土地活用のメリットは?具体的な方法や知っておくべきポイントを紹介

「先祖伝来の土地を持ち続けているものの、特に使い道もなくそのまま放置している」といった方は少なくありません。

また、両親や祖父母から不動産を受け継いだものの、用途が見つからず土地をそのまま遊ばせている、といったケースもあります。

もし、所有している土地を放置しているのなら、土地活用を検討してみませんか。

ここでは、土地活用の具体的なメリットやデメリット、土地活用の方法などをご紹介します。

メリットやデメリットを理解したうえで、自分に合った活用方法を見つけてみましょう。

こちらから最適な土地活用プランを請求できます!

【最大7社に無料でプラン請求】
土地活用を検討するなら最大収益プランが簡単に見つかるHOME4Uの土地活用をご利用ください。土地の節税対策や資産運用による副収入をご検討ならおすすめです。
㈱NTTデータ・スマートソーシングが運営する信頼と安心感、国内最大級1,000万人利用の実績のある土地活用プラン提供サービスです。

土地活用のメリット

土地活用のメリット

土地や建物などの不動産は、持っているだけで費用がかかります。

固定資産税や都市計画税などの納税義務があるほか、管理やメンテナンスなども用意しなくてはなりません。

正しく土地活用ができれば、お金がかかるどころか収益につながることもあります。

まずは具体的なメリットを知っておきましょう。

安定した収入の確保

土地活用にもさまざまな手法があります。

たとえば土地に賃貸アパートやマンションなどを建てて貸し出せば、安定した収入の確保が期待できるでしょう。

現代は、安定した雇用を求めることすら難しい時代です。

誰でもリストラのような目に遭うことがあり、ある日突然収入を失うとことになりかねません。

そのようなときでも安定した収入が見込めるのは、大きなメリットです。

節税になる

土地を所有している方に必ず課せられる税金のひとつが固定資産税です。

固定資産税は、土地を所有しているだけの場合と、土地に家屋や構築物などの償却資産がある場合では税率が大きく異なります。

土地の上にアパートやマンションなどを建てていた方が、特例措置の適用により税金負担を少なくできるのです。

資産として残せる

土地を運用して収益を得るケースでは、資産として残せるメリットがあります。

人によっては、先祖伝来の土地を人手に渡したくない方もいるかもしれません。

売却してしまえば完全に自分の手から離れてしまいますが、賃貸経営などに乗り出せば、あなたの手を離れることはありません。

安定した収入を生み出せるようになれば、資産としての価値も高くなります。

自分の子どもや孫などへ、資産価値の高い土地を残せるのは大きなメリットです。

土地活用のデメリット

土地活用のデメリット

たくさんのメリットがあるため、すぐにでも取り組んでみたいと思った方も少なくないでしょう。

ただし、土地活用にはデメリットや注意ポイントもあるため、覚えておく必要があります。

代表的なデメリットや注意点をお伝えします。

知識とノウハウが必要

土地活用は、土地さえ所有していれば、誰にでも取り組めます。

しかし、収益を生み出せるかどうかは別の問題です。

どのような活用をするかにもよりますが、安定した収益をあげるには、それなりの知識とノウハウが求められます。

法改正や経済状況など、さまざまな最新情報を常にキャッチしておかなくてはいけません。

正しい方法で取り組まなければ、収益を生み出すどころか借金だけが残る可能性もあります。

平等にチャンスはあるものの、成功するには正しい知識とノウハウに則った運用が大前提といえるでしょう。

経営がうまくいかない可能性

「マンションのオーナーになれば楽に安定した収入が得られる」といった話を耳にしたことはありませんか。

実際、このように考えている方は少なくありません。

しかし、賃貸物件の経営はそれほど簡単なことではありません。

土地活用で収益をあげるには駐車場やマンションなど、さまざまな運用方法がありますが、いずれにしても必ず経営がうまくいくとは限りません。

利用してくれる人がいない、空室になってしまったなど、経営を続けるうえではさまざまな困難にもぶつかります。

土地活用からの収益は、必ずしもあがるわけではないということを念頭に置いておく必要があります。

土地活用の具体的な方法

土地活用の具体的な方法

代表的な土地活用方法としては駐車場やアパート、マンションなどの経営があります。

ほかにもコインランドリーやトランクルームといった活用も近年、注目され始めています。

ここでは、具体的な運用の種類とメリット・デメリットをご紹介しましょう。

賃貸アパートやマンション

もっともポピュラーな方法です。自己所有している土地に建物を建築し、賃貸物件として貸し出すことで収益を得ます。

経営が軌道に乗れば、毎月家賃収入が発生するため、不労所得も夢ではありません。

ただし、建物を建築するための費用がかかるのも事実です。

自己資金だけで足りなければ、金融機関から融資を受けなくてはなりません。

建築後も建物のメンテナンス費用も必要です。

入居者が集まり、経営が順調なら問題ありませんが、入居者が見つからず空き室が増えると。

収入はないのに借金は返済しなくてはならない、といった事態に陥ります。

駐車場

更地のままでも始められるのが、駐車場経営のもっとも大きなメリットです。

土地を平らに整地し、駐車スペースのラインさえ引けばすぐにでも始められます。

アパートやマンションほど管理やメンテナンスのコストがかからないのもメリットです。

ただ、マンションなどと違い、収益は低くなりがちです。

場所によっては利用者がほとんどおらず、収益にならないといったこともあるかもしれません。

駐車場経営を止めて元の状態の戻したいと思ったときは、それほど費用がかからず比較的簡単に戻せます。

そのため比較的低リスクの土地運用方法です。

駐車場経営については、こちらの記事でも詳しく紹介しています。合わせて読んでみてください。

コインランドリー

賃貸物件を建てるほどの資金はなく、駐車場にするほどの広さもない、といったケースはコインランドリーが有効です。

狭小な土地でも始められ、初期投資を抑えられるのがメリットです。

また、運用開始後のメンテナンス費用も、アパートやマンション経営と比較すると、人が住んでいない分、安く抑えられるでしょう。

とはいえ、人に利用してもらうことで初めて収益が発生するため、成功するには立地条件が重要です。

その場所が田舎なのか、比較的都心なのか、あるいは独身者と既婚者どちらが多いのか、など事前のエリアマーケティングも必要になるかもしれません。

学生街や1人暮らしの方が多いエリアなら、比較的容易に利用者を獲得できるでしょう。

一度利用してもらえばリピーターになる可能性が高いサービスですが、利用者がほかに流れないよう、常にサービスや価格の改善なども考える必要があります。

トランクルーム

荷物を預けるときに便利なトランクルームですが、近年ではトランクルーム運用に乗り出す企業やフランチャイズオーナーも増えてきました。

個人でトランクルームを設置する方法もありますが、最近では土地ごと一括で企業に借り上げてもらう、またはフランチャイズオーナーになるといった手法がトレンドです。

一括借り上げの場合は、リスクはほとんどありません。

設置から運用まで専門業者が行ってくれるため、安定した収益が期待できます。

ただし収益をさらにあげようとすると、初期投資が必要であったりロイヤリティなどの支払いも発生したりします。

空き状況の変化によって収益が不安定になるといったデメリットもあります。

土地の売却

「土地に何の思い入れもない」「完全に手放してしまいたい」と考えているのなら売却の検討も候補として考えましょう。

土地を売却すれば、ある程度大きな金額を一度に手に入れられるメリットがあります。

売却すれば、固定資産税などの支払い義務もなくなります。

しかし、まとまった額を手に入れられるメリットはあるものの、継続して収益を得ることはできません。

思ったよりも高く売れない、あるいは売れるまでかなりの時間を要する、ということも想定しておく必要があるでしょう。

商業施設

所有する土地に建物を建築し、商業施設として貸し出す方法です。

たとえばコンビニなどの比較的小さなものから、ロードサイド店舗、事業用施設、ショッピングモールなどの大型施設までさまざまです。

このケースでは、企業への貸し出しになることがほとんどでしょう。

高い賃料を設定できるため、高収益が期待でき、得られる収益が大きくなる傾向があります。

その一方で企業の撤退などで収益が急激に落ち込む場合がある点は要注意です。

長期契約になることがほとんどなので、後から違う活用法に変更したいと思ってもすぐには軌道修正できません。

高いお金を出して建設したものの、入居する企業が見つからないといったリスクもあります。

こういったリスクはアパートやマンション経営と同じです。

建築にかかるコストは高くなる傾向がありますが、高収益も期待できるため、リスク覚悟で高収益を得たい人に向いているでしょう。

必要な資金は?

必要な資金は?

どの手法を選ぶかで、必要な資金が変わってきます。

アパートの運営にしても、物件の大きさやデザイン、設計などでコストは違ってきます。

では、資金がないと土地活用は始められないのかというと、そんなことはありません。

資金がまったくなくても、始めることは可能です。

これは土地を一括して借り上げてもらう方法や、信託銀行に運用を任せるケースなどが該当します。

また、現在では手軽に土地活用が始められるサービスも登場しています。

駐車スペースを活用したい人と、利用したい人とをつなげるサービスなどを利用すれば、比較的安価に土地活用に取り組めるかもしれません。

どこに相談すればいい?

どこに相談すればいい?

これから土地活用に取り組んでみたいという場合は、まずは誰かに相談するところから始めましょう。

失敗しないためには、一定の知識やノウハウも必要であり、正しい方法で取り組むことが肝心です。

専門的な知識や最新情報を有する人に相談するのがベターでしょう。

では、いったいどこに相談すればよいのでしょうか。

ハウスメーカーや工務店

アパートやマンションの経営を考えているのなら、ハウスメーカーや工務店へ相談しましょう。

ハウスメーカーによっては、賃貸向けの商品をラインナップに加えていることもあります。

駐車場経営の場合は、不動産会社への相談がおすすめです。

普段からお世話になっている不動産会社があるのなら、担当に相談してみましょう。

また、コインパーキング運用の専門業者もいるため、そちらもあわせて検討してください。

専門業者

コインパーキングやトランクルーム、アパートなどの土地活用に特化した企業もあります。

こうした専門業者は確かなノウハウを持っているため、相談先にぴったりです。

専門業者をパートナーにするのなら、サポート体制やネット上の口コミ、評判などもあわせてチェックしておきましょう。

金融機関やFP

土地に建物を建てるケースは、初期投資の費用が必要です。

自己資金で賄えない場合は、金融機関から融資を受けなくてはなりません。

選択する活用法によっては、まず金融機関に相談するのもよいでしょう。

ファイナンシャル・プランナー(FP)もお金に関するエキスパートのため、相談先としてはおすすめです。

直接的な活用のアドバイスは期待できませんが、運用における収支の試算などをしてもらえます。

まとめ

土地活用には、たくさんのメリットがあるのは確かですが、リスクもあることを覚えておかねばなりません。

また、活用方法ごとのメリット・デメリットにも違いがあります。

取り組む前にそれぞれの特徴をよく理解しておきましょう。

土地活用で失敗しないためには、正しい方法で取り組むことが何より大切です。

いきなり1人でチャレンジして失敗してしまわないように、まずは専門業者や不動産会社などに相談することをおすすめします。