A fundingの口コミ・評判は?メリット・デメリットを徹底解説

「A fundingとはどのようなサービス?」

「A fundingで資産運用できるか不安」

不動産投資型クラウドファンディングサービスとして有名なA fundingですが、どのようなサービスなのか詳しく分からず、不動産投資を始めようかどうかと悩んでいませんか?

A fundingは少額投資が可能であり、中途解約できるケースもあるので、着手しやすいのが魅力です。

投資すべきかどうか判断する前に重要となる特徴があるので、利用前に把握しておくことをおすすめします。

A fundingについて詳しく紹介しますので、参考にしてみてください。

関東地方の高収益物件なら!

【専門家による資産形成計画もあり】
関東地方で高収益な不動産投資に取り組みたいなら、武蔵コーポレーション株式会社に相談することをおすすめします。不動産投資家や金融機関の出身者など業界に精通した専門家が、あなたにあった資産形成計画を一緒に考えてくれます。中古の価値を高めた再生物件シリーズ「ReBreath」は、満室状態で購入でき、建物保証もついているため、魅力的です。キャッシュフローをプラスにしながら節税もできるため、リスクヘッジの資産形成を真剣に考えている人におすすめです。

A fundingとは?

A fundingは、不動産投資型クラウドファンディングサービスを提供しています。

運営しているのは上場企業である株式会社アンビションDXホールディングスです。

投資家は、運営会社が管理する物件に対し、投資することになります。

運営会社の情報は以下の通りです。

運営会社 株式会社アンビションDXホールディングス
資本金 3億7,978万円
サービス開始 2020年1月
募集総額 4,739万円
募集方式 先着申込式・後入金式

デザイナーズマンションや民泊など多数手がけており、運営のノウハウも持っています。

また、不動産会社を対象としてRPA開発会社「Re-Tech RaaS」を立ち上げています。

不動産業界に精通した信頼度の高い会社です。

不動産投資型クラウドファンディングが注目されている理由

A fundingが提供している不動産投資型クラウドファンディングは、近年注目されています。

不動産投資型クラウドファンディングであれば、1人当たりの負担が少ないのです。

また、高利回りを実現できるので、金融機関の金利が小さいと悩んでいる方にも利用されています。

誰でも簡単に投資できる環境が整えられているのも、注目されているポイントです。

不動産投資型クラウドファンディングが注目されている理由について詳しくみていきましょう。

個人の負担が少ない

不動産投資型クラウドファンディングは、通常の不動産投資と比較し、個人の負担が少なくなっています。

不動産投資型クラウドファンディングでは、運営会社が投資家からの出資を募って運営し、収益を分配します。

複数の案件に少額ずつ投資することも可能であり、リスク分散になります。

もちろん、投資物件に損失が発生する可能性に不安を感じる方もいますが、運営会社も一定額出資し、損失分をある程度引き受ける仕組みになっているので安心です。

定期預金への金利が期待できない

定期預金をしていても、ほとんど利子がつかずに悩む方は多いです。

定期預金に金利を期待するのは難しい状況になっており、ほとんど資金を増やすことはできません。

そこで注目されているのが、不動産投資型クラウドファンディングです。

不動産投資型クラウドファンディングは、5%以上の利回りを実現している案件が多数あり、効率的な資金運用が可能です。

一般の人でも利用しやすい環境が整えられている

A fundingは、一般の人でも利用しやすい環境が整えられています。

通常の不動産投資と異なり高額な資金はかからないので、抵抗なく投資できます。

また、不動産投資に関する知識がほとんどない場合、投資にチャレンジするのは難しいですが、不動産投資型クラウドファンディングであれば誰でも簡単に投資できます。

インターネットを通して手軽に利用できる環境が整っているのも、次第に人気が高まっているポイントです。

A fundingのメリット

A fundingは不動産投資型クラウドファンディングサービスを提供しており、多くの投資家に利用されています。

上場企業が運営しており信頼性が高いことに加え、少額投資や優先劣後方式を採用するなど、安心して投資できる環境を整えています。

途中で現金化できるのもA fundingならではの魅力です。

A fundingのメリットについて詳しく見ていきましょう。

少額投資でリスク分散できる

A fundingは、1口1万円からと、少額投資に対応しています。

通常、不動産投資をする場合は数千万円以上の資金が必要となるケースもあるので、1万円~というのは投資しやすいポイントと言えます。

また、少額投資であれば複数の案件に投資可能であり、リスク分散になります。

たとえば、10万円分投資する場合、「1つの案件に10万円投資する」という投資法がある一方で、「10個の案件に1万円ずつ投資してリスク分散する」という使い方もあります。

もちろん、損失が発生するリスクはゼロではないですが、大きな損失を被るリスクを回避できます。

余剰資金で投資できるので、主婦やサラリーマンの方も手軽に利用しています。

少額投資でリスク分散できるので、気になる方は手軽にアプローチしてみましょう。

優先劣後方式を導入している

A fundingは、優先劣後方式を導入しています。

A fundingは優良案件を保有していますが、不動産運営では不測の事態が発生する可能性があります。

たとえば、以下のように損失が発生することもあります。

  • 自然災害により建物が被害を受ける
  • 空室リスクが発生する

優先劣後方式であれば、運用会社が優先的に損失を計上するので、投資家の資金が保護されます。

安全性重視で投資したい方は、優先劣後方式を採用しているA fundingの利用を検討してみましょう。

不動産運用の手間がかからない

A fundingでは、不動産運用の手間がかかりません。

通常の不動産投資の場合、入居者の確保や建物の管理、税金の支払いなどの手間が発生します。

本業がある方にとって、不動産運用は負担になるでしょう。

A fundingであれば、運営会社が管理するので、手間がかからないのが魅力です。

上場企業が運用している

A fundingの親会社は、「アンビションDXホールディングス」で、東証グロースに上場しています。

不動産投資型クラウドファンディングの親会社が上場しているというのは、それほど多くはありません。

上場しているのは、安全性の一つの指標となるので魅力と言えます。

ちなみに、親会社の、「アンビションDXホールディングス」は、10年以上の歴史があり、主にプロパティマネジメント事業などを取り扱っています。

業績も順調なので安心感があるのが魅力です。

不動産最新情報を配信中!

情報開示が充実している

A fundingは情報開示が充実しているのが特徴です。

投資案件を決める際に有用な情報のみならず、投資後の運用状況についても適宜情報開示します。

また、災害情報などについても情報提供しているので、運用中も安心できます。

投資後、案件の運用について確認したい方は、A fundingの利用を検討してみましょう。

途中で現金化できる

A fundingでは、投資後であっても途中で現金化できます。

「急遽資金が必要になった」という場合、他投資家へ譲渡できるのです。

ただし、譲渡する際は、1万円の支払いが必要になり損失が発生します。

無理のない資金で、慎重に投資しましょう。

A fundingのデメリット

A fundingには投資家が利用しやすい様々なメリットがある一方で、押さえておくべきデメリットも存在します。

A fundingは実績が少なめであり、案件数もそれほど多くないのです。

想定利回りも低めなので、高額な収益を得たい方にとっても不満に感じる可能性があります。

A fundingに投資すべきか検討する際は、デメリットについても考慮しましょう。

A fundingのデメリットについて、詳しく見ていきましょう。

元本が保証されていない

A fundingは元本が保証されていないので、不安に感じる方もいます。

優先劣後方式を採用するなど損失が発生しにくい工夫はされていますが、被害が大きい場合は元本割れのリスクがあります。

たとえば、「火災が発生して全焼した」「自然災害の被害を受けた」などの状況では、投資した金額が戻らない可能性もあります。

A fundingは元本が保証されていないことを把握しておきましょう。

案件数が少ない

A fundingは不動産投資型クラウドファンディングとしての歴史は新しく、案件数が少ないのが現状です。

時期によっては、数ヶ月に1回程度しか新規案件が出ないこともあります。

投資に力を入れ、高額投資したい方や頻繁に利用したい方にとって、物足りなく感じる可能性があります。

A fundingは投資のチャンスが少なくなることをあらかじめ把握しておきましょう。

想定利回りが低め

A fundingは想定利回りが低めです。

少額投資に対応しておりリスクは低いですが、安定性重視で利回りは低めになっているのです。

「リスクを抑えて投資したい」という方には向いていますが、収益重視の方は不満に感じる可能性があります。

A fundingはローリスクローリターンであることを把握しておきましょう。

実績が不十分

A fundingは実績が不十分なので、投資を決断しにくいと感じる方もいます。

A fundingは不動産クラウドファンディングとしての歴史が浅いので、実績を蓄積できていないのが現状なのです。

とはいえ、親会社は上場しており、信頼度は高いです。

分配金が総合課税扱いになる

A fundingでは、分配金が総合課税扱いになります。

というのも、A fundingが取り扱う不動産投資型クラウドファンディングの分配金は、雑所得となっています。

雑所得は総合課税扱いなので、源泉徴収後に受け取ります。

なお、確定申告が原則必須となります。

こんな方にA fundingがおすすめ

A fundingのメリット・デメリットについて解説しましたが、自分に向いているか判断できない方も多いです。

そこで、A fundingの特徴を踏まえた上で、どのような方に向いているかまとめました。

A fundingを利用すべきか判断できない方は、参考にしてみてください。

安全性を重視する方

A fundingは上場企業が運営しており信頼性が高いので、安心して投資したい方におすすめです。

少額投資できるので大きな損失が不安な方でも安心ですし、複数の案件に応募でき、リスク分散にもなります。

また、優先劣後方式の採用など、投資家に安心感を与える工夫をしています。

初めての方でも安心して投資できる環境が整っています。

時間と手間をかけずに投資したい方

A fundingは時間と手間をかけずに投資したい方におすすめです。

A fundingでは、不動産運営のプロが物件の選定、管理、運用を行います。

そのため、投資家が運営にほとんど関与しなくても収益を得られる可能性が高いです。

また、不動産投資に慣れていなくても、案件が厳選されているので選びやすいです。

A fundingは忙しい方にとっても負担なく利用しやすいサービスを提供しています。

コストをかけたくない方

A fundingはコストをかけたくない方でも満足できます。

というのも、A fundingは無料で口座開設できます。

利用する金融機関によっては振込手数料もゼロにできます。

A funding利用の流れ

A fundingを利用する際は、あらかじめ使い方を把握しておくことをおすすめします。

A fundingは手軽に利用できるサービスなので、ぜひ、チェックしてみてください。

会員登録する

A fundingは書類での登録ができないので、ウェブより申し込む必要があります。

公式サイトにて会員登録に必要な手続きを行います。

登録したメールアドレスに登録案内が届くので、必要事項を入力します。

投資家登録を行う

会員登録が完了したら、投資家登録を行います。

投資家登録においては、以下の情報が必要になるので、あらかじめ把握しておきましょう。

  • 電話番号
  • マイナンバー
  • 職業
  • 保有資産情報所得の種類や年収
  • 金融機関名
  • 口座番号・口座名義

必要事項を入力したら、確定して、投資家登録完了です。

すべて入力したら、画面下にある「入力内容確認」をクリックし、誤りがなければ「入力を確定する」をクリックします。

投資家審査を受ける

投資家登録が完了したら、審査に進みます。

必要事項を確認し、本人確認書類、マイナンバー確認書類をアップロードします。

必要書類のアップロードが完了したら、投資家審査を依頼します。

投資家審査に通過したら、本人確認用のはがきが届くので、受け取ると登録完了です。

A fundingの案件例

A fundingは案件数は少なめですが、複数の優良案件があります。

応募が殺到し、締め切り期間が短縮されるケースもあります。

A fundingの案件例をご紹介しますので、参考にしてみてください。

A funding 第1号 不動産特定共同事業

想定分配利回り 6%
出資金募集総額 8,750,000 円
出資単位(1口あたり) 10,000 円
出資総口数 875 口
申込の最低口数 1口

分譲マンションの一室をリノベーションして販売している案件です。

全室南向きということもあり、入居者から人気の物件です。

最寄り駅から10分以内など、アクセスしやすいのも魅力です。

周辺には商業施設も多く、活気ある地域です。

案件に投資する際は周辺エリアの環境も考慮し、空室リスクを回避することが大切です。

A funding 2号 不動産特定共同事業

想定分配利回り 5%
出資金募集総額 8,400,000 円
出資単位(1口あたり) 10,000 円
出資総口数 840 口
申込の最低口数 1口

投資対象はワンルームマンションです。

最寄り駅から徒歩4分と利便性の高いエリアに位置しています。

近くには公園もあり、住みやすい環境です。

人気の物件ということもあり、申し込みが出資金募集総額を早めに上回ったので、募集締め切り期間が短縮された案件です。

A funding 3号 不動産特定共同事業

想定分配利回り 5%
出資金募集総額 8,540,000 円
出資単位(1口あたり) 10,000 円
出資総口数 854 口
申込の最低口数 1口

11階建ての最上階にあるワンルームマンションを対象とした案件です。

リフォーム後に販売する計画になっていました。

近くには公園もあり住環境が良く、人気の物件ということもあり、予定よりはやくに出資金募集総額を申し込みが上回りました。

締め切りまでの期間も短縮されています。

A funding 4号 不動産特定共同事業

想定分配利回り 5%
出資金募集総額 4,200,000 円
出資単位(1口あたり) 10,000 円
出資総口数 420 口
申込の最低口数 1口

対象物件はリフォーム済みのワンルームマンションです。

横浜中心街に位置しており、需要が高くなると予測されます。

対象物件を買い取り、売却して収益を得る仕組みとなっています。

先着順で出資を募る案件であり、優先募集期間は設定されていません。

投資案件を選ぶ際は、ゴールを見据えて収益を得られる案件かを見極める必要があります。

A fundingの口コミ・評判

A fundingでは、「案件が早期償還となった」と驚きの口コミがある一方で、「しばらく様子を見たい」など、実績が不十分なことにネックを感じる声もあります。

A fundingの評判・口コミをご紹介しますので、参考にしてみてください。

案件が倒しで早期償還となった

A fundingの案件には人気が殺到することが多く、前倒しで早期償還となることもあります。

案件数が少ないので、次の案件を待ち望む方も多いです。

埋まるのが早い

A fundingの案件は、すぐに埋まることが多いので、驚く方がも多くいます。

希望の案件に応募するには、スピードが重要です。

しばらく様子を見たい

A fundingは実績が不十分なのでしばらく様子を見たいと考える方もいます。

実績重視の方には、不安に感じる可能性があります。

A fundingに関するQ&A

最後に、A fundingに関するQ&Aをまとめました。

ぜひ、参考にしてみてください。

優先募集期間とは?

A fundingの案件に以前申し込んだ方を対象にした募集期間です。

申し込み開始より、一定日数が設定されています。

初めての方や出資前にキャンセルした方は対象とならないので注意しましょう。

優先募集の期間は、適宜ホームページで確認する必要があります。

また、優先募集期間を活用するには、対象の方に提供される「閲覧コード」が必要です。

優先募集期間に案件情報を見る際は閲覧コードの入力が必要なので、対象の方のみが申し込める仕組みとなっています。

出資する際の費用は必要?

出資する際、手数料はかかりません

ただし、投資家が振込手数料を負担する必要があるので注意が必要です。

振込手数料を回避するには、「GMOあおぞらネット銀行」を利用するのがおすすめです。

なお、収益を分配する際の手数料は、差し引かれません。

分配金はいつ受け取れる?

投資対象の不動産売却2ヶ月後に、分配金を配当される案件が多いです。

案件によって異なるので、適宜確認が必要です。

関東地方の高収益物件なら!

【専門家による資産形成計画もあり】
関東地方で高収益な不動産投資に取り組みたいなら、武蔵コーポレーション株式会社に相談することをおすすめします。不動産投資家や金融機関の出身者など業界に精通した専門家が、あなたにあった資産形成計画を一緒に考えてくれます。中古の価値を高めた再生物件シリーズ「ReBreath」は、満室状態で購入でき、建物保証もついているため、魅力的です。キャッシュフローをプラスにしながら節税もできるため、リスクヘッジの資産形成を真剣に考えている人におすすめです。

A fundingを利用して不動産投資を始めよう

不動産投資型クラウドファンディングサービスは複数人で出資するため少額投資できますし、リスク分散になるので安心感があります。

不動産投資型クラウドファンディングサービスを提供しているA fundingは、優先劣後方式の採用や中途解約に対応するなど、リスクを抑える工夫をしています。

A fundingは情報開示が充実しているので、入念に情報収集し、投資すべきかじっくり検討することをおすすめします。

A fundingを利用し、不動産クラウドファンディングにチャレンジしてみましょう。