不動産投資の初心者必見!始め方や必要な元手・知識を分かりやすく解説

「不動産投資は初心者でもできるの?」

「不動産投資に興味があるけれど始め方が分からない」

不動産投資を検討している方の中には、未知の世界で、漠然とした不安を感じている方もいるのではないでしょうか。

不動産投資は成功すれば利益を得ることができますが、準備が不十分な場合は大きな損失につながる可能性があります。

不動産投資に成功するには、正しい知識を持って慎重に進めることが大切です。

本記事では、不動産投資の初心者が知るべきことである、始めるのに必要な元手や成功のポイントについて詳しく解説します。

それ以外にも、よくある失敗や不動産投資を始める流れについてもまとめています。

最後に不動産投資の初心者が疑問に思う点をQ&A形式でまとめているので、ぜひチェックしてください!

関東地方の高収益物件なら!

【専門家による資産形成計画もあり】
関東地方で高収益な不動産投資に取り組みたいなら、武蔵コーポレーション株式会社に相談することをおすすめします。不動産投資家や金融機関の出身者など業界に精通した専門家が、あなたにあった資産形成計画を一緒に考えてくれます。中古の価値を高めた再生物件シリーズ「ReBreath」は、満室状態で購入でき、建物保証もついているため、魅力的です。キャッシュフローをプラスにしながら節税もできるため、リスクヘッジの資産形成を真剣に考えている人におすすめです。

不動産投資は元手いくらから始められる?

不動産

不動産投資を始める際に気になる点は、元手いくらから始められるのかという点ですよね。

投資案件によって、必要な元手は異なります。

ここでは、比較的少額から投資できる不動産投資の元手について解説します。

不動産クラウドファンディング

不動産クラウドファンディングは、運営会社が不動産投資家から少額ずつ資金を集めて不動産運営を行います。

投資金額の上限と下限は案件により異なりますが、元出1万円からと、少額で始められる案件が多いです。

また不動産クラウドファンディングは、投資期間が短めなので長期運用する必要がなく、初心者の方でも着手しやすいでしょう。

ただし、投資上限があるので大きな利益を得にくいですし、元本割れのリスクを伴います。

なお、中途解約ができない場合もありますので、余剰資金で始める必要があります。

リスクが比較的小さく、手軽に始められるので、不動産投資を体験してみたい方におすすめです。

不動産投資型クラウドファンディングのおすすめや選び方について詳しく知りたい方は、下記記事も参考にしてください!

REIT(不動産投資信託)

REIT(不動産投資信託)は、不動産に投資する投資信託です。

不動産会社は証券会社を通じて資金調達を行い、不動産を運用します。

基本的に不動産会社が運用を行うので、投資家側に専門知識が無くても気軽に投資できます。

投資家は通常、5万円程度の少額から投資が可能であり、運用収益は投資家に分配されます。

利回りが3~4%と比較的高くなっており、手軽に稼ぎたい方におすすめです。

必要なときに売却できるのも、着手しやすさのポイントでしょう。

ただし、価格変動が他の不動産投資より大きい点には注意が必要です。

マンションの区分所有

マンションの区分所有では、マンションの1室のみを購入して運用します。

不動産1棟まるごと購入するよりも投資金額を抑えられます。

必要な元手は数百万円であり、ローンを組んで投資するケースが多いです。

マンションの区分所有の場合、入居者からの家賃収入が主な利益になり、必要に応じて売却することも可能です。

ただし、空室になると収入が途絶えるリスクがありますし、1室のみなので大きな収入を得られるわけではありません。

空室リスクを考慮し、投資すべきか判断する必要があるでしょう。

不動産小口化商品

不動産小口化商品は、不動産を小口に分割し、少額ずつ投資する仕組みになっています。

不動産を管理・運用するのは管理会社であり、得られた利益と不動産の所有権は投資家に分配されます。

1口数百万円程度の投資金額となる案件が多く、高額物件であっても所有権を獲得できますし、売却も可能です。

ただし、不動産小口化商品への投資では金融機関の融資を受けられないので、100%自己資金で投資する必要があります。

そのため、余剰資金がないと投資に着手するのが難しいでしょう。

また、案件数は少なめなので、希望物件が見つからない可能性もあります。

なお、管理会社への手数料を支払う必要もありますので、総合的に収益を得られるか十分検討する必要があるでしょう。

格安物件の購入

格安物件であれば、100万円程度の費用で購入できます。

購入金額が安いので100%自己資金で購入する人もいますし、ローンを組んだ場合も短期間で完済できるでしょう。

格安物件を購入し、リフォーム後に売却して利益を得るという手段もあります。

ただし、格安物件の数が少ないですしライバルも多いので、購入のハードルが高いです。

また、物件によっては空室リスクが高いなど、思うように利益を得られない可能性もあるでしょう。

少額でできる不動産投資に関しては、以下の記事も参考にしてみてください。

初心者が不動産投資を成功する5つのポイントとは?

不動産

初心者の方が不動産投資をする際は、少なからず不安がありますよね。

不動産投資に成功するには、基本的な知識をしっかり身につけ、正しい判断をすることが大切です。

ここでは、初心者が不動産投資を成功する5つのポイントについて解説します。

投資に関する知識をつける

初心者が不動産投資する際は、投資に関する知識をつけることが大切です。

不動産投資に関する知識がないまま投資に着手すると、思わぬ失敗につながる可能性があるためです。

たとえば、以下のような知識を身に着けておくとよいでしょう。

  • 不動産投資の仕組み
  • 不動産投資に必要な費用
  • 初期投資がいくらぐらい必要なのか
  • 投資物件の選び方
  • 投資のリスク
  • 運用のポイント

必要な知識をつけておくことで、物件選びや運用など重要な決断をする際に正しい判断ができ、成功につながります。

不動産投資に関する知識をつけるには、不動産投資関連のセミナーへの参加、書籍の利用、不動産関連業者からの情報収集など方法があります。

不動産投資に興味がある方は、不動産投資に関する必要な知識を習得しましょう。

不動産の役立ち情報を配信中!

リスクが低い不動産を選ぶ

不動産投資の最初のステップは、不動産選びです。

初心者の方はリスクの低い不動産を選ぶのがおすすめです。

というのも、不動産投資では「空室で収入がなくなる」など様々なリスクがありますが、初心者の方が全てのリスクを把握した上で投資を実行するのは難易度が高いでしょう。

知識や経験不足で思わぬトラブルが発生する可能性があります。

たとえば、「1万円から投資できる不動産クラウドファンディング」など少額から始められる投資案件を選ぶことで、リスクを抑えて資金運用できるでしょう。

初心者の方は、まずは不動産クラウドファンディングで少額投資を行い、実際に経験してみるのはいかがでしょうか。

また、不動産投資のリスクが気になる方は、以下の記事も参考にしてみてください。

入念な情報収集を行う

不動産投資に成功するには、入念な情報収集が必要です。

とくに投資物件や案件を選ぶ際は、正しい情報を得て、長期的な安定収入が得られるか見極める必要があります。

たとえば、以下のような情報は物件選びにおいて重要な要素です。

  • 不動産に空室になる要素がないか
  • 信頼できる不動産会社か
  • 無理なく長期運用できる物件か
  • 修繕費など長期的に出費が必要となる事情が無いか
  • 月々の返済額は無理のない範囲になっているか

ただし、初心者は自力での情報収集が難しく、不十分な情報で投資案件を決めて失敗したり途中で挫折したりする可能性があります。

「長年の実績がある」「資本力が高い」など、信頼できる不動産会社を見極め、情報提供を依頼するのも手段です。

不動産投資を実践する際は、情報収集を怠らないようにしましょう。

収支計画を立てる

不動産投資をする際は、収支計画を立てることが大切です。

不動産は投資後の運用が重要であり、計画性がない状態で投資すると、長期的に安定収入を得ることができないのです。

たとえば、以下のような観点から収支計画を立てましょう。

  • 家賃下落に伴う収入の減少
  • 物価上昇の可能性
  • 空室率
  • 不動産の修繕費用
  • 維持費・管理費

不動産投資後は、維持・管理が必要になりますので、修繕費用などを確保しなければなりません。

収支計画が明確になっていれば、資金のやりくりをスムーズにできるでしょう。

長期間安定した収入を得られるよう、しっかり収支計画を立てておきましょう。

頭金をなるべく多く用意する

不動産投資では、頭金をなるべく多く用意すると安心です。

というのも、ローンに頼りすぎると、金利上昇により支払い額が増えるリスクがあるのです。

自己資金の割合が多ければ、借り入れ期間が短くなるので、金利の影響を避けられます。

また、頭金を多く用意することで、ローン審査にも通りやすくなります。

少なくとも、物件価格の15~30%の自己資金を準備しておきましょう。

もっと詳しく不動産投資の成功率やポイントについて知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

不動産投資を始める流れとは

不動産

初心者の方は、不動産投資の流れをイメージしにくいでしょう。

不動産投資の一連の流れを把握しておくと、どのようなステップを踏めばよいか分かるのでスムーズです。

ここでは、不動産投資を始める流れについて解説します。

不動産投資会社を探す

不動産投資を始める最初のステップは、不動産投資会社を探すことです。

信頼できる不動産投資会社から不動産を購入することが、成功のポイントです。

以下のような情報が不動産投資会社の質を把握する際のヒントになるので、チェックしておきましょう。

  • これまでの業績や実績
  • 資本力
  • 情報提供内容
  • 口コミ・評判
  • 保有している物件数

不動産投資では、資本力や実績があるなど信頼できる要素があり、正しい情報を提供してくれる不動産投資会社を選ぶことが大切です。

不動産投資会社のおすすめについて詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

物件を選択する

不動産投資会社が決まったら、購入する物件を選択します。

購入する物件を選ぶ際は、「空室になる要素がないか」を慎重に見極めることが大切です。

たとえば、以下の項目は重要なポイントになるので、確認しておきましょう。

  • 築年数
  • 不動産の設備
  • 間取りや使いやすさ
  • 不動産の周辺環境
  • 周辺地域の人口

不動産投資における主な収益は家賃収入なので、空室リスクの高い不動産に投資すると赤字になる可能性が高いです。

「投資対象不動産の特徴」「周辺環境」などの情報収集を入念に行い、長期的に安定収入を得られるか見極める必要があるでしょう。

不動産ローンの審査を受ける

投資する物件が決まったら、不動産ローンの審査を受けます。

不動産投資は高額になるので、自己資金のみではなくローンを利用して運用することが多いのです。

不動産ローンの審査時には、以下の書類が必要になるので、あらかじめ準備しておきましょう。

  • 物件概要書
  • レントロール(賃料想定表)
  • 売買契約書
  • 重要事項説明書
  • 不動産登記簿謄本
  • 公図・建築図面等物件の資料
  • 建築確認済証
  • 写真入り身分証明書
  • 健康保険証
  • 実印、印鑑登録証明書
  • 住民票
  • 前年分の源泉徴収票や確定申告書
  • 勤務先の概要・職歴書
  • 直近3年分の納税証明書
  • 賃貸借契約書、支払通帳
  • 保有資産一覧

書類に不備があると、不動産ローンの審査をスムーズに通過できないので、入念な準備が必要です。

物件購入の手続きをする

不動産ローンの審査に通ったら、いよいよ物件購入の手続きをします。

主な流れは以下のようになっています。

  1. 買付申込書の提出
  2. 売買契約を結ぶ
  3. 金融機関と金銭消費貸借契約を結ぶ
  4. 決済・登記・引き渡し

物件購入から引き渡しまでに様々な手続きが必要になるので、スムーズに進められるようあらかじめ流れを把握しておきましょう。

不動産管理を任せる管理会社を選ぶ

不動産購入後は、不動産管理を任せる管理会社を選ぶ必要があります。

不動産投資初心者の方は、「賃料の回収」や「不動産のメンテナンス」など、不動産管理を自力でするのは難しいのです。

とくに、副業として不動産投資をする場合は管理の手間が負担になるので、管理会社に任せるのが無難でしょう。

以下の観点から、信頼できる不動産投資会社を選ぶことが大切です。

  • 不動産管理に関する業務内容
  • 管理費が妥当な金額になっているか
  • 周辺地域の詳細情報を把握しているか
  • 対応のスピード
  • 不動産管理実績
  • 管理会社までのアクセス

管理会社を利用する場合は手数料が発生するので、管理費の相場を把握し妥当性を確認しましょう。

スムーズに不動産運営を行うには、管理会社の対応力や必要な情報提供が重要になります。

業務内容や実績など総合的な観点から、不動産会社の質を見極めましょう。

実際に運用する

不動産購入や管理会社との契約が完了したら、実際に運用していきます。

すでに入居者がいる物件は不動産管理がメインになりますが、入居者がいない物件の場合は入居者募集からスタートする必要があります。

不動投資の主な収入は家賃収入なので、入居者が途切れないことが必須です。

運用においては空室にならないことを目標に、入居者募集や必要な箇所の修繕などを行っていきます。

ある程度は管理会社に任せることになりますが、長期的に安定運用するには、オーナー側も自発的な判断力が求められる場面が多々あります。

長期的な収益性を考え、不動産を運用する必要があるでしょう。

要注意!不動産投資初心者によくある失敗5選

不動産

不動産投資初心者は経験がないため、思わぬ失敗をする可能性があります。

あらかじめよくある失敗を把握しておくと、未然に防ぐことができるでしょう。

ここでは、不動産投資初心者によくある失敗を解説しますので、気になる方はチェックしてみてください。

不動産会社の情報を鵜呑みにした

初心者の方は必要な知識が不十分なため、不動産会社の情報を鵜呑みにして失敗するリスクが高いです。

不動産会社の営業マンは初心者を狙い、以下のように巧みなセールストークで投資を促してくることがあるのです。

  • 今のうちに不動産投資しておくと、年金代わりになりお得です。
  • 今なら格安物件に投資できます。
  • 若いうちに大家として資産を築くことができます。
  • 不動産投資で大幅な節税を実現できます。

不動産会社の情報を鵜呑みにして投資すると「相場以上の価格で不動産を購入してしまった」「空室が生じて家賃収入を得られなくなった」などの失敗につながります。

不動産会社の営業マンは利益を得るため、投資を促すような情報のみを提供する可能性があるのです。

不動産会社の情報のみを鵜呑みにするのではなく、十分な情報収集をした上で投資すべきか判断しましょう。

家族の同意を得られていない

初心者の方は不動産投資における家族の同意の必要性を認識しておらず、スムーズに進まないケースがあります。

というのも、不動産投資においては融資依頼時の連帯保証人や物件の管理など、家族の協力が必須となるのです。

中には、家族に反対されるために内密に投資しようとする方もいるので注意が必要です。

家族の協力を得ずに不動産運用をしなければならない状況になると、「日々の物件状況の確認が負担」「毎年の確定申告などの作業が追い付かない」など、負担になる可能性があります。

不動産運営には家族の協力が必要不可欠であることを認識し、必ず同意を取っておきましょう。

賃料低下を想定できていなかった

初心者の方は、賃料低下を想定できずに不動産投資に失敗することがあります。

不動産投資の主な収入は家賃収入なので、長期的に安定した賃料をキープすることが大切なのです。

しかし、不動産は経年劣化するので、永遠に同じ賃料を保つのは難しいでしょう。

建物が古くなっても賃料を下げなければ、今度は入居者がなかなか見つからなくなります。

あらかじめ想定して上で、収支計画を立てていれば問題ないですが、初心者の方は長期的な視点を持てていないケースが多いです。

不動産投資の段階で賃料低下の可能性があることを把握し、計画性のある投資をする必要があるでしょう。

価格にしか目を向けていなかった

価格のみの判断で不動産投資し、安定収入を得られずに赤字になったという失敗は多いです。

初心者の方は、経験や知識が不十分であり、長期的な視点を持つのが難しいためです。

格安で不動産を購入しても、入居者がいなければ収入は得られません。

価格のみで判断せず、長期的に安定した家賃収入を得られるか検討しましょう。

十分な資金がなくうまく運用できなかった

十分な資金がない状態で不動産投資し、失敗するケースがあります。

不動産運営にはある程度資金が必要であり、手元資金がないと、修繕などの緊急で必要な費用を算出できないのです。

不動産投資初心者によくある失敗は、ローンのみで不動産投資をすることです。

ローンのみを当てにして自己資金を一切使用せずに高額な不動産を購入すると、ローン返済が負担になりますし、必要な経費を賄うことができません。

「金利が上昇しローン返済の負担が大きくなった」「手元資金がなく修繕に対応できない」などのトラブルが発生するケースもあります。

十分な資金を確保した上で、不動産投資に着手するようにしましょう。

また、 不動産投資の失敗について気になる方は、以下の記事も参考にしてみてください。

不動産投資初心者が知っておきたいQ&A

不動産

最後に、不動産投資初心者が知っておきたいQ&Aをまとめました。

不動産投資を前向きに始めようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

不動産投資のメリットは?

不動産投資には以下のようなメリットがあります。

  • 定期収入が得られる
  • 節税になる
  • 老後資金になる

入居者を途切れずに確保できていれば、定期的な家賃収入を得られ、老後資金にもなるでしょう。

また、「減価償却」という仕組みで節税効果を得られます。

不動産投資のメリットとデメリットの詳細については、より詳しくまとめている記事をチェックしてください。

不動産投資のデメリットは?

不動産投資には以下のようなデメリットがあります。

  • 赤字になるリスクがある
  • 運用に負担がかかる
  • 金利上昇の影響を受ける

不動産投資をしたとしても、運営がうまくいくとは限りません。

入居者が途絶えて赤字になったり、金利上昇によりローン返済が負担になる可能性もあります。

不動産投資にはどんな種類がある?

不動産投資には大きく分けて1棟投資と区分投資があります。

1棟投資は不動産を1棟丸ごと購入することであり、購入費用は高めですが、部屋数が多く空室リスクを分散できるというメリットがあります。

一方、区分投資はマンションなどを1部屋単位で購入することです。

購入価格も管理費用も安いですが、空室リスクは高めです。

利回りって何?

利回りとは、物件価格に対する1年当たりの収益のことです。

利回りは「表面利回り」と「実質利回り」に大きく分けられます。

表面利回りは物件価格に対する現時点での家賃収入、実質利回りは購入・運営コストを考慮した上での収益を示します。

簡単な少額の不動産投資なら!

【投資家を保護する様々な仕組みあり】
不動産投資が気になるなら、COZUCHI(コヅチ)から始めてみてはいかがでしょうか。1口1万円から不動産投資を始められる不動産クラウドファンディングであり、優先劣後構造など、投資家にローリスクを提供する仕組みを多数用意しています。投資期間中であっても事務手数料3%〜5.5%を支払えばいつでも換金できるため、リスクが少ない不動産投資を少額で始めたい人におすすめです。

不動産投資の初心者は元手を準備し入念に情報収集しよう

不動産投資初心者の方は、必要な知識や情報収集が不足しているケースが多く、思わぬ失敗をしがちです。

不動産投資する際は、「不動産に関する知識をつける」「不動産投資に必要な情報収集をする」など入念な準備をした上で着手する必要があります。

また、不動産投資をするには元手が必須であり、十分な資金がない場合は長期的な運用は困難です。

なお、不動産投資初心者の方は、安全性を重視し、少額投資からスタートするのが無難でしょう。

元手の準備と入念な情報収集を行い、不動産投資にチャレンジしましょう。