利回り不動産の口コミ・評判はどう?特徴や使い方などを解説!

「利回り不動産は他のサービスとどう違う?」

「利回り不動産では収益を得られる?」

利回り不動産は不動産クラウドファンディングサービスの1つですが、他のサービスとの違いが分からない方も多いのではないでしょうか。

利回り不動産は口座開設や投資によりお得なワンズコインを貯められるなど、魅力的な特徴があります。

その他、投資対象や運営上の工夫など様々な特徴があるので、あらかじめ把握しておくのがおすすめです。

利回り不動産について詳しく紹介しますので、参考にしてみてください。

迷いがちな初心者におすすめ!

【簡単30秒で気軽に無料相談】
不動産投資会社探しで迷っているのであれば、イエベスト不動産投資を利用してみてはいかがでしょうか?
セミナー参加やユーザーインタビューを通して見つけた100社以上の優良不動産会社から、あなたに合っている会社を厳選してくれます。
複数社を完全無料で一括比較でき、不動産投資の経験がある専任コンシェルジュに相談できるのも魅力です。

利回り不動産とは

利回り不動産は不動産クラウドファンディングサービスの1つであり、「株式会社ワイズホールディングス」が運営しています。

「株式会社ワイズホールディングス」の本店は東京であり、その他、大阪・沖縄に支店があります。

不動産開発や運用実績も豊富にあり、大規模な不動産投資の実績もあります。

利回り不動産のメリット

利回り不動産は不動産クラウドファンディングサービスを提供しており、投資家が安心して着手できるよう様々な工夫をしています。

優先劣後方式でリスクを抑えたり、小額投資に対応しているのも安心のポイントで、投資家への負担が小さいと感じる方が多いです。

また、ワンズコインを貯められるなど、他サービスにはない特徴もあります。

利回り不動産のメリットについて詳しく見ていきましょう。

優先劣後出資でリスクを抑えている

利回り不動産は優先劣後出資でリスクを抑えているのが特徴です。

優先劣後方式は資金管理が以下の2つに分かれる仕組みとなっています。

  • 優先出資分:投資家からの資金
  • 劣後出資分:利回り不動産の出資金

不動産運用で損失が発生した際、優先的に劣後出資分を使用し、投資家からの資金は可能な限り保護されます。

損失の10%まで利回り不動産が負担し、10%を超えると投資家の負担も発生します。

マスターリース契約を締結している

利回り不動産は、マスターリース契約を締結しています。

空室が発生した場合でも、賃料を一定額得られるので、無収益状態になるのを避けられます。

不動産投資の最大のリスクである空室リスクを避けられることは、大きなメリットといえます。

転貸先の会社が倒産したなど、何らかの原因で収益を得られなくなるリスクはありますが、基本的には一定の収入を確保できています。

マスターリース契約は安定した不動産運営において、重要な要素となっています。

ワイズコインで投資できる

利回り不動産では、ワイズコインを使用して投資できます。

ワイズコインは、株式会社ワイズホールディングスが運用しているサービスで、クラウドファンディングに着手する際に使用します。

利回り不動産でワンズコインを貯められるのは以下の場合です。

  • 口座開設
  • 案件への投資

1コイン当たり1円相当の扱いになります。

1口1万円からの少額投資に対応している

利回り不動産は、1口1万円からの少額投資に対応しています。

そのため、リスクを抑えて投資したい方でも手軽に着手できます。

他のクラウドファンディングは、1口10万円などと高額な設定になっているケースもあるので、利回り不動産の少額投資にメリットを感じる方は多いです。

利回り不動産は、これから投資を始めたいという初心者の方におすすめのクラウドファンディングサービスです。

利回りが高めの案件が多い

利回り不動産は、利回りが高めの案件が多いです。

不動産クラウドファンディングは利回りが5%以下となっているケースも多いですが、利回り不動産は7%前後と高めなのです。

「高額な利益を求めたい」という方でも満足できる案件が多いのが魅力です。

運用期間が短めに設定されてある

利回り不動産では、運用期間が6ヶ月と短めに設定されています。

不動産クラウドファンディングは、運用期間が長めのタイプも多く、終了まで現金化できないという注意点があるのです。

急にお金が必要になった場合に対応するためには、運用期間が非常に重要です。

運用期間が短いことで、手軽に投資できる環境が整っています。

満室保証を元に運用している

利回り不動産は、満室保証を元に運用しています。

そのため、不動産投資最大のリスクである空室リスクを避けることができます。

元本は保証されていないので必ずしも投資した資金を回収できるとは限らないですが、基本的には、収益を得られる仕組みです。

不動産の役立ち情報を配信中!

不動産投資について学べる情報が豊富

利回り不動産では、不動産投資について学べる情報が豊富にあります。

というのも、利回り不動産は投資関連のブログを開設しており、一般の方が閲覧できるようになっているのです。

たとえば、「利回りについて」「インカムゲインとキャピタルゲイン」など、初心者の方に有用なコンテンツも多数あります。

キーワード検索機能も充実しているので、知りたい内容を効率的に見つけられます。

会員登録不要で利用できるコンテンツもあるので、興味がある方は、チェックしてみることをおすすめします。

利回り不動産のデメリット

利回り不動産は様々なメリットがありますが、あらかじめ把握しておくべきデメリットもあります。

投資対象が一か所に集中していてリスク分散しにくいなど、利回り不動産ならではの注意点があるのです。

また、ワンズコインをうまく活用できずに不満に感じるケースもあります。

利回り不動産のデメリットについて詳しく見ていきましょう。

元本割れする可能性がある

利回り不動産は元本割れする可能性があります。

出資法により元本の保証は制限されているので、利回り不動産に限らず、不動産クラウドファンディングサービスでは元本割れのリスクが付きものなのです。

案件によっては、大きな損失になる可能性があることを把握しておきましょう。

上場企業ではない

利回り不動産を運営しているのは、上場企業ではありません。

また、利回り不動産がサービスを提供したのは2021年であり、クラウドファンディングサービスとしての歴史が新しく、現時点では十分な実績がありません。

「実績をもとに利用するか判断したい」など、慎重派の方にとっては不安要素に感じます。

投資対象が一カ所に集中している

利回り不動産は、投資対象が一カ所に集中しているというデメリットがあります。

「北海道札幌市の案件がメインでその他が見つからない」という状況も見受けられます。

土地勘のないエリアの案件しかない場合、情報収集が難しく、投資の決断をしきれない方もいるのです。

また、投資物件が一カ所に集中していると、以下のようなリスクがあります。

  • 災害の被害を受けやすい
  • 周辺環境の変化の影響を受けやすい

リスクを分散したい場合は、利回り不動産のみならず、複数のクラウドファンディングサービスを併用するのがおすすめです。

ワンズコインの使い道が限られている

利回り不動産では、ワンズコインの使い道が限られています。

ワンズコインには、以下のような特徴があります。

  • クラウドファンディングサービスにて利用できる
  • 自動で現金化が可能
  • 有効期限がないため利用しやすい

しかし、ワンズコインに対応しているクラウドファンディングサービスは少ないので、利用範囲が限られています。

利回り不動産でワンズコインを獲得したとしても、有効活用できないケースがあります。

応募口数に上限がある

利回り不動産では、応募口数に上限が設定されています。

利回り不動産の案件では、募集金額を一定額に設定して投資を募るタイプなので、必然的に上限があるのです。

たとえば、募集金額が2,000万円の案件では、応募口数の上限は2,000口です。

また、応募は抽選式がメインなので、希望口数投資できるとは限りません。

大金を稼ぎたい方にとっては、不満に感じるでしょう。

振込手数料がかかる

利回り不動産は、振込手数料がかかるというデメリットがあります。

入金、出金ともに手数料がかかるので、複数回投資すると、大きな負担になります。

また、利回り不動産では少額投資する方も多いですが、投資金額が少ないほど、手数料の影響が大きくなるのです。

たとえば、投資金額を最少額の1万円にした場合、手数料の負担は約3%相当と大きく、利回り低下につながります。

利回り不動産で手数料の影響を回避するには、「GMOあおぞらネット銀行」の口座を開設するのがおすすめです。

「GMOあおぞらネット銀行」を利用すれば、手数料無料で投資できます。

利回り不動産がおすすめな方

利回り不動産の様々なメリット・デメリットをご紹介しましたが、利用すべきか決めきれない方もいます。

そこで、利回り不動産の特徴を踏まえ、利回り不動産がおすすめな方の特徴をまとめました。

利回り不動産の利用を迷っている方は、参考にしてみてください。

少額で投資したい

利回り不動産は、少額投資したい方におすすめです。

利回り不動産は一口一万円から投資可能となっているので、自己資金が少ない方でも手軽にアプローチできるのです。

クラウドファンディングサービスであっても、一口当たりの金額が高額な場合はハードルが上がります。

また、一般的な不動産投資は数千万円単位の金額になるので、興味があっても着手できない方は多いでしょう。

少額で不動産投資に参加でき、不動産投資関連の知識を深められるのが魅力です。

投資によるポイント付与を期待したい

利回り不動産は投資によるプラスアルファのポイント付与を期待したい方におすすめです。

というのも、利回り不動産で口座開設したり、投資したりすると、「ワンズコイン」としてのポイントをゲットできます。

取得したワンズコインは、1コイン1円相当として不動産投資に活用できるので、非常にお得です。

ワンズコインは有効期限が設定されていないため、使い慣れていない方にもぴったりです。

運用の手間をかけたくない

利回り不動産は、運用の手間をかけたくない人におすすめです。

利回り不動産では、不動産投資のプロが案件を厳選し情報提供しているので、個人で投資すべきか判断する手間をかけずに済むのです。

「好立地で高い利回りを期待できる」「大規模ホテルで大きな利益を得られる案件」など、不動産の目利きがしっかりしています。

利回り不動産では、情報収集や不動産運営をプロに任せられるので、忙しい方でも負担になりません。

利回り不動産利用の流れ

利回り不動産をスムーズに利用するには、あらかじめ流れを把握しておくことをおすすめします。

以下が大まかな流れになります。

  • 会員登録する
  • 案件へ応募する
  • 入金して運用する
  • 分配金を受け取る

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

会員登録する

利回り不動産では、まず、会員登録を行います。

基本情報の入力と本人確認書類の提出が必須です。

必要事項の記入が完了したら、本人確認審査へと進みます。

審査完了後は、登録したメールアドレスに完了メールが送信されます。

届いたメールから手続きをして、会員登録完了となります。

また、同時に、メルマガ登録をしておくのがおすすめです。

メルマガ登録すれば、投資案件情報やキャンペーン情報を提供してもらえるので、効率的に情報をキャッチできます。

利回り不動産の希望の案件に募集するには、スピードが重要です。

じっくり投資案件を検討したい方やお得に不動産投資したい方は、会員登録・メルマガ登録を済ませましょう。

案件へ応募する

会員登録が完了したら、実際に案件へ応募します。

応募できる案件は、利回り不動産のウェブサイトに掲載されています。

あらかじめ情報を把握し、希望に合う案件を選びましょう。

契約締結する

ファンドへの応募が完了すると、登録したメールアドレスにファンド成立の通知が行われ、「契約成立時書面」を確認することで契約締結となります。

契約締結後は指定口座に必要金額の振込を行います。

入金して運用する

案件を決め入金が完了したら、実際に運用をスタートします。

基本的には利回り不動産が運用を行うので、個人で対応する必要はありません。

運用の手間を省けますが、不動産運用の進捗情報に関して通知されるメールは適宜チェックしておきましょう。

分配金を受け取る

投資した 案件の運用期間が終了したら、分配金を受け取ります。

受け取った配当金は、源泉徴収の対象になります。

場合によっては確定申告により還付金を受けられる可能性があるので、確認しておきましょう。

利回り不動産の口コミ・評判

利回り不動産では、「有益な情報を得られた」と満足する口コミがある一方で、「競争率が高くてなかなか募集できない」など、希望の案件に落選して悩むケースも多いようです。

利回り不動産の口コミ・評判をご紹介しますので、参考にしてみてください。

優先当選枠が設定されることがある

利回り不動産は先着順や抽選式など募集様式は様々ですが、希望の案件に募集できないケースも多いです。

競争率の高さに悩んでいる方もいますが、利回り不動産からの情報で「優先投資枠が設定される」ということもあるようです。

不動産投資ではお得な情報をキャッチすることが大切です。

スマホからのアクセスでは間に合わないことが多い

利回り不動産の案件は人気が高く、スムーズにアクセスできないと募集できないケースがあります。

とくに、高利回りの物件など、魅力的な案件はいかに早く申し込むかが重要になります。

連敗してなかなか募集できない

利回り不動産の案件は競争率が高いので、希望の案件に立て続けに落選し、あきらめている方もいるようです。

スピードが求められることを把握しておきましょう。

開始数分で募集金額に達する

利回り不動産は開始数分と、驚くほどのスピードで募集金額に達することが多いです。

実際に、募集開始8分の段階ですでに募集金額の数倍の申し込みが集まっています。

利回り不動産の案件例

利回り不動産には様々な優良案件があります。

募集方式は先着式や抽選式など様々ですが、いずれも競争率が高いです。

利回り不動産の案件例をご紹介しますので、参考にしてみてください。

利回り不動産24号(北大前PJ第3回)

募集方式 先着式
予定利回り 6.5%
運用期間 6ヶ月
最低投資金額(1口) 10,000円
1人当たり上限口数 10口
申込総額 5,400,000円
募集金額 5,400,000円
途中解約 不可

先着式の投資応援ファンドです。

1人当たり100,000円と上限を設定していることにより、募集しやすい条件となっています。

物件エリアは北海道大学の近くで需要の高いエリアとなっていたのも、人気のポイントです。

中途解約はできないものの、運用期間は6ヵ月と短めなので、比較的投資しやすい案件です。

利回り不動産19号(国立サニービル第2回)

募集方式 抽選式
予定利回り 8.0%
運用期間 6ヶ月
最低投資金額(1口) 10,000円
申込総額 238,270,000円
募集金額 63,000,000円
途中解約 不可

ワイズコイン100万円分を参加者で山分けできるというキャンペーンがありました。

ワンズコイン山分けには当選落選は関係なく、投資申し込みした方全員なので、非常に魅力的です。

また、予定利回りが8%と高い案件です。

1口10,000円からと、小額投資できるのもメリットです。

利回り不動産6号ファンド(国立サニービル)

募集方式 抽選式
予定利回り 8.0%
運用期間 6ヶ月
最低投資金額(1口) 10,000円
申込総額 109,820,000円
募集金額 63,000,000円
途中解約 不可

抽選式で応募できない方もいますが、8%と高利回りの魅力的な案件です。

対象物件は、東京都西部にあり、利便性の高い物件です。

周辺には一橋大学などの有名大学などが多数あり、需要が高くなっています。

街の景観がきれいで、治安が良いのも人気のポイントです。

利回り不動産のお得なキャンペーン

利回り不動産は随時、キャンペーンを実施しているので、キャンペーン情報をチェックすることでよりお得に利用できます。

過去に開催していたキャンペーンは、「友達紹介キャンペーン」と「会員登録によるプレゼントキャンペーン」です。

友達紹介キャンペーンでは、紹介した人と登録した人それぞれに対し、2,000円分のワンズコインがプレゼントされていました。

また、会員登録によるプレゼントキャンペーンでは、会員登録に伴い、1,000円分のアマゾンギフト券がプレゼントされていました。

随時お得なキャンペーンが実施されるので、適宜情報収集しておくことをおすすめします。

キャンペーンの時期を狙って、不動産投資を始めてみるのも手段です。

迷いがちな初心者におすすめ!

【簡単30秒で気軽に無料相談】
不動産投資会社探しで迷っているのであれば、イエベスト不動産投資を利用してみてはいかがでしょうか?
セミナー参加やユーザーインタビューを通して見つけた100社以上の優良不動産会社から、あなたに合っている会社を厳選してくれます。
複数社を完全無料で一括比較でき、不動産投資の経験がある専任コンシェルジュに相談できるのも魅力です。

利回り不動産で不動産投資を成功させよう

「不動産クラウドファンディング」は比較的リスクが低く、手軽に投資できます。

大手不動産クラウドファンディングサービスである利回り不動産には、人気の案件が多数掲載されています。

高利回りの案件が多いことに加え、優先劣後方式の採用などリスクを抑える工夫をしているのが魅力です。

ワンズコインが貯まるなどお得な特典もあるので、複数の案件に投資してみると大きな収益を得られる可能性があります。

利回り不動産を利用し、不動産投資を成功させましょう。