です。

ソーシャルレンディングサービス業者は、資金を必要としている企業の情報収集、審査を行います。

たとえば、以下のような情報を確認します。

  • 企業情報
  • 経営者の情報
  • 希望の融資金額
  • 信用情報機関の情報

ソーシャルレンディングサービス業者の情報をもとに、投資家は、融資すべきか判断します。

投資家の中には、投資する際に金利が気になる方もいますが、マーケット型の場合は、投資家の投資金額などによって金利が変動します。

そのため、必ずしも希望通りの金利で投資できるとは限りません。

なお、人気の案件で多くの投資家からの投資希望がある場合、優先的に低い金利が採用されます。

ファンド型

ファンド型は、ソーシャルレンディングの定番となっている方法です。

ソーシャルレンディングといえば、ファンド型をイメージする方が多いです。

ソーシャルレンディングサービス業者は、投資家から資金を回収し、資金を調達したい企業へ融資します。

そして、得られた利息を収益として、投資家へ分配する仕組みとなっています。

ファンド型は、運営を ソーシャルレンディングサービス業者がメインで行うのが特徴です。

そのため、投資家は一度投資すれば、運用に関与する必要はほとんどありません。

金利設定も ソーシャルレンディングサービス業者が行うため、特別な知識が必要ないのも着手しやすさのポイントです。

ソーシャルレンディング初心者の方におすすめの方法です。

オークション型

オークション型は、文字通りオークション形式で金利を決める方法です。

投資家が希望の金額で入札し、最も低い金利を提示した投資家が優先的に融資できる仕組みです。

つまり、投資家の裁量で金利が決まるので、市場の影響は受けません。

投資家からの信用度や知名度などにより変動します。

不動産最新情報を配信中!

ソーシャルレンディングのメリット

ソーシャルレンディングには、利回りが高い案件が多い、少額投資可能など、着手しやすい様々なメリットがあります。

運用の手間もそれほどかからないので、初心者の方でも着手しやすいのも魅力です。

ソーシャルレンディングのメリットについて詳しく解説しますので、参考にしてみてください。

利回りが高い

ソーシャルレンディングは利回りが高いのが特徴です。

利回りは案件により異なりますが、ソーシャルレンディングでは5%を超える案件も多数あります。

金融機関の金利が低くほとんど利益を得られないことと比較すると、ソーシャルレンディングの利回りは魅力的に感じます。

また、ソーシャルレンディングでは、分配金を利用し、再度運用することも可能です。

金融機関を利用しても資産をほとんど増やすことはできないですが、ソーシャルレンディングであれば効率的に資産運用できるのが魅力です。

少額投資に対応できる

ソーシャルレンディングは1万円程度からと、少額投資に対応できます。

高額投資するのが不安な方でも、1万円程度であれば気軽に着手できます。

1万円程度からスタートし、分配金を再投資して運用すれば、ほとんど負担はかかりません。

いわゆる銀行の複利運用と同様の感覚です。

運用期間の幅が広い

ソーシャルレンディングには様々な案件があり、運用期間の幅も広いです。

希望に合わせて、最適な運用期間の案件を選べます。

とくに、初心者の方は運用期間が短めの案件を選ぶと安心です。

「数ヶ月後に資金が必要なので、運用期間3ヶ月の案件を選ぶ」「余剰資金なので長期運用する」などと調整できます。

運用期間に応じて案件を選べるのは、ソーシャルレンディングの着手しやすさのポイントと言えます。

元本の価格が変動しにくい

ソーシャルレンディングは元本の価格が変動しにくいのが魅力です。

ソーシャルレンディングでは資金を貸し、利息の一部を受け取って利益を得る仕組みなので、元本はほとんど変動しません。

通常、投資する際は元本割れするリスクがあるので、元本が変動しにくいというのは利用しやすさのポイントです。

元本の変動にストレスを感じたくない場合は、ソーシャルレンディングの利用を検討してみましょう。

運用の手間がかからない

ソーシャルレンディングは運用の手間がかからないのが魅力です。

ソーシャルレンディングでは、一度投資すれば、個人で何らかの手続きをする必要がないのです。

一方、株や不動産投資などは、「金利の影響で売却のタイミングを決める」「相場情報を把握する」など、情報収集に手間がかかります。

ソーシャルレンディングは入金後、自然に分配金を受け取れるので、忙しい方にもおすすめです。

ソーシャルレンディングのデメリット

ソーシャルレンディングには様々なメリットがありますが、デメリットもあります。

比較的低リスクで効率的な資産運用ができますが、「ソーシャルレンディング事業者の倒産」「貸付先企業の倒産」など、様々なリスクがあるのです。

元本が保証されるわけではないので、あらかじめデメリットを把握して着手することが大切です。

ソーシャルレンディングのデメリットについて詳しく解説します。

元本が割れするリスクがある

ソーシャルレンディングには、可能性は低いものの、元本割れするリスクがあります。

というのも、ソーシャルレンディングには以下のようなリスクがあるのです。

  • 貸付先企業が返済の滞納をする
  • 債務不履行が発生する
  • 貸し倒れが生じる

スムーズに運用できなかった場合、元本が担保されない可能性があるのです。

ソーシャルレンディングによる元本割れのリスクを抑えるには、貸付企業に返済能力があるかを見極めなければなりません。

貸付企業の情報収集を入念に行っているソーシャルレンディング業者は、貸し倒れのリスクが低いので安心です。

中途解約ができない

ソーシャルレンディングは、運用期間中の中途解約に対応していません。

そのため、直近で資金が必要になる可能性がある場合、運用期間を検討する必要があります。

「資金が必要なときに現金化できず困った」という例もあります。

とはいえ、現金化できない分お金を貯められるので、余剰資金のある方におすすめです。

なお、返済状況によっては予定運用期間よりも前に分配金を受け取れるケースもあります。

投資家側は、中途解約できないことを把握しておきましょう。

ソーシャルレンディング事業者倒産のリスクがある

ソーシャルレンディングは、基本的に、ソーシャルレンディング事業者により運用されています。

ソーシャルレンディング事業者が投資家と貸付先企業の仲介をするのです。

万一、ソーシャルレンディング事業者が倒産した場合、大きな損失が発生する可能性があります。

なお、以下のようなトラブルが発生するケースがあります。

  • 虚偽の案件を設定する
  • 投資家資金を流用する
  • 他の案件の資金を分配する

問題行為を指摘されると、倒産のリスクが高いです。

ソーシャルレンディング事業者は倒産による不利益を抑えるため、実績や資金などを入念に調査し、信頼度を見極めることが大切です。

貸付先企業が倒産するリスクがある

ソーシャルレンディングでは、貸付先企業が倒産するリスクがあります。

万一、貸付先企業が倒産した場合、一定額以上の返済を求められない仕組みとなっており、「ノンリコースローン」と言われています。

ノンリコースローンが適用されると、 投資資金が全額返済されないため赤字です。

ノンリコースローンの案件には注意が必要です。

ソーシャルレンディング選びのポイント

ソーシャルレンディングで効率的に資産運用するには、業者選びが重要です。

利用する業者によって、案件の数や情報量など様々な点が異なります。

複数のソーシャルレンディング業者を比較し、希望に合う案件を見つけましょう。

また、ソーシャルレンディング業者の信用度を見極めることも大切です。

貸し倒れが発生した場合の対応や行政処分の履歴なども参考になります。

ソーシャルレンディング案件選びのポイントを解説しますので、参考にしてみてください。

ファンドの数を確認する

ソーシャルレンディングでスムーズに収益を得るには、ファンドの数が重要です。

ファンドの数が少ない場合、競争率が高くなり、応募できない可能性があるのです。

ファンドの数が多ければ、優良案件に出会えるチャンスも高まります。

また、複数の案件に少額投資できるので、リスク分散にもなります。

なお、応募のチャンスを逃さないためには、あらかじめ入金しておくのがおすすめです。

ソーシャルレンディングでは、ファンド数に着目して業者選びをしましょう。

情報開示の項目を確認する

ソーシャルレンディング業者選びでは、情報開示項目の確認をおすすめします。

とくに、融資先の企業の情報開示は重要なポイントとなります。

融資先企業の情報は、貸し倒れリスクを分析するために必要なのです。

一方、情報開示が不十分なソーシャルレンディング業者の場合は、取り扱っている案件の詳細を把握できないので不安です。

あらかじめ元本割れや貸し倒れリスクを把握できるよう、情報開示の項目をチェックしておきましょう。

利回りに着目する

ソーシャルレンディング案件を選ぶ際は、利回りに着目するのも手段です。

ただし、利回りが高い案件が必ずしも投資に適しているとは限りません。

「金利を高くしてでも資金が必要」など、資金に余裕がない企業もあり、貸し倒れになる可能性があります。

利回りが高いほど収益は大きくなりやすいですが、貸し倒れのリスクも含めて総合的に判断しましょう。

利回りの相場を把握しておくことで、極端に利回が高く、高リスクの案件を把握できます。

利回りが高い案件は収益を期待できる反面、リスクも高いことを把握しておきましょう。

貸し倒れが発生した場合の対応を確認する

ソーシャルレンディングには、貸し倒れのリスクがどうしてもありますが、その際の対応が重要です。

貸し倒れが起こった際の担保がある業者であれば、投資家が損失を受けるリスクが小さくなります。

「貸し倒れが起こったけれど、担保があり投資金額を回収できた」という例もあります。

貸し倒れした過去がないか確認することはもちろんですが、その際の対応も確認しておきましょう。

金融庁による登録を受けているか確認する

ソーシャルレンディングを運営する際は、 金融庁による第二種金融商品取引業の登録が必要になります。

登録されていない業者がソーシャルレンディングを運営するのは違法です。

まずは最低限として、 第二種金融商品取引業の登録の有無を把握しましょう。

ただし、登録されているからといって、必ずしも信用できるとは限りません。

ソーシャルレンディング業者を選ぶ際は、金融庁による登録の有無に加え、実績など幅広い情報をキャッチしておくことが大切です。

行政処分を受けた歴がないか確認する

過去に行政処分を受けた歴がないかは、信頼度を見極めるために有効です。

ソーシャルレンディング業者が行政処分を受けると、会社名と内容が金融庁のホームページで公開される仕組みとなっています。

ホームページで簡単に検索できるので、利用前にチェックしてみましょう。

行政処分を受けた業者が必ずしも良くないわけではないですが、原因や対策などの情報を収集し、信頼度を確認して利用することをおすすめします。

過去の元本割れを確認する

ソーシャルレンディング業者を選ぶ際は、過去の元本割れを確認することをおすすめします。

ソーシャルレンディングは元本割れのリスクが付きものなので、リスクを抑えることが大切なのです。

過去の実績で必ずしも評価できるわけではないですが、ソーシャルレンディング業者を選ぶ際の重要な情報となります。

なお、過去の元本割れの歴のみならず、元本割れが発生した際の対応も、可能であれば確認しましょう。

元本が担保されていれば、優良なソーシャルレンディング業者と言えます。

ソーシャルレンディング業者を選ぶ際は、実績などから信頼度を見極めましょう。

ソーシャルレンディングに関するQ&A

最後に、ソーシャルレンディングに関するQ&Aをまとめました。

ぜひ、参考にしてみてください。

ファンドの早期償還はデメリット?

ソーシャルレンディングでは、貸付先の企業から予定よりも早く返済されるケースがあります。

その場合、運用期間が残っていたとしても、早期償還されることがあります。

分配金が少なくなることで、デメリットに感じる方もいますが、返済能力のある企業へ投資したという意味では成功です。

ソーシャルレンディングを始める際の流れは?

ソーシャルレンディングを始める際は、まず、口座開設が必要です。

口座開設が完了したら、入金し、希望の案件へ投資します。

複雑な手続きは不要なので、初心者の方でもスムーズに始められます。

関東地方の高収益物件なら!

【専門家による資産形成計画もあり】
関東地方で高収益な不動産投資に取り組みたいなら、武蔵コーポレーション株式会社に相談することをおすすめします。不動産投資家や金融機関の出身者など業界に精通した専門家が、あなたにあった資産形成計画を一緒に考えてくれます。中古の価値を高めた再生物件シリーズ「ReBreath」は、満室状態で購入でき、建物保証もついているため、魅力的です。キャッシュフローをプラスにしながら節税もできるため、リスクヘッジの資産形成を真剣に考えている人におすすめです。

情報収集してソーシャルレンディングを始めよう

ソーシャルレンディングは、投資家から出資金を集めて資金が必要な企業へ提供し、利息による利益を投資家へ分配する仕組みです。

資金が必要な企業と資金を増やしたい投資家を結びつけるシステムであり、多くの方に利用されています。

ソーシャルレンディングは、少額投資に対応しており、元本の価格が変動しにくいなど様々なメリットがあるので、資産運用したい方におすすめです。

一方、「ソーシャルレンディング事業者の倒産」「貸付先企業の倒産」などの様々なリスクがあります。

ソーシャルレンディングを利用する際は、メリット・デメリットを把握した上で総合的に着手すべきか判断しましょう。

なお、あらかじめソーシャルレンディングのポイントを把握しておくと、より効率的な資産運用が可能となります。

入念な情報収集を行い、ソーシャルレンディングを始めてみましょう。