空き地・空き家をどうしよう?と悩んでいる方に!おすすめの記事まとめ

空き地・空き家をどうしよう?と悩んでいる方、知りたい方におすすめの記事をまとめてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

▼無料一括売却査定はこちら▼
※都道府県が選択されていません。
※市区町村が選択されていません。
※ご指定いただいたエリアへのお問合せは、現在取り扱っておりません。

※リンク先の売却査定/買取査定は、当社提携先の株式会社NTTデータ スマートソーシングのサービスページになります。

空き家を放置し続けるリスクは?考えられるリスクと対策を解説

空き家を放置し続けるリスクは?考えられるリスクと対策を解説

そもそも、空き家を所有し続けることには、さまざまなリスクがあることをご存じでしょうか。

親から受け継いだ家や、長く慣れ親しんだ住宅から離れてしまい、長いあいだ放置してしまうといったケースは意外に少なくありません。

しかし、空き家を放置してしまうと、自身だけでなくまったく関係のない第三者に迷惑をかけてしまうリスクもあります。

どんなリスクと対策があるのか、解説しています。

空き家の固定資産税はいくら?計算方法と節税方法をプロが解説

空き家の固定資産税はいくら?計算方法と節税方法をプロが解説

土地や建物を所有している人は毎年「固定資産税」を納めなければなりません。

住んでいる土地や家に固定資産税がかかることはもちろんのこと、空き家の場合も例外なく、所有者は固定資産税を支払う義務があります。

この記事では、空き家の固定資産税についての基礎知識や、固定資産税を軽減する方法についても詳しく紹介しています。

不動産一括売却査定ならHOME4U

空き家管理の注意ポイント解説|空き家を放置するリスクとは?

空き家管理の注意ポイント解説|空き家を放置するリスクとは?

空き家の管理方法が分からず困っているという方にはこちらの記事もおすすめです。

適切な管理方法を知らないと、空家の劣化を早めてしまったり、近隣の方に迷惑をかけてしまうこともありますので、ぜひ参考にしてください。

お持ちの不動産(マンション・一戸建て・土地など)の適正な買取価格を調べるなら、NTTデータグループが運営する「HOME4U(ホームフォーユー) 不動産売却」の一括査定サービスをご利用ください。


お住まいの都道府県と市区町村を選び、物件の種類を選んでいくだけで、その地域で仲介売却を得意とする不動産会社が自動で選ばれ、最大6社から見積もりをもらうことができます。

実績豊富な不動産会社に売却を依頼することができるため安心です。
高く売りたい方は訪問査定を選びましょう。

お持ちの不動産(マンション・一戸建て・土地など)の適正な買取価格を調べるなら、NTTデータグループが運営する「HOME4U(ホームフォーユー) 不動産売却」の一括査定サービスをご利用ください。

不動産売却一括査定のHOME4U

お住まいの都道府県と市区町村を選び、物件の種類を選んでいくだけで、その地域で仲介売却を得意とする不動産会社が自動で選ばれ、最大6社から見積もりをもらうことができます。

実績豊富な不動産会社に売却を依頼することができるため安心です。
高く売りたい方は訪問査定を選びましょう。

空き家の売却方法を徹底解説|売却にはどのような費用が必要?

空き家の売却方法を徹底解説|売却にはどのような費用が必要?

相続した空き家をどうすればよいのか、自分が子どもの頃に住んでいた家だと思い出も多く、売却に踏み切れない人もいるかもしれません。

しかし、空き家は適切な管理が必要ですし、そのための費用もかかります。

空き家の売却しようと思ったとき、どれくらいの費用がかかるのか、手順などと合わせて解説しています。

空き家の対策方法を知ろう|放置するリスクやおすすめの相談先など

空き家の対策方法を知ろう|放置するリスクやおすすめの相談先など

空き家にしておくデメリットに気づいていながら、どのように対処すべきか分からず困っている人も多いようです。

空き家を放置するとどのようなリスクがあるのか、その対策も含めて知り、適切な方法で処分を決めましょう。

古い家のリフォームにはいくらかかる?方法別の費用相場を紹介

古い家のリフォームにはいくらかかる?方法別の費用相場を紹介

家は築年数に応じて劣化していくのが一般的です。木造住宅の場合は、30年程度が寿命だと考えられています。

ただし、築年数が30年経つと住めなくなるというわけではありません。

また、建て替えを選ばなくてもリフォームすれば家の寿命を延ばすことが可能です。

空き家になっている古い家をリフォームする方法や、費用などについて紹介しています。

遊休地を活用する12の方法|そのまま放置しておく問題点とは?

遊休地を活用する12の方法|そのまま放置しておく問題点とは?

「遊休地」とは、住宅・農地・駐車場などいずれの用途でも使われていない土地で、直近の利用計画もないものを指します。

遊休地は、所有しているというだけで維持費などもかかるため、できるだけ早く活用するのがおすすめです。

状況に応じて最適な選択肢は異なるため、所有している遊休地の状態や、その他の事情を照らし合わせてみてください。

土地を貸す方法や流れ|トラブルを回避するための注意点を徹底解説

土地を貸す方法や流れ|トラブルを回避するための注意点を徹底解説

土地活用の中には、土地を人に貸す借地事業というものがあります。

借地事業では地主が建物投資をする必要がないというメリットがある反面、ある程度の知識がないと損をしたりトラブルに発展するリスクもあります。

また、契約方法によっては、一度土地を貸すと永久的に返ってこないということもあります。

こうしたことにならないためにも、借地に関する法律知識を知っておくことが大切です。

【解説】農地転用手続きにかかる期間|法的規制や手続きの流れ

【解説】農地転用手続きにかかる期間|法的規制や手続きの流れ

国内の農地は徐々に減少しており、何も作られていない休耕地や、耕作そのものを放棄してしまった農地を目にすることは珍しくありません。

ところが、国は農業を保護する観点から、法律で様々な制限を設けており、簡単には売却することができなくなっています。

とくに、農地を別の使用目的の土地に転用する場合には、適切な申請方法や手続きについて把握しておかなくてはなりません。

転用の可否や申請の流れを知ることで、スムーズな土地活用を目指しましょう。

こちらから査定を依頼できます!

HOME4Uで不動産査定

【あなたの不動産いくらで売れる?】
HOME4Uが厳選した1,500社と提携。あなたの不動産査定価格を簡単比較!※[1500社]2020年5月現在