【完全版】土地活用ランキング!様々な視点からトップ5を紹介

賃貸経営やコンビニ経営など、様々な土地活用方法がありますが、種類が多すぎるがあまりに結局何をすれば良いのか絞り切れない方も多いかと思います。

そこで今回は

  • 収益の高さ
  • 始めやすさ
  • 安定性
  • 管理のしやすさ
  • この4つの視点から、おすすめしたい土地活用方法トップ5を紹介していきます。

    「選択肢が多すぎて困っている」という悩みはこの記事で解決するかと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

    この記事の監修者

    黄 威翔/宅地建物取引士

    黄 威翔/宅地建物取引士

    台湾出身。日本で不動産業と出会い、一年目で宅地建物取引士を取得。 地方の不動産会社に長年勤務し、日本全国の中古不動産の売買仲介を担当。
     日本の方はもちろん、外国の方の対応経験も豊富で様々な視点から日本の不動産市場をご紹介しています。

    土地なくても土地活用プランを請求可能!

    【最大7社に無料でプラン請求】
    土地活用を検討するなら、あなたに適したプランが簡単に見つかるHOME4Uの土地活用プラン請求がおすすめです。
    既に土地を所有している方はもちろん、土地がお持ちしていなくても、土地活用プランが請求できます。
    資産運用による副収入や老後の生活を計画している方はぜひお試しください。

    「収益の高さ」で見た土地活用ランキング

    「収益の高さ」で見た土地活用ランキング

    ここでは、「収益の高さ」で見た土地活用ランキングトップ5を紹介していきます。

    賃貸アパート・マンション経営

    1つ目は、「賃貸アパート・マンション経営」です。

    この土地活用方法は、最も高い収益が見込めるため、「とにかく収益重視で土地活用をしたい」と考えている方にぴったりと言えるでしょう。

    しかし、空室リスクを減らすために、想定入居者のニーズに合った建築プランを設計する必要があります。

    手間をかけずに賃貸経営を行いたい場合は、専門の管理会社に管理を委託することをおすすめします。

    戸建て賃貸経営

    2つ目は、「戸建て賃貸経営」です。

    現在は、需要に対して供給が少ないエリアの方が多いため、賃貸アパート・マンション経営と同様に高い収益が見込めます。

    戸建て賃貸は、アパート・マンション経営よりも建設コストを抑えられるのが特徴です。

    また、手放したいと考えた場合、エンドユーザーに中古一戸建てとして売却しやすいのも特徴の一つです。

    駐車場経営

    3つ目は、「駐車場経営」です。

    月極駐車場やコインパーキングにして土地を活用していきます。

    賃貸経営と比べて初期投資が少なく、リスクが低いのが特徴です。

    駅の近くや郊外の住宅地などでは、高い収益が見込めるため、ローリスクハイリターンな土地活用ができる場合もあります。

    土地の貸し出し

    4つ目は、「土地の貸し出し」です。

    コンビニエンスストアや工場など、事業を行っている会社に土地を貸し出すだけなので初期費用がかかりません。

    または、手間がかからないため、比較的楽な土地活用と言えるでしょう。

    それでいて、安定性がある土地活用方法なので、土地の貸し出しは近年注目を集めています。

    トランクルーム経営

    5つ目は、「トランクルーム経営」です。

    変形地や狭小地でも活用可能であると同時に、設置費や維持費が少額で済むのが特徴です。

    フランチャイズや一括借り上げを利用するのが一般的ですが、自営で運営することもできます。

    黄 威翔/宅地建物取引士
    黄 威翔/宅地建物取引士

    住宅地の近くや事務所が多いエリアと相性が良い土地活用方法なので、その周辺でトランクルーム経営を始めれば、高い収益が期待できるでしょう。

    不動産最新情報を配信中!

    「始めやすさ」で見た土地活用ランキング

    「始めやすさ」で見た土地活用ランキング

    ここでは、「始めやすさ」で見た土地活用ランキングトップ5を紹介していきます。

    定期借地

    1つ目は、「定期借地」です。

    基本的に土地を貸し出すだけなので、初期費用がかかりません。

    また、定期借地の種類によっては50年以上の貸し出しで契約を結ぶこともできます。

    そのため、長期間の契約を結ぶことができれば、子どもの代まで収益が続く土地活用方法です。

    空き地に建物が建つため、更地のときと比べて土地の評価額が30%~40%近く下がります。

    節税効果にもなるため、「始めやすさ+節税」を重視する方にはおすすめです。

    駐車場経営

    2つ目は、駐車場経営です。

    駐車場経営は狭い土地でも始めることができ、専門業者に委託すれば、初期費用0円で始められます。

    土地活用方法は「月極駐車場」と「コインパーキング」の2種類に分けられるのですが、固定収入を得たい方は月極駐車場を、高い収益を狙いたい方はコインパーキングを運営すると良いでしょう。

    太陽光発電

    3つ目は、「太陽光発電」です。

    太陽光発電は日当たりさえよければ特に立地や地形は関係ありません。

    産業用の太陽光発電を運営する場合、初期投資は1000万円程度で利回りは10%程度が相場です。

    一度設置すれば20年以上発電が可能なので、長期的な土地活用をしたいと考えている方におすすめです。

    トランクルーム経営

    4つ目は、「トランクルーム経営」です。

    トランクルーム経営といっても様々な種類があるのですが、コンテナを利用した野外型であれば、少ない初期投資で始められます。

    また、維持費も他の土地活用と比べるとそれほどかかりません。

    それでいて、利回り10%~30%が狙えるため、ローリスクハイリターンな土地活用方法と言えるでしょう。

    貸し農園

    5つ目は、「貸し農園」です。

    貸し農園は、庭園がない都市部に住む方々に需要があります。

    基本的に特別な工事を行う必要はなく、土のまま区画だけを分けて貸し出すだけなので、全て自分で行えば少額の初期投資で素早く始められます。

    収益に関しては、1区画当たり5000円~1万円が相場です。

    「収入の安定性」で見た土地活用ランキング

    「収入の安定性」で見た土地活用ランキング

    ここでは、「収入の安定性」で見た土地活用ランキングトップ5を紹介していきます。

    賃貸経営全般

    1つ目は、「賃貸経営全般」です。

    賃貸経営全般は、初期投資に対して平均10%程度の利回りが期待できます。

    仮に、自分が所有している空き地で賃貸経営をするならば、20%程度の利回りも十分狙えます。

    基本的に空室ができない限り、安定した収入が得られます。

    空室リスクを減らしたい場合は、一括借り上げ制度(サブリース)を使いましょう。

    この制度を活用することで、賃貸オーナーは空室に関係なく、毎月一定の家賃収入を得られます。

    コインランドリー

    2つ目は、「コインランドリー」です。

    リピーターになる利用者が多いため、立地だけを間違わなければ、比較的安定して収益を出していけるでしょう。

    いかにリピーターを確保できるかがカギとなってくるため、割引券の発行や洗濯終了メールの送信など、周辺のライバル店と差別化を図りましょう。

    テナント経営

    3つ目は、「テナント経営」です。

    数千円~数億円と多額の初期投資がかかりますが、入居するのは基本的に企業なので家賃滞納リスクが低いのが特徴です。

    また、賃料はアパートよりも高めに設定しても借り手が見つかりやすく、企業の経営状態が良ければ、賃料アップ交渉も比較的通りやすいというメリットがあります。

    高齢者施設経営

    4つ目は、「高齢者施設経営」です。

    これからの高齢化社会を見据えたとき、高齢者施設の需要がなくなることはないでしょう。

    そのため、比較的安定した収益が見込めます。

    しかし、高齢者施設を運営する場合、最低でも200坪以上の広さが必要になるので注意しましょう。

    コンビニ経営

    5つ目は、「コンビニ経営」です。

    基本的にマニュアルが完備されているため、短期間でオーナーになりやすいのが特徴です。

    また、開店後も本部のサポートが続くため、経営に困った時も比較的安心でしょう。

    しかし、バイトが集まらない場合は、オーナーがメインでシフトを入れなければいけないため、副業としてコンビニ経営を行うのは厳しいと言えます。

    「管理のしやすさ」で見た土地活用ランキング

    「管理のしやすさ」で見た土地活用ランキング

    ここでは、「管理のしやすさ」で見た土地活用ランキングトップ5を紹介していきます。

    戸建て賃貸経営

    1つ目は、「戸建て賃貸経営」です。

    戸建て賃貸は一棟貸しになるため、管理の手間がかかりませんし、戸建てを建てるだけなので、初期投資額も抑えられます。

    また、工業専用地域と呼ばれる大規模工場地帯以外であれば、基本的にどこでも建てられるため、比較的建てやすいのも特徴です。

    事業用定期借地権

    2つ目は、「事業用定期借地権」です。

    事業用定期借地権は、事業をしている会社に土地を貸し出す空き地活用方法です。

    土地を貸し出すだけなので、管理の手間がかかりません。

    駅に近い立地や幹線道路など、比較的交通量が多いエリアと相性が良いので、そのエリアであれば、ほぼ管理なしで高い収益が期待できます。

    郊外型店舗

    3つ目は、「郊外型店舗」です。

    郊外型店舗は、一棟貸しが基本なのでトップクラスに管理が楽と言えます。

    幹線道路に面していると同時に、敷地の広さが500~1000坪以上あれば、郊外型店舗がおすすめです。

    太陽光発電

    4つ目は、「太陽光発電」です。

    基本的に設置してしまえば、後はほぼ放置で問題ありません。

    また、誰かに貸しているわけではないので、退去リスクがゼロです。

    唯一の欠点は、収益が日照時間に大きく左右されることなのですが、副業と考えれば、割が良い土地活用方法と言えるでしょう。

    コインパーキング

    5つ目は、「コインパーキング」です。

    管理のしやすさはもちろん、需要があるエリアであれば基本的にどこでもできるのが大きな特徴です。

    同じような土地活用として「月極駐車場」があるのですが、こちらはコインパーキングよりも管理の手間がかかります。

    そのため、管理のしやすさを最優先に考えるのであれば、コインパーキングの方が良いでしょう。

    ランクインしなかったがおすすめしたい土地活用方法

    ランキングの都合上、紹介できませんでしたが、他にもおすすめしたい土地活用方法があります。それは以下の通りです。

  • 資材置き場
  • 自動販売機運営
  • 賃貸併用住宅
  • 売却
  • 黄 威翔/宅地建物取引士
    黄 威翔/宅地建物取引士

    例えば、自動販売機運営は設置から空き缶回収までの全てを、委託した会社に任せられます。

    それでいて売上の20%を受け取れるので、不労所得が得られます。

    あなたに適した土地活用プランが無料で請求

    【最大7社に無料でプラン請求】
    土地活用を検討するなら最大収益プランが簡単に見つかるHOME4Uの土地活用をご利用ください。土地の節税対策や資産運用による副収入をご検討ならおすすめです。
    ㈱NTTデータ・スマートソーシングが運営する信頼と安心感、国内最大級1,000万人利用の実績のある土地活用プラン提供サービスです。

    まとめ

    今回は、様々な視点から土地活用方法をランキングにして紹介してきました。

    簡単にもう一度おさらいしてみましょう。

  • 「収益の高さ」を重視する場合:賃貸アパート・マンション経営
  • 「始めやすさ」を重視する場合:定期借地
  • 「安定性」を重視する場合:賃貸経営全般
  • 「管理のしやすさ」を重視する場合:戸建て賃貸経営
  • 正直、今回紹介できなかった土地活用方法もあります。

    現在は様々な土地活用方法があるため、他にも知りたいと感じた方は、一度不動産会社に相談してみることをおすすめします。