マンションを早く売りたい!早期売却のいろはをご紹介します!

ライフスタイルの変化で、今住んでいるマンションを売りたいと思ったとき、できれば早く売れてほしいですよね。

新しい家の購入を考えているのであれば、資金の足しにもなるのでなおさらです。

では、どうしたらマンションを早く売ることができるのでしょうか?

この記事では、マンションをできるだけ早く売るためのポイントや、そのための不動産業者選びを紹介していきます。

こちらから査定を依頼できます!

HOME4Uで不動産査定

【あなたの不動産いくらで売れる?】
HOME4Uが実績重視で厳選した1,500社と提携。査定価格を簡単比較!

まずは自分のマンションの相場を調べよう

不動産を早く売るには、まず自分の不動産の今の相場を調べましょう。

その際は必ず、複数の不動産業者に依頼してください。

簡単な査定を出してもらった際には、どうしてその金額になるのか、根拠をしっかり聞いておくことで、今後の価格設定の目安にできますし、その不動産業者の良し悪しがわかったりします。

自分の足で不動産業者を一軒一軒回るのは手間がかかるので、一括査定サイトを利用して時間短縮しましょう。

信頼できる不動産業者と契約する

信頼できる不動産業者とは

マンションを早く売るには、優良な不動産業者に出会うことが必須です。

素早く買主を探すための告知や営業など、積極的に動いてくれる不動産業者を選びましょう。

不動産業者は数多く、売却について得意・不得意があるので、マンションを売却するのであれば、マンションを得意とする不動産業者と契約を結ぶようにします。

不動産一括売却査定ならHOME4U

マンションを早く売るための5つのポイント!

マンションを早く売るための5つのポイント!

マンションに限りませんが、建物は、時間が経てば経つほど価値が下がっていきます。

安く売る羽目にならないために、これからご紹介するマンションを早く売るための5つのポイントしっかり踏まえた上で早めに行動していきましょう。

契約の際の注意点!囲い込みの業者はやめよう

「囲い込み」とは、皆さんの不動産を買いたいと思っている人がいる他社の不動産業者に契約をさせず、自分の会社で抱え込むことです。

どうしてこのようなことが起きるかというと、自分で買主を探せば、売主と買主の両方から「仲介手数料」という報酬を受け取ることができるので、不動産業者からすれば、抱え込みのほうがお得です。

しかしこの方法は、探している間に不動産の価値が下がったり、売却期間が先延ばしになってしまったりと、売主である皆さんにとってはデメリットが多いです。

そのため、両手仲介を提案された場合は、その業者が買主を見つけてくる期間や実績などをしっかりと聞いておいて、納得できる場合はお願いしてみましょう。

契約前に事前に囲い込みがないかを質問しておくと、不動産業者は回答義務があるので、答えてくれます。

1:早く売るためには専任媒介契約を結ぶ

不動産業者との契約には「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3つの契約があります。

それぞれの契約の特徴を説明します。

「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の違い

レインズとは、全国の不動産の情報が集まっている、指定流通機構です。不動産業者はこのレインズを見ておすすめの物件を見つけます。

参考:レインズマーケットインフォメーション|不動産流通機構

時間に余裕がある場合は、一般媒介契約をおすすめしますが、早く売りたいのであれば、信頼できる不動産業者と「専任媒介契約」又は「専属媒介契約」を結ぶようにしましょう。

その理由は不動産業者の積極活動性に差が出てくるためです。

積極性とは

専任媒介契約を結んだ場合、原則として売主は他の不動産業者と契約することができなくなるため、不動産業者が頑張って営業をして、売却が決まった時に確実に報酬を受け取ることができます。

仮に一般媒介契約を結んでしまった場合、ほかの不動産業者とも契約している可能性が出てくるため、どんなに営業をしてもほかの不動産業者に先を越されてしまったら努力が無駄になってしまいます。

そうなる可能性がある以上、不動産業者も積極的に売り出してくれない可能性が出てきます。

仕事である以上頑張ってほしいところではありますが、ほかの専任媒介契約を結んでいるお客さんを優先されてしまうことがあります。

2:売却価格を見直してみる

査定してもらい、実際に売却金額を設定して売り始めて感触が悪ければ、売却価格を見直す必要があります。

不動産というは、「この値段」という決まった価格がなく、同じマンションの部屋や近くのマンションの過去の価格で金額を設定したり、売主と買主での交渉で決めたりします。

良い物件には、毎日、内覧の依頼や間取りなどの詳細を尋ねられます。

もし現在売り出している金額で買主からの話が来ないようであれば、価格を下げてみるのも一つの方法です。

特に同じマンションで部屋を売り出している場合には、数十万~数百万単位で価格を下げることが他よりも早く売却できます。

3:内覧者の印象を良くする。

一生住むかもしれない購入者にとって、部屋の第一印象というのはとても大切です。

内覧したときに部屋の印象が悪いと、それだけで購入をしなくなってしまう可能性があるので、内覧者の印象を良くする方法を説明します。

部屋をできる限りきれいにする。

査定をするだけであれば、部屋のきれいさは関係ありません。

しかし実際に内覧する場合は話が別です。

購入を考えている人はほぼ間違いなく、「内覧」をします。部屋の構造やマンションの周りの環境だけでなく、「部屋のきれいさ」も確認します。

部屋がきれいであれば、値下げ交渉もされず、すぐに住める状態であれば、タイミングによってはすぐに購入してくれることもあります。

実際に、同じマンションの2階と3階で同じ間取りの部屋が売りに出されていた時に、部屋のきれいさが理由で、少し高めの3階のほうが先に購入されました。

部屋のきれいさというのは、内覧者の部屋に対するイメージを決めてしまうので、部屋をきれいにすることが必要です。

ハウスクリーニングを利用しよう

部屋を自分で掃除してもよいのですが、自分ではなかなかきれいにできないことがあります。

そんな時はハウスクリーニングなどのプロに頼むのがおすすめです。

特に汚れが目立つ水回りも含めて1日かからずに数千円で部屋がとてもきれいになるのでお願いしてみましょう。

修繕が必要であれば直す

床の汚れ、畳の傷みや洗面台のヒビなど、掃除ではどうにもならない破損がある状態では、内覧する人の印象があまりよくありません。

そのため修繕が必要な個所は売り出す前に直しておきましょう。

時間が間に合わなければ、内覧者に「引き渡しの前に新品に交換予定です」という旨をしっかり伝えることも重要です。

4:対応をよくする

内覧希望の連絡があったときには、すでに家を出ている場合には不動産業者がすべて行ってくれると思いますが、そういう場合でなければ同伴することがあります。

不動産自体の説明は営業の人に任せたほうが良いですが、例えば近隣の印象、買い物の不安、交通の便など済んだ人にしかわからない情報もあるので、内覧者が不安に思うことを解消してあげましょう。

購入希望が来たらすぐに対応する

部屋を借りるときにも賃貸申込書を送ったことがあると思いますが、マンションの売却でも購入申込書(買付申込書)というものがあります。

購入申込書はマンションを購入したいと考えている人売主に対して、購入の意思表示を行うことです。

こちらは購入する意思があるというだけで、売買契約とは別物です。

対応が遅くなると、撤回することが可能なので、せっかくの売却機会を逃してしまいます。

書類には売主のサイン、印鑑が必要なので、迅速に行動して、正式な売買契約へと進めましょう。

5:売れない場合には「買取」という方法も視野にいれよう

マンションが売れない期間が長くなってきた場合は「買取」という方法があります。

買取というのは、買主が一般人ではなく、法人や不動産業者です。

すぐに買い取ってもらうことができるので、マンションをすぐに現金がすることができます。

しかし、こちらには以下のようなデメリットがあります。

「買取」だと売買価格は下がる

買取は基本的に居住用などを目的とした個人ではなく、投資や転売などが目的の不動産業者や法人が買い受けるため、買取価格は市場価格より7~8割程度の価格になります。

早く現金化できる反面、査定価格や、一般売買価格がそのまま売買金額になることは少ないです。

そのため、「安く売れてもいいからとにかく早く売りたい!」という人でない限りは、おすすめできません。

売却保証(買取保証)をつけると安心

大手不動産業者に多いですが、マンションを売却する依頼を出した不動産業者が、一定期間内に売却契約の成立まで至らなかった際、事前に決めていた買取金額でマンションを不動産業者が購入してくれるシステムです。

この保証を付けることにより、マンションの価値が下がる前にマンションを売りに出すことや、安定した値段で不動産業者が買い取ってくれるので、売主としては安心できます。

まとめ

今回はマンションをできるだけ早く売る方法をご紹介しました。

一般的に3か月以内に売れれば、大成功!といったところですが、そうなるためには、いろいろなポイントがあります。

早く売れるからといって、安くなってしまっては、新しい住まいにも影響がありますので、今回説明したポイントを踏まえて、マンションの売却をめざしましょう。

▼無料一括売却査定はこちら▼
※都道府県が選択されていません。
※市区町村が選択されていません。
※ご指定いただいたエリアへのお問合せは、現在取り扱っておりません。

※リンク先の売却査定/買取査定は、当社提携先の株式会社NTTデータ スマートソーシングのサービスページになります。