空き家を放置し続けるリスクは?考えられるリスクと対策を解説

空き家を所有し続けることには、さまざまなリスクがあることをご存じでしょうか。

親から受け継いだ家や、長く慣れ親しんだ住宅から離れてしまい、長いあいだ放置してしまうといったケースは意外に少なくありません。

空き家を放置してしまうと、自身だけでなくまったく関係のない第三者に迷惑をかけてしまうリスクもあります。

ここでは、空き家を所有することで生じるリスクや、具体的な対策などをご紹介します。

空き家を何とかしたいと考えていた方は、ぜひ参考にしてください。

こちらから最適な土地活用プランを請求できます!

【最大7社に無料でプラン請求】
土地活用を検討するなら最大収益プランが簡単に見つかるHOME4Uの土地活用をご利用ください。土地の節税対策や資産運用による副収入をご検討ならおすすめです。
㈱NTTデータ・スマートソーシングが運営する信頼と安心感、国内最大級1,000万人利用の実績のある土地活用プラン提供サービスです。

空き家になる原因

空き家になる原因

現在の日本は、少子高齢化社会といわれています。

実は、これが空き家が発生する原因のひとつとも考えられています。

また、家を相続する人がいない、解体する費用がないといったことも原因として挙げられるでしょう。

ここではまず、主だった原因をピックアップして解説します。

少子高齢化

少子高齢化が進んだことにより、空き家が増えてきたといわれています。

もともとその家に暮らしていた方が高齢になって、介護施設などで生活をするようになり、暮らしていた家が空き家のまま放置されるといったケースは少なくありません。

家族がいる方なら、もとの家主に代わって住宅を管理することも考えられますが、そうでない方の場合はそのまま放置されることになります。

介護施設などに移って、もとの家をきちんと処分する方もいますが、空き家のまま放置している方も珍しくありません。

相続する人がいない

家主が亡くなった場合、親族が家を相続するケースが多いでしょう。

しかし、そもそも相続する親族がいないと、誰も空き家を相続しないという事態に陥ります。

また、「すでに自分の家を所有している」「古い家には興味がない」などの理由で身内が相続を拒否することも考えられます。

遺産相続するにしても、親族全員の合意を取り付けることができず、話が進まないまま家が放置されてしまうケースもあるでしょう。

解体の費用がない

あまりにも古い住宅の場合は、解体するのもひとつの手です。

しかし、家を解体するとなると、それなりの費用がかかるものです。

家財道具を建物から出す必要があり、専門業者に依頼して解体してもらわなくてはならず、費用に加えて時間も手間も取られます。

解体に必要となるまとまったお金が用意できず、そのまま放置してしまうケースも多く見られます。

特に高齢の方の場合は、預貯金が十分になかったり、金融機関から融資を受けようとしても断られたりしやすいため、現実的に解体が難しいケースが多く発生しているのです。

こんなにある空き家のリスク

こんなにある空き家のリスク

そもそも、空き家のまま放置することにどのようなリスクがあるのでしょうか。

人によっては「そのままにしておいても特に問題ないのではないか」と考える方もいるかもしれません。

しかし、人の住んでいない住宅を放っておくのは、さまざまなリスクがあります。

詳しく見ていきましょう。

放火される

悪意のある人によって放火されるリスクが考えられます。

いかにも人が住んでいないように見える建物は、放火犯にとっては絶好の標的です。

古い木造住宅では火の手がまわりやすく、あっという間に焼失してしまう恐れがあります。

しかも、人が暮らしていないため、火の手が上がったとしてもなかなか気づけません。

その家だけが燃えるのならまだしも、近隣の家に燃え移ったとなると大変です。

場合によっては賠償の責任が発生することもあります。

犯罪の温床に

人の住んでいない建物には、不法に侵入する輩も出てきます。

空き巣狙いで侵入を試みる者もいれば、不法に住み着こうと考える者もいるかもしれません。

周りからシャットアウトされた空間のため、犯罪グループの拠点として使用される可能性もあるでしょう。

もし、犯罪グループが検挙されたとしても、家の持ち主として、あなたに対しても警察の事情聴取が行われる可能性もゼロではありません。

近所の人たちから、犯罪組織に関わりのある人間だと思われてしまうのは避けたいところです。

瓦や外壁材などの飛散

長らく放置し続けた住宅は、いたるところが老朽化している可能性があります。

瓦や外壁材などが剥がれ、風で飛ばされやすくなっているかもしれません。

普段は何とか持ちこたえていても、風の強い日や台風のときなどに、それらが周囲に飛散する恐れがあります。

ただ飛散するだけならまだしも、瓦や外壁材などが通行人に当たり、ケガを負わせるリスクが考えられます。

打ちどころが悪ければ死者を出してしまうかもしれません。

また、飛散した物が近隣の車や家などにぶつかり、傷などをつけると、賠償責任が発生する可能性があります。

倒壊のリスク

老朽化の進んだ住宅は、倒壊の危険性もはらんでいます。

土台や柱などの構造木材が腐食し、いつ倒れてもおかしくない状態に陥るかもしれません。

その兆しがあるなら事前に対策もできますが、何の前触れもなく突然倒壊するといったケースも十分考えられます。

建物が倒壊すると、周辺の住民にも影響を及ぼします。

倒壊の衝撃で瓦や外壁材などが飛散したり、粉塵が巻き起こって車や洗濯物などがひどく汚れてしまったりする可能性もあります。

これくらいで済めばまだよいのですが、人を巻き込んでしまったとなると大変です。

近くを通った人が、崩れ落ちてきたがれきの下敷きになってケガを負ったり、命を失ってしったりするかもしれません。

このケースでももちろん賠償責任が発生する恐れがあります。

害虫や害獣の発生

管理する人が誰もいない家は、衛生環境が悪くなりやすいため、自然と害虫や害獣などが発生しやすくなります。

害虫や害獣が住み着くと簡単には駆除できません。

さらに、繁殖力が高いため数がどんどん増える恐れもあります。

当然、その家だけに留まらず、近隣の住民にも悪影響を及ぼす可能性があるのです。

景観が悪くなる

著しく劣化の進んだ住宅をそのまま放置してしまうと、周囲の景観を損ねてしまいます。

すでに家を離れている本人はまったく気にならないかもしれませんが、近くに住む人たちにとっては不快な事態です。

景観を損ねるという理由で、市役所やあなた本人に苦情が入る可能性もあります。

もしかすると、地域の人々から解体などの処分を検討するよう、強く申し入れられることもあるかもしれません。

リスクを減らすには

リスクを減らすには

空き家をそのまま所有し続けることで、さまざまなリスクが生じることが理解できたのではないでしょうか。

では、こうしたリスクを軽減・解消するには、いったいどうすればよいのでしょうか。

方法としては、建物の解体や売却、管理サービスの利用、賃貸物件にする、などが考えられます。

解体する

解体して更地にすれば、考えられるさまざまなリスクを軽減できます。

更地にすることで、駐車場として貸し出したり、土地を誰かにレンタルしたりすることも可能になります。

解体を検討するなら、まずは費用の見積もりを出してもらいましょう。

建物のある地域を営業圏内とする業者をピックアップし、複数社から見積もりをとります。

工事内容や価格を比較検討して選ぶのがおすすめです。

工事は、解体を専門とする業者やリフォーム会社、工務店などで請け負ってもらえます。

売却する

自身で空き家を所有し続けると、何かあったときに責任を負う可能性があります。

それを回避する方法として、物件の売却が挙げられます。

売却してしまえば、自分の家ではなくなるため、売却後の賠償責任は発生しません。

「そもそも、空き家が売れるのか」といった疑問を持つ方も少なくないでしょう。

もし、そこまで老朽化が進んでいないのなら、売却は十分可能です。

老朽化が進んでいても、土地付きで手放すなら高値で売却できる可能性は十分あります。

売却を検討するなら、空き家の扱いに長けた不動産会社に相談しましょう。

実績のある業者であれば、よいアドバイスがもらえる可能性があります。

空き家管理サービスの利用

現在では、管理する人のいなくなった住宅のメンテナンスを代行してくれるサービスも登場しています。

サービスの内容は企業によってさまざまですが、定期的な巡回と清掃、空気の入れ替えなどが代表的です。

こうしたサービスを利用すれば、空き家から離れてしまっても状況を把握しやすくなります。

管理する人のいなくなった家は、どんどん老朽化が進みますが、そのリスクを回避できるのが人気の理由です。

老朽化に伴うさまざまなリスクについても、兆候を事前に察知してもらえるため、最悪の事態を回避できるでしょう。

デメリットとしては費用がかかることですが、中にはリーズナブルなプランを用意している会社もあります。

貸し出す

自分の代わりに誰かに住んでもらうことで、家のコンディションを良好に保てます。

放火や犯罪の温床になることを防ぐ効果も期待できるでしょう。

貸し出すことを検討するなら、不動産会社への相談がおすすめです。

ただ、老朽化の進んだ家では借り手が見つからない可能性があるため、リフォームやリノベーションが必要になるケースもあるでしょう。

あまりにも費用が大きすぎる場合だと、現実的ではないかもしれません。

予算と希望のすり合わせなども含めて、不動産会社に相談してみましょう。

まとめ

空き家のまま放置し続けるのは、犯罪や倒壊など、さまざまなリスクがつきまといます。

自分だけでなく、周りの人たちを不幸にしてしまう恐れもあるため、なるべく早めに対策を講じたほうがよいでしょう。

相続する人がおらず、収益も求めないのなら、解体や売却などがよいかもしれません。

少しでも活用して収益にしたい場合は、貸し出すことも視野に入れましょう。