駐車場経営のメリット・デメリット!成功に導くためのポイントとは?

「不要な土地を利用して収益をあげたい」と考えているのなら、土地活用を検討してみませんか。

代表的な土地活用として、アパートやマンションの経営が挙げられますが、それよりも手軽に取り組めるのが駐車場経営です。

駐車場経営には、さまざまなメリットがあると同時にデメリットもあります。

そのため、これから駐車場経営に乗り出そうと考えている方は、メリットとデメリット、どちらも理解しなくてはなりません。

正しい知識を身につけ、駐車場経営で安定した収益を得ることを目指しましょう。

こちらから最適な土地活用プランを請求できます!

【最大7社に無料でプラン請求】
土地活用を検討するなら最大収益プランが簡単に見つかるHOME4Uの土地活用をご利用ください。土地の節税対策や資産運用による副収入をご検討ならおすすめです。
㈱NTTデータ・スマートソーシングが運営する信頼と安心感、国内最大級1,000万人利用の実績のある土地活用プラン提供サービスです。

駐車場経営のメリット

駐車場経営のメリット

さまざまな土地活用の方法がありますが、その中でも駐車場経営は、もっとも取り組みやすいもののひとつです。

土地があり、その土地に車を駐車できるスペースがあれば、すぐにでも経営に乗り出せます。

初期費用が少なく、狭い土地や変形地でも始められるのは大きなメリットです。

すぐに取り組める

たとえば、アパートやマンションの経営に乗り出そうとすると、事業をスタートさせるまでにある程度の期間が必要です。

土地の上に建物を建設しなくてはならないため、すぐに取り組みたくても現実的には不可能なのです。

駐車場なら、とりあえず土地さえあれば事業を始められます。

アスファルトやコンクリートで舗装するにしても、1ヵ月もあれば事業をスタートできるでしょう。

初期費用が少ない

これから駐車場の経営にチャレンジしようとする方が、もっとも気になるのは初期費用ではないでしょうか。

土地活用は、アパート経営やマンション経営など、種類によってはかなりの初期費用が必要になるケースがありますが、駐車場ならその心配もありません。

土地の上に建物を建てる必要がなく、特にこれといった設備も不要だからです。

コインパーキングにするにしても、アパートやマンションを建てるのに比べると初期費用は少なく済みます。

安定した収入が望める

利用者を獲得することが大前提にはなりますが、経営が軌道にのりさえすれば、その後は安定的に収益がもたらされるのです。

毎月一定の収入が得られるため、使えるお金が増えます。

いざというときに困らないというのも大きなメリットです。

たとえば、もし本業の会社を解雇されたとしても、駐車場の運営で得られる収入があれば安心です。

狭い土地でも可能

土地に住宅を建てて貸し出す場合、それなりの広さが求められます。

しかし、駐車場なら規模にこだわらなければ、それほどのスペースは必要ありません。

今ある土地で、最大限の収益を生み出せるのです。

変形した土地でも同様です。変形地に建物を建てるケースだと、場合によっては使い勝手の悪い物件になる可能性があります。

工事が進めにくいというデメリットもあるでしょう。

しかし駐車場なら車さえとめられれば問題ありません。

駐車場経営のデメリット

駐車場経営のデメリット

たくさんのメリットがあるのは事実ですが、デメリットについても理解しておきましょう。

まず、アパートなどを建てて運用するのとは違い、駐車場では税制面での優遇がほぼありません。

収益が立地に左右されやすく、アパート経営などに比べると収益が低くなりやすいのもデメリットです。

税制面での優遇がない

土地は所有しているだけで税金がかかります。

そのため、節税の手段として土地活用を始める方は少なくありません。

ただし、アパートやマンション経営は固定資産税や都市計画税の優遇が受けられますが、未舗装の駐車場だとそうした措置は受けられないケースが大半でしょう。

節税を求めて土地活用を始めるのなら、駐車場はあまり向いていません。

節税目的なら、土地の上に賃貸物件を建設し、運用したほうがよいケースが多いでしょう。

場所に左右される

「とりあえず駐車場にすれば収益が得られるはず」と考える方も少なくありませんが、実際にはそう甘くはありません。

立地が悪いと、なかなか利用者を獲得できず、安定した収入を得られないのです。

周辺に観光名所や商店街、大型商業施設などがあれば、利用者は順調に増えるかもしれません。

一方で、住宅地のど真ん中に作ったとしても、利用者の増加はそれほど見込めないと考えられます。

立地次第では、安定した収入を得るどころか、まったく利用者が現れないという可能性も否定できません。

収益が少ない

規模にもよりますが、ほとんどの場合、月あたりの収益は賃貸住宅の運営に比べると少なくなります。

またアパートの場合、2階建てや3階建てにすることで利用効率を高められます。

しかし、駐車場ではこうした利用ができないため、利用効率が低くなり収益も少なくなる傾向があるのです。

駐車場経営に向いているのはどんな人?

駐車場経営に向いているのはどんな人?

できるだけ初期費用やランニングコストをかけたくない方に向いています。

その他、少しでもリスクを抑えて運用したい方、狭小地や変形地を活用したい方にもおすすめです。

自分が駐車場経営に向いているかどうか、チェックしてみましょう。

なるべく費用をかけたくない

初期費用を少なくできるのは、駐車場経営におけるもっとも大きなメリットです。

できるだけ初期費用をかけずに土地活用をしたいのであれば、駐車場経営が第一の選択肢に挙がるでしょう。

また、アパートやマンション経営などに比べて、ランニングコストを抑えられるのも魅力的なポイントです。

初期費用やランニングコストを抑えることができれば、仮に利用者が極端に少なくても、逼迫した状況にはならないと考えられます。

リスクを最小限にしたい

たとえば、賃貸住宅の経営だとさまざまなリスクが考えられます。

建物を建設するために金融機関から融資を受けた場合、もし経営がうまくいかないと、収入はないのに返済はし続けなければならないという事態が生じてしまいます。

自身で管理を行う場合は、住民同士のトラブルやクレームなども考えられ、こうしたリスクにも向き合わなくてはなりません。

駐車場なら、こうしたリスクは極力抑えられます。

狭小地や変形地を活用したい

狭い土地は、活用方法も限られてきます。土地を活用して少しでも収益をあげたいと考えている方には駐車場が向いています。

建物が建てられない土地でも、とりあえず車を駐車できるスペースが確保できれば運用できるというのは大きなメリットです。

成功のためのポイント

成功のためのポイント

駐車場経営で成功したいのなら、いくつかのポイントを押さえておきましょう。

料金相場は事前にチェックする、周辺環境を把握したうえで形態を決めるといったことが大切です。

また、何のノウハウもない人がいきなり始めて成功するのは難しいため、プロにアドバイスをもらうのもおすすめです。

料金相場をチェックする

月極駐車場にするとして、あなたの経営する駐車場がよそよりも高いと、なかなか利用者を獲得できません。

たとえば、周辺の月料金の相場が8,000円くらいなのに、15,000円などに設定してしまうのはNGです。

周りに競合がまったくいないならともかく、そうでない場合には事前にきちんと相場を確認しましょう。

今はインターネットがあるため、相場のチェックは簡単にできます。

相場を踏まえた料金を設定するのが成功への第一歩です。

運営形態を決める

駐車場は、大きく分けると月極駐車場とコインパーキングに分類できます。

どちらの形態にするか迷うところですが、適当に決めてしまうと安定した収入につながらない可能性が高いでしょう。

どちらを選ぶか注意深く検討してください。

たとえば、近くに観光地や商業施設などがあるのなら、コインパーキングのほうがおすすめです。

逆に、マンションやアパートが建ち並ぶエリアは、月極駐車場のほうが需要は高いと考えられます。

需要に合った運営形態を選ぶためにも、周辺環境をきっちり把握しておくのが肝心です。

また、初期費用や収益の面からも運営形態を考えることができます。

コインパーキングは機械の導入などで初期費用が多少かかりますが、月々の収入は比較的高くなる傾向です。

反対に月極駐車場は、初期費用はほとんどかかりませんが、収入は少なめなことが多いでしょう。

自己資金額がどのくらいあるかも検討材料になりそうです。

プロに相談する

土地さえあれば誰でもすぐに取り組めるのは大きな魅力ですが、誰でもすぐに成功するわけではありません。

経営を軌道にのせ、安定した収益を生み出すためには、ノウハウも必要です。

初めて不動産経営に乗り出すのなら、不動産会社や駐車場経営の専門業者へ相談するのがおすすめです。

土地の広さや形状によっては、ほかによい運用方法を提案してもらえるかもしれません。

このように、経営に関するさまざまなアドバイスがもらえるのは、プロならではの魅力です。

パートナー会社の選び方

パートナー会社の選び方

不動産会社やコインパーキングの専門業者など、パートナー会社を選ぶときのポイントも覚えておきましょう。

経営を始めると、長い付き合いになるため、慎重に選ばなくてはなりません。

ここでは、パートナー会社選びのポイントをまとめました。

親身になって対応してくれるかどうか

現在では、駐車場経営の専門会社も数多く存在します。

中には、オーナーのことをまったく考えず、利益優先で事業を行っているところもあるので、要注意です。

相談したとき、きちんとオーナーの立場になって考えてくれるかどうかをチェックしましょう。

パートナー会社は、これから長く付き合っていく相手です。

信頼関係を築くことができそうか、誠意ある対応をしてくれるかどうか、見極めてください。

契約期間

運用や管理をすべて委託する場合、契約期間を定めるのが一般的です。

もし、将来的に土地をほかのことに使う予定があるのなら、そのあたりも踏まえて契約期間を考えなくてはなりません。

業者によっては、契約年数が3年、5年、10年のように決められているところもあります。

柔軟に対応してくれるところなら安心です。

リビンマッチで自分に合った活用を

不動産経営を始めたいならリビンマッチ土地活用

土地活用を始めたいと考えているのなら、リビンマッチのサービスを利用してはいかがでしょうか。

リビンマッチは、さまざまな企業から土地活用のプランを提案してもらえるサービスです。

累計440万人以上が利用しており、たしかな実績もあります。

プロから提案をしてもらえるため、一人で考えているよりももっと有効に土地を活用する方法を知ることができるかもしれません。

リビンマッチ土地活用の資料請求をする

まとめ

駐車場経営は、土地さえあれば手軽に事業をスタートでき、経営が軌道にのれば安定した収益ももたらしてくれます。

ただし、メリットだけでなくデメリットもあるため、きちんと把握しておきましょう。

多くの場合、駐車場経営は個人で行わず、パートナー会社に運用を委託します。

そのため、駐車場経営を考えているのなら、信頼できるパートナー会社を見つけることにも力を注がなくてはなりません。

安心できるパートナー会社を見つけ、安定した収益を目指しましょう。