不動産投資の疑問はどこにすればいい?相談先を選ぶポイントとは?

※当記事はアフィリエイト広告を含みます。

「不動産投資がしたいけれど、分からないことが多くて不安。」
「不動産投資の疑問点はどこに相談すればいい?」

不動産投資では資金調達や物件選び、賃貸経営とさまざまな分野の知識が必要になるので、信頼できる相談相手がいると安心です。

不動産投資を成功させるためには一人で疑問点を抱え続けるのではなく、専門家の知識や知恵を借りながらすすめていくことをおすすめします。

ここでは、不動産投資の疑問はどこに相談するのか?、相談先を選ぶポイント、不動産投資でよくある相談、不動産投資を成功させるコツについて解説します。

疑問点を早めに解消して、不動産投資を成功させましょう。

複数の優良企業から一括提案!

【たった3分で今すぐ始められる】
土地活用を検討しているなら、厳選された優良企業に無料で一括請求ができるタウンライフ土地活用を利用してみてはいかがでしょうか?
アパートやマンションはもちろん、駐車場や医療施設、トランクルームなど様々な提案をもらうことができます。
累計112万人以上が利用した実績もあるので、安心して土地活用プランを比較検討できるのが魅力です。

不動産投資での疑問はどこに相談する?

不動産投資は個人で行うので、疑問をどこに相談していいのかわからず一人で抱え込んでしまうケースがあります。

書籍やインターネットなどでも最低限の投資の知識を得ることができますし、不動産投資に関する動画サイトでも分かりやすく解説しているものもありますが、身近な専門家に相談できれば安心です。

不動産投資では悩みや疑問に応じて、信頼できるパートナーを見つけることが重要です。

ここでは、不動産投資の疑問の内容に応じた相談先をピックアップして紹介します。

間違った選択をしないためにも、疑問点を解消してから決断するようにしましょう。

お金に関すること

不動産投資のお金に関して疑問がある場合は、ファイナンシャルプランナーや信託銀行に相談しましょう。

不動産投資を始めるときには、物件購入資金の借り入れや、長期的な資金計画が必要となります。

お金に関する問題は重要なので、事前に疑問点を解消し無理のない資金計画を立てておきましょう。

ファイナンシャルプランナーに相談する

ファイナンシャルプランナーは、投資はもちろん、税金や住宅ローン、教育など生活に関するお金の専門家です。

お金に関する幅広い知識を活かして、個人に合わせたライフスタイルを提案してくれるので、不動産投資に限らず貯蓄と投資のバランスなどお金に関する疑問を相談することができます。

信頼できるファイナンシャルプランナーを選ぶには、不動産投資に関する知識や実務経験が豊富で、不動産投資会社との繋がりがなく中立な意見を述べてくれる人を選びましょう。

不動産投資を紹介して手数料を受け取っているようなファイナンシャルプランナーでは、情報に偏りがあることも考えられるので注意が必要です。

「どのくらいの資金を投資に充てるのが適切か?」「将来的にどのくらい貯蓄しておけばいいのか?」など初歩的なことから「所有している不動産を相続する場合のどうすれば節税になるのか?」などの具体的なことまで相談できます。

不動産投資会社や金融機関とは違い、ファイナンシャルプランナーは不動産投資に関して利害関係のない第三者なので、偏りのない意見を聞くことができるのです。

お金に関しての疑問がある場合は相談してみるとよいでしょう。

信託銀行に相談する

不動産投資のお金に関することは、信託銀行に相談する方法もあります。

信託銀行は、銀行業務だけではなく信託業務や併営業務を行っている銀行のことで、預貯金だけでなく、株式などの有価証券、不動産、金銭債権など、財産的価値のあるものであれば信託することができ、管理運用をしています。

不動産投資に関しても豊富な取引実績があるため、ローンに関する相談はもちろんのこと資産運用についても相談できます。

信託銀行は会社員には馴染みのないことも多いですが、不動産投資の提案だけでなく最適な資産運用法を相談することもできるので活用しましょう。

物件や賃貸経営に関すること

物件や賃貸経営に関することは、不動産投資会社や、不動産投資の経験者に相談しましょう。

不動産経営を成功させるためには、収益性の高い物件を選ぶことが重要となります。

また、賃貸経営に関してもメリットやデメリットを把握して決めなければいけません。

物件や賃貸経営の悩みを解消して不動産経営を成功させましょう。

不動産投資会社に相談する

不動産投資会社は、物件の紹介から契約、物件引き渡しなどの手続きを行ってくれるので、不動産投資に関するさまざまな悩みを相談するのに適しています。

「どんな投資物件を選べばいいのかわからない」「不動産売買の手続きについて知りたい」「物件の管理は外部委託するべきか」などの不動産投資に関連する悩みなら幅広く対応してもらえます。

不動産投資会社は不動産投資において心強いパートナーとなるので、信頼できる相手を選ぶことが重要です。

不動産投資会社を選ぶときには、販売実績や担当者の対応、どのような物件を中心に扱っているのかなど、自分の投資スタイルに合う会社を選びましょう。

不動産投資会社では、物件を購入してほしいために不動産投資のメリットのみを伝えて営業してくるケースもあります。

不動産投資では、メリットだけでなくデメリットやリスクもあるのでその点をきちんと説明してくれる投資会社を選ぶようにしましょう。

不動産投資会社が主催するセミナーや説明会に参加して情報を得ることもおすすめです。

複数の会社から信頼できるパートナーを見つけましょう。

不動産投資経験者に相談する

不動産投資の物件や賃貸経営に関することは、不動産投資経験者に相談すると有益な情報を得られることがあります。

不動産投資は個人で副業として始めるケースも多いので、周囲に不動産投資経験者がいる場合は相談してみるとよいでしょう。

不動産投資に成功している人は、自分の中での成功のセオリーを持っている人も多いのでとても勉強になります。

「不動産投資会社の選び方」や「物件を選ぶ基準」「不動産投資での失敗体験」など経験者しか分からない情報を聞き出せることは大きな武器となります。

不動産投資では、新築か中古か、区分所有か一棟所有かなど投資スタイルや資金力も異なるので、全く同じように行うことは難しいですが、参考になることも多いでしょう。

身近に経験者がいない場合は、SNSなどで不動産投資家のコミュニティを活用する方法もあります。

投資経験者と積極的に交流を持って情報交換ができれば、心強い相談相手になるでしょう。

節税や税金に関すること

不動産投資の節税や税金に関する相談は、税理士や行政書士に相談しましょう。

不動産投資を始める方の中には、節税目的で投資を行うケースもあるので、節税テクニックを理解しておくことも大切です。

税金や節税は専門的な知識が必要なので難しく感じますが、専門家に依頼し節税効果を意識した不動産投資を目指しましょう。

税理士に相談する

税理士は税金に関する専門家なので、確定申告や節税に関する相談をすることができます。

不動産投資をする上で税金は避けて通れない重要な問題です。

不動産投資には、所得税や固定資産税、不動産取得税や相続税などさまざまな税金が関わってくるので、節税効果を意識していないと大きな損失となる可能性もあります。

自分で税金に関する知識を身につけることはもちろん大切ですが、税理士に依頼し節税対策をしてもらえば、安心してスムーズに手続きをすすめることができます。

費用は発生しますが、税金対策や確定申告、決算書に関する悩みを解消してくれるので、時間に余裕が生まれます。

依頼をする場合は、不動産投資に強い税理士に依頼するようにしましょう。

行政書士に相談する

行政書士はあまり馴染みがないかも知れませんが、許認可申請や法人設立、相続などの際に書面作成を代行してくれます。

申請書類の準備や相続関係の手続きを依頼はもちろん、不動産経営をしていれば、入居者との家賃トラブルが発生することも考えられます。

家賃滞納などのトラブル時にも、行政書士に依頼すれば「内容証明郵便」を送付し滞納者に支払いを促すこともできます。

依頼費用はかかりますが、弁護士に比べると安価なので悩みがある場合は相談してみるとよいでしょう。

不動産投資関係の書面作成に強い行政書士であれば、会社設立やトラブルの際にも役立つので信頼できる行政書士を探しておくことをおすすめします。

\ネット環境にお悩みの方へ!端末在庫が少なくなっています/

不動産投資の相談先を選ぶポイント

不動産投資にはさまざまな悩みや疑問がつきものですが、適切な相手に相談することでスムーズに不動産経営をすることができます。

ここでは、不動産投資の相談先を選ぶポイントについて解説します。

専門家の知識を活用して失敗しない不動産経営を目指しましょう。

不動産最新情報を配信中!

メリットだけでなくデメリットやリスクを説明してくれる

相談相手を選ぶときは、メリットだけでなくデメリットやリスクをきちんと説明してくれる相手を選びましょう。

不動産投資にはデメリットやリスクがつきものです。

メリットばかりを強調してデメリットやリスクに対する説明がない場合は注意しましょう。

例えば、物件選びにおいては、新築物件は人気なので入居者募集はしやすいですが、家賃下落のリスクや高額なので利回りが低いことも考えられます。

デメリットやリスクを事前に把握していれば、対策を考えることができます。

相談相手を選ぶときには、不動産投資のデメリットやリスクを説明した上で、判断できる環境を作ってくれる相手を選ぶようにしましょう。

個人に合わせた投資内容を提案してくれる

相談相手を選ぶときには、個人に合わせた投資内容を提案してくれる相手を選びましょう。

不動産投資では、資金や目的に応じて投資物件や管理の仕方も変わってきます。

投資家のライフスタイルや希望に応じたプランを提案してくれるなら、資産運用のパートナーとして信頼できます。

不動産投資は、初期投資額も大きく長期的な資金計画が重要となるので、個人のライフプランが大きく影響します。

自社物件の売却が目的で、無理な資金計画をすすめてくるような相手ではなく、投資目的をヒアリングし、無理のない不動産投資プランを提案してくれる相手を選びましょう。

不動産投資の専門知識がある

相談相手を選ぶときは、不動産投資の専門知識がある相手を選びましょう。

不動産投資会社は不動産投資を専門に行っているのですが、会社によって取り扱う物件の特徴が違う場合もあります。

「新築物件に特化している」「都心エリアの物件を中心に販売している」などの特徴もあるので、事前に調べておきましょう。

また、ファイナンシャルプランナーや税理士などの専門家に相談する場合も、不動産投資の専門知識があれば有益な情報を得ることができます。

相談する前にホームページで、実績や不動産関連の資格の有無、口コミを調べておきましょう。

\ネット環境にお悩みの方へ!端末在庫が少なくなっています/

不動産投資でよくある相談

不動産投資経験がない場合は、まずは投資の基礎知識を知っておきましょう。

ここでは、不動産投資でよくある質問をまとめました。

物件の購入に関することから、節税までの疑問点をまとめてあるので参考にしてください。

自己資金はどの程度必要か?

不動産購入の際の自己資金は、一般的に投資物件の20〜30%準備しておくことが理想的です。

「自己資金ゼロでも不動産投資ができる」という広告もありますが、自己資金ゼロで不動産投資ができる人は限定されます。

個人の属性が高い場合や、購入物件が新築物件であるなど担保価値が高い場合はフルローンでの投資も可能ですが、フルローン投資は毎月の返済額が高額になる上に返済期間も長くなるのでリスクが大きくなります。

甘い言葉に惑わされずに、長期的な資金計画を立ててから不動産投資を始めることをおすすめします。

投資物件は新築か中古かどちらがいい?

新築物件と中古物件ではそれぞれの特性が違うので、メリットとデメリットを考慮した上で判断することが大切です。

新築物件は、入居者の確保がしやすく、設備が新しいので修繕費もかからないことがメリットですが、新築プレミアム価格が上乗せされているので購入金額が高くなるので、利回りが低くなる傾向にあります。

中古物件では、価格を抑えて購入できるので利回りが高く収益化には適していますが、メンテナンスに費用がかかるリスクもあります。

投資物件を選ぶときには、賃貸ニーズを見極めて空室期間を発生させないようにすることが重要なので、それぞれの特性を理解した上で新築物件か中古物件かを選ぶようにしましょう。

一棟物件と区分所有物件はどちらがいい?

区分所有物件とは、マンションやアパートの一室を購入し運用することで、一棟物件とはマンションやアパートを1棟まるごと購入し運用する投資方法です。

区分所有投資は、少ない資金で始められることがメリットですが、空室になれば家賃収入がゼロになるリスクがあります。

一方、一棟物件投資は購入額が高額になりますが、複数戸を運用できるので1室が空室になったとしても他の賃料収入でカバーすることができリスクは軽減されます。

不動産投資を始めるなら、最初は購入しやすい区分投資から始めて経験を積んでから、投資規模を拡大し一棟物件へのステップアップをするとスムーズです。

不動産投資の目的や規模に応じて投資物件を選びましょう。

実質利回りと表面利回りの違いは?

利回りとは、投資した金額に対する収益割合を表したもので、物件の収益力を考える上で重要な数字です。

不動産投資における利回りは大きく分けると「表面利回り」「実質利回り」の2種類があり、下記のように計算します。

  • 表面利回り = 年間家賃収入÷ 物件購入価格 × 100
  • 実質利回り =(年間家賃収入 – 諸経費)÷ 物件価格 × 100

表面利回りには、管理費や固定資産税などの税金などの諸経費が含まれていないので、投資物件を購入する場合は、表面利回りではなく実質利回りで試算しておく必要があります。

高利回りの物件の中には、入居ニーズが低いので売却価格が安いなどのリスクがある物件もあります。

物件を購入するときには、利回りだけにとらわれず、賃貸ニーズを見極めて総合的に判断しましょう。

賃貸管理はどのような方法がある?

物件の賃貸管理方法は、大きく分けると自主管理、管理委託、サブリースの3種類に分けられます。

自主管理とは、所有する物件を自分で管理する方法で、管理費用がかからないメリットはありますが、不動産管理の知識が必要となり全ての管理を自分で行わなければならないので時間に余裕がなければ難しいでしょう。

管理委託は、不動産管理会社に管理運営を委託する方法で、費用は発生しますが管理の手間がかからないので副業として不動産投資をする場合に適しています。

サブリースでは、空室であっても一定金額の家賃保証がある管理方式で、手間がかからず一定の収益は見込めるのですが収益性は低くなります。

それぞれの賃貸管理の特徴を把握して、自分にあった管理方式を選びましょう。

不動産投資で節税するにはどうすればいい?

不動産投資で節税になる可能性があるのは、所得税、住民税、贈与税、相続税などが挙げられますが、節税目的で不動産投資をするのはやめておいたほうがよいでしょう。

不動産投資はあくまで、賃貸収入を得るためのもので節税は副産物のようなものです。

所得税を節税する仕組みとしては、不動産所得を赤字計上にして確定申告をすることで、給与所得と損益通算ができるので所得を低くし節税になるのですが、大きくマイナスになる初年度移行はあまり節税効果は見込めません。

贈与税と相続税を節税する仕組みとしては、現金を不動産に変えておくことで財産としての評価額を下げておくと相続税を少なくすることができるのです。

不動産投資は節税になる可能性はありますが、まず第一に投資で収益を上げることが大前提です。

会社員でも不動産投資できる?

不動産投資などの資産運用はお金に余裕のある人がするイメージがありますが、最近では会社員や自営業の方も不動産投資を行っています。

不動産投資は物件の管理に手間がかからないため、本業に支障が出にくいので忙しいサラリーマンでも始めやすい投資方法です。

投資物件を購入するときは、金融機関から融資をうけて行うことが一般的ですが、サラリーマンは安定した収入があるので融資が受けやすいというメリットもあります。

年齢も30代から定年後の方まで、また女性の投資家も多く幅広い年齢層の方でもチャレンジしやすくなっています。

不動産投資を成功させるコツ

不動産投資は、ミドルリスクミドルリターンを狙える安定した投資方法と言われていますが、初期投資額が大きいので妥協せずに優良物件を選ぶことが大切です。

ここでは、不動産投資を成功させるコツについて紹介します。

リスクを回避して不動産投資を成功させましょう。

リスクの少ない物件を選ぶ

不動産投資を成功させるには、リスクの少ない物件を選ぶことが大切です。

不動産投資では、空室と家賃下落が大きなリスクとなるのでリスクを回避できる物件を選ぶことが重要になります。

立地の選定はもちろん、設備の充実、家賃設定は周辺に比べて高すぎないかなど入居者のニーズを考慮して投資物件を選びましょう。

マンションであれば、宅配ボックスやオートロック、防犯カメラが設置されているなど共有部分の設備が充実しているマンションは、家賃が下がりにくく収益性の高い物件となるので、共有部分の設備も確認しておきましょう。

また、家賃下落リスクを回避する方法として、中古物件を選ぶという方法もあります。

新築物件は、新築時は高い家賃でも入居者が決まりやすいので利回りがよく見えますが、年数が経過すると家賃が下がるので利回りも低くなってしまいます。

しかし、築年数の古いマンションは家賃下落のリスクが低くなります。

投資物件を購入する際は、家賃下落のリスクも考慮して慎重に判断しましょう。

正しい情報を手に入れる

不動産投資では、さまざまな情報が溢れているので正しい情報を手に入れて取捨選択することが大切です。

「不動産投資は節税になる」「中古マンションは利回りが高いのでおすすめ」などの情報は正しい一面もありますが、その情報だけを鵜呑みにするのは危険です。

不動産投資は節税になるというのは正しいのですが、すべての投資家にとって節税効果を感じられるとは限りません。

また、中古マンションは価格が安いので利回りは高くなる傾向にありますが、修繕費が高額になるリスクや老朽化で入居者から敬遠されることも考えられます。

このように、投資物件にはそれぞれのメリットデメリットがあるので、不動産仲介会社の意見を鵜呑みにせずに、正しい情報を手に入れて自分で判断するしかありません。

物件の購入はもちろん、資産運用をする上でも正しい情報を収取することが不動産投資を成功させるポイントです。

信頼できる不動産投資会社を選ぶ

不動産投資を成功させるためには、信頼できる不動産投資会社をパートナーにすることが大切です。

不動産投資は一度購入したら終わりではなく、「どのような物件を選ぶのか」「物件の管理はどうすればいいのか」「売却に適したタイミングはいつか」「投資規模拡大するために次の投資物件を購入するタイミング」など長期的に計画を立てて行うものです。

購入から売却までのあらゆる場面において、パートナーとなってくれる不動産投資会社の存在はとても重要です。

不動産投資会社を選ぶ時は、不動産取引の実績が豊富で、投資家のニーズに合わせてサポートしてくれるかどうか判断しましょう。

あなたに適した土地活用プランが無料で請求

【最大7社に無料でプラン請求】
土地活用を検討するなら最大収益プランが簡単に見つかるHOME4Uの土地活用をご利用ください。土地の節税対策や資産運用による副収入をご検討ならおすすめです。
㈱NTTデータ・スマートソーシングが運営する信頼と安心感、国内最大級1400万人利用の実績のある土地活用プラン提供サービスです。

不動産投資の疑問は専門家に相談しよう

不動産投資では、物件の購入や書類作成、賃貸経営といろいろな場面で疑問点が出てくるので、自分で判断せずに信頼できるパートナーに相談して解消することをおすすめします。

専門的な知識がある相手に相談することで、疑問を解消することはもちろん不動産投資の知識を得ることができます。

投資のメリットとデメリットを正しく理解するためにも、専門家に相談して失敗しない不動産投資をしましょう。