いつ払えばよい?固定資産税の支払いに関する特集

住まいを購入したら支払う税金として、固定資産税と都市計画税があります。どちらも国の税金ではなく、市町村単位で支払う地方税です(東京都23区内は別の方法です)。

延滞すると延滞金がかかることや、催促にも応じない場合には、家が競売にかけられてしまうこともあります。

この固定資産税と都市計画税にはいくつかの支払い方法が存在します。使いようによっては、支払いが期日に遅れることなく行えることや還元率が高いことがあるので、方法を知っておき、自分の状況に合わせて選択しましょう。

いずれにしても支払いが滞ることがないようにしたいです。そのために支払い時期を含めて必要な知識をつけてみましょう。

この記事の監修者

黄 威翔/宅地建物取引士

黄 威翔/宅地建物取引士

台湾出身。日本で不動産業と出会い、一年目で宅地建物取引士を取得。 地方の不動産会社に長年勤務し、日本全国の中古不動産の売買仲介を担当。日本の方はもちろん、外国の方の対応経験も豊富で様々な視点から日本の不動産市場をご紹介しています。

こちらから査定を依頼できます!

HOME4Uで不動産査定

【あなたの不動産いくらで売れる?】
HOME4Uが実績重視で厳選した1,500社と提携。査定価格を簡単比較!

固定資産税について

まずは、固定資産税と都市計画税について、その税金の概要を解説します。土地や建物などの不動産を所有したら、どのように課税されるのかも知っておくとよいです。

建物や土地に対して課される税金

固定資産税は、戸建てを新築したり、マンションや中古住宅、土地などの不動産を購入後に発生する税金で、その不動産を所有している間、毎年課税されます。

固定資産税は、固定資産税評価額を元にしています。この固定資産税評価額とは、実際に取り引きされた金額ではなく、3年に1度総務大臣が定めた基準を元に、地方の長が決定するものです。実際の価格より建物は4~6割ぐらいで、土地は6~7割ぐらいの金額になります。購入した金額ではない点を注意しましょう。

税率は、その不動産の固定資産税評価額の1.4%です。つまり固定資産税評価額2,000万円の不動産を所有しているときは、次の通りの税金がかかります。

計算式
2,000(万円)×1.4%=28(万円)

実際には減額制度が存在するために、この金額を支払わなくてもよいケースがあります。この税金はその年の1月1日時点での保有者にかかる税金です。詳しくは次の項で解説します。

この固定資産税評価額とは、実際に取り引きされた金額ではなく、3年に1度総務大臣が定めた基準を元に、地方の長が決定するものです。実際の価格より建物は4~6割ぐらいで、土地は6~7割ぐらいの金額になります。購入した金額ではない点を注意しましょう。

維持コストの一つ

固定資産税とこれから紹介する都市計画税は、その不動産の維持費として、資金計画に計上しておきましょう。

新築の物件にかかる税額を試算する場合は、不動産業者に尋ねてみましょう。正確な金額は自治体が決定しますが、おおよその金額を教えてくれるはずです。

中古の物件の場合には、元の所有者に聞くと教えてくれます。中古物件の場合には、のちのち日割りで固定資産税を支払うことになるので、遠慮なく聞いてしまいましょう。正確な金額を知るには、納税通知書にかかれている不動産評価額の欄を見てみるとよいです。

黄 威翔/宅地建物取引士
黄 威翔/宅地建物取引士

中古物件の場合、固定資産税は固定資産税の通知書および納税証明書を見せてもらう(コピーをもらう)ことで確認します。

都市計画税と一括で支払う

東京都23区内など市街化地域に住まいをかまえると、固定資産税と共に都市計画税がかかります。この都市計画税も固定資産税評価額を基準にして、その地域の税率(東京都23区内は0.3%)が課せられます。

例えば、東京都23区内で、固定資産税評価額が2,000万円のマンションの都市計画税は、次の通りです。

計算式
2,000(万円)×0.3%=6(万円)

都市計画税は、固定資産税と一緒に納付書がきて、同時に支払うことが多いです。

市街化地域以外の箇所では支払う必要がありません。調べる方法は、中古の物件なら元の持ち主に聞く方法や、不動産業者に聞く方法があります。また新築の場合には、役所や役場で調べることができます。

黄 威翔/宅地建物取引士
黄 威翔/宅地建物取引士

新築の固定資産税をあらかじめ調べたいのであれば、その土地の固定資産評価額や建物の総建築費から算出するしかないかと思います。正式な額は、家屋調査後に決定されます。

参考:固定資産税・都市計画税(土地・家屋)|東京都主税局

固定資産税はいつから支払い義務が発生する?

固定資産税はいつから支払い義務が発生するのでしょうか? 支払う基準と注意点について知っておきましょう。

市街地では都市計画税も一緒に支払う必要があります。市街化地域に住まいを構えると、固定資産税と同じように必要になります。

1月1日時点の所有者かどうかで変わる

固定資産税は1月1日時点で所有している人にかかる税金です。例えば、1月15日に土地の売買契約が成立した場合には、元の持ち主に固定資産税の請求がいきます。よって支払い義務は元の持ち主にあります。

新しい持ち主に支払い義務が生じるのは翌年度からです。固定資産税の請求が届くのも翌年度からです。

新築の場合には、建物の登記が済んだら、調査員が家に調査しに来ます。その調査によって固定資産税評価額が算出され、翌年から支払い義務が生じることになりますが、あくまで1月1日時点の状態で課税される税金です。

ただし、新築の物件は、土地と建物共に大幅な減額措置があります。

例えば、土地を前年の10月に購入し、建物が完成したのが新年を過ぎると、固定資産税は、土地が更地として課税されます。この場合には、減額措置が無いので、税額が結果的に高くなるケースが多いです。この辺りに関しても、土地購入の際に不動産業者に尋ねて確認しておくとよいです。

黄 威翔/宅地建物取引士
黄 威翔/宅地建物取引士

建て替えの場合は、一定の条件を満たせば減額措置を受けることができます。

参考:固定資産税・都市計画税|三井住友リアルティ

中古物件の場合は特例もある

中古物件の場合には、売買契約が成立した年の1月1日時点での所有者に納税義務があります。

つまり、1月1日以降に持ち主が変わった場合、元の売主に納付書が行き、納付義務が生じます。この場合、売売買契約書に持ち主が変わった日付以降の固定資産税を日割りで払う旨を記載していて、売買金額に上乗せする形で支払うことが通例です。

ただし特例もあり、どうしても物件を売りたい場合などは、交渉によって売主側が支払いをしてくれるケースもあります。買主側は信頼できる不動産業者に尋ねておき、売買交渉の際には固定資産税も含めて確認しておくとよいでしょう。

納税時期と支払い義務が発生する期日が異なるため注意

支払い義務が発生するのは1月1日時点ですが、納税時期は異なります。次の表は、2019年の東京都23区の納税時期です。

納付期 期限(支払い末日)
第1期 2019年7月1日
第2期 2019年9月30日
第3期 2019年12月27日
第4期 2020年3月2日

一括の支払いの場合には、2019年7月1日までが期日です。年をまたいで支払うことになるので、混合しがちですが、正確に理解しておきましょう。ちなみに東京都では、6月初旬に納付書が送られてきます。

各自治体により支払い期日は異なります。窓口に問い合わせ確認するようにしましょう。  

不動産一括売却査定ならHOME4U

固定資産税の納付書はいつ送られてくる?

固定資産税の納付書はいつ送られてくるのでしょうか? いくつかの自治体の例を見てみましょう。

4月から6月ごろに届く

いくつかの自治体の固定資産税納付書が送付される時期をまとめてみました。

自治体 発送日(2019年)
東京都 6月1日
相模原市 5月1日
久喜市 5月初め
松山市 4月上旬

このように自治体により大きく異なります。納付日も同様に異なります。最初の納付日は発送日の1カ月後になっていることが多いです。

詳しくは、固定資産税を支払う不動産のある自治体のホームページをご覧ください。

税金関係の項目に大抵記載されています。予算の関係上、その年の3月頃に決まることが多いので、3月末ごろに確認しておくとよいでしょう。特に、複数の自治体で不動産を持っている方は、それぞれ払い漏れが無いように、納付日をチェックをしておくことをおすすめします。

届かなければ窓口に問い合わせを

表にもあるように東京都が一番遅く、6月初旬です。この時期になっても固定資産税納付書が届かない場合には、住所などに漏れがあったり、役所の手続きに問題があるケースがあります。それぞれの自治体によって窓口が異なりますが、税金関係を担当する部署に電話をして確認してみましょう。

多いケースは、引っ越しをしてその先の住所を伝えていなかった例です。

大抵の場合には、住民票を移した住所に送られるので、手続きが不要のケースが多いですが、自治体により対応が異なります。不安な場合は確認しておくとよいでしょう。

固定資産税の支払い方法

固定資産税の支払い方法のさらに詳細は以下の通りです。

支払い方法 メリット デメリット
窓口現金支払い 領収書がもらえる
  • 窓口に行く手間がある
  • 払い忘れが起こる
口座振替
  • 払い忘れがない
  • 窓口に行く手間がない
  • 領収書がもらえない
  • 口座の残高に注意
ペイジー支払い
  • 窓口に行く手間がない
  • インターネットなどでは365日24時間支払いに対応
  • 領収書がもらえない
  • ペイジー対応のATMに行く必要がある
クレジットカード支払い
  • カードのポイントが貯まる(※)
  • 窓口に行く手間がない
  • 領収書がもらえない
  • ※手数料がかかりポイントの還元率を相殺してしまう(多くの場合は手数料の方が高い)
電子マネー支払い

ポイントがダブルで貯まる

  • 手間がかかる
  • 窓口に行く必要がある
ファミペイなどでの支払い
  • 還元率が高い
  • 魅力的なキャンペーン
  • 窓口に行く必要がある
  • 導入している自治体が少ない

このようにいくつかの支払い方法があります。支払方法についてより詳しくみてみましょう。

一括支払いと分割支払いが選べる

固定資産税納税通知書は、5枚一括で送られ、それには一括払い用が1枚と、4回払い用が4枚入っています。一括払いは4回払いの1回目の期日になっています。一括払いをしたからといって割引になる制度は、廃止されました。期日以前に支払った前払いの制度もそれと同様で、支払い金額が変わることはありません。

一括払いのメリットは支払いに手間がかからない程度ですので、分割払いの方が1回に支払う金額が少ない分、負担感が少ないと言えるでしょう。一括払いの場合には、他の4枚の用紙は不要です。同様に4回払いの場合には一括払いの用紙は不要です。

納付書は所定の住所に納付されます。ちなみに、東京都から引っ越しをして、住所が変更になった場合には、「固定資産税・都市計画税納税通知書送付先変更届」を管轄する区役所に提出します。

また、海外転勤の場合には、「納税管理人申告書」を区役所に提出しておきます。

他の自治体ではそれぞれ対応が異なるので、引っ越しをする際には確認しておきましょう。

コンビニや郵便局など窓口支払い

1つ目の支払い方法は、コンビニや郵便局、各金融機関などの窓口で支払う方法です。現金での支払いのみになります。

メリットは、領収書と受領書を受け取ることができる点です。しかし、税務関係で計上できるわけではないので、あまり大きなメリットであるとは言えません。税務調査が入った時にその証明として使えるくらいです。

また、コンビニや郵便局などでの窓口支払いには、窓口に出向かないといけない点や、払い忘れがあるという点がデメリットであると言えるでしょう。

口座振替による自動支払い

2つ目の支払い方法は、口座振替による自動引き落としです。自治体の多くはこの方法を推奨しています。なぜなら手数料もかからず、一度登録すると継続的に口座振替での支払いが可能だからです。

口座振替に変更するには、納付書に同封される「口座振替依頼書」、または金融機関で「市税口座振替依頼書」を提出して登録します。

メリットは、支払いが自動的で窓口に行く手間がない点と、支払い忘れることがない点です。デメリットは領収書が発行されないことと、指定口座の残高に注意しないといけない点です。

もしも、口座から引き落とせなかった場合には、後日送付される納付書を使って、コンビニや銀行などの所定の窓口で支払います。

その後は、その年度の支払いは納付書で行うようになり、自動振替にすることはできません。再び次の年の支払いの納付書が送付された時に、口座振替を申し込むことになります。

支払い期日前には、指定口座の残高を確認するようにして、支払い漏れが無いようにしましょう。

ペイジー対応ATMなどペイジー支払い

3つ目の支払い方法は、ペイジー対応のATMやインターネットバンキング、モバイルバンキングで支払う方法です。

この方法が使えるのは、ペイジーマークのついている納付書に限られます。ペイジーで支払う場合には、納付書を手元に用意し、次の項目を入力する必要があります。

  • 各自治体収納機関番号
  • 数字12桁の納付番号
  • 数字6桁の確認番号
  • 数字3桁の納付区分

メリットは、手数料がかからず、窓口に行く手間が無いことです。コンビニのATMはペイジー対応になっていないので注意しましょう。各自治体にあるATMはペイジーが使えるようになっています。

インターネットバンキングやモバイルバンキングでは、金融機関ホームページよりペイジーの欄から支払いを行うことが可能です。365日24時間自分の都合で支払うことができます。

デメリットは、領収書が発行されない点と、払い忘れがある点、さらに金融機関で通帳に記帳をしないと支払った証明にならない点です。また、数字の入力は正確にすることが必要です。

専用WEB上でクレジットカード支払い

4つ目の支払い方法は、インターネットで専用WEBサイトへアクセスするか、Yahoo公共支払いを利用してクレジットカード払いをする方法です。

クレジットカードでの支払いが可能になっている自治体が増えていますが、対応になっていない自治体もありますので、各自治体に問い合わせしてみましょう。Yahoo公共支払いを利用できる自治体は、こちらから確認できます。

参考:Yahoo公共支払い自治体一覧

クレジットカードの支払いのメリットは、ポイントが付く点と、窓口に行く手間がかからない点です。Yahoo公共支払いでは、Tポイントを使用しての支払いもできます。

デメリットは、手数料がかかってしまうことです。各自治体ごとに異なりますが、多くは還元ポイントを上回ってしまいます。したがってポイントが付く点は、おまけ程度に考えておくとよいです。

手間はかかるが電子マネー支払い

5つ目の支払い方法は、nanacoやWAONなどの電子マネーで支払う方法です。nanacoならセブンイレブンで、WAONならミニストップで対応しています。

今後支払いできる電子マネーが増える可能性がありますが、現状はその2点と楽天Edyだけです。ただし、楽天Edyに関しては還元率が0%です。

nanacoとWAONに関しては、それぞれ対応のカードからチャージ(入金)するとポイントが貯まります。

電子マネー 対応コンビニ チャージでポイントがたまるクレジットカード
nanaco セブンイレブン セブンカードプラス
WAON ミニストップ
  • イオンカードセレクト
  • イオン銀行キャッシュカード・デビットカード

nanacoはセブンカードプラスのみチャージ200円ごとに1ポイント貯まります。他のクレジットカードからだとポイントが貯まらないので注意しましょう。

WAONに関してはミニストップで使用可能で、チャージ200円ごとに1ポイント貯まります。また、JMBWAONカードへJALカードを利用してチャージするとマイルが貯まるので、マイルを貯めている方にはおすすめの方法です。

電子マネー支払いでは手数料がかからないので、ポイント分お得になります。

ファミペイなどコード決済

2019年の7月から導入されたのがファミペイでの支払いです。

前は、15%還元キャンペーンが受けることができるなどのメリットがありましたが、現在キャンペーンは終了しています。

納付書のバーコードをスキャンし、コンビニの窓口で支払えます。ただし、コンビニの窓口が対応になっているかをチェックする必要があります。

LINEpayは、渋谷区で対応可能になっています。それぞれの還元率やキャンペーンの詳細を注目するとかなりお得な方法になります。

ただし、現状は導入している自治体が少ないです。窓口に行きバーコードをスキャンしたり、アプリの入っているスマホをQRコードにかざし、支払うだけなので簡単です。手数料もかかりません。

不動産一括売却査定ならHOME4U

支払い期限を過ぎてしまったら

もしも支払い期限を過ぎてしまったらどうしたらよいのでしょうか? 気が付いたときにどう対応したらよいのかを知っておきましょう。

最大で年14.6%の延滞税がかかる場合も

まず支払いが確認できないと督促状が届きます。

この督促状を無視し続けていると、最悪は対象の不動産が競売にかけられることになります。支払期限が過ぎてしまったなどの場合には、自治体の窓口に相談してみましょう。

気が付いたときにすぐに連絡し、督促状が届く前に対応することが大事です。

なぜかというと、督促状はイエローカードのようなものです。度々支払いが遅れている場合には、自治体が柔軟に対応してくれず、相談などを受け付けてくれないケースがあります。

経済的に支払いが困難なケースもあります。病気や事業などの都合によってやむをえない場合には、分納することもできますので、これも自治体の窓口に早々に相談して事情を説明しておきましょう。

相続で不動産を引き継いだ場合にも、支払いの義務は不動産を引き継いだ方になります。

納期限1ヶ月以内に支払いする

延滞金は、1年だと年率14.6%ですが、それよりも間隔が短い場合には延滞金の率は低くなります。

例えば、相模原市の場合は、1カ月以内なら延滞金の割合は2.7%、それ以降になると9%です。14万円の固定資産税を20日間滞納していた場合には、延滞金が207円程度かかります。

納付書はそのまま使える可能性が高いですが、延滞金分は別に納付書が送られてきます。

いずれにしても気が付いたときに担当部署に連絡し、なるべく早く支払うようにしましょう。

次年度から口座振替か一括払いにしておく

納税方法については、できれば口座振替にしておくことをおすすめします。口座振替にしておけば、指定した口座から毎回自動的に引き落とされるので、払い忘れを防ぐことができます。

分割か一括かを選ぶことができますが、手数料が変わるわけではないので、余程の理由が無い限りは、1回の支払いが少ない、分割にしておくとよいでしょう。

先ほども解説しましたが、納税通知書に同封されている「口座振替依頼書」に記入して返送するか、金融機関にある「市税口座振替依頼書」に記入して提出すれば手続きが完了します。

その書類に一括払いか、分割払いかを選択する項目があります。一括払いの場合には、第1期の納期限までに口座に、必要な金額を用意しておかないといけません。分割の場合にも、振替予定日(支払い期限日)の直前になったら、指定口座の残金を確認しておきましょう。

口座振替ができなかった場合には、納付書が別に送られて、その年度は口座振替ができなくなります。    

振込用紙を紛失してしまった場合

もしも振込み用紙を紛失してしまった場合には、自治体の窓口にすぐに連絡しましょう。納付書の再発行はすぐに受け付けてくれます。

ただし、支払い期日は変わらないので注意が必要です。支払い期日が過ぎていたら、延滞金の支払い義務が生じます。

納税は、憲法に定められている国民の義務です。したがって、滞納した税金は最優先課題になります。役所がこれに「柔軟な対応」をとることは、公平・公正の原則からもありえないと考えておくべきです。また、今後同じような事例が起こった場合に、役所は厳しい対応になることがあります。

黄 威翔/宅地建物取引士
黄 威翔/宅地建物取引士

納付書(振込用紙)が届く→税金を納める→納税通知書が届く、という流れです。納付書(振込用紙)は再発行してもらえます。納税通知書は再発行できませんので、名寄せが必要となります。

固定資産税の支払いは円滑に

固定資産税の支払いは円滑に遅れることなく、確実に納付しましょう。

いろいろな納付方法がありますが、不安な場合には、市町村の窓口に相談することが最も確実です。

また、今後電子マネー決済やQRコード決済で便利な方法ができるかも知れませんが、それぞれのメリットとデメリットを比較して、自分に合っている方法を選びましょう。

固定資産税は、不動産の売買に関わらず、その年の1月1日時点での所有で決まります。納付義務は、その時に保有している人になるという点に注意しましょう。不動産を売る際は、このことを加味しておかないと損をします。納税義務を果たせない場合には、財産の差し押さえが行われますので、注意しましょう。

固定資産税の支払いの仕組みをしっかりと理解して、滞りなく支払いを行うようにしましょう。

黄 威翔/宅地建物取引士
黄 威翔/宅地建物取引士

税金の相談やアドバイスができるのは税理士だけです。いくら不動産業者が詳しくても、正式に相談を受けたりアドバイスしたりすることはできません(実際にはしているところが多いのですが)。多くの不動産業者は、提携している司法書士や税理士がいますので、そちらに相談してもらうということになるかと思います。


]]>

▼無料一括売却査定はこちら▼
※都道府県が選択されていません。
※市区町村が選択されていません。
※ご指定いただいたエリアへのお問合せは、現在取り扱っておりません。

※リンク先の売却査定/買取査定は、当社提携先の株式会社NTTデータ スマートソーシングのサービスページになります。