不動産投資型クラウドファンディングおすすめ12選|選び方も徹底解説!

「不動産投資型クラウドファンディングってどんなもの?」

「少額でも利益を得られるのか?」

不動産投資よりも着手しやすい不動産投資型クラウドファンディングに少なからず興味を持っている方もいるのではないでしょうか。

不動産投資型クラウドファンディングは初心者でも手軽に始められますが、期待通りの利益を得るには押さえておくべきポイントがあります。

本記事では、不動産投資型クラウドファンディングのメリットやデメリット、始める際のポイントについて詳しくご紹介します。

簡単な少額の不動産投資なら!

【投資家を保護する様々な仕組みあり】
不動産投資が気になるなら、COZUCHI(コヅチ)から始めてみてはいかがでしょうか。1口1万円から不動産投資を始められる不動産クラウドファンディングであり、優先劣後構造など、投資家にローリスクを提供する仕組みを多数用意しています。投資期間中であっても事務手数料3%〜5.5%を支払えばいつでも換金できるため、リスクが少ない不動産投資を少額で始めたい人におすすめです。

不動産投資型クラウドファンディング選びのポイント3つ

不動産

不動産投資型クラウドファンディングでの資産運用に成功するには、選び方が重要です。

スムーズに投資案件を見つけて利益を出せるよう、以下のポイントを押さえましょう。

  1. 案件数・不動産の種類に着目する
  2. 不動産の情報量に着目する
  3. 運営会社の信頼性を重視する

では上記3つについて詳しく解説します。

案件数・不動産の種類に着目する

不動産投資型クラウドファンディング選びでは、案件数・不動産の種類に着目することが大切です。

案件数・不動産の種類が多いほど、投資のチャンスが増えるためです。

案件数が少ないと、「登録してもなかなか投資できない」という状況になります。

また、不動産投資型クラウドファンディングの案件に対して応募が殺到した場合、抽選もしくは先着により、投資の可否が決まります。

登録したサイトによってはなかなか当選せず、思うように投資できない可能性もあるでしょう。

案件数・不動産の種類が多いクラウドファンディングに登録したとしても、投資のチャンスが不十分と感じる場合は、複数の不動産投資型クラウドファンディングに登録するのも手段です。

不動産投資型クラウドファンディングに登録する際は、案件数が多いのか、不動産の種類が豊富なのかをチェックしましょう。

不動産の情報量に着目する

不動産の情報量は、投資する案件を決める際に重要です。

不動産の情報量が多い方が、投資の妥当性を判断しやすいためです。

たとえば、以下の情報は不動産投資をする上で重要な要素となりますので、あらかじめ確認しておきましょう。

  • 住所
  • 築年数
  • 構造
  • 周辺環境
  • 価格
  • 空室率
  • 想定家賃

必要な物件情報を提供している不動産投資型クラウドファンディングを選ぶことで、物件の価値を正確に把握できます。

また、不動産の情報収集では受け身ではなく、現地へ確認に行くなど能動的に動くことが大切です。

「現地に見学に行ったら、駅から近く利便性が高いことが分かった」「周辺家賃と比較したら割高であることに気づいた」など、能動的な情報収集により有用な情報が得られることがあります。

不動産投資型クラウドファンディングを選ぶ際は、知りたい情報をスムーズに把握できるかのか確認しましょう。

運営会社の信頼性を重視する

不動産投資型クラウドファンディング選びでは、運営会社の信頼性が重要です。

万一、運営会社に資本力がない場合、倒産などのリスクがあります。

以下のような運営会社は、信頼性が高いです。

  • 上場企業
  • 実績が多い
  • 資本金が多い
  • 創業から長年経過している

資本金や不動産投資のノウハウがあるなど力のある運営会社であれば、トラブル発生時にも対応してもらえる可能性が高いため、安心して投資できるでしょう。

複数の運営会社を比較し、どの運営会社が信頼できるのかを見極めましょう。

厳選!初心者でも始めやすい不動産ファンディング12選

不動産

不動産投資型クラウドファンディングの選び方について解説しましたが、具体的にどの運営会社を選べばよいのでしょうか。

そこで、初心者でも始めやすい不動産ファンディングを厳選してご紹介します。

不動産ファンディングを選ぶ際の参考にしてみてください。

不動産最新情報を配信中!

COZUCHI

出典:COZUCHI

「COZUCHI」は、不動産投資型のクラウドファンディングです。

優先劣後構造なので万一損失が発生したとしても、運営会社が請け負う仕組みとなっています。

そのため、リスクが低く、初心者であっても手軽に投資できるでしょう。

元本が保証されるわけではないのものの、1万円からと少額投資が可能なので、予算の範囲内で資産運用したい方にぴったりです。

また、いつでも換金できるのも使いやすさのポイントです。

投資期間中に現金が必要になった場合、換金申請に対応しているので、安心感があるでしょう。

さらに、「COZUCHI」は10年以上にわたり約9億円を資産運用しており、一度も元本毀損・配当遅延していないという実績があります。

安定な資産運用ができている背景には、ローンリスクが大きいものに対する対策を行うなどの工夫があります。

たとえば、「リーシングリスクが大きい場合はマスターリースを締結する」などのリスクマネジメント対策を行っているのです。

そして、物件の家賃収入・売却時の価格などをしっかり吟味した上で運用しているので、高い利回りを実現しています。

「COZUCHI」はリスクを抑えてハイリターンを期待できる人気の不動産投資型のクラウドファンディングです。

利回り不動産

出典:利回り不動産

「利回り不動産」は、不動産開発・不動産仲介・不動産賃貸などを手掛ける株式会社ワイズホールディングスが運営しています。

不動産投資のプロとして必要な情報を提供してくれるので、納得した上で投資できます。

不動産投資をする際に気になるのは空室リスクですが、満室保障のマスターリース契約を行っているので安心です。

また、分配金は賃料収入から支払われる仕組みとなっており、市況にそれほど影響されません。

なお、1口1万円から投資できるので、初めて不動産投資をする方にもおすすめです。

運用期間中にお金を動かすことはできないものの、運用期間は比較的短く投資しやすいでしょう。

利回りが約7%と高めであり、成果を得やすいのも魅力の1つです。

万一、資産運用がうまくいかずに損失が発生した場合でも安心です。

優先劣後出資なので、不動産売却損失などが発生したとしても投資家側の負担にはなりません。

さらに、株式会社ワイズホールディングスが運営するワンズコインを利用した投資ができます。

投資額などに応じてコインがたまり、1コイン1円として活用できます。

初心者でも資産運用しやすい不動産投資型クラウドファンディングなので、ぜひチェックしてみてください。

property+

property+

出典:property+

東証プライム上場企業の飯田グループホールディングスのグループ会社である株式会社リビングコーポレーションが運営する不動産クラウドファンディング投資サービスです。

上場企業である信頼感はもちろん、長年不動産業界で培ってきた経験を生かし、お客様により安心安全な不動産投資サービスを提供できます。

1万円台から始められるのと、運用期間が1年間ほどの案件も多いため、まずは不動産投資の感覚をつかめるのもおすすめです。

また、不動産投資で最も恐れられるといっても過言ではない「空き室」のリスク対策として、マスターリース契約によって家賃保証される案件もあり、安定的な収入を確保できます。

さらに、優先劣後出資の仕組みによって、property+事業者自身は劣後出資として、損失が出る場合はまずproperty+側が負担してくれます。

初心者でも安心で投資できるproperty+を、ぜひ登録してみてください。

FUNDROP

出典:FUNDROP

「FUNDROP」は、不動産投資型クラウドファンディングやアセットマネジメント事業などを手掛ける「ONE DROP INVESTMENT 株式会社」が運営しています。

不動産投資のノウハウを持っているので安心して任せられます。

オンライン本人認証(eKYC)を導入した本人確認を行っており、5分程度で登録が完了するので、面倒な手続きは必要ありません。

1万円からの投資ができることもあり、「資産運用できるか分からない」という不動産投資初心者の方でも安心です。

また、「優先劣後構造」を採用し、劣後出資割合分までの損失分は運営会社が負担する仕組みになっているので、投資家側のリスクは少ないでしょう。

そして、募集方式が先着順になっているのも特徴の一つです。

希望の案件があったとしても出遅れると募集できなくなる可能性があるので注意が必要です。

資金拘束期間が気になる方もいますが、短期運用に対応しているので利用しやすいでしょう。

投資先は景気の影響を受けにくい居住用マンションとなっており、十分収益を期待できます。

初心者でも成果を出しやすい不動産投資型クラウドファンディングなので、検討してみてください。

えんfunding


出典:えんfunding

「えんfunding」は30年の実績がある「株式会社えんホールディングス」が運営しています。

不動産管理や運用のノウハウを持っており、資産運用をサポートしてくれます。

対象とするのは、人気の高いデザイナーズマンションが中心です。

プロが厳選している不動産で人気が高く、安定した資産運用を行っています。

また、不動産投資型クラウドファンディングを通して、不動産投資の知識をつけたい方にもおすすめです。

適宜不動産投資の体験レポートが提供されるので、続けることで知識をつけられるでしょう。

運用状況は適宜スマートフォンから確認できます。

もちろん、専門知識がない方でも手軽に取り組めるようになっています。

不動産投資は1口1万円からと少額で始められますし、運営費などの追加費用は発生しないので安心です。

ただし、出資金の元本保証はされないですし、運用期間中の途中解約には対応していないので余剰資金で運用しましょう。

とはいえ、優先劣後システムを採用するなど、安心して利用できる仕組みを整えています。

リスクを抑えて不動産投資を体験したい方におすすめです。

大家 どっとこむ


出典:大家 どっとこむ

「大家 どっとこむ」は、20年以上の不動産事業実績のある株式会社グローベルスが運営しています。

資本力や不動産投資のノウハウを活かした運営を行っており、収益を得やすい不動産への投資機会を提供しています。

運営会社の信頼度が高いというのは、投資家にとって重要なポイントとなるでしょう。

「誰でも簡単に大家になれる」というコンセプトで1口1万円から可能なので、無理なく投資できます。

元本保証はないですが元本割れのリスクは少ないですし、優先劣後構造なので安心です。

また、利回りが4%~7%と高くなっており、低金利状況の時期はとくに魅力的に感じるでしょう。

価格変動はないですし運用中は資金運用を任せられるので、忙しい方でも負担になりません。

ただし、一度投資すると途中で解約できないので、急に資金が必要になった場合に不便に感じるケースがあるでしょう。

余剰資金の範囲内で手軽に資産運用したい方におすすめです。

A funding


出典:A funding

「A funding」は、上場会社である株式会社アンビション DX ホールディングスが運用しています。

無料で口座開設するなど安い経費で不動産投資でき、初心者の方にもおすすめです。

1口1万円からと少額投資に対応しているので、大きな損失が発生するリスクは少ないでしょう。

また、不動産投資をする際に重要なのは、投資すべきか判断するための情報収集です。

「A funding」は不動産自体の情報提供はもちろん、資産運用に関する情報開示も行っています。

不動産はプロが厳選していますし、不動産の管理・運用のノウハウも持っています。

専門的な知識がなくても、安心して任せられるのが魅力です。

比較的歴史が浅いので案件数は少なめで、投資のチャンスをなかなか得られない場合もありますが、今後新規案件が多数追加される可能性は十分あるでしょう。

利回りは5%程度であり、少額で短期運用からスタートでき、ローリスクローリターンです。

安全性重視の方におすすめなので、チェックしてみてください

CREAL(クリアル)


出典:CREAL(クリアル)

CREAL(クリアル)は、資本力の高い「クリアル株式会社」が運営しています。

資産価値の高い物件を厳選して運用しているので、これまで配当遅延や元本割れはなく、高い実績があります。

運用資産残高は3年連続No.1であり、安心できる運営会社です。

投資すべきか判断するには物件情報収集が重要ですが、詳細な情報開示を行っているので納得した上で投資できるでしょう。

また、独自案件を多数保有しており、物件情報のみならず周辺環境の情報も提供しているので、幅広い案件に着手できます。

優待ファンドも含まれており、ホテルなどの割引クーポンをゲットできる案件もあります。

人気案件が多いので、定期的にチェックし、タイミングを逃さないようにする必要があるでしょう。

配当は賃料収入をもとに行っており安定していますし、万一損失が出た場合も運営会社が負担する仕組みとなっています。

なお、運用期間は比較的短く数ヶ月単位の案件が多いので、長期的な計画を立てる必要がなく、初心者の方でも着手しやすいです。

高い実績と資本力のある不動産投資型クラウドファンディングなので、利用を検討してみるとよいでしょう。

OwnersBook


出典:OwnersBook

「OwnersBook」は、総合不動産会社であるロードスターキャピタル株式会社により運用されています。

不動産特化型クラウドファンディングに関する市場調査において、「累計募集額」「信頼度」「支持率」でNo.1という実績があるのが信頼性の高さのポイントです。

1万円からの少額投資ができるので手軽に始められますし、少額ずつ複数の案件に投資するという手段もあります。

比較的利回りの高い案件が多いですし、投資後の運用の手間もかからないので、手軽に資金運用できるでしょう。

また、Ownersbook独自のサービスとして「SNS」があり、会員同士で交流することができます。

やり取りの中で情報共有や不動産投資について学ぶ機会を得られるでしょう。

なお、募集方法は先着方式が採用されているので、タイミングを逃すと人気の案件に出資することができません。

一度投資すると運用期間終了まで解約・現金への換金ができないので、慎重に案件を選びましょう。

信頼度の高い不動産投資型クラウドファンディングなので、初心者の方にもおすすめです。

Crowd Realty


出典:Crowd Realty

「Crowd Realty」は株式会社クラウドリアルティが運営しており、国内・海外の様々な案件を提供しています。

メガバンクや大手企業からの資金調達を行うなど財源基盤が確立されており、安定した資金運用を実現しています。

投資する際は情報収集が重要になるので、納得して投資案件を決められるよう、不動産の立地条件や運営会社、想定利回りなど詳細な情報提供を行っています。

ただし、最低投資金額が1口当たり5万円と高めであり、案件によっては出資口数が大きいケースもあり、投資に踏み切れない方もいるでしょう。

また、運用期間は長めであり、案件によっては数年単位となっています。

運用期間中の解約には対応していないので、緊急でお金が必要になった場合に困るケースがあるでしょう。

余剰資金で投資を行うのがおすすめです。

なお、「Crowd Realty」を利用すると会員限定のイベントへ参加できますし、様々なコンテンツを閲覧できるようになります。

「Crowd Realty」は他の不動産投資型クラウドファンディングと比較し最低投資金額が高く、運用期間が長めなので、資金が十分にありハイリターンを期待したい方におすすめです。

Rimple


出典:Rimple

「Rimple」は上場企業であるプロパティエージェント株式会社が運営しており、「リアルエステートコイン」というサービスを利用できるのが特徴です。

「リアルエステートコイン」では1コイン1円として使用できますし、他社サービスのポイントを交換することも可能です。

ポイントがたまっていれば現金を使用することなく不動産投資できます。

1口1万円から出資できますし、運用期間は6ヶ月程度と短めなので、初心者でも参入しやすいです。

投資後の運用は任せられるので、専門知識がなくても問題ありません。

投資のリスクを懸念する人もいますが、優先劣後方式で元本割れのリスクを軽減しているのも魅力の1つです。

ただし、投資後は満期まで途中解約できないので、予算の範囲内で運用する必要があるでしょう。

なお、「Rimple」は不動産業界での実績は豊富ですが、不動産投資型クラウドファンディングとしての歴史は浅いので運用実績は今後確認していく必要があります。

少額投資に対応しており他社のポイントを利用可能など、手軽に着手できる不動産投資型クラウドファンディングです。

利回りくん


出典:利回りくん

「利回りくん」は株式会社シーラが運営している不動産投資型クラウドファンディングです。

社会貢献や誰かの夢の応援をコンセプトとしているのが特徴です。

投資案件については厳選した審査を行っており、安全な資産運用を実現しています。

1口1万円から投資できますし、中途解約にも対応しているので、安心感があるのが魅力です。

また、優先劣後方式で投資家に損害が発生しないよう、安全性重視のシステムとなっています。

不動産投資をする際の悩みとなるのが投資案件選びですが、利回りくんは著名人とのコラボプロジェクトを行っており、信頼できる案件を見つけやすいです。

さらに、出資者特典があり、お得に投資できるのが人気の秘密です。

ただし、1人当たりの応募口数には限りがあるので、高額投資したい方は満足できない可能性があるでしょう。

なお、取り扱いは不動産投資案件のみなので、市況の影響を受ける可能性があります。

応援型不動産クラウドファンディングに興味がある方は、チェックしてみるとよいでしょう。

不動産投資型クラウドファンディングとは?

不動産

不動産投資型クラウドファンディングとは、不動産をまるごと購入するのではなく、複数人で小口化して投資することです。

通常の不動産と異なり、以下のメリットがあります。

  • 少額から投資できるのでリスクが低い
  • 手続きに手間がかからない
  • 不動産の管理が不要

通常の不動産投資よりも投資額が少なくリスクが低いですし、不動産管理などに自信がない場合も安心です。

ただし、元本は保証されていないので、無理のない予算内で資金運用を行いましょう。

迷いがちな初心者におすすめ!

【簡単30秒で気軽に無料相談】
不動産投資会社探しで迷っているのであれば、イエベスト不動産投資を利用してみてはいかがでしょうか?
セミナー参加やユーザーインタビューを通して見つけた100社以上の優良不動産会社から、あなたに合っている会社を厳選してくれます。
複数社を完全無料で一括比較でき、不動産投資の経験がある専任コンシェルジュに相談できるのも魅力です。

信頼できるサービスを選んで不動産投資型クラウドファンディングを始めよう

いかがでしたでしょうか。

不動産投資型クラウドファンディングで利益を出すには、信頼できるサービスを選ぶことが大切です。

以下の点に着目して選ぶと、初心者であっても資産運用に成功できるでしょう。

  • 案件数・案件内容
  • 最低投資金額
  • 投資案件に関する情報提供
  • 優先劣後方式やマスターリース契約などの安全性対策
  • 運営会社の信頼性

様々な観点から投資に着手しやすい不動産投資型クラウドファンディングを選び、資産運用にチャレンジしましょう。