マンション買取はどこがおすすめ?不動産会社の選び方や高く売るコツを解説!

親から相続した不動産を遺産分割協議のために分割したい、新しいマンションへの住み替え資金を確保するために住んでいるマンションをすぐに売却したいなど、早期でマンションを現金化したいときにで有効なのが、不動産会社による「マンション買取」です。

この記事ではマンション買取について、仲介との違いやメリット・デメリットを解説します。また、買取を依頼する不動産会社の選び方やおすすめ業者、そして不動産一括査定サービスについても記事の後半で触れていきます。

▼無料一括査定依頼▼
※都道府県が選択されていません。
※市区町村が選択されていません。
※ご指定いただいたエリアへのお問合せは、現在取り扱っておりません。

※リンク先の売却査定/買取査定は、当社提携先の株式会社NTTデータ スマートソーシングのサービスページになります。

マンション買取と仲介の違い

マンション買取と仲介の違い

まずはマンション買取について、理解しておきましょう。

マンション買取と仲介はどのような点に違いがあるのか、それぞれのメリット・デメリットを解説します。どちらが優れているということはなく、それぞれ一長一短です。

マンション買取のメリットとデメリット

まずはマンション買取のメリット・デメリットから解説します。

仲介と違ってテレビCMによる宣伝がほとんどない買取について、どのような点が仲介より優れていて、どのような点で劣っているのでしょうか。

マンション買取のメリット

マンション買取のメリットは、以下の5点が挙げられます。

  • 仲介手数料がかからない
  • 素早く現金化できる
  • 内覧の手間が不要
  • 瑕疵担保(契約不適合)責任が免除される
  • リフォームが不要
仲介手数料がかからない

仲介でマンションを売却する際には、成約時に不動産会社へ仲介手数料を支払うことになりますが、マンション買取の場合はかかりません。

売却金額をより多く受け取れるのは嬉しいところですが、一般的に不動産会社によるマンション買取額は相場より低くなるので、必ずしも受け取れる金額が増えるとは限りません。

素早く現金化できる

マンション買取では迅速に売却して現金化できるのも大きなメリットです。

不動産仲介では媒介契約を締結後も買主が現れるまでマンションを現金化できません。

買取であれば不動産会社から提示された買取価格に納得したら、売却活動があっという間に進むので手間もかからないのです。

内覧の手間が不要

マンション買取では取引相手が不動産会社なので、仲介の際に行う購入検討者への内覧対応も不要です。

内覧前は印象を良くするために部屋の清掃をしたり、質問に答えられるように準備も必要なので非常に手間がかかります。

買取であればそのような煩雑な作業からも解放されるのです。また、現在住んでいるマンションを売却する場合に家族に知られたくない方や、賃借人がいるマンションの場合は内覧によって知られてしまうリスクをなくせます。

瑕疵担保(契約不適合)責任が免除される

売却したマンションに瑕疵(欠陥)が見つかった場合に責任を問われることがあり、これを「契約不適合(瑕疵担保)責任」と呼びます。

不動産会社が買主で一般人が売主の場合は、消費者保護の観点から契約不適合責任の免除はできません。

しかし、買主が不動産会社になる取引の場合は、契約時に契約不適合責任を免責する条項を盛り込むこともできるのです。

リフォームが不要

売却前のリフォームが不要なのも、不動産買取の大きなメリットです。

「マンションを高く売るためにはリフォームが必要なのでは?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、不動産買取の場合はリフォームは基本的に不動産買取業者から歓迎されません。

業者はマンションを取得した後に、より高値で再販するためのリフォームを施しますし、リフォーム費用を加味した買取価格を提示してくるためです。買取で売却する際は、余計なリフォームをしないように注意しましょう。

マンション買取のデメリット

続いて、マンション買取のデメリットについてです。現金化しやすかったり、リフォームが不要だったりとよいことばかりに思えるマンション買取ですが、デメリットも存在します。

  • 売却額が相場より低くなりやすい
  • 交渉相手が専門家
売却額が相場より低くなりやすい

マンション買取は仲介と比べて売却(買取)額が相場よりも2~3割安くなってしまうことが多いです。

不動産会社はマンションを買い取った後に内装や設備をリニューアルしたり、不具合個所を修理してから再度販売します。

さらに販売にあたる営業マンの人件費や広告費なども含めた金額を加味して買取価格を算出するため、仲介よりも必然的に売却額は低くなってしまうのです。

交渉相手が専門家

マンション買取では売却交渉の相手がプロである不動産会社になるため、「交渉負け」しやすいというデメリットがあります。

相手は海千山千の専門家ですので、提示する売却額に関する根拠がしっかりしている場合がほとんどです。

言いなりになりすぎないように、事前に相場観や不動産の基礎知識を身に付けておくことをおすすめします。

マンション仲介のメリットとデメリット

マンション買取よりも一般的なのが、仲介です。マンション仲介についても、メリット・デメリットを把握しておきましょう。

買取と仲介、どちらの手段で売却するべきなのか、選択するための判断材料になるはずです。

マンション仲介のメリット

マンション仲介には、以下のようなメリットがあります。

  • 高値で売却しやすい
  • 買主を広範囲から探せる
  • 書類作成を補助してもらえる
高値で売却しやすい

不動産会社がマンションの買主を探す仲介では、買主次第ですが高額での売却が可能になります。

事前のリフォームや丁寧な内覧対応など、高値売却のためにするべきことも多いですが、うまくいけば相場以上の売却も可能になります。

買主を広範囲から探せる

仲介でマンションの売却をする場合、不動産会社が所有者の代わりに買主を探してくれます。

不動産会社は物件の情報を自社や不動産流通機構のシステムを利用して、地元から全国まで幅広いネットワークを駆使して買主を探すため、自分で探すよりも非常に効率的なのです。

書類作成を補助してもらえる

マンションを売却する際には、契約書を始めとするさまざまな書類が必要となります。

どんな書類が必要なのか、把握するだけでも大変ですよね。仲介であれば不動産会社が必要な書類のリストアップから作成補助まで行ってくれます。

マンション仲介のデメリット

マンション仲介のデメリットについても理解しておきましょう。以下の点が、仲介のデメリットとして挙げられます。

  • 仲介手数料がかかる
  • 現金化まで時間がかかる
  • 内見への対応が必要
  • 売却価格が低い物件は力を入れてもらえない
仲介手数料がかかる

不動産会社の仲介でマンションの売却が決まった場合、報酬として仲介手数料と消費税を払う必要があります。

売却価格の3%ほどがかかるため、高値で売れれれば売れるほど、仲介手数料も高くなってしまうのです。

現金化まで時間がかかる

買取の場合は、不動産会社との価格交渉が終われば契約書締結後に早急に現金化できます。早ければ5日以内に決済してくれる不動産会社もあるほどです。

一方の仲介は、不動産会社が買主候補を見つけてきたとしても、そこからの道のりも長いのです。

内見に対応しなければいけませんし、場合によってはリフォームや補修工事も必要になります。

条件交渉も個人間なので時間がかかりますし、最悪のケースでは買主が住宅ローン審査に落ちて白紙に戻ってしまうことすらあるのです。

内見への対応が必要

マンションの購入希望者が現れたら、内覧に対応しなければいけません。

部屋の中を案内したり、アピールポイントがあれば説明しなければならないのです。

売却するマンションに住んでいればまだ良いですが、遠方に住んでいる場合は大きな負担になってしまいます。

マンションによっては売れづらい

マンションを仲介で売る場合、売れにくいマンションもあります。例えば、駅から遠い物件や、そもそも住宅需要が少ない郊外などです。

他にも、築年数が経ちすぎていたり、設備の老朽化が激しい場合も、なかなか買い手がつきません。

設備面はリフォーム工事をするという選択肢もありますが、余分に費用がかかってしまいます。

売却価格が低い物件は力を入れてもらえない

不動産会社は仲介手数料が利益になりますが、仲介手数料は不動産の売却価格が高ければ高いほど上がります。

そのため、高値で売れそうにない不動産の優先度は必然的に下がってしまうのです。

一括査定サイトなどを利用して、あまり高値で売れそうになかったら買取に切り替えるのも1つの方法です。

買取に向いているマンションの特徴

買取に向いているマンションの特徴

マンションを不動産会社による買取で売却を目指す場合、どのようなマンションが買取に向いているのでしょうか。ここでは、仲介よりも買取に向いているマンションの特徴を紹介します。

短期間で売却したいマンション

海外転勤などで遠方へ転居して簡単には戻ってこられない場合、すぐに自宅マンションを売却したいという方もいらっしゃるかもしれません。

その場合、時間がかかる上に内見対応などが必要な仲介よりも、すぐに売却して現金化できる買取の方がベターな選択肢といえます。

また、マンションを相続して兄弟間で分割する場合も現金化してから分配した方がトラブル防止につながります。

遺産分割協議を早期で終わらせるためにも、不動産会社による買取は有効な手段です。

築年数が古く立地が悪いマンション

築年数が古いマンションの場合も仲介より買取が良いケースが多いです。

マンションの購入を検討している人は築年数を重視することが多いため、古いマンションはなかなか買い手がつかなかったり、買い手がついても相場より著しく低い売却金額になってしまったりします。

そのため、物件のポテンシャルを正しく理解している不動産会社による買取のほうが納得のいく売却につながる可能性が高いのです。

長年空き家にしているマンション

仲介で不動産を売却する場合、設備の故障や劣化があると、なかなか買い手が付きません。

空き家に期間が長いマンションだと室内の壁や天井、排水管などに経年劣化が発生していることが多く、敬遠されがちです。

買取であれば、不動産会社はリフォームした上で再販することを前提にしていますので、問題なく買い取ってくれるのです。

不動産最新情報を配信中!

事故物件のマンション

マンションの部屋内で自殺や火災などで死者が発生した物件、いわゆる「事故物件」の場合、仲介で売却しようとすると相場よりも遥かに低い金額でしか買い手がつかないことがほとんどです。

買取であれば不動産会社が事故物件の活用方法を知っており、仲介よりも高値がつくことがあるのでぜひ検討してみてください。中には事故物件を専門に扱う不動産買取業者もあります。

お持ちの不動産(マンション・一戸建て・土地など)の適正な売却価格を調べるなら、NTTデータグループが運営する「HOME4U(ホームフォーユー)」の不動産売却一括査定サービスがおすすめです。


お住まいの都道府県と市区町村を選び、物件の種類を選んでいくだけで、その地域で仲介売却を得意とする不動産会社が自動で選ばれ、最大6社から見積もりをもらうことができます。

全国から厳選した実績豊富な不動産会社に売却を依頼することができるため安心です。

お持ちの不動産(マンション・一戸建て・土地など)の適正な売却価格を調べるなら、NTTデータグループが運営する「HOME4U(ホームフォーユー)」の不動産売却一括査定サービスをご利用ください。

不動産売却一括査定のHOME4U

お住まいの都道府県と市区町村を選び、物件の種類を選んでいくだけで、その地域で仲介売却を得意とする不動産会社が自動で選ばれ、最大6社から見積もりをもらうことができます。

実績豊富な不動産会社に売却を依頼することができるため安心です。。

マンション買取なら一括査定がおすすめ

マンション買取なら一括査定がおすすめ

マンション買取を依頼する不動産会社選びは、売却金額に直結しますが、数多くの不動産会社の中から信頼できる不動産会社を探し出すのは非常に手間がかかる作業です。

そこでおすすめなのが、一括査定サービスの利用です。不動産の面積や立地などの情報を入力するだけで複数の不動産会社から買取の査定を受けられます。

不動産の買取査定は一社だけではなく複数社の査定を比較することで、高額売却の可能性が高まりますし、相場観も養われます。

リビンマッチ買取一括査定

リビンマッチ不動産買取一括査定LP

出典:リビンマッチ

リビンマッチの買取一括査定は、売却したいマンションの立地や面積などの情報を入力するだけで申し込みが完了します。

提携する約2600事業所の不動産会社の内、最大6社から査定が届くので、比較検討した上で訪問査定や買取を依頼する不動産会社を選べるのです。

地方のマンション買い取りにも対応しているため、他の一括査定サービスで買取査定が届かないようなお部屋でも、リビンマッチなら査定が届くこともあります。

また、不動産会社の中には不自然に高い査定金額を提示し、交渉時に大幅な減額をする悪徳業者もいます。

リビンマッチでは独自の基準をクリアした不動産会社のみが登録できるので、悪徳業者に遭遇する確率は低いといえます。

リビンマッチの口コミや評判を詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

LIFUL LHOME’S不動産売却査定

賃貸マンションのCMでおなじみの「HOMES’」を運営するLIFULLが提供する不動産一括査定サービスです。

マンションの立地や築年数、売却希望時期などの情報を入力するだけで、売却査定を受け取れます。

また、LIFULLのおすすめポイントは、不動産会社を選ぶための情報が充実しています。

不動産会社の店舗内観・外観の写真や働いている社員の画像などで会社の雰囲気を知れるほか、不動産会社からのメッセージなども掲載されています。

大事なマンションをおまかせするのですから、査定額以外にも判断材料があるのは安心です。

また、LIFULLで買取を希望する場合は査定依頼の際に買取希望を選択するのですが「家族に知られたくない」「賃借人に知られたくない」という項目にチェックを入れることで、住んでいるマンションの売却査定額をを家族に内緒で調べたり、人に貸しているマンションを秘密裏に売却したりできるのです。

おすすめなマンション買取業者

おすすめなマンション買取業者

ここでは、おすすめのマンション買取業者をご紹介します。

各不動産会社は規模も違えば、得意分野も違います。

また、マンション買取業者の中でも得意なエリアが存在するので、それぞれの特徴を理解した上で、マンション買取業者を選んでください。

三菱地所レジデンス

三菱地所のグループ会社である三菱地所レジデンスは、買取サービスとして「リノレジ」を展開しています。

仲介であればマンション売却まで3~6か月ほどかかるところを、買取サービス「リノレジ」を利用すれば、2週間程度での売却が可能です。

また、なんといってもリノレジのおすすめポイントは、不動産大手デベロッパー最大手の三菱地所のグループ会社であるという安心感です。

強引に買取契約の締結を迫ることはありませんし、分からないことがあれば丁寧に答えてくれます。

大手企業の安心感を求める人には最もおすすめなマンション買取業者といえるのです。

参考:三菱地所レジデンス

三菱地所レジデンスの口コミ

新築の『ザ・パークハウス』の購入資金に充てるために、自宅マンションの売却を検討していたところ、三菱地所レジデンスでも買取をしていることを知りました。新築マンションへの引越しまで自宅の引渡しを待っていただけるので、仮住まいをせずに安心して住み続けることができますし、お引渡もスムーズに行えそうです。すべてお任せできる安心感と、煩わしいことが少なくて済むことから、三菱地所レジデンスの買取を選びました。

煩雑なことをずべて三菱地所レジデンスへおまかせできることに満足している人からの口コミでした。

安心感の中には「ザ・パークハウス」などを展開する三菱地所レジデンスが取引相手であることも含まれています。

スターマイカ

スターマイカは中古マンションに特化した買取業者で、日本全国の主要都市で買取・販売事業を展開しています。

査定から決済まで早ければ1週間ほどで完了するので、遺産分割や住み替えなどで早急に売却したい方には特におすすめです。

また、スターマイカは累計15万件以上の査定を手掛けてきた中で蓄積されたデータベースを駆使して精度の高い査定を行うため、査定額に満足している口コミも多く見られます。

築年数が古いマンションや空室期間が長いマンションの買い取りに対応しているので、仲介では売れづらいマンションを売りたいのであればスターマイカを選択するとよいです。

参考:スターマイカ

インテリックス

関西を拠点とする不動産買取業者のインテリックスは、高額買取とスピード買取を最大の売りにしています。

スムーズにいけば査定から現金化まで48時間という驚異のスピード感は早く不動産を売却したい人には非常に嬉しいですよ。

また、他社では断られるような訳あり物件でも買取対応している上に、買取後は売主の責任は発生しないという点も大きなメリットといえます。

「このマンションは売れるか不安」と悩んでいるようなら、インテリックスへ相談してみるとよいです。

参考:インテリックス

大京穴吹不動産

マンション販売の大手である大京穴吹不動産は「ライオンズマンション」シリーズを全国的に展開しているマンションのプロフェッショナルで、買取にも力を入れています。

室内に残置物がある状態でも買取に対応してくれますし、リフォームも必要ありません。

また、買取保証やリースバックにも対応しているので、所有者の特性に合った買取プランを提示できるのもおすすめポイントです。

参考:大京穴吹不動産

マンション買取の流れ

マンション買取の流れ

ここでは、マンション買取を検討している段階から完了するまでの流れを順番に説明していきます。

全体の流れを把握しておくことで、書類の準備や心の準備もできるようになります。

事前にマンション売却相場を調査

まずは、所有しているマンションがどの程度で売却できそうなのかという、売却相場を調査します。

周辺のマンションで、できれば立地や築年数が近い部屋の売却事例を集めましょう。

他にも、国土交通省が全国各地の土地に定めている「路線価」も参考になります。

情報はWEB上で収集する他、一括査定サービスを利用するのもおすすめします。

簡単な情報入力だけで、複数の不動産会社へ査定を依頼できるので、各社の査定金額を比較することである程度の相場観を養えるのです。

不動産会社へ査定依頼

一括査定サービスなどを駆使して、不動産会社へ査定を依頼します。

マンションの査定には机上査定と訪問査定の2種類があります。

机上査定は物件の立地や築年数、面積などの情報を基に売却額を算出するので、急ぎで査定を受け取りたい場合におすすめです。

一方の訪問査定は、その名の通り実際に売却を検討している物件まで不動産会社の担当者が出向いて、実地調査の上で買取査定額を算出します。

マンションの買い取りの場合は外装・内装や共用部から、設備の劣化具合まで隅々までチェックするので時間はかかりますが、机上査定よりも精度の高い査定額を算出できるのです。

査定内容の説明を受ける

査定を受け取ったら、不動産会社に対して査定金額に関する説明を受けます。

不動産会社が査定額を算出するには、それなりの根拠があります。

どうしてその金額になったのかをしっかりと説明してもらうことで納得して買取契約を結べますし、自らの相場観も養われるのです。

逆に査定額が高かったとしても、担当者が査定の根拠について曖昧な回答しかできないようなら、怪しい不動産会社ではないかと疑った方がよいです。

買取契約を結ぶ

不動産買取の条件交渉で金額が合意したら、不動産売買契約書を締結します。

不動産の所在地や面積、売却金額などの条件や免責事項など隅々まで目を通した上で捺印します。

また、買取契約を締結するまでに印鑑証明や図面、設備一覧表など必要書類を揃えておく必要があります。

不動産会社が必要書類について教えてくれますので、早めに動き出すようにしてください。

決済とマンション引き渡し

契約書の締結が終わったら、売買代金の決済になります。代金は契約時と引き渡し時の2回に分けて支払うことも多いです。不動産会社相手なので、めったなことに不払いという事態には陥らないですが、念のため着金確認をしておきましょう。着金を確認出来たら、最終段階であるマンションの引き渡しです。買取の場合は荷物撤去が不要な場合も多いので、そのまま部屋を明け渡せば完了します。

マンション買取を成功するポイント

マンション買取を成功するポイント

不動産会社による買取でマンションを売却するなら、出来る限り高額で売却したいところです。

そして、ただ不動産会社に依頼するだけではなく、高額売却のためにできることはあります。自分でもここでは、マンション買取を成功させるためのポイントを紹介します。

複数社に査定依頼する

買取査定を依頼する際には、1社だけではなく複数の不動産会社へ依頼することをおすすめします。

1社だけの査定額では、その金額が高いのかどうか判断がつきません。

複数社から査定を取り寄せることで大まかな売却相場がつかめるようになります。

また、それぞれの査定に対して算出の根拠を説明してもらうようにしましょう。

最初だけ高額の査定を出しておいて、交渉に入ったら大幅な減額をしてくる買取業者も存在するため、根拠をしっかり説明できない買取業者は候補から外すのも売却成功へのポイントです。

金額が納得しない場合はしっかり交渉

マンション買取業者から提示された査定額に納得がいかない場合は、簡単に諦めずに粘り強く交渉することです。

なぜその査定額に至ったのかという根拠を説明してもらい、絶対に譲れない最終ラインよりも下の金額では契約しないようにしましょう。

不動産会社側も、どうしても手に入れたいマンションであれば、買取金額の増加を提案してくるかもしれません。

買取業者の口コミをチェック

マンション買取業者を決める際には、会社のホームページをチェックするだけでは不十分です。

基本的にどの買取業者も、ホームページ上では良い情報しか掲載しませんよね。そこで参考にしたいのが、インターネットやSNS上の口コミです。

実際に買取業者を利用してマンションを売却した人からの口コミは、その会社の良し悪しを判断する材料になるはずです。

また、口コミを見るときは良い口コミだけでなく悪い口コミもあえて見ることで、より正確に買取業者の良し悪しを判断できるようになります。

ローン一括返済の金額を注意

マンション買取を希望する方の中には、住宅ローンが残っている状態の方もいらっしゃると思います。

住宅ローンが残っていても買取に対応してくれる業者も多いのですが、一括返済・繰り上げ返済を行うには返済手数料の支払いが必要となることは注意が必要です。

返済手数料を含めたローン一括返済金額が買取金額を超えてしまうことも考えられるので、事前に手数料の額を確認しておきましょう。

買取保証制度も活用

高額買取のためには「買取保証」の利用も検討したいところです。

買取保証とは、仲介で一定期間売却活動を行って売れなかった場合に、あらかじめ取り決めていた金額で不動産会社が買い取るという売却方法です。

売却金額が買取よりも高くなりやすい仲介と、期限を決めて売却活動を終わらせられる買取のメリットを併せ持っているといえます。

60秒で無料査定依頼!

HOME4Uで不動産査定

【高く売れる場所が見つかる!】
HOME4Uが厳選した1,800社と提携し、あなたの不動産査定価格を簡単比較!
※2021年6月現在

マンション買取業者をよく比較しよう

マンション買取は不動産会社選びによって成否が分かれます。

中には相場よりも著しく低い金額で買い取ろうとする悪徳業者も存在するので、不動産会社選びは慎重にしていきたい。

不動産一括査定サイトなどを利用して複数のマンション買取業者から買取査定を受取り、よく比較することが大切です。

表面上の査定額だけで決めずに、買取業者の取引実績や応対する担当者の人柄などを見極めたうえで買取契約を結ぶことをおすすめします。