土地活用は誰に相談するべき?不動産会社だけでは危険な場合も

いざ、土地活用を始めようと思っても、「本当にこれで大丈夫なのか」と不安になりますよね。

「プロに相談して、適切なアドバイスが欲しい」と思っている方も多いかと思いますが、一体誰に相談すれば良いのでしょうか。そこで今回は、

  • 土地活用は誰に相談するべきなのか
  • 土地の活用で悩んでいる方におすすめしたいサービス
  • 土地活用方法から見た相談先
  • などについて具体的に説明していきます。

    この記事の監修者

    黄 威翔/宅地建物取引士

    黄 威翔/宅地建物取引士

    台湾出身。日本で不動産業と出会い、一年目で宅地建物取引士を取得。 地方の不動産会社に長年勤務し、日本全国の中古不動産の売買仲介を担当。
     日本の方はもちろん、外国の方の対応経験も豊富で様々な視点から日本の不動産市場をご紹介しています。

    複数の優良企業から一括提案!

    【たった3分で今すぐ始められる】
    土地活用を検討しているなら、厳選された優良企業に無料で一括請求ができるタウンライフ土地活用を利用してみてはいかがでしょうか?アパートやマンションはもちろん、駐車場や医療施設、トランクルームなど様々な提案をもらうことができます。 累計112万人以上が利用した実績もあるので、安心して土地活用プランを比較検討できるのが魅力です。

    土地活用は誰に相談するべきなのか

    土地活用は誰に相談するべきなのか

    ここでは、土地活用は誰に相談するべきなのか具体的に説明していきます。

    相談先①ファイナンシャルプランナー

    1つ目の相談先は、お金の専門家である「ファイナンシャルプランナー」です。

    相談するべき人の特徴

    「プライベートと土地活用の収支バランスを把握したい」方は、ファイナンシャルプランナーに相談しましょう。

    例えば、土地活用を行うために必要な総費用が分かったとしても「その費用を返済していけるのか、生活に支障は出ないのか」など、お金に関する様々な不安が生まれるかと思います。

    そのような不安をファイナンシャルプランナーが、具体的な資金計画を立てて解決してくれます。

    ファイナンシャルプランナーへの相談方法

    ファイナンシャルプランナーへの相談方法は、主に4つあります。

  • 日本FP協会のWebサイトから問い合わせる
  • 相談窓口や代理店のWebサイトから問い合わせる
  • 企業の店舗窓口や相談会の場で相談する
  • 個人事務所のWebサイトから問い合わせる
  • しかし、一概にファイナンシャルプランナーといっても人によって得意分野が異なります。

    「保険は得意だが、土地活用は得意ではない」というファイナンシャルプランナーも存在するため、必ず「土地活用や不動産関係」を得意としている方に相談しましょう。

    相談先②土地活用コンサルタント

    2つ目の相談先は、「土地活用コンサルタント」です。

    土地活用コンサルタントとは、その名の通り、土地活用に特化したコンサルタントです。

    相談するべき人の特徴

    「そもそも、所有している土地でどのような土地活用ができるのか知りたい」という方は、土地活用コンサルタントに相談してみましょう。

    土地活用コンサルタントは、豊富な知識や長年の経験から、どのような土地活用が適切なのかアドバイスしてくれます。

    当たり前ではありますが、プロの意見を参考にすれば、土地活用で失敗する可能性は低くなります。

    黄 威翔/宅地建物取引士
    黄 威翔/宅地建物取引士

    土地を活用する本人に豊富な知識があったとしても、第三者からの少し違った見方や意見は参考になるかと思いますので、最終確認の意味を込めて相談してみても良いのではないでしょうか。

    土地活用コンサルタントへの相談方法

    土地活用コンサルタントへの相談方法は、「Webサイトからの問い合わせ」が一般的です。

    しかし、土地活用コンサルタントといっても、様々な方がいるため、なるべく「過去の実績が豊富な方」を選ぶようにしましょう。

    相談先③金融機関

    3つ目の相談先は、「金融機関」です。

    相談するべき人の特徴

    「融資を受けて土地活用を行う」という方は、金融機関に相談しましょう。

    金融機関は、融資だけではなく、「このくらいの資金量なら○○がおすすめ、利回り〇%を狙いたいのであればこれがおすすめ」と土地活用を始めようとしている方に対してアドバイスもしてくれます。

    金融機関への相談方法

    基本的に金融機関に行けば、相談に乗ってくれます。

    しかし、事前に電話で連絡しておくと、ファイナンシャルプランナーや土地活用コンサルタントなどを用意しておいてくれる金融機関もあります。

    そのため、様々な専門家から意見を聞きたい場合は、予め電話で連絡しておきましょう。

    相談先④税理士

    4つ目の相談先は、「税理士」です。税理士とは、税金に関する専門家です。

    相談するべき人の特徴

    「節税を目的とした土地活用をしたい」と考えている方は、税理士に相談してみましょう。

    土地活用会社も節税に関するアドバイスをしてくれるのですが、税理士ほど具体的に教えてくれるわけではありません。

    また、細かい規制までは把握していないことが多く、「実際その通りにやってみたが、まったく節税にならなかった」となる場合もあります。

    しかし、税理士は税金の専門家なので、「まったく節税にならなかった」という状態になることはまずありません。

    「どのくらい節税したいのか、なぜ節税したいのか」など、本人の状況や考え方から適切な節税対策を教えてくれます。

    税理士への相談方法

    税理士への相談方法は、主に3つあります。

  • 会計事務所の無料サービスから相談する
  • 税理士会の無料相談会に参加して相談する
  • 商工会議所や自治体の相談会に参加し、相談する
  • 黄 威翔/宅地建物取引士
    黄 威翔/宅地建物取引士

    相談内容にもよりますが、無料で相談に乗ってくれる場合もあるので、まずは気軽に問い合わせてみましょう。

    不動産最新情報を配信中!

    土地活用で悩んでいる人は土地活用専門の比較サイトを使おう

    土地活用で悩んでいる人は土地活用専門の比較サイトを使おう

    「そもそもどのような土地活用を行えば良いのか分からない」と悩んでいる方も多いかと思います。

    その場合は、「土地活用専門の比較サイト」を利用してみましょう。

    土地活用専門の比較サイトとは

    土地活用専門の比較サイトとは、土地の広さや活用の目的など簡単な必要事項を一度記入するだけで、複数社の不動産会社に土地活用プランの一括請求ができるサイトです。

    もしも、提案してくれた土地活用プランに興味がある場合、提案してくれた企業と直接コンタクトを取ることもできます。

    そのため、ある程度具体的なイメージを持ちながら、相談を進めていくことができます。

    利用するべき人の特徴

    「自分に合った土地活用方法が分からない」方は、土地活用専門の比較サイトを利用してみましょう。

    一概に土地活用と言っても、土地の広さや形状、そして周辺ニーズや投資できる資金量などによって、適切な土地活用方法が異なります。

    「賃貸経営が儲かりそうだから、賃貸経営をしよう」という抽象的な決め方をしてしまうと、失敗するリスクが高まります。

    そのため、まずは専門家にプランを提案してもらい、自分にはどのような土地活用方法が合っているのか確認することが大事です。

    土地活用方法から見た相談先

    土地活用方法から見た相談先

    「すでに土地活用方法は決まっている」という方も多いかと思います。

    そのような方のために、ここでは土地活用方法から見た相談先を具体的に説明していきます。

    賃貸アパート経営

    賃貸アパート経営を行う場合は、アパート建築をメインとしているハウスメーカーに相談してみましょう。

    また、大きな建築物をメインとしているゼネコンや注文住宅建造をメインとしている工務店などもおすすめです。

    これらであれば基本的にどこでも問題ないのですが、建築費用を節約したい場合は「ハウスメーカー」に、大規模アパートの建築を考えている場合は「ゼネコン」に、そしてオシャレなアパートを建てたい場合は「工務店」に相談してみることをおすすめします。

    駐車場

    駐車場経営を行う場合は、駐車場経営を専門としている会社に相談してみましょう。

    駐車場経営を専門としている会社のホームページに、「オーナー募集ページ」があるかと思いますので、そこから相談の申し込みをすることができます。

    経営の進め方や立地条件、そして適切な料金設定など、細かく教えてくれます。

    トランクルーム

    トランクルーム経営を行う場合は、トランクルーム経営を専門としている会社に相談してみましょう。

    トランクルームチェーンを展開している会社のホームページに「オーナー募集ページ」があるかと思いますので、そこから申し込めます。

    太陽光発電

    太陽光発電運営を行う場合は、太陽光発電を専門としている会社に相談しましょう。

    太陽光発電を専門としている会社のホームページから申し込むことができるのですが、悪徳業者が多い業界でもあります。

    そのため、基本的には「太陽光のナコウド」のような一括相談サイトを使いましょう。

    無料で見積もりを出してもらうことも可能なので、「とりあえず見積もりだけを知りたい」という方にもおすすめです。

    老人ホーム

    唐人ホームを経営する場合は、ゼネコンや介護事業者に相談しましょう。

    自分で老人ホームを経営していきたいのであれば「ゼネコン」に、自分は土地だけを貸して他の事業者に運営してもらう方法を考えているのであれば「介護事業者」に相談することをおすすめします。

    売却

    土地活用ではありませんが、土地の売却を検討しているのであれば、不動産会社に相談しましょう。

    しかし、不動産会社によって売却価格が異なるため、なるべく複数の不動産会社に相談することをおすすめします。

    不動産関係の一括見積サイトもあるので、「売却価格を楽に比較したい」という場合は、そのようなサイトを利用しましょう。

    相談する場合の注意点

    相談する場合の注意点

    ここでは、土地活用の相談をする場合の注意点を具体的に説明していきます。

    ある程度、要望をまとめておく

    土地活用の相談をする場合、ある程度、要望をまとめておきましょう。

    「土地の広さや立地条件などは分からないが、とりあえず相談したい」という感じですと、相手方も何を提案すれば良いのか困ってしまいます。

    「相談したのに収穫がなかった」という状態になりかねないので、土地の広さや立地条件などを把握して、どのような土地活用がしたいのか抽象的
    にでもまとめておくことをおすすめします。

    土地を活用するために「いくらかかるのか」確認しよう

    土地の活用方法をメインに話し合う方が多いかと思いますが、必ず「費用」についても確認しておきましょう。

    例えば、賃貸物件経営をする場合、数百万円~数千万円の初期費用が必要になります。

    黄 威翔/宅地建物取引士
    黄 威翔/宅地建物取引士

    「費用が用意できないから、また白紙に戻さなければいけない」という状況になりかねないので、必ず「土地活用プランと費用」はセットで把握しておきましょう。

    複数の優良企業から一括提案!

    【たった3分で今すぐ始められる】
    土地活用を検討しているなら、厳選された優良企業に無料で一括請求ができるタウンライフ土地活用を利用してみてはいかがでしょうか?アパートやマンションはもちろん、駐車場や医療施設、トランクルームなど様々な提案をもらうことができます。 累計112万人以上が利用した実績もあるので、安心して土地活用プランを比較検討できるのが魅力です。

    まとめ

    今回は、「土地活用を行う場合の相談先」をテーマに解説してきました。

    土地活用に関する相談先は、大きく以下4つに分けられます。

  • ファイナンシャルプランナー:お金について知りたい場合
  • 土地活用コンサルタント:土地の活用方法について知りたい場合
  • 税理士:税金について知りたい場合
  • 金融機関:融資について知りたい場合

    しかし、どこに相談するにしても、ある程度、要望をまとめておくことが大事です。

    要望を具体的にまとめればまとめるほど、より現実味のあるアドバイスを貰うことができるため、予め「どのような土地活用をしたいのか」簡単に検討してみましょう。