今大注目のトランクルームの経営の知っておきたいポイントとは

近年、自宅の収納場所の不足から、都心を中心に使われていない土地の有効な利用方法の一つとしてトランクルームの経営が注目されています。

しかし、経営をしていくにあたり、何も知らずに初めてしてしまうと大きな失敗に繋がってしまう可能性があります。

そこで今回は、トランクルームの経営をしていくにあたってのポイントやメリット・デメリットについて解説します。

あなたに適した土地活用プランが無料で請求

【最大7社に無料でプラン請求】
土地活用を検討するなら最大収益プランが簡単に見つかるHOME4Uの土地活用をご利用ください。土地の節税対策や資産運用による副収入をご検討ならおすすめです。
㈱NTTデータ・スマートソーシングが運営する信頼と安心感、国内最大級1,000万人利用の実績のある土地活用プラン提供サービスです。

トランクルーム経営とは

トランクルーム経営とは

トランクルームの経営とは、利用者が自宅などに置けなくなったものを保管するためのスペースとして、トランクルームを設置して、利用料金を支払ってもらうビジネスです。

基本的にスタッフが現場に待機するような経営とは違うので、比較的にコストをかけずに運営することができるということで、現在注目されています。

トランクルームの種類とそれぞれのメリットとデメリットは?

トランクルームには屋内に設置するものと屋外に設置するものの2種類に分かれます。

これらはそれぞれメリットとデメリットが存在しており、トランクルームの経営をする際には、それらの違いをしっかりと理解しておくことが重要です。

屋内型

屋内型は、室内にトランクルームを設置します。

そのため温度や湿度を管理しやすく、多様なニーズに対応することが可能です。

しかし、新しく建物を建てるということになるので、初期投資に大きな予算が必要となります。

屋外型

屋外型のトランクルームは、多くの場合がコンテナを設置するだけで場所を作ることができるため、初期投資が少なくすぐに営業をスタートすることができます。

最近ではバイクなどの小型自動車の保管場所として、トランクルームを利用する人も増えています。

一方で、野外ということで湿度や温度の調整が困難となり、湿気やすいものや虫食いの不安があるものは入れることができないなど、中に入れるものによっては保管が難しくなる可能性もあります。

トランクルームの運営方法

トランクルームの運営方法

トランクルームの運営方法にはいくつかの種類があります。

選ぶ運営方法を間違えてしまうと、それだけデメリットを多く感じる事になってしまうので、土地や顧客のニーズなど、自分に合った運営方法を選びましょう。

事業用定期借地方式

事業用定期借地方式とは、トランクルームを運営している会社に土地を貸す「賃貸借契約」を結ぶ方法です。

一定期間の利用料金を得ることができるので、土地活用を簡単に行いたいという方にはおすすめの方法です。

しかし、土地の利用料金しか得ることが出来ないので利用者がどんなに増えても収入には変化がありません。

リースバック方式

トランクルーム運営で一番多い方法が、一括借り上げ方式とも呼ばれている「リースバック方式」です。

自分が所有しているトランクルームを専門業者に借り上げてもらう事によって、コンテナの設置費用などの初期費用以外はトランクルーム運営が管理をして、安定して収入を得る方法です。

運営にかかる面倒な手続きなども代わりに行ってもらうことができる反面、間に業者が入る事によってトランクルーム事態の金額が高くなり、利用者が集まりにくい可能性が出てきます。

多少収入は減ってもリスクを少なくしたいという方におすすめの方法です。

業務委託方式

業務委託方式は、最低限の仕事のみを委託してそれ以外を自分自身で行う運営方法です。

そのため、業者に支払う料金を抑えることができます。

そのため、収入を一番得やすいというメリットがありますが、何か問題が起きてしまった場合は自分自身で対応しなければいけないというデメリットがあります。

事業として自分自身でしっかり運営していきたいという方におすすめの方法です。

トランクルーム経営が人気の理由

トランクルームの経営は現在ビジネスとして儲かりやすい市場となっています。その理由はいろいろあります。

トランクルームのメリットは?

日本では一世帯で生活を行う「核家族世帯」の生活が増えています。

最近では、都内は勿論郊外にも多くのマンションが建設され、昔に比べて小さな土地に一軒家を建設する家族も減っています。

自分達の生活に合ったサイズの住宅に住むことによって、家事の負担が減りより住みやすい家庭を手にすることができるようになりました。

しかし、その分収納をするスペースが減少し、収納場所として自宅以外のトランクルームが注目されました。

トランクルームを契約することによって、必要な収納スペースを確保することができます。

安定的な経営

トランクルームを利用する目的は様々であり、こたつや扇風機などのシーズンごとに使い分ける家電や、捨てたくはないけれど場所を取ってしまう本や思い出の品いろいろな物を保管します。

中には家の建て替えや一時的な保管場所として、トランクルームを短期利用する人もいますが、多くの人は一度契約すると短期化で解約する人は少なく、比較的長期間契約する人が多いため、安定した収入を見込めます。

同じ土地利用として、賃貸アパートやマンション経営もありますが、初期費用がとても高く、始めるには敷居が高い点に比べて、入れ替わりが比較的少なく、安定した収入が見込めるトランクルームはおすすめです。

トランクルーム経営のデメリットは?

トランクルーム経営のデメリットは?

メリットばかりが注目されがちなトランクルームの経営ですが、勿論メリットだけではありません。

デメリットを知る事こそが、トランクルームの経営を成功させるためには非常に大事なポイントとなります。

そのためここからはトランクルームの経営で忘れてはいけないデメリットについてご紹介します。

料金設定が難しい

トランクルームの料金は、地域によって異なり、土地の値段を考えると、平均的に都心部のほうが郊外よりも高額になる傾向があります。

また、トランクルームは現在多くの地域で利用されており、自分が経営するトランクルームの近くに他のトランクルームがある事も珍しくはありません。

その場合、そこと同じ料金設定をしたからといって利用者が増えるというわけではありません。

例えば近所のトランクルームに空きが多ければ、それは利用者のニーズに合っていないという事なるため、そもそもそこの地域でトランクルームを経営すること自体が間違っています。

一見簡単そうに見えるトランクルームの料金設定も、難しいポイントが多々あり、慎重になる必要があります。

まずは周りがトランクルームを利用するような地域であるか、近くにトランクルームがあり、利用者のニーズがどのくらいあるのかしっかり調査をしましょう。

設備投資が必要

トランクルームの運営状況にもよりますが、もし倉庫事業者となって運営を行う場合には、もし不備が起きてしまった場合にはその責任を取らなければなりません。

例えば、盗難や災害によって、預かっている物に万が一のことがあった場合、補償しなければなりません。

そういったトラブルが起こってしまった場合でも、正しく設備投資を行い日々的確に管理をすることが出来ていることが認められれば、比較的トラブルにならずに解決することができます。

しかし、もし管理形態がずさんな運営が露呈すれば、保証問題だけではなく、他のお客さんからの信用も失い利用者が激減する可能性もあります。

そうならないようにするためには正しい設備投資が必要であり、それにはある程度の資金が必要となります。

また、資金に付随するのが融資です。その土地の資産価値にもよりますが、トランクルーム経営は賃貸経営と比べて融資を受けにくいのが特徴です。

そのため、はじめから融資を受ける前提でトランクルーム運営を始めようと考えている人は考えを改めましょう。

集客に時間がかかる

今でこそ都心などの大きな都市ではトランクルームの活用が当たり前になりつつありますが、郊外に出るとまだまだ認知度が低い地域もあります。

そのため、新しいトランクルームを設置したとしても、なかなかお客さんが付かない場合があります。

トランクルームは一度利用を始めると比較的長期間利用してもらうことができることがメリットですが、その反面、お客さんが付かず空いている期間が長くなればなるほど、その間の利用賃金を得ることができなくなってしまいます。

つまり、集客に時間がかかればかかるほど維持費などの経費がかさみ、赤字になってしまいます。

速く集客をするためには、宣伝をする必要があります。

広告やインターネットを活用するなど方法は様々です。時間がたっぷりある人にとってはそれほど大きなデメリットではないかもしれません。

ですが一方で、効率よく土地活用をしたい人にとっては面倒が増え大きなデメリットとなるでしょう。

専門業者選びが難しい

いくらトランクルームを利用する方が増えているとはいっても、考えなしに置いて利益を出すことができるほど経営は簡単なものではありません。

そのため、多くの場合は、自分ですべて行わず、リースバック方式など、運営を専門業者に任せますが、月額費用を重視していたり、室内の調整、警備を重視していたりと、専門業者も様々です。

もしかしたらその業者にとっていいように言われているだけなんて事もあるかもしれず、一つの業者に相談することは避けましょう。

まずは複数の専門業者に連絡を取り、自分が考えている土地で本当にトランクルームの経営ができるかどうか、顧客のニーズに応えることができるのか、相談をしてみましょう。

あなたにとって最適な土地活用プランが無料もらえる!

【最大7社に無料でプラン請求】
土地活用を検討するなら最大収益プランが簡単に見つかるHOME4Uの土地活用プラン請求がおすすめです。
信頼感があるNTTグループの㈱NTTデータ・スマートソーシングが運営する国内最大級1,000万人利用の実績のある土地活用プラン提供サービスです。
土地の節税対策はもちろん、資産運用による副収入を最大化することができます。

まとめ

今回はトランクルーム経営のメリット・デメリットについて詳しく説明しました。

顧客のニーズに応えることができれば、トランクルームの経営は人件費も抑えることができる、始めやすい近年注目されているビジネスの一つです。

そのため、軽い気持ちで始めようと思う人も多いですが、メリットだけではなく、デメリットにも目を向けて、必ず複数の専門業者に相談をするようにしましょう。

うまく軌道に乗れば、そこまで苦労せずに安定した収入を得ることができるので、ぜひ検討してはいかがでしょうか。