不動産活用でおすすめの4つの方法!活用方法の相談先も紹介

所有する土地があるから不動産活用したいけれど、どんな方法で活用すべきかわからないと悩んでいる方はいませんか。

不動産活用方法には様々なものがありますので、自分にとって最も利益がある方法を選択したいところです。

ここではおすすめの不動産活用方法4つをご紹介します。ここを参考にあなたに合った活用方法を見つけてください。

この記事の監修者

黄 威翔/宅地建物取引士

黄 威翔/宅地建物取引士

台湾出身。日本で不動産業と出会い、一年目で宅地建物取引士を取得。 地方の不動産会社に長年勤務し、日本全国の中古不動産の売買仲介を担当。
 日本の方はもちろん、外国の方の対応経験も豊富で様々な視点から日本の不動産市場をご紹介しています。

複数の優良企業から一括提案!

【たった3分で今すぐ始められる】
土地活用を検討しているなら、厳選された優良企業に無料で一括請求ができるタウンライフ土地活用を利用してみてはいかがでしょうか?アパートやマンションはもちろん、駐車場や医療施設、トランクルームなど様々な提案をもらうことができます。 累計112万人以上が利用した実績もあるので、安心して土地活用プランを比較検討できるのが魅力です。

不動産を活用する4つの方法

不動産を活用する4つの方法

不動産を活用する方法には様々なものがあります。例えば

  • 賃貸アパート・マンション経営
  • 戸建賃貸
  • 駐車場
  • 事業用の土地
  • トランクルーム経営
  • 太陽光発電
  • コインランドリー
  • 自動販売機
  • 選択肢が多すぎるためどの方法を選べばいいかがわかりづらいです。

    ここではおすすめの4つの活用方法と方法別のメリット・デメリットを解説していきます。

    アパートやマンション、ビルを貸す

    所有する土地にアパートやマンション、ビルなどの建物を建築して貸し出す方法があります。

    アパートやマンションは入居している部屋数分の家賃収入が得られます。

    ビルの場合は法人が借りることが多いため、そちらからも毎月賃貸料が得られるでしょう。

    どんな建物を建築するかは規制の下、所有者が自由に決められます。

    その土地の周辺環境によって適した建物が変わりますので、利益が上げられる建物を見極めることが大切です。

     

    メリットとデメリット

     

    アパートやマンションなどを貸し出せば、毎月安定した収入が得られます。

    またビルは一棟丸ごと貸し出すこともできますが、ワンフロア別に貸し出すことも可能です。

    ワンフロア別ならフロアに入る会社それぞれから賃貸料が得られます。

    どの方法にしても毎月安定した収入が得られるというのは大きなメリットと言えるでしょう。

    建物を建てる場合は高額の初期費用がかかります。

    マンションやビルは高層の物が多いため、初期費用も高くなります。

    アパートは階層が3階までの物が多いためマンションなどに比べると建築費用は安いです。

    建築費用だけでなく建物をより良い状態で保つための維持費も必要です。

    黄 威翔/宅地建物取引士
    黄 威翔/宅地建物取引士

    借り手が故意に破損させた場合は修繕費用を請求できるケースもありますが、経年劣化などの場合は所有者が修繕費用を払わなければなりません。

    建築初期から建築後まで長く様々な費用が発生しますので、黒字経営ができる建物を建てることが大切です。

      

    土地の賃貸

     

    所有している土地をそのまま貸し出すという方法もあります。

    土地をそのまま貸し出せば後は借り手が自由に土地を使いますので、所有者は何か特別なことをする必要はありません。

    手間がかからないのに毎月貸付料が手に入りますので、所有者にとっては大きなメリットがあるでしょう。

    ただし土地の賃貸はどんな方法で貸し付けるかによって、所有者側に大きなデメリットをもたらしますので、その点について次でご紹介します。

    メリットとデメリット

     

    土地の賃貸は建物の賃貸と異なり、初期費用がかかりません。

    そのまま貸し出しても毎月貸付料が得られますので、手間をかけずに利益が出るという大きなメリットがあります。

    土地の賃貸には普通借地契約、または定期借地契約のどちらかで契約を結ぶこととなります。

    普通、借地契約は最短30年の契約で契約満了後は更新ありです。

    所有者側に土地が必要な正当事由がなければ、借り手が継続して借りることが可能なので、場合によっては半永久的に土地が戻ってこない可能性もあります。

    また、借り手側が何らかの建物を建てている場合、普通借地契約だと所有者側に建物買取請求をすることが可能です。

    所有者側が拒否しても売買契約が成立してしまい、所有者側がお金を支払わない限り、借り手がその土地に居続けることができます。

    定期借地契約であればこれらのデメリットは一切なく、契約期間満了後は更新なしで更地にて返還してもらうことが可能です。

    契約方法によっては、大きな損害をもたらす恐れがあるため、この点に気を付けておきましょう。

    不動産最新情報を配信中!

    資産を組み替える方法も

     

    所有する土地を売却し、マンションやアパートを購入する方法もあります。

    土地は資産となりますが、何も使い道がなければ収益が見込めないため損をしてしまいます。

    自身で活用する方法が思いつかなければ思い切って売り、そのお金で投資用のマンションやアパートを購入するという資産の組み替えも可能です。

    メリットとデメリット

     

    資産の組み換えを行うことで、自身が何もせずとも投資用のマンションやアパートが手に入ります。

    所有する土地に建物を建てるとなると建築費用などがかかりますが、既存の物を購入すれば建築費用はかかりません。

    購入後は安定した家賃収入が得られますので、これまで収益が見込めなかった方も毎月利益を得られるようになるというメリットがあります。

    住んでいる地域によっては資産の組み替えが難しいこともあります。

    人があまり住んでいない地域だと、投資用の建物も少ないですし、あったとしても入居者が少なく収益が見込めない可能性もあります。

    黒字収益が見込める建物をよく見極めてから購入しなければ赤字になってしまうため、不動産会社に相談してから投資用の建物を購入しなければなりません。

    土地を売却する

     

    できるだけ手間をかけずに資金を手にしたいという場合は土地の売却を行う方法があります。

    土地を売却してしまえば今後土地は他の人の手に渡るため、自身で管理することもありません。

    土地の売却費用が手に入りますので、充分な資産を得られるでしょう。

    メリットとデメリット

     

    土地の売却は最も手間のかからない不動産活用方法だといえます。

    不動産会社に相談して買い手の募集をかけてもらい、買い手が現れたら売買契約を結んで売却費用を受け取れます。

    売却後は土地の管理費もかかりませんので、手間も減ります。

    土地を売却してしまうと資産が一つ減ることとなります。

    お子さんへ相続できるものがなくなってしまうため、売却前に家族で話し合いをしておくべきでしょう。

    また土地は周辺環境などによっては、安い価格でしか売れない可能性もあります。

    黄 威翔/宅地建物取引士
    黄 威翔/宅地建物取引士

    都市部の土地は高くても売れる可能性が高いですが、田舎の土地だと売却費が安くなるかもしれません。

    また買い手がいつ現れるかもわかりませんので、売却までに時間を要するというデメリットもあります。

    不動産の活用方法を相談するには

    不動産の活用方法を相談するには

    不動産活用方法には色々なものがあるので、自分だけでは何が最適なのかを見極めることが難しいといえます。

    そんな時に相談できる場所がありますので、ここでご紹介しましょう。

    不動産会社

    不動産会社はその地域について詳しい頼れる存在です。

    土地について相談をすれば最適な活用方法を教えてくれるでしょう。

    活用方法をいくつか提案してもらってもあまり乗り気になれないこともあるかと思います。

    その場合は土地の売却についての相談も可能です。

    土地の買い手を募集することも不動産会社は行ってくれるため、活用方法が思い当たらなければ売却の相談をしてみても良いでしょう。

    ファイナンシャルプランナー

     

    ファイナンシャルプランナーはお金の専門家です。

    そのため土地活用方法ではなく、活用方法によって得られる収益についての相談ができます。

    どんな土地活用方法があるかを聞いても適切なアドバイスは期待できませんが、こんな活用方法をしたいが収益はどれくらい見込めるかを聞いてみましょう。

    相談に行く前にあらかじめ活用方法をいくつか考えておくことがおすすめです。

    いくつか考えておけば方法別に見込める収益について相談できるため、何度も足を運ばずに済むでしょう。

    税理士

     

    税理士は税金に関する専門家です。

    不動産活用は多額の利益を得ることもあり、それに伴って支払う税金額も高くなります。

    こちらもどんな活用方法が良いかという質問より、こんな活用方法を検討しているが税金はどれくらいかという内容の質問をした方がいいでしょう。

    実際の税金額は活用方法を実践してみないとわかりませんが、大まかな目安は教えてくれます。

    また節税対策についての相談や、確定申告の代行も依頼できるため、不動産活用後も頼ることが可能です。

    建物建築を検討しているならハウスメーカー

     

    土地に建物を建築する方法を検討しているならハウスメーカーに相談しましょう。

    ハウスメーカーは建築のプロなので、建物に関する詳しいアドバイスをもらえます。

    どんなデザインの建物が良いかといった相談もできるため、プロと話し合いながら理想通りの建物を建てられるでしょう。

    活用方法を相談するときの注意点

    活用方法を相談するときの注意点

    専門家に活用方法を相談するときの注意点があります。

    ここでご紹介しますので、ポイントに気をつけながら相談先を決めましょう。

    複数の会社に相談して内容を比較しよう

     

    土地活用方法の提案はどこに相談するかによって異なります。

    また信頼できる担当者に出会わなければ色々と相談しにくくなりますので、納得のできる不動産活用ができなくなる恐れもあります。

    元々信頼できる専門家がいるというのであればそちらに相談することがおすすめですが、いない場合は複数の会社に相談してみましょう。

    それぞれの対応や相談のしやすさ、提案内容を比較し、一番自分にとって合っていると思えた会社に決めることが大切です。

    土地活用プラン一括請求が便利

     

    不動産活用をするなら複数の会社に相談し、信頼できる相談先を見つけることが大切です。

    しかし相談する会社を自身でいくつもピックアップするには手間がかかります。

    そんな時におすすめなのが土地活用プラン一括請求です。

    こちらを活用すれば簡単に相談できる会社がピックアップできますし、あらかじめ提案内容についても大まかに確認できます。

    手間も時間もかけずに相談先を絞ることができますので、この便利なシステムを活用してください。

    複数の優良企業から一括提案!

    【たった3分で今すぐ始められる】
    土地活用を検討しているなら、厳選された優良企業に無料で一括請求ができるタウンライフ土地活用を利用してみてはいかがでしょうか?アパートやマンションはもちろん、駐車場や医療施設、トランクルームなど様々な提案をもらうことができます。 累計112万人以上が利用した実績もあるので、安心して土地活用プランを比較検討できるのが魅力です。

    まとめ

    不動産活用には様々な方法があり、方法別にメリットやデメリットが異なります。

    どの方法が良いかは所有している土地の環境や所有者の希望によって大きく変わります。

    そのため大まかにでも良いので、希望する活用方法を少し考えておきましょう。

    活用方法を少し考えたら専門家への相談がおすすめです。

    専門家に相談することで適切なアドバイスをもらえますし、複数の選択肢がある場合はどれが良いかを相談しながら決めていけます。

    あなたに合った活用方法で持て余している不動産を活用し、収益を得ましょう。