土地活用の相談はどこにするべき?相談先を選ぶポイントとは?

※当記事はアフィリエイト広告を含みます。

「土地活用の相談はどこにすればいい?」
「収益化できる土地活用にはどんな方法があるの?」

利用していない土地を使って収益化したいけれど、どこに相談すればいいのか分からなければ困ってしまいますよね。

土地の活用方法にはさまざまな手段があり、立地や目的によって最適な活用方法は違います。

思いつきで進めてしまう前に、専門家に最適な方法を相談した上で収益化できる活用方法を考えましょう。

ここでは、土地活用の相談の流れや相談先、代表的な方法、土地活用を成功させるポイントなど、土地活用の相談について解説します。

土地の特徴を理解して、最大限に活用できる方法を見つけましょう。

あなたに適した土地活用プランが無料で請求

【最大7社に無料でプラン請求】
土地活用を検討するなら最大収益プランが簡単に見つかるHOME4Uの土地活用をご利用ください。土地の節税対策や資産運用による副収入をご検討ならおすすめです。
㈱NTTデータ・スマートソーシングが運営する信頼と安心感、国内最大級1400万人利用の実績のある土地活用プラン提供サービスです。

土地活用の相談の流れ

土地活用を失敗しないためには、まずは様々な選択肢の中から最適な活用方法を見つけることが大切です。

土地活用の方法には、アパート経営、駐車場経営だけでなく、太陽光発電投資やトランクルーム設置などさまざまな活用方法があります。

土地の大きさや立地、周辺のニーズを考慮して市場調査をしながら進める必要があるので専門家に相談しましょう。

土地活用方法が決定したら、その後の資金の調達方法や収支計画など資金関係について、税理士やファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談します。

土地活用の相談の流れとしては、土地活用方法を専門家に相談して比較検討した上で、資金関係について専門家に相談するとスムーズです。

土地活用の方法を相談する

「どんな土地活用をすればいいのか?」「最適な土地活用プランが知りたい。」そんなときは、まず土地活用の専門家に相談しましょう。

土地にはそれぞれの特徴があります。

駅から近くて利便性に優れた土地、住宅地で居住に適した土地、駅からは離れているが広大な土地など、特徴が違えば収益化できる活用方法も変わってきます。

アパート経営をしたくても、賃貸ニーズのない土地では空室が目立ち収益化は厳しいでしょう。

このように土地に合わせて市場調査をしながら最適な活用方法を見つけるために、まずはどんな活用方法が最適なのかを相談しましょう。

ここでは土地活用の相談先を5つ紹介します。

土地活用の専門家に相談して最適な活用方法を考えましょう。

ハウスメーカー

ハウスメーカーでは、一戸建て住宅やアパート・マンション経営のプランを計画してもらうことができます。

賃貸経営は土地活用のなかでも人気の方法で、所有地の上に建物を建てて賃料収入を得る方法です。

ハウスメーカーはたくさんの物件の建築を行っているので、市場調査はもちろん賃貸経営をした場合の収益や建設費用、利回りなどを詳しく相談することができます。

実際の建築プランを作成してもらうことで、賃貸経営のイメージも膨らむので、他の土地活用方法を比較しやすくなります。

また、ハウスメーカーは建物の設計や建設だけでなく、工事が完了した後の管理やメンテナンスまで任せることができます。

大手ハウスメーカーであれば、施工実績も多いので安定した品質が期待できるので、賃貸経営に興味がある方は相談してみることをおすすめします。

工務店

工務店では、ハウスメーカーと同様に一戸建て住宅やアパート・マンションを建設するなら地元の工務店に相談するのもおすすめです。

工務店とは地域に密着した建設会社のことで、地域のニーズを把握していることが多く、細かな要望を伝えることもできます。

ハウスメーカーのように商品が規格化されていないので、柔軟な対応が可能であることも多く、建築費を抑えて建設できるケースもあります。

また、狭小地や変形地といった土地でも建設可能であったりとオーダーメイドの建設ができることも工務店の魅力です。

オリジナリティのある建物を建設したい場合は、工務店に相談してみるとよいでしょう。

一方で、工務店では建設を専門に行っているので管理やメンテナンス先は自分で探すことになるケースが多いので注意しましょう。

また、施工品質や期間も工務店によって異なるので、実績があり信頼できる工務店を選ぶことも大切です。

デベロッパー

デベロッパーは、土地や街の開発を主に行っている企業のことで、駅から近い場所や商業地に広い土地を所有している場合は相談相手として最適です。

デベロッパーは、大規模なマンションやビルを建築するノウハウを持っているので、収益性の高い提案が期待できます。

大規模な建設には費用がかかるので、オーナーが建築費をすべて負担することが難しい場合はデベロッパーと協力して土地活用を行う「等価交換」という方法もあります。

等価交換とは、デベロッパーが土地に建物を建て、建設後に土地の一部と建物の一部を等価で交換する建築方式を言います。

土地の所有者が建築費を負担することなく低リスクで土地活用を始められるので、マンションやビルの建設に向いている方法です。

等価交換を行うと、建物の権利を得ることはできますが、土地の権利を失ってしまうことになるので慎重に判断する必要があります。

また、マンションやビルを建設して収益化できるかどうかも重要なポイントとなるので、どの土地でもできるわけではありません。

立地の良い場所や商業地にマンションを建設できるような広い土地がある場合は、デベロッパーに相談してみると、土地活用の選択肢が広がります。

駐車場・コインランドリー設置などの専門会社

土地活用を相談するなら、駐車場やコインランドリー設置会社など用途に特化した専門会社に相談するのも一つの方法です。

代表的な活用の方法は賃貸経営ですが、短期間だけ土地活用をしたい場合や初期投資額を抑えた土地活用方法を考えている場合は、建物を建てずに収益を生める方法も考えましょう。

駐車場経営は人気の土地活用方法で、月極駐車場とコインパーキングの2つの種類があります。

月極駐車場であれば簡単な区画整備をするだけで始められるので、初期投資額を抑えられることがメリットです。

一方コインパーキング経営は、機械の設置などの初期投資が必要にはなりますが、駐車ニーズがあれば月極駐車場よりも多くの収益を得ることが可能です。

このように特定の用途に特化した土地活用をする場合は、ノウハウを持っている専門業者に相談しましょう。

駐車場経営だけでなく、コインランドリーやトランクルーム設置で収益化を狙うこともできるので、土地の大きさや立地に応じて検討してみましょう。

不動産最新情報を配信中!

不動産会社

「土地活用がしたいけれどどんな方法がいいのか分からない」という方は、不動産会社に相談するとよいでしょう。

不動産会社では、アパートやマンション経営だけでなく売却も含めて、土地そのものをどのように活用すればいいのかを総合的に提案してくれます。

土地活用の目的や、収益性などを考えてどのような土地活用がしたいのかを一から相談したい場合は、不動産会社に相談すればさまざまなプランを考えるきっかけになります。

土地を売却する場合は、土地を手放すことになりますが大きな収益を得ることができる上に、固定資産税などの税金の支払いもなくなります。

所有地をそのように運用したいのかわからない場合は、不動産会社に相談することをおすすめします。

土地活用の資金について相談する

「土地活用をするにあたっての資金調達方法が知りたい」「土地活用に有効な節税対策はある?」など、土地活用に関する資金については、専門家に相談しましょう。

有効な土地活用方法を見つけることと同じくらい、資金問題をクリアしておくことは重要です。

土地活用では大きな資金が必要となるため、綿密な収益計画や節税の知識が必要になります。

ここでは土地活用の資金についての相談先を3つ相談します。

お金の専門家に相談した上で、隙のない資金計画を立てましょう。

金融機関

土地活用にかかる費用が自己資金で支払えない場合は、金融機関から融資を受けなければ資金を調達できません。

アパート経営をする建築費などで多額の資金が必要となる場合は、金融機関でアパートローンを組むことになります。

融資には本人の属性の他に、経営物件の収益性も審査されるので、収益性のある土地活用計画を立てることが大切です。

取引がある金融機関や、土地活用の提案先が提携している金融機関があれば資金計画を相談しておきましょう。

初期投資の額だけでなく、ランニングコストや修繕費など長期的に収益性を確保できるように資金面での疑問点や懸念事項を確認しておくとよいでしょう。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは、土地活用だけでなく税金や住宅ローン、教育など生活に関するお金の専門家なのでお金に関するさまざまなことを相談できます。

お金に関する幅広い知識を活かして、個人に合わせたライフスタイルを提案してくれるので、土地活用案を第三者として冷静に判断してもらうこともできます。

信頼できるファイナンシャルプランナーを選ぶには、不動産投資に関する知識や実務経験が豊富で、不動産投資会社との繋がりがなく中立な意見を述べてくれる人を選びましょう。

「土地活用に関してどの程度融資を受けても問題ないか」「このプランで土地活用をして資金的に問題はないか」などの具体的なことを相談できます。

不動産会社や金融機関とは違い、ファイナンシャルプランナーは不動産投資に関して利害関係のない第三者なので、偏りのない意見を聞くことができるのです。

お金に関しての疑問がある場合は相談してみるとよいでしょう。

税理士

税理士は、税金に関する専門家なので相続税や固定資産税などの税金に関する相談ができます。

土地を所有すれば固定資産税が発生しますが、土地の上に建物を建てるアパート経営などの土地活用をすることで固定資産税や相続税、都市計画税を節税することができます。

固定資産税は土地評価額の6分の1、都市計画税は3分の1になるので非常に節税効果が高くなっています。

土地活用をして収益化すれば、確定申告などで税理士に相談する機会も増えるので長期的に信頼できる税理士にアドバイスをしてもらうことも考えておきましょう。

おすすめの土地活用相談先

「どんな土地活用が適しているのか分からない」「いろいろな選択肢の中から比較して決めたい」という方は、土地活用のプランの一括請求を依頼することをおすすめします。

土地活用プランの一括請求とは、比較サイトに土地活用プランを依頼することで、希望や土地の条件に応じて最適な土地活用プランを提示してくれるシステムのことです。

一度の入力で複数のプランを比較検討できるので、土地活用の方法に悩んでいる方には最適なサービスです。

ここでは、土地活用の一括プラン請求を行っている会社を2社紹介します。

さまざまな選択肢の中から、理想通りの土地活用方法を見つけましょう。

タウンライフ

タウンライフ土地活用一括請求

出典:タウンライフ

タウンライフは、市場調査や周辺環境をもとに3つの土地活用計画書を受け取ることができます。

入力フォームで希望する活用方法にチェックを入れれば、アパート建築、マンション建築、駐車場経営など各企業ごとの、「活用プラン」「見積もり・収支計画書」「市場調査書」を無料で受け取れます。

ただ資料を送付するだけでなく、土地やニーズに合わせた計画書を作成してくれるので比較検討がしやすいことも魅力です。

タウンライフには、厳正な審査をクリアした会社のみが登録されているので安心して利用できます。

土地活用に迷ったときは、タウンライフで一括プラン請求をしましょう。

運営会社ダーウィンシステム株式会社
申込み入力時間3分
利用料金無料
登録会社数約120社(2023年3月現在)
対応地域全国
資料・活用プラン
・見積もり 収支計画書
・市場調査書
活用方法・アパート・マンション・駐車場・戸建賃貸 ・賃貸併用住宅
・商業施設(店舗・オフィス等)・介護施設(サ高住等)
・医療施設 ・保育施設・トランクルーム・倉庫・太陽光発電・売却など
公式サイトタウンライフ土地活用

HOME4U

HOME4U土地活用一括請求

出典:HOME4U

HOME4Uは、ネット一括査定業界でも最長の21年間の実績があります。

実績のある企業のみを選定し、大手から地域に精通した中小企業まで連携しているので幅広い内容のプラン作成が可能です。

また、HOME4U土地活用の運営元は情報サービス事業の最大手であるNTTデータグループなので、セキュリティ対策が整っているので個人情報の保護に関しても安心です。

所有する土地の条件や希望の活用方法を入力し、最大10社までのプランを請求できます。

建築会社は全て自分で選ぶことができるので、その他の企業から連絡が来ることはありません。

個別に問い合わせをすることなく、一括で最大10社からのプランを受け取れることが大きな魅力です。

複数の建築会社のプランの中から比較検討したい場合は、HOME4Uを利用しましょう。

運営会社株式会社NTTデータ スマートソーシング
申込み入力時間1分
利用料金無料
登録会社数
対応地域全国
資料・費用
・見積もり書
活用方法・アパート・マンション・賃貸併用住宅 戸建て賃貸
・店舗・オフィス(店舗・事務所付き住宅)
・大規模施設(高齢者住宅、大型店舗、幼稚園など)
・駐車場(コイン・月極駐車場、駐輪場など)
・その他(トランクルーム、ガレージハウス、太陽光発電など
公式サイトHOME4U土地活用

【目的別】土地活用の種類と相談先

土地活用をする場合、さまざまな選択肢から所有地に適している活用方法を選ぶことが大切です。

ここでは、「賃貸物件を建てて収益化する場合」と「建物を建てないで収益化する場合」それぞれの代表的な土地活用の方法と相談先について解説します。

活用方法によって相談先や相談内容も変わるので、土地活用を始める前に疑問や不安点を解消しておきましょう。

賃貸物件を建てて収益化する場合

土地活用では、所有地に賃貸物件を建てて収益化する方法もあります。

建築費などの初期投資額が大きいので、信頼できる相談先を見つけて収益化できるかどうかを慎重に判断する必要があります。

賃貸ニーズが見込めれば長期的に安定した賃料収入を得ることができるので、収益性が高いことがメリットです。

ここでは、賃貸物件を建てて収益化する土地活用法を5パターン紹介します。

アパート経営

アパート経営は、所有している土地にアパートを1棟建設して賃貸収入を得る土地活用方法で、安定した収益化が見込める人気の土地活用方法です。

アパート経営を考える場合は、ハウスメーカーや建設会社が主な相談先となります。

一般的にアパートは、木造や軽量鉄骨で2階建ての建築を指すことが多いのですが、アパートとマンションの違いは明確に定義されているわけではありません。

アパート経営には、生活利便性の良い土地が適しているので、「駅から近い」「近くに学校やスーパーマーケットがある」などの周辺環境も重要です。

アパート経営のメリットは、賃貸ニーズがあれば長期的に安定した収益を見込め、ローンを返済し終わった後は不労所得を得ることができることです。

また、アパートを建設すると更地の状態に比べて相続税や固定資産税が節税できるメリットもあります。

一方、初期費用が高額になるのでしっかりとした資金計画を立てておく必要があります。

アパート維持のための修繕費や管理費などの費用や、空室や家賃下落のリスクを考慮した上で経営が成り立つのかを相談しておきましょう。

マンション経営

マンション経営は、所有している土地にマンションを1棟建設し、賃貸収入を得る土地活用方法です。

マンション経営を考える場合は、ハウスメーカーや建設会社、デベロッパーが主な相談先となります。

マンション経営もアパート経営と同様に生活利便性の良い土地が適しています。

土地活用方法としては、基本的にはアパート経営と同様ですが、マンションとアパートでは建物の構造と耐用年数が異なります。

木造アパートであれば法定耐用年数は22年、鉄筋コンクリート造のマンションは47年と鉄筋コンクリート造のマンションの耐用年数が長く設定されています。

金融機関からのローンの借入期間は、耐用年数が上限となっていて借入期間が長いほど毎月の返済額が少なくなるので、マンション経営の方が返済の負担が小さくなるという違いもあります。

利回りや耐用年数のバランスを考えて、アパート経営かマンション経営かを相談しておくことをおすすめします。

一戸建て賃貸経営

一戸建て賃貸経営は、一戸建て住宅を建設し賃貸収益を得る土地活用方法です。

一戸建て賃貸を考える場合は、ハウスメーカーや建設会社、工務店が主な相談先となります。

アパートを一棟建築することに比べると建設費用を抑えられ、ファミリー層をターゲットにしているので、入居が決まれば長期にわたり安定した収益が見込める特徴があります。

一戸建て賃貸であれば、駅から多少離れていても学校や生活環境が整っていれば需要が見込め、15坪から30坪程度で建設可能なので変形地や狭小地でも有効に土地活用できます。

アパート経営に比べると戸数が限定されるので収益性は高くはありませんが、初期費用を抑えられ、賃貸後は入居者に売却することも可能なので出口戦略の選択肢も広がります。

ファミリー層に需要のない土地に建設すれば、空室期間が発生し収益が途絶えてしまう可能性があるので、立地の見極めや出口戦略について相談しておきましょう。

賃貸併用住宅経営

賃貸併用住宅経営は、1つの建物の中に自宅部分とアパート部分が併存する建物のことで、アパート部分を利用して賃貸経営をする土地活用方法です。

賃貸併用住宅を考える場合は、ハウスメーカーや建設会社、工務店が主な相談先となります。

1階部分を自宅にして2階部分を賃貸住宅とすれば、家賃収入でローンの返済に当てることが可能です。

自己の居住用スペースが建物の総床面積の50%を超えていれば、住宅ローンの適用が受けられるので金利を抑えて借り入れをすることができることが特徴です。

賃貸併用住宅では、土地の広さに応じて、さまざまな間取りや規模で建設が可能なので、賃貸ニーズの高いエリアであれば充分に収益化を見込めます。

アパート経営に比べると初期投資額を抑えて賃貸経営ができますが、賃貸部分が限られるので収益性は下がります。

同じ敷地内に自宅がある構造となるので、入居者とのトラブルが精神的な負担にならないよう間取りや生活動線についても相談しておきましょう。

高齢者施設経営

高齢者施設経営は、高齢者向け施設を建設して介護事業者に貸し出し、賃料収入を得る方法が一般的です。

高齢者施設経営を考える場合は、工務店やハウスメーカー、建設会社が主な相談先となります。

高齢者施設経営は、自治体によっては補助金を受けて建設できるケースがあり、社会貢献度も高く、今後も需要が見込まれる土地活用方法です。

高齢者施設経営に適した土地はサービス内容によって変わりますが、グループホームや、介護付有料老人ホームであれば、利便性が高くない地域でも充分に建設可能です。

一方、自立度の高い方が利用するサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)では、賃貸アパートや賃貸マンションのように便利な地域が適しています。

高齢者施設経営には、廊下の幅や洗面設備などの規定があるため、200~300坪以上、建物の延べ床面積400~600坪以上が目安となり、まとまった広い土地が必要になりますが、小規模な施設であれば100坪程度からでも可能なケースもあります

介護保険を適用できる場合は、賃貸住宅経営よりも高い収益性や利回りを期待できるケースもありますが、初期投資額が大きいので長期的な収益シュミレーションも相談しておきましょう。

建物を建てないで収益化する場合

土地活用では、建物を建てないで収益化する方法もあります。

アパートやマンション経営に比べると初期投資額を抑えて運用できることや、賃貸ニーズのない立地でも収益化できるメリットがあります。

ここでは、建物を建てないで収益化する方法を2パターン紹介します。

駐車場経営

駐車場経営は、土地を整備し駐車場を作りその利用料金を収益にする土地の活用方法で、月極駐車場とコインパーキングの2つの種類があります。

駐車場経営を考える場合は、駐車場経営に特化した専門会社や不動産会社が主な相談先となります。

月極駐車場の料金は、都心であれば1台あたり15,000円から30,000円程度の収益が見込めます。

コインパーキングは時間単位で駐車スペースを貸し出すので、繁華街の近くなど需要があるエリアでは1時間あたり1,000円以上の料金設定も可能です。

駐車場経営に適した土地は、月極駐車場では、駐車場がないマンションやアパート周辺、駐車場を確保したい店舗やオフィスが近くにある場合はニーズがあると考えられます。

コインパーキングでは、周辺に商業施設や娯楽施設があるなど、車でアクセスする人が集中するエリアでは安定した収入を見込むことができます。

駐車場経営は、初期投資額を抑えて土地活用ができることや、用途変更がしやすいことがメリットです。

月極駐車場であれば砕石を敷きつめて区画するだけでも運営できますし、専用の機器を導入するコインパーキングであっても10台程度の規模であれば、整地と機械費用込みでも300万円~400万円程度で始められます。

また、設備の設置や運営管理を委託する一括借り上げ方式を選べば、初期投資がほとんどなく毎月一定の賃料収入を得ることができます。

一方で、マンション経営に比べると収益性は低いことや、駐車場の場合は更地と同額の固定資産税、都市計画税を支払わなければならないので、もともと住宅地だった土地を駐車場に用途変更した場合は、固定資産税は以前に比べて最大6倍も高くなる可能性があるので注意しましょう。

駐車場経営では、駐車ニーズの見極めが重要になるので駐車場に向いている土地なのかどうか相談しておきましょう。

太陽光発電投資

太陽光発電は、自身が所有している土地にソーラーパネルを設置して太陽光発電を行い、その電気を電力会社に売ることで収益を得る土地活用方法です。

太陽光発電を考える場合は、太陽光発電専門会社や不動産会社が主な相談先となります。

初期費用は、ソーラーパネルなどの設備代が主になるので規模にもよりますが数百万円程度から可能です。

太陽光発電のパネルを広げて設置するので、日当たりのよい150坪以上の土地が適しています。

太陽光発電投資は、自分で運用する自営方式の他に、所有する土地を貸して事業者が太陽光発電を行う方式があります。

太陽光発電のメリットは、一度設置してしまえば手間がかからず長期にわたって安定収入が得られることです。

また、固定価格買取制度があり事業用であれば20年間一定価格で電力を買い取ってもらえるので安定した収益を得ることができますが、固定価格は年々値下がり傾向にあるので今後の動向を含めて相談しておきましょう。

土地活用の相談をする前に準備しておくこと

土地活用では、立地や希望によってさまざまな選択肢が考えられます。

スムーズに話が進むように、事前に準備をしてから相談に行きましょう。

土地の情報が分かるものを準備する

土地活用について相談する前に、所有地の状態が分かるようにしておきましょう。

土地の立地や権利関係が分からなければ、正確なアドバイスが受けられない可能性もあります。

事前に、土地の権利書、登記簿謄本、測量図などを準備しておきましょう。

必要書類が分からなければ、相談先に尋ねて準備しておくとスムーズです。

どのように活用したいのかイメージしておく

土地活用の相談に行く前に、どのように活用していきたいのかをイメージしておきましょう。

「なるべく収益性が高い運用方法がいい」「手間をかけずに収益化したい」「いつかは売却するので暫定的に収益化したい」など土地活用の目的は人それぞれ違います。

自分自身の希望を伝えなければ、相談に行っても有効なアドバイスを得ることができない可能性があります。

どのくらいの資金を準備できるのか、将来的には土地をどうしたいのかなど考えておきましょう。

土地活用の相談先を選ぶポイント

土地活用をする場合は、相談できるパートナーの存在が必要不可欠です。

知識や経験の豊富な相談先を選ぶために、いくつかのポイントを抑えておきましょう。

実績がある会社を選ぶ

土地活用の相談先には、実績のある会社を選びましょう。

実績があるかどうかは、施工実績や取り扱い事例などから調べることができます。

実績が豊富な会社であれば、成功例はもちろん失敗例も把握しているケースが多いので、どのようにしたら成功するのかのノウハウを持っています。

土地活用の相談先を選ぶ時には、希望する活用法の実績の多い会社を選び、経営シュミレーションも相談しておきましょう。

建設後の経営プランを提示してくれる相手を選ぶ

土地活用の相談先には、活用後の経営プランを詳しく提示してくれる会社を選びましょう。

土地活用の提案を受ける場合、経営後のシュミレーションも含まれているケースが多いのですが、リスクを考慮したプラン提示をしてもらうと実際に経営した後も安心です。

例えば、賃貸経営では収益性を「利回り」で判断するのですが、この利回りにも、表面利回りと実質利回りがあり、表面利回りは管理費や税金などの経費を考慮していないので実際よりも利回りが高く表されます。

利回りの仕組みを理解して、数字に惑わされないようにしましょう。

賃貸経営では空室がリスクとなるので空室率を想定した経営計画を立てることや、リスクを見込んだ経営プランを作成してくれる相手を選ぶと安心です。

不安な場合は、ファイナンシャルプランナーなどの第三者にプランの相談をして公平な意見を求めることも検討しましょう。

疑問点やリスクを解消してくれる会社を選ぶ

土地活用の相談先を選ぶ場合は、疑問点やリスクを解消してくれる会社を選びましょう。

土地活用には、それぞれにメリットもあればデメリットやリスクもあります。

相談したときにメリット部分ばかりを強調する会社は、あまり信用できません。

例えば、賃貸経営では空室や家賃下落が大きなリスクと言われています。

賃貸ニーズのない立地にアパートを建設してしまうと、空室が発生し収益が低下してしまいます。

また、経年劣化による家賃下落を想定して資金計画を立てておかないと、大規模修繕が必要な時期に資金が底をついてしまうことも考えられます。

問題が起こってから慌てないように、事前に疑問点やリスクを把握して対策を考えてくれる相談先を選ぶようにしましょう。

口コミや評判が良い会社を選ぶ

土地活用の相談先を選ぶ場合は、口コミや評判が良い会社を選びましょう。

利用して良かったという評判や紹介などがあれば、実際の活用方法を聞くこともできるので非常に参考になります。

また、インターネットやSNSでの第三者の意見も参考程度に取り入れておくとよいでしょう。

複数の優良企業から一括提案!

【たった3分で今すぐ始められる】
土地活用を検討しているなら、厳選された優良企業に無料で一括請求ができるタウンライフ土地活用を利用してみてはいかがでしょうか?
アパートやマンションはもちろん、駐車場や医療施設、トランクルームなど様々な提案をもらうことができます。
累計112万人以上が利用した実績もあるので、安心して土地活用プランを比較検討できるのが魅力です。

土地活用で悩んだら専門家に相談しよう

土地活用には専門的な知識が必要なので、事前に専門家に相談することをおすすめします。

所有地に応じた最適な活用方法の提案はもちろん、資金計画や節税方法などを相談しておくことで不安点を解消しながら進めることができます。

土地の特性を理解して、専門家に相談しながら効果的な土地活用をしましょう。