えんfundingは福岡メインのサービスを展開!口コミ・評判を紹介

「 えんfundingにはどのような特徴がある?」

「 えんfundingでうまくいくか分からず不安」

えんfundingは福岡メインで展開している人気の不動産クラウドファンディングサービスですが、特徴を把握できずに不安に感じている方も多いのではないでしょうか。

えんfundingは利回りが高いにも関わらずリスクを抑える工夫がされており、初めての方でも着手しやすいのが魅力です。

その他、えんfundingならではの様々なメリット・デメリットがあるので、利用前に把握しておくことをおすすめします。

えんfundingについて詳しく紹介しますので、参考にしてみてください。

簡単な少額の不動産投資なら!

【投資家を保護する様々な仕組みあり】
不動産投資が気になるなら、COZUCHI(コヅチ)から始めてみてはいかがでしょうか。1口1万円から不動産投資を始められる不動産クラウドファンディングであり、優先劣後構造など、投資家にローリスクを提供する仕組みを多数用意しています。投資期間中であっても事務手数料3%〜5.5%を支払えばいつでも換金できるため、リスクが少ない不動産投資を少額で始めたい人におすすめです。

えんfundingとは?

えんfundingは、福岡メインで展開している不動産クラウドファンディングサービスです。

不動産クラウドファンディングは複数の投資家より資金を集め、集まった資金で運営する仕組みなので、少額投資が可能です。

人口が増加傾向で需要が高まっている福岡に特化したサービスなので、 人気が高まっています。

運営しているのは、30年の歴史のある「株式会社えんホールディングス」です。

長年の実績を活かした不動産運営のノウハウを持っているので、投資しやすいサービスです。

えんfundingのメリット

えんfundingは歴史ある不動産会社が運営し、不動産クラウドファンディングサービスを提供していますので、様々なメリットがあります。

少額投資や優先劣後方式の採用などにより、初心者でも安心して投資できる環境を整えています。

また、デザイナーズマンションに投資できるなど、案件のクオリティが高いのもえんfundingの魅力です。

えんfundingのメリットについて、詳しく見ていきましょう。

少額からスタートできる

えんfundingは、少額からスタートできるのが魅力です、

えんfundingの最低出資金額は1万円なので、投資のハードルが低いのです。

一般的に、不動産投資に着手する場合、数百万円以上の資金が必要になります。

「高額な出資金は準備できないけれど投資にチャレンジしてみたい」「高額投資はリスクが高くて不安」という方でも手軽に投資できます。

不動産クラウドファンディングを利用して投資すれば、少額投資を実現できるのです。

資金面でハードルの高さを感じている方は、えんfundingの利用を検討してみると良いでしょう。

想定利回りが高い

えんfundingの案件は、想定利回りが約9%と高めとなっています。

利回りが高い場合、投資金額が少なくても収益を得られます。

えんfundingの案件は厳選されてあるので、初心者の方でも選びやすいです。

利益を重視したい方は、想定利回りが高いえんfundingで案件を探してみましょう。

デザイナーズマンションに投資できる

えんfundingは、デザイナーズマンションを案件として扱っています。

案件はプロが厳選しており、「実際に住みたい」と思える人気の物件ばかりです。

需要があり空室になりにくいので、大きな収益を得られます。

えんfundingを利用すれば、クオリティの高い案件に応募できます。

優先劣後方式を採用している

えんfundingは優先劣後方式を採用し、投資家のリスクを抑えています。

優先劣後方式においては、不動産投資家が「優先出資者」、えんfunding側が「劣後出資者」として扱われます。

万一損失が発生した場合、劣後出資者が優先して負担するので、投資家のリスクを抑えられるのです。

損失が一定額を超える場合は元本割れする可能性はありますが、比較的安全性が高いのが魅力です。

投資家のプロが案件を厳選している

えんFundingが取り扱っている案件は、投資家のプロが厳選しています。

えんFundingを運用しているのは、1990年より福岡エリアを中心に不動産事業を行っている「株式会社えんホールディングス」です。

周辺エリアも含め情報が充実していることに加え、多数の優良案件を保有しているので、信頼度が高いです。

福岡エリアの不動産投資に精通した上で案件を厳選しているのは、強みと言えます。

確かな情報をもとに厳選された案件を狙いたい方は、えんFundingの利用を検討してみることをおすすめします。

豊富な実績がある

えんFundingには、不動産投資に関して、豊富な実績があります。

一般的に、収益に直結する利回りは運用期間に左右されますが、えんFundingの案件は3ヶ月と短期運用であっても高利回りを実現しています。

これまでにも投資家から数億円以上の応募金額を獲得しています。

えんFundingは実績重視で選びたい方におすすめです。

えんfundingのデメリット

えんfundingは投資家のプロが案件を厳選していることに加え、安全性を担保する工夫をするなど、投資家が惹かれる様々なメリットがあることが分かりました。

ただし、投資する前に把握しておくべきデメリットもあるのです。

たとえば、えんfundingは福岡エリアに案件が偏っていたり、ファンドの競争率が高かったりと、希望の案件に投資できずに戸惑う可能性もあります。

あらかじめデメリットを把握した上で、投資に着手することが大切です。

えんfundingのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

ファンドの競争率が高い

えんfundingはファンドの競争率が高く、利用しにくいと感じるケースがあります。

通常、応募者が殺到した場合は、抽選となります。

「複数回応募したにも関わらず何度も落選している」など、不満に感じる方もいます。

希望の案件に応募できない可能性があることを、念頭においておきましょう。

不動産の役立ち情報を配信中!

中途解約できない

えんfundingでは、運用期間が終了するまで中途解約できません。

そのため、運用期間の途中で資金が必要になったとしても、現金として回収できない仕組みとなっています。

とくに、運用期間が長めの案件に応募する場合、ネックとなります。

えんfundingを利用する場合は、 余裕資金を利用するのがおすすめです。

非上場企業が運用している

えんfundingを運用している「えんホールディングス」は非上場企業なので、不安に感じる方もいます。

不動産クラウドファンディングサービスを利用する際、運用元の信頼性が重要なのです。

とはいえ、えんホールディングスは30年以上の歴史があります。

総合的に情報を収集し、投資すべきか決断しましょう。

振込手数料がかかる

えんfundingを利用する際の振込手数料は、投資家負担となっています。

手数料の負担を抑えたい場合は、入金手数料無料のネット銀行を利用するのがおすすめです。

手数料がお得になる金融機関を以下に示しているので、参考にしてみてください。

  • 新生銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • GMOあおぞらネット銀行

えんfunding利用時は、手数料についても考慮しましょう。

3カ月ログインしないと強制出金になる

えんfundingでは、3カ月ログインしないと強制出金になります。

3ヶ月に1回、投資する予定があるか確認されるので、対応するようにしましょう。

マイページに3ヶ月以上ログインしない場合、資金が返金される仕組みとなっています。

ただし、返金の際の手数料も投資家負担になるので、資金管理をしっかりしておくことが大切です。

エリアが福岡に偏っている

えんfundingは、保有している案件のエリアが福岡に偏っています。

特定のエリアに集中することで、エリアに特化した情報に強くはなりますが、それ以外のエリアに投資することができません。

「福岡は土地勘がない」「投資先にこだわりがある」という方にとっては、不便に感じます。

福岡エリア希望の方は、えんfundingの利用を検討してみましょう。

えんfundingがおすすめな人

えんfundingのメリット・デメリットを詳しくご紹介しましたが、投資すべきか迷います。

そこで、えんfundingのメリット・デメリットを踏まえ、どのような方におすすめかまとめました。

えんfundingに興味のある方は、参考にしてみてください。

高利回りの案件に投資したい方

えんfundingは高利回りの案件を多数保有しています。

利回りが高い案件であれば、効率的に収益を得られます。

「髙利回りの案件はリスクが高いのでは?」と思う方もいますが、 優先劣後方式の採用や少額投資可能など、リスクを抑える工夫もされています。

高利回りの案件に着目したい方は、えんfundingの利用を検討してみましょう。

地方の案件に興味がある方

えんfundingは、福岡に特化した不動産運用を行っています。

他の不動産クラウドファンディングサービスは、東京メインで地方の案件を取り扱っていないケースが多いので、福岡に特化したサービスというのは大きな特徴です。

コロナ禍では東京よりも福岡の物件の方が需要が高いケースもあります。

福岡エリアでの投資のプロが厳選した案件に投資したい方は、えんfundingの利用を検討してみましょう。

えんfunding利用の流れ

えんfundingを利用する際は、あらかじめ使い方を把握しておくことをおすすめします。

利用方法は簡単なので、ぜひ、チェックしてみてください。

会員登録する

えんfundingを利用するには、まず、会員登録を行います。

会員登録は、えんfunding公式ページより可能です。

メールアドレスを登録すると本登録案内メールが送信されます。

必要事項を入力すると、登録完了です。

本登録には、以下が必要になるので準備しておきましょう。

  • 口座情報
  • 顔写真付き身分証明書

会員登録を申請すると審査が行われます。

審査完了後は本人確認コードを受け取り、会員登録を完了します。

ファンドに申し込む

会員登録が完了したら、ファンドに申し込みます。

えんfundingは多数の案件を提供しているので、希望に合う案件を選びましょう。

投資するか決断する際は、投資物件やエリア情報を収集しておくことが大切です。

契約内容も十分確認しておきましょう。

入金する

応募した案件に当選したら、入金します。

口座を指定されるので、期限までに入金します。

本人以外の口座からは入金できないので、注意が必要です。

利用する金融機関によっては振込手数料の負担が発生することも把握しておきましょう。

運用開始する

入金完了後は、実際に運用を開始することとなります。

通常、運用開始から終了まで、個人で手続きをする必要はなく、えんfundingが運営を行います。

えんfundingのマイページに適宜運用状況が掲載されるので、確認しておきましょう。

運用終了後、分配金が振り込まれます。

マイページの出金申請フォームより出金申請できます。

えんfundingの案件情報

えんfundingには厳選されたクオリティの高い案件が掲載されているのが魅力です。

比較的運用期間が短めの案件が多いので、投資しやすいです。

えんfundingの案件例をご紹介しますので、参考にしてみてください。

えんfunding 第5号ファンド【香椎】

予定分配率(年利) 7.8%
運用期間 3ヶ月
募集方式 抽選
最低出資口数 1口
出資単位 1口あたり10,000円
一人当たり出資可能上限口数 100口
分配時期 満期時一括

利回りが7%以上と好条件の案件でした。

運用期間が3ヶ月と短いのも投資しやすさのポイントです。

抽選タイプの案件なので、必ずしも投資できるとは限りません。

1口当たり10,000円と小額投資が可能であり、初心者の方でも投資しやすいのが魅力です。

1人当たり100口まで出資できるので収益重視の方にも適した案件です。

えんfunding 第1号ファンド【博多駅前】

予定分配率(年利) 9%
運用期間 3ヶ月
募集方式 抽選
最低出資口数 1口
出資単位 1口あたり10,000円
人当たり出資可能上限口数 100口
分配時期 満期時一括

福岡市の再開発促進事業である博多コネクティッドにより、発展の可能性があるエリアです。

周辺にオフィスや飲食店なども多数ありますし、博多駅や福岡市地下鉄までのアクセスも抜群です。

人気のエリアということもあり、運用期間が3ヶ月と短いにも関わらず、予定分配率が9%と高くなっています。

1人当たり100口まで応募できるので、高額投資したい方にも適しています。

ただし、抽選式なので応募するにはスピードが重要です。

えんfunding 第3号ファンド【ベイサイド】

予定分配率(年利) 8.3%
運用期間 3ヶ月
募集方式 抽選
最低出資口数 1口
出資単位 1口あたり10,000円
一人当たり出資可能上限口数 100口
分配時期 満期時一括

福岡の海の玄関口であるウォーターフロント地区にある物件です。博多港があるエリアであり、再開発が進められています。

また、ホテルなども充実しており、グローバル交流拠点として発展している地域です。

利回りは8%と好条件の案件で、応募率は約700%に達しています。

えんfunding 第11号ファンド【薬院】

予定分配率(年利) 4.3%
運用期間 6ヶ月
募集方式 抽選
最低出資口数 1口
出資単位 1口あたり10,000円
一人当たり出資可能上限口数 100口
分配時期 満期時一括

物件のある 薬院エリアは、都心にあるものの静かで住みやすく人気のエリアです。

飲食店なども多く暮らしやすいことに加え、博多駅や福岡空港までのアクセスも抜群で、さらに人口が増えることが予想されています。

物件の需要もより高まる可能性が高いので、人気の案件となっています。

運用期間は6ヶ月と投資しやすく、10,000円からと少額投資可能です。

えんfundingの口コミ・評判

えんfundingでは、「希望の案件に当選した」「運用期間が短くて投資しやすい」など満足の口コミが寄せられています。

えんfundingの評判・口コミをご紹介しますので、参考にしてみてください。

希望の案件に当選した

えんfundingに当選して満足した口コミです。

人気の案件は倍率が高いので、適宜チェックしておきましょう。

運用期間が短くて投資しやすい

えんfundingは、運用期間が6ヶ月と短めの案件が多いので、投資しやすいと感じる方が多いです。

初めての方でも投資しやすい環境が整っています。

えんfundingで資産に関する知識を深められた


えんfundingでは、資産に関する知識を深められます。

リスクを抑えられており、資産を増やせるケースが多いので、初心者の方もチャレンジしてみましょう。

えんfundingのキャンペーン情報について

えんfundingは現時点でキャンペーンを積極的に行っていません。

今後実績が増えるにつれ、キャンペーンが適用される可能性は十分あるでしょう。

えんfundingのポイントキャンペーンのチャンスを逃さないためには、口座開設だけでもしておくのがおすすめです。

口座解説をしておけば、気になる案件やキャンペーンが開催された場合に、すぐに応募できます。

抽選式のキャンペーンの場合スピードが重要になるので、すぐに投資できる環境を整えておきましょう。

えんfundingに関するQ&A

最後に、えんfundingに関するQ&Aをまとめました。

気になる方は、チェックしてみてください。

投資家登録できる条件は?

会員登録できるには条件があり、以下に該当する場合は登録できません。

  • 日本に居住していない
  • 20歳未満
  • 75歳以上

あらかじめ登録できる条件か確認しておきましょう。

投資家登録にかかる日数は?

最短で投資家登録するには、スマートフォンによるオンライン認証を行うのがおすすめです。

オンライン認証であれば、最短2~3日で会員登録できます。

ただし状況やシステムによっては、日数が長引く可能性があるので余裕を持って登録しましょう。

マイナンバーの提出は必要?

事業者は、利益を分配した場合、支払調書を提出しなければなりません。

分配金が5万円を超える場合、個人はマイナンバー、法人は法人番号の記載が必須となります。

そのため、えんfundingを利用する際はマイナンバーの提出が必要です。

投資申し込みはどのようにできる?

えんfundingのマイページにログインすると、ファンド一覧が表示されます。

希望のファンドを選択し、以下の手順で申し込みます。

  1. 電子取引業務に係る重要事項説明書・契約成立前書面を確認する
  2. 申込口数を指定する
  3. 「このファンドに投資する」をクリックする

募集方式によっても申し込み方法が異なります。

迷いがちな初心者におすすめ!

【簡単30秒で気軽に無料相談】
不動産投資会社探しで迷っているのであれば、イエベスト不動産投資を利用してみてはいかがでしょうか?
セミナー参加やユーザーインタビューを通して見つけた100社以上の優良不動産会社から、あなたに合っている会社を厳選してくれます。
複数社を完全無料で一括比較でき、不動産投資の経験がある専任コンシェルジュに相談できるのも魅力です。

えんfundingを利用して不動産投資を始めよう

不動産投資は高額な資金が必要なので抵抗を感じがちですが、不動産クラウドファンディングは少額投資に対応しており、着手しやすいのが魅力です。

福岡をメインに不動産クラウドファンディングサービスを提供するえんfundingには、デザイナーズマンションなど優良案件が多数掲載されています。

元本割れのリスクはゼロではないものの、優先劣後方式の採用や少額投資など、着手しやすい環境を整えています。

えんfundingは人気が高いので必ずしも希望の案件に投資できるとは限らないですが、複数の案件をチェックし、スピード重視で応募しましょう。

えんfundingを利用し、不動産クラウドファンディングにチャレンジしてみましょう。