話題性があって面白い土地活用方法12選!具体的な事例と注意点もご紹介!

※当記事はアフィリエイト広告を含みます。

「土地活用をするなら、人とは違う面白い方法で収益化したい!」
「話題性のある面白い土地活用には、どんな方法がある?」

どうせ土地活用をするなら、ありきたりな方法ではなく面白い土地活用を試してみたいと考える方もいるでしょう。

土地活用では収益を得ることはもちろんですが、自分が楽しく経営できることも大切です。

ここでは、面白い土地活用の方法や事例、面白い土地活用のメリット、注意点について解説します。

他と差別化したユニークな方法で土地活用を成功させましょう。

複数の優良企業から一括提案!

【たった3分で今すぐ始められる】
土地活用を検討しているなら、厳選された優良企業に無料で一括請求ができるタウンライフ土地活用を利用してみてはいかがでしょうか?
アパートやマンションはもちろん、駐車場や医療施設、トランクルームなど様々な提案をもらうことができます。
累計112万人以上が利用した実績もあるので、安心して土地活用プランを比較検討できるのが魅力です。

面白い土地活用方法12選

面白い土地活用は、話題性もあるのでニーズにマッチすれば充分に収益化が可能です。

土地活用に重要なことはニーズのある方法を探して収益化することですが、面白い土地活用で話題になれば収益性がアップする可能性もあります。

また、面白い土地活用をして集客が成功すれば地域の活性化を促進することにもつながります。

ここでは、面白い土地活用方法を12パターン紹介するので、土地活用の参考にしてください。

賃貸住宅系の土地活用4選

土地活用の王道は賃貸経営ですが、ただアパートやマンションを経営するのではなく、ニーズに合わせたコンセプトを設定することで面白い土地活用が可能です。

ここでは、賃貸住宅系の土地活用方法4つについて解説します。

コンセプト賃貸住宅

コンセプト賃貸住宅とは、建物全体や部屋ごとに特定のテーマやコンセプトを設定し、それに合わせた設備やデザインを取り入れた賃貸住宅のことを指します。

一般的な賃貸住宅と差別化することができるので、ニーズとマッチすれば賃料を高く設定することも可能です。

例えば、内装や外観で他と差別化をするのなら、ヨーロッパ風のインテリアやオシャレなカフェ風のコミュニティスペースが備えられた「カフェ風賃貸マンション」や、ホテルのような共用スペースや設備を設け、居住者により快適で高級感のある生活空間を提供する「ラグジュアリーマンション」などをコンセプトとすることもできます。

また、ペットと一緒に暮らしたい人にターゲットを絞り、足洗い場や屋上ドックランなどを設置した「ペット共生型賃貸マンション」や、プロジェクターや音響設備が完備された「シアタールーム付き賃貸マンション」などにすれば、入居者に新しいライフスタイルを提供することができます。

他にも、共用部分にパーソナルジムやセルフエステマシンを完備した「美容賃貸マンション」や、屋上菜園など共有のコミュニティスペースを活用できる「コミュニケーション型賃貸マンション」など、アイデア次第で可能性はどこまでも広がります。

一般的なマンションに比べると設備費用がかかることもありますが、付加価値をつけることで相場よりも高い家賃収入を得ることも可能です。

コレクティブハウス

コレクティブハウスは、北欧発祥の住まい方で複数の人たちが集まり共同で暮らす住宅のことです。

独立した専用の住居部分に加えてみんなで使う共用スペースが設けられているので、住人同士が交流を育みむことができる新しい暮らし方として注目されています。

コレクティブハウスであれば、女性の単身者や高齢者でも人とのふれあいを感じながら安心して暮らすことができますし、世代を超えてコミュニティを形成することができます。

コレクティブハウスの経営は一般的な賃貸経営と異なる部分が多いので主な特徴は下記を参考にしてください。

  • 建物の設計などは入居者主導で行われる事が多い
  • 入居希望者が入居者組合を形成し基本的な管理は入居者が自主的に行う
  • 退去者が出た場合には、入居者が知り合いを紹介するケースが多く入居者募集の手間がかからない
  • 入居者が確定した状態で経営が始められる
  • 住人同士のコミュニティができているのでトラブルが少ない

コレクティブハウスの経営は、一般的な賃貸経営とは流れが異なる部分も多いので、建築業者や専門家の協力を得ながら進めていく必要があります。

しかし、次世代間の交流という社会的な意義が大きいので、今後も需要の高まりが期待される土地活用方法です。

マンスリー賃貸

マンスリー賃貸経営とは、賃貸物件を一ヶ月単位で貸し出し収益を得る賃貸経営の方法です。

通常の賃貸物件と異なり、短期間の滞在を目的としているので、家具や家電付きの部屋を提供することが多く、出張や旅行などで短期的に滞在する人々の需要に対応した賃貸モデルとなっています。

マンスリー賃貸経営では、賃貸契約の期間が通常よりも短いので入居者が頻繁に交代することが考えられるので、入居者の募集や清掃、メンテナンスなどの管理料が高くなる傾向にあります。

しかし一方で、賃料は通常の賃貸物件よりも高く設定することができるので高い収益性が期待できます。

マンスリー賃貸を利用する人は、短期間の出張や旅行、転勤などで一時的に滞在する必要がある人々が中心なので、観光地や利便性のよい場所に土地がある場合は有効な活用方法になります。

特定の利用者に特化したコンセプトを作ることで他と差別化し面白い経営をすることも可能です。

セキュリティや内装にこだわり女性限定のマンスリーマンションにしたり、短期留学生にターゲットを絞り価格帯を抑えたウィークリーマンションにするなど、アイデアを出して集客力を上げることも考えましょう。

シェアハウス

シェアハウスは、1つの物件を複数の賃貸人が共同で借りるタイプの賃貸物件のことで、リビングやキッチンなどは共有スペースに設置し、プライベート空間を確保するための個室が併設されているケースが一般的です。

シェアハウスでは、1つの物件を複数でシェアするので一般的な賃貸物件よりも高い家賃を得ることができ、1人の入居者が退去したとしても全体の収益に大きな影響を与えず空室リスクを少なくすることができます。

また、設備や空間を共有することで管理コストを抑えることができます。

シェアハウスは入居者同士の交流を取りやすい間取りになっているので、若い世代を中心に人気の賃貸モデルです。

シェアハウス経営では、入居者のターゲットを絞って魅力的なコンセプトを打ち出すことが重要なので、入居者がシェアハウスに求めるものを明確にし、内装デザインや設備に反映させましょう。

ビジネスマンをターゲットとするなら、Wi-Fi環境を整えて仕事に特化した「コワーキングスペース付きシェアハウス」にする、国際交流や語学学習をコンセプトとした外国人と交流しながら語学を学べる「語学シェアハウス」なども実際にあります。

このようなコンセプト系シェアハウスを経営すれば、ユニークなシェアハウス経営をすることが可能です。

オフィス系の土地活用2選

オフィス系の土地活用は、個人事業主や在宅勤務が増える中で、オフィス系の土地活用の需要も見込まれます。

オフィス系の土地活用は、仕事場としての利用者がターゲットとなるので住宅ほどの設備投資をする必要がないので、比較的低コストでの運営が可能です。

アクセスの良い立地で土地活用をするならば、オフィス系の土地活用も検討しましょう。

コワーキングスペース

コワーキングスペースとは、個人事業者や起業家、在宅勤務が許可されている会社員、ノマドワーカーといったように、場所の縛りがない環境で働いている人たちが利用するワーキングスペースです。

デスクやチェアなどの基本的なオフィス用品や、Wi-Fi環境やプリンターなどの共有設備を備えたスペースを時間貸しや月額のサブスクリプション契約で貸し出します。

カフェやラウンジスペースなどを併設すれば、利用者同士でコミュニケーションを図ることができるので意見交換やビジネスチャンスが生まれることも期待できます。

現在ではコワーキングスペースは東京に集中していますが、通信手段さえあればどこでも仕事ができるノマドワーカーの増加に伴い、都心部以外でも需要の増加すると思われます。

ワークスペース以外にも、カフェや本屋を併設したり、フィットネスジムなどを設置すれば遊び心のあるコワーキングスペースを経営することもできます。

空き家や空き地を上手く活用して、働きたいという人にマッチするコワーキングスペースを経営すれば収益化することも充分に可能です。

シェアオフィス

シェアオフィスは、ひとつのオフィスを複数の企業や個人がシェアして使うオフィスです。

会社側としては、自社オフィスを持たないことでオフィスにかかる初期費用を大きく削減できるので利用する会社も増えています。

コワーキングスペースと似ていますが、シェアオフィスは主にビジネス目的で利用されることが多く、会議室やミーティングルームなどの専門的な設備が充実していることが特徴です。

複数の企業や個人が利用するため、安定した収益を保つことができることもメリットです。

デザインや内装、設備にこだわったシェアオフィスを経営すれば、他者と差別化を図ることができます。

その他の土地活用6選

土地活用の中には、土地やスペースを貸し出す活用方法もあります。

初期投資額が少なくてすむなどのメリットも多いので、所有地の立地や大きさに応じて検討しましょう。

マンションモデルルーム会場

駅から近くアクセスの良いエリアの土地を所有しているのであれば、マンションのモデルルーム会場として土地を貸すこともできます。

マンションモデルルームは、建設予定のマンションの室内を再現するために内装や家具を設置して展示するためのスペースで、将来の住人や投資家に向けて実際の雰囲気をアピールするためのものです。

モデルルーム会場は、不動産業者やマンション建設会社によって設置されるのですが、そのスペースのために土地を貸し出すことで収益を得ることができます。

マンションのモデルルームとして貸し出す期間は1年~2年程度で長期の運用は見込めませんが、所有地が再開発エリアなどでマンションの建設が盛んな地域であれば別の企業に対しても貸し出すことも考えられます。

収益性も高く土地を貸し出すだけなので初期投資も必要ないので、マンションディベロッパー側からオファーがあれば有効な土地活用ができます。

また、大型商業施設の近くに1000坪以上の広大な土地を所有している場合は、住宅展示場建設地として貸し出せる可能性もあるので合わせて検討しましょう。

カーシェアスペース

カーシェアスペースとは、自動車を時間貸しするためにパーキングスペースを貸し出す土地活用です。

土地の大きさに応じて車だけでなく、自転車や電動キックボードのシェアスペースとしての活用もできます。

また、現在駐車場を経営をしている場合は、一角をカーシェアスペースとして貸し出すことも可能です。

カーシェアスペースとして駐車場経営を開始する場合は、初期費用はかからないことが一般的です。

カーシェアに関わる設備や車両代、看板や設備代や工事費も全て運営会社が負担してくれるので資金がなくても始められ、毎月一定の賃料を受け取ることが可能です。

カーシェアスペースは、シェアリングエコノミーの一環として今後ますます需要が増えると考えられます。

環境にも優しい取り組みで、さらに収益化もできるおすすめの土地活用方法です。

貸し農園

農地を所有している場合は、貸し農園として活用することもできます。

貸し農園とは、農地を所有している人が一般の人に農地を貸して野菜や果物を栽培することができるシステムのことです。

また、農地を貸し出すのではなく、農園利用方式でスペースを用意して体験農業教室などの指導や体験またはレクリエーションなどを行うこともできます。

自然の中で収穫を楽しむことが難しい都心部でも、食育や子供への体験の一貫として貸し農園は注目されています。

貸し農園では、借り手が自分で栽培するだけでなく周辺地域の人たちに販売するために市場や直売所を利用することもできるので、地域の農業を支援する取り組みとしても注目の土地活用方法です。

コインランドリー経営

コインランドリー経営は、ファミリー世帯が多い住宅街であれば利回りが良いのでおすすめの土地活用方法です。

コインランドリー経営には、洗濯機や乾燥機などの機械の他に内装工事や電気や給排水設備の工事も必要となるため初期投資額が高額になりますが、リピート客を獲得できれば高利回りでの運用が見込めます。

また、コインランドリーとカフェを併設するなど、アイデア次第で面白い活用方法ができることも魅力です。

小さなスペースを有効活用して、長期的に安定した収入を得ることができ管理の手間も少ないのでおすすめの土地活用方法です。

駐車場経営

駐車場の種類は月極駐車場とコインパーキングの2つの種類があります。

月極駐車場では、駐車区画さえ分けておけば砂利などの路面状況でも問題なく利用できるので、初期費用がかからないというメリットがあります。

一方、コインパーキングは、立地条件によっては月極駐車場よりも利回りがよい場合もありますが、専用の機器を導入する必要があるため一定の初期投資が必要となります。

初期費用をかけたくない場合は、一括借り上げ方式を選べば初期費用0円から駐車場経営が可能となりますが収益性は低くなります。

駐車場のニーズを把握した上で、カーシェアスペースを併設するなどして安定した収益を確保できるような工夫も必要です。

トランクルーム経営

居住用としては適していない土地を活用したい場合は、トランクルームを設置する方法もあります。

トランクルームは、収納するスペースを貸し出すサービスのことで、日当たりや騒音などの影響を受けないので住宅経営ができないような土地でも活用することが可能です。

収納スペースを確保できない都心部やマンション近くでの需要が高く、管理の手間がかからないこともメリットです。

トランクルーム用コンテナの建設にあたっては、建築基準法に基づく建築確認申請を行う必要があるので、設置する際には周辺の利用ニーズも含めて専門業者に確認しておきましょう。

\ネット環境にお悩みの方へ!端末在庫が少なくなっています/

土地活用一括請求で面白い案をもらう

土地活用を始めようとしても、何から着手した方がよいかわからない方も多いです。

ここでおすすめしたいのは、土地活用一括請求サービスを活用することです。

土地活用一括請求サービスを活用すれば、土地活用案はもちろん、何から始めた方が良いかも提案してくれます。

ここではおすすめの土地活用一括請求サービスを紹介します。

タウンライフ

タウンライフ土地活用一括請求

出典:タウンライフ

タウンライフは、有名な大手から地元密着まで、数多く企業が登録していて、あなたにあった土地活用プランのご提案はもちろん、その後のプランニングなどもサポートしてくれる会社が見つかりやすいです。

不動産最新情報を配信中!

HOME4U土地活用

HOME4U土地活用一括請求

出典:HOME4U

HOME4UはNTTグループの関連会社「株式会社NTTデータ・スマートソーシング」が運営するサービスです。

セキュリティの安全性はもちろん、最大自分で選んだ10社までしか連絡が来ないので、知らない業者からの連絡はありません。

しかも土地を持っていなくても不動産投資の提案をもらうことができますので、ぜひ一度使ってみてください。

リビンマッチ土地活用

リビンマッチ土地活用一括請求

出典:リビンマッチ

リビンマッチの土地活用サービスの特徴は全国47都道府県すべて対応しているため、地元に強い企業が見つかります。

また土地が持っていなくても、ご希望に応じて土地の提案も可能ですので、不動産投資を始めたい方はぜひ使ってみてください。

面白い土地活用事例4選

他とは違う面白い土地活用をしたいのなら、実際の活用事例も知っておきましょう。

ここでは、個性的で面白い土地活用事例を4例紹介するので土地活用の参考にしてください。

\ネット環境にお悩みの方へ!端末在庫が少なくなっています/

エンジニアが集まるコンセプト賃貸住宅「IT版トキワ荘」

株式会社CEspaceでは、エンジニアなどIT人材向けにコンセプト賃貸住宅「TECH RESIDENCE(テックレジデンス)」を経営しています。

職住一体型の住まいであるテックレジデンスは、優秀なエンジニアが集まるコミュニティで中には六本木ヒルズから引っ越してきたエンジニアもいるそうです。

1970年代に漫画家の手塚治虫や藤本弘といった若手漫画家が集まり、情報交換やアイデアの共有を行ったことで知られる「トキワ荘」にちなみ「IT版トキワ荘」とも呼ばれ話題となっています。

テックレジデンスでは日本のIT業界で活躍する若手技術者が集まっているので、情報交換やアイデアの共有を行うためのコミュニティが形成され高い付加価値を提供しています。

株式会社CEspace代表取締役社長の若泉大輔さんの「生きていくために必要な家賃を消費ではなく投資に変える」という発想のもと、オフの時間でも学びのある賃貸住宅を作り出すことに成功した事例です。

参考: TECH RESIDENCE ホームページ

参考: TECH 「コスト」である家賃を「投資」に変える。優秀なエンジニアが集う職住一体型の「IT版トキワ荘」、テックレジデンスとは

音楽と暮らすコンセプト型賃貸住宅「スタジオアパートメントKICHI」

「スタジオアパートメントKICHI」はアーティストのための賃貸マンションというコンセプトで2009年にリノベーションをして完成した楽器可賃貸マンションです。

館内に音楽スタジオや多種多様のアート創作に対応可能な作業スペースを設置し、ライブやイベントも行っています。

マンションやアパートでは楽器の種類によっては演奏ができないケースも多く、練習にはスタジオを借りなければならなかった人にとっては自宅で楽器が演奏できることは大きな魅力になります。

他とは違う面白い発想で、遊び心のある賃貸住宅を提供している事例です。

参考:「スタジオアパートメントKICHI」ホームページ

日本ではじめてのコレクティブハウス「かんかん森」

「かんかん森」は日本で初めてのコレクティブハウスです。

4階に高齢者施設、1階に認証保育園を併設しており様々な年代の入居者がコミュニティを形成しています。

独立したマンションのようなプライベート空間は確保しつつ、住居部分以外に多様な共用スペースが設置されていることが特徴です。

共用スペースには、みんなで食事ができるコモンキッチン、コモンリビング、菜園テラス、キッズスペース、ランドリールーム、ゲストルームなどがあり、いつでも利用することができます。

住人はどれかの活動や係に参加することになっているので自然にコミュニケーションをとりあい、管理や運営、掃除などは全て居住者で行っています。

近所付き合いや人とのつながりが少なくなっている現代では、人とともに暮らすコレクティブハウスの価値が見直されているのです。

参考:株式会社コレクティブハウス ホームページ

ねこと働くシェアオフィス「Q-studio」

福岡にある「Q-studio」は、自宅のようなカジュアルなオフィスと屋上にテラスがついた
シェアオフィスです。

固定デスクや登記も可能なので、事業を始める方も便利に利用できます。

また、珍しいコンセプトとして保護猫の一時預かりが可能で、保護ネコ活動を支援するネコ付きシェアオフィスとして話題になっています。

猫を保護したけれど自宅で飼えない方や、保護猫活動に興味がある方には最適なシェアオフィスです。

オフィス利用者は、仕事をしながらネコのお世話をすることを条件に利用契約が可能となるなど、猫好きには嬉しいシステムとなっています。

このようにシェアオフィスをするだけでなく、保護猫活動も同時進行するなど、新しい価値観を取り入れた土地活用であれば、自分の趣味や社会のニーズを反映することができます。

参考: 「Q-studio」ホームページ

面白い土地活用方法のメリット

面白い土地活用には、普通の土地活用では感じられない多くのメリットがあります。

ここでは、面白い土地活用のメリットについて解説します。

他と差別化できるので集客に困らない

面白い土地活用方法を選ぶと、他と差別化できるので集客に困らないというメリットがあります。

土地活用で一番ネックになるのは、利用者が見つからず収益がなくなってしまうことです。

周辺に同じような物件がある場合、利用者は立地やコストなどで判断し選ぶことになるので集客が難しくなる事も考えられますが、コンセプトを掲げるなどして他とは違う価値を提供できれば、ターゲット層が明確になるので集客がしやすくなります。

また、付加価値をつけることで収益性の向上にもつながります。

そのためには、所有地付近のニーズを把握して、どのような物件が求められているのかを正確に把握するマーケット力が必要になります。

アービトラージで賃料単価を上げることができる

面白い土地活用をすることで、アービトラージで賃料単価を上げることもできます。

アービトラージとは、貸し出す空間や時間の単位を細かくして賃料単価を上げることをいいます。

オフィスではなくシェアハウスのように空間を区切って貸し出すことや、月極ではなく時間貸しで駐車場を経営するというのがアービトラージの一例です。

限られた空間や時間を区切って貸し出すことで、より高い賃料単価を得ることができるのです。

土地活用方法を考える時は、アービトラージの考え方を取り入れて収益性を上げることも検討しましょう。

話題性があるので事業として面白みがある

面白い土地活用は、話題性があるので事業をする側も楽しいというメリットがあります。

事業をする上で収益は大切ですが、それだけではなく社会貢献や環境への配慮、地域活性化など別の側面があれば、よりやりがいを感じることができます。

どのような土地活用をするべきか悩んでいるなら、収益化の他に自分がやってみたいことをコンセプトとして打ち出すこともよいでしょう。

周囲と同じような賃貸物件を建設するのではなく、「起業家を支援したい」「気兼ねなくペットと暮らせる家を作りたい」「人と人とのつながりを感じてほしい」など明確なコンセプトがあれば新しい発想につながります。

面白い土地活用がしたいのなら、収益だけでなく事業として必要とされる土地活用方法を目指しましょう。

面白い土地活用方法の注意点

面白い土地活用にはメリットもありますが、同時に注意しなければならない点もあります。

ここでは、面白い土地活用の注意点について解説します。

賃貸ニーズがあるかを確認する

面白い土地活用をする場合は、賃貸ニーズがあるかどうかを事前にしっかりとリサーチしましょう。

土地にはそれぞれ住んでいる人の傾向があるので、ファミリー層が多い住宅地と、サラリーマンが多いオフィス街とでは賃貸ニーズも変わってきます。

自分がしたい土地活用のイメージに執着してしまうと、賃貸ニーズを見逃してしまうので注意しましょう。

地域のニーズに応えられる物件を作れば、収益性も確保できます。

土地活用をする場合、収益化できるかどうかが重要なので、事前にしっかりとリサーチをしておきましょう。

所有地の法律規制を確認する

土地活用をしたい場合は、事前に所有地の法規制について調べておきましょう。

面白い運用法が見つかっても法規制に抵触する場合は、建設できない可能性があります。

都市計画区域にある土地はすべて13の用途地域に分類され、建物などの用途制限が設けられています。

工業専用地域にはアパートは建築できない、住居系地域の多くはトランクルームを設置できないなどの制限もあり、運用プランにも影響するので注意しましょう。

また、地域によって「防火地域」と「準防火地域」の2つの適用地域が定められています。

防火地域や準防火地域などでは、建築物の階数や床面積の規制があり、耐火建築物・準耐火建築物に対応した建築物でなければなりません。

所有地が防火規制に該当していれば、耐火建築物または準耐火建築物にする必要があるので建築コストが通常よりも割高になる可能性があるので注意が必要です。

長期的な資金計画を立てる

土地活用をする場合は、銀行から融資を受けて行うケースも多いので、長期的な資金計画を立てておきましょう。

どんなに面白い土地活用方法だったとしても、経営がうまくいかなくなってしまえば続けていくことはできません。

初期投資した自己資金を何年で回収できるのか、利益確定時期をいつにするのかなど、家賃収入、ローン返済額、ランニングコスト、修繕費などを綿密に計算しシュミレーションをしておきましょう。

土地活用の実績のある会社に相談する

土地活用をする場合は、複数の土地活用方法の中からどの活用方法が最適なのかを比較検討して決めましょう。

そして、活用方法が決まったらその後は自分がやりたい土地活用の実績のある業者を選ぶことが大切です。

例えば、アパートを建設する場合なら、建設会社によって得意分野があるので複数の会社にプラン作成の相談をし自分のイメージに近いプランを提示してくれる会社を選びましょう。

面白い土地活用のためには既存の概念以外にも新しい発想力や企画力が必要となることもあります。

間取りや費用を比較検討して収益性が高い設計プランを作成してもらうことも重要ですが、プラスアルファの提案をしてくれる会社を探すことも大切なので、最低でも3社以上にプラン作成を依頼し比較検討するべきです。

土地活用では、パートナーとなる不動産会社や建設会社のアドバイスが重要なので土地活用の実績のある会社を見つけましょう。

あなたに適した土地活用プランが無料で請求

【最大7社に無料でプラン請求】
土地活用を検討するなら最大収益プランが簡単に見つかるHOME4Uの土地活用をご利用ください。土地の節税対策や資産運用による副収入をご検討ならおすすめです。
㈱NTTデータ・スマートソーシングが運営する信頼と安心感、国内最大級1400万人利用の実績のある土地活用プラン提供サービスです。

付加価値をつけて面白い土地活用をしよう

土地活用には王道のものからユニークなものまでさまざまな方法があります。

賃貸経営では、収益性を確保することはもちろん大切ですが、ターゲット層を明確にして、斬新なコンセプトや付加価値をつけた運用方法を見つけることができれば、経営がさらに面白くなります。

面白い土地活用をしている事例を参考にして、土地活用を楽しみましょう。