ソーシャルレンディングおすすめ25選!収益を得るポイントも徹底解説!

「ソーシャルレンディングを始めたいけれど、どの会社を選ぶべきか分からない」

「ソーシャルレンディングでは利益を得られるのか?」

ソーシャルレンディングに興味を持っているものの、会社選びなどに不安を感じている方は多いです。

ソーシャルレンディングで収益を得るには、入念な情報収集をした上で信頼度の高い会社を選ぶことが大切です。

本記事では、おすすめのソーシャルレンディング会社や選び方のポイントなどについて解説します。

簡単な少額の不動産投資なら!

【投資家を保護する様々な仕組みあり】
不動産投資が気になるなら、COZUCHI(コヅチ)から始めてみてはいかがでしょうか。1口1万円から不動産投資を始められる不動産クラウドファンディングであり、優先劣後構造など、投資家にローリスクを提供する仕組みを多数用意しています。投資期間中であっても事務手数料3%〜5.5%を支払えばいつでも換金できるため、リスクが少ない不動産投資を少額で始めたい人におすすめです。

ソーシャルレンディングと投資型クラウドファンディングの違い

ソーシャルレンディングは運用方法が「融資」であり、投資型クラウドファンディングは運用方法が「出資」という違いがあります。

ソーシャルレンディングは、投資家からの資金を企業に融資し、得られた利息を投資家へ分配します。

一方、投資型クラウドファンディングは、投資家からの資金を不動産購入などで出資し、収益を投資家へ分配する仕組みです。

ソーシャルレンディングはクラウドファンディングと比較しリターンは小さいものの、リスクを抑えられます。

クラウドファンディングはソーシャルレンディングよりもリターンは大きいですが、リスクも大きくなります。

それぞれの特徴を踏まえた上で、どちらを選択するか検討しましょう。

ソーシャルレンディング おすすめ9選

ソーシャルレンディングサービスを利用する際に、複数の会社があるため迷う方も多いです。

そこで、おすすめのソーシャルレンディング会社を厳選して9つご紹介しますので、参考にしてみてください。

クラウドバンク

クラウドバンクは、日本クラウド証券株式会社が運営し、ソーシャルレンディングサービスを提供しています。
2013年よりサービスを開始していて実績があり、高利回りの案件も多いです。
クラウドバンクの実績は以下の通りです。

実績平均利回り 6.8%
応募総額 1,830 億円突破
融資元本回収率 100%

運用実績、回収実績が高いので、リスクを抑えたい方でも安心して投資できます。

運用実績、回収実績が高いので、リスクを抑えたい方でも安心して投資できます。

また、クラウドバンクは少額投資に対応しています。

他サービスでは、最低投資金額が10万円以上となっているケースもあるので、1万円から投資できるのは魅力です。

なお、口座開設費用や手数料もかからないので、手軽に利用できます。

クラウドバンクでは、何もせずに待つだけ投資ができるので、忙しい方や初心者の方にもおすすめです。

また、クラウドバンクは、ドル建て投資に対応しています。

というのも、クラウドバンクは海外の案件を多数保有しているのです。

日本円の外貨への両替はサイト内でできるので、手軽です。

ドル建て投資では外貨で入金されるので、好きなタイミングで両替できます。

なお、海外案件に円投資をすることも可能なので、希望に応じて選びましょう。

ファンズ

ファンズは、ファンズ株式会社が運用しています。

ファンズには、以下のような特徴があります。

  • 参加企業の幅が広い
  • 運用期間中の手続きは不要
  • ファンズ優待を提供しているファンドあり
  • 1円単位での投資が可能

ファンズは参加している企業の幅が広いので、目的に応じた希望の案件が見つかりやすいです。

ファンズ優待を提供しているファンドもありますし、抽選を実施するなど幅広い人が投資できる環境を整えています。

また、市場の相場による値動きがないので、一度投資したら待つだけで運用可能です。

なお、ファンズは1円単位での投資に対応しているので、無理なく投資できるのが魅力です。

バンカーズ

バンカーズは株式会社バンカーズが運営しており、ソーシャルレンディングサービスを提供しています。

バンカーズの特徴は以下の通りです。

  • 1万円から少額投資可能
  • 融資先の情報提供が充実している
  • セイムボート出資方式で安心
  • 募集実績が豊富

バンカーズは39億円を超える募集実績があるので、実績をもとに安心できる業者を選びたい方におすすめです。

最低1万円から投資できるので、リスクを抑えて分散投資できます。

また、バンカーズでは各ファンドの情報提供が充実していますし、高利回りの案件が多いです。

融資先の情報も公開されているので、投資すべきか判断しやすくなっています。

市場の影響を受けにくいので、運用状況を適宜確認する必要がなく、忙しい方でも投資できます。

申込手数料や口座開設費用は発生しないので、手軽に始められるのも魅力です。

さらに、セイムボート出資方式を採用し、事業者も出資しています。

損失が生じた場合は、事業者も損害を受けるので、案件を厳選しています。

AGクラウドファンディング

AGクラウドファンディングは、アイフルグループのAGクラウドファンディング株式会社が運営しているソーシャルレンディングサービスです。

AGクラウドファンディングの特徴は以下の通りです。

  • 最短即日ファンドへの投資が可能
  • 1口1万円から投資できる
  • 親会社であるアイフルに出資するので安全性が高い

AGクラウドファンディングは、会員登録後すぐにファンドへ投資できるので、急いで着手したい方におすすめです。

また、1口1万円からという少額投資に対応しているのも、初心者の方におすすめの理由です。

とはいえ、新しいサービスなので不安に感じる方もいますが、AGクラウドファンディングでは親会社であるアイフルに出資する案件となっています。

信頼度の高い案件で、効率的に収益を得たい方におすすめです。

キャンプファイヤーオーナーズ

キャンプファイヤーオーナーズは、株式会社CAMPFIRE SOCIAL CAPITALが運営しています。

  • 社会貢献度の高い案件が多い
  • キャンペーンが充実している
  • 申し込み後スピーディーに投資可能

キャンプファイヤーオーナーズが取り扱っている案件は、研究開発など社会貢献度が高いものが多いです。

海外事業関連の案件も多数あるので、大規模案件に投資したい方にもおすすめです。

また、キャンペーンも多いので、適宜チェックしてみるとお得に投資できます。

なお、申し込み後最短30日で投資可能など、スピーディーさも利用しやすさのポイントです。

イベントやセミナーなども多数開催されているので、チェックしてみましょう。

クラウドクレジット

クラウドクレジットは、クラウドクレジット株式会社が運営するソーシャルレンディングサービスです。

クラウドクレジットには、以下のような特徴があります。

  • 海外ファンドが多い
  • 1口1万円など少額投資可能

クラウドクレジットは多数の海外ファンドを保有しており、海外向けの大規模案件へ投資できます。

社会貢献に関連する案件も多いので、投資しがいがあります。

大きな損失が発生するリスクを避けたい方もいますが、1口1万円など少額投資可能なので、初心者でも安心です。

レンデックス

レンデックスは、髙利回りで短期案件の多いソーシャルレンディングサービスです。

レンデックスには、以下のような特徴があります。

  • 1年以内の短期案件を中心に取り扱っている
  • 1口2万円から投資可能
  • 10%程度の髙利回りの案件が多い
  • 不動産担保が設定されている案件が多い

レンデックスでは、不動産担保が設定されてある案件が多く、元本割れしにくい仕組みが整えられています。

また、自社独自の評価と第三者による調査結果をもとに融資額を決めるので、大きな損失が発生しにくいのも特徴です。

会員登録や口座開設、案件申し込みなどに手数料がかからないので、手軽に利用できます。

ポケットファンディング

ポケットファンディングは、ソーシャルレンディングZAIZEN株式会社が運営するソーシャルレンディングサービスです。

ポケットファンディングには、以下のような特徴があります。

  • 不動産関連のファンドが多い
  • 沖縄のファンドが多い
  • 1口1万円から投資可能
  • 軍用地案件あり

沖縄メインの優良な案件を厳選していることもあり、貸し倒れは発生していません。

1口1万円からと少額投資に対応しているのも、利用しやすさのポイントです。

沖縄ならではの軍用地を活かした投資案件もあります。

軍用地は収益が安定しているので、投資案件として利用しやすいです。

不動産最新情報を配信中!

ファンベスト

ファンベストは、ファンベスト株式会社が運営するソーシャルレンディングサービスです。

ファンベストには以下のような特徴があります。

  • モンゴル関連の融資案件を取り扱っている
  • 運用期間が短い
  • 上場企業により運営されている

ファンベストは国内の案件のみならず、モンゴルの案件へも投資できます。

国内案件のみへの投資では市場の影響を受けやすいですが、国内と海外両方の案件に投資すれば、リスク分散になります。

また、ファンベストは中途解約には対応していないものの、運用期間が短めに設定されているので着手しやすいです。

上場企業により運営されているのも、信頼度の高さのポイントです。

様々なメリットのあるソーシャルレンディングサービスなので、興味のある方は口座開設しておくことをおすすめします。

投資型のクラウドファンディングおすすめ16選

ソーシャルレンディングに類似したサービスとして、投資型のクラウドファンディングがあります。

おすすめの投資型のクラウドファンディング会社をご紹介しますので、参考にしてみてください。

COZUCHI

出典:COZUCHI


COZUCHIは、不動産投資型クラウドファンディングサービスの1つであり、LAETOLI株式会社が運営しています。

COZUCHIには以下のような特徴があります。

  • 案件が厳選されている
  • 幅広い運用期間の案件がある
  • 優先劣後方式を採用している
  • 途中解約が可能

COZUCHIは、投資案件が厳選されているので損失が発生しにくく、初心者の方でも案件選びの負担を減らせます。

投資未経験の方でも手軽に投資できることをコンセプトとしたサービスを展開しています。

想定利回り・運用期間のバリエーションが豊富なので、希望に合う案件を見つけやすいです。

また、収益のタイプによりインカムゲイン型とキャピタルゲイン型の2種類があるので、いずれを選ぶか検討しましょう。

投資する際不安に感じるのが元本割れなどのリスクですが、COZUCHIは優先劣後方式を採用し、リスクを抑えています。

途中解約できるので、急に資金が必要になった場合でも安心です。

オーナーズブック

オーナーズブックは、ロードスターインベストメンツ株式会社が運営しています。

オーナーズブックには、少額投資に対応しているなど投資家が利用しやすい様々なメリットがあります。

オーナーズブックの特徴は以下の通りです。

  • 少額投資に対応
  • 案件内容を詳しく公開している
  • 上場企業の子会社が運用している
  • 案件情報が豊富にある
  • 株主優待枠がある

オーナーズブックは、1万円と少額投資に対応しています。

案件情報が豊富であり、運用期間も様々なので、希望に合う案件を選びましょう。

案件内容の情報が細かいので、選ぶ際の参考になります。

貸付先の情報が公開されているのは、安心して投資できるポイントです。

投資する際に気になるのは、ソーシャルレンディング業者の信頼度ですが、オーナーズブックは上場企業の子会社が運営しているので安心です。

募集方法には「抽選方式」と「先着方式」があるので、適宜チェックしておきましょう

ロードスターキャピタル社の株式を保有している場合は優待枠もあり、人気の案件にも優先して投資できます。

サムライファンド

サムライファンドは、サムライ証券が運営しています。

サムライファンドは第一種金融商品取引業・第二種金融商品取引業いずれも取得しています。

サムライファンドの特徴は以下の通りです。

  • 高利回りの案件が多い
  • ファンドの数が豊富
  • 保証付きの案件があり投資しやすい

サムライファンドは、利回り10%以上の案件もあり、投資家から人気の業者です。

1万円からの少額投資が可能であり、運用期間が短い案件も多く、リスクを抑えて投資したい方にもおすすめです。

案件数も豊富ですし、情報提供も充実しているので、希望の案件を選びましょう。

複数の案件に投資して、リスク分散するのも手段です。

保証付きの案件もあり、貸し倒れなどのリスクを防ぎたい方にもおすすめです。

FUELオンラインファンド

FUELオンラインファンドは、FUEL株式会社が運営するクラウドファンディングサービスです。

FUELオンラインファンドには以下のような特徴があります。

  • 運用利回りが安定している
  • 案件が厳選されている
  • 情報開示が充実している

FUELオンラインファンドには経済活性化につながる案件が多いので、投資しがいがあると感じる方が多いです。

市場の動きに影響されにくく、運用利回りが安定しているのも魅力です。

また、独自の審査で信用度の高い案件を厳選しているので、損失が発生しにくくなっています。

投資先の不動産や事業内容に関する情報開示が充実しているのも、利用しやすさのポイントです。

慎重に案件を検討したい方にもおすすめです。

ファンディーノ

ファンディーノは、株式会社ファンディーノが運営する株式投資型のクラウドファンディングサービスです。

ファンディーノには、以下のような特徴があります。

  • ベンチャー企業に投資できる
  • 投資案件が厳選されている
  • 税制優遇を受けられる

個人投資家にとって、ベンチャー企業に投資できる機会を得られるのは大きなメリットです。

また、ベンチャー投資の場合、高額な出資が必要になるケースが多いですが、ファンディーノは株式型のクラウドファンディングサービスなので、1人当たりの負担が小さいのも着手しやすさのポイントです。

ファンディーノでは、厳重な審査をもとに案件を厳選しているので、損失が発生しにくくなっています。

投資案件を適切に判断する自信がない方でも利用しやすいです。

さらに、ファンディーノでは、エンジェル税制の対象となる企業があり、税制優遇を受けられるので、節税になります。

プロパティプラス

プロパティプラスは、株式会社リビングコーポレーションが運営するクラウドファンディングサービスです。

プロパティプラスには以下のような特徴があります。

  • デザインマンションを提供している
  • 修繕・メンテナンス費用がかかりにくい
  • 東京・名古屋・福岡を中心に開発している

投資用のデザインマンションを多数展開しているので、クオリティの高い案件に投資したい方におすすめです。

また、修繕・メンテナンス費用がかからないよう、水回りや設備の工夫をし、収益を上げています。

なお、プロパティプラスは東京・名古屋・福岡を中心に物件を展開しています。

プロパティプラスは、収益性の高い物件へ少額投資できる魅力的なクラウドファンディングサービスです。

イークラウド

イークラウドは、株式投資型クラウドファンディングサービスの1つです。

イークラウドには、以下のような特徴があります。

  • 大和証券グループとの提携がある
  • 未上場の株式を購入できる
  • 株主優待を狙える
  • エンジェル税制の適用を受けられる

イークラウドは、大和証券グループとの提携があり、運営上有利です。

また、未上場の株式を購入し、ハイリターンを期待できます。

株主優待を実施する企業の株であれば、株主優待を狙えるのも特徴の1つです。

案件によっては、エンジェル税制の適用を受けられるので、節税になります。

テクラウド

テクラウドは、モンゴルに支社があるのが特徴です。

テクラウドには、以下のような特徴があります。

  • 日本だけではなく海外の案件も多数ある
  • 新興国の発展への投資ができる
  • 高いリターンを期待できる
  • リスクを抑えられる優先劣後方式を採用

運営会社は、日本のみならず海外の案件も多数取り扱い、幅広い事業を展開しています。

「新興国の発展への投資」をコンセプトに、経済発展途上の地域における多数の案件を提供しています。

想定利回りも高いので、高いリターンを期待できるのも人気のポイントです。

また、TECRA株式会社が建設・監修を行った物件を取り扱っているので、海外不動産であってもトラブルが生じにくく、安全性が高いです。

海外案件に不安を感じる方もいますが、優先劣後方式でリスクを抑える工夫をするなど、投資しやすい環境を整えています。

ジョイントアルファ

ジョイントアルファは、穴吹興産が運営する不動産投資クラウドファンディングサービスです。

ジョイントアルファには、以下のような特徴があります。

  • 四国地方でサービスを展開している
  • 上場企業が運用している
  • 情報提供が充実している

クラウドファンディングサービスは都市部が多いですが、ジョイントアルファは四国地方でサービスを展開しているのが特徴です。

地域密着型のサービスであり、地方の分譲マンションを多数取り扱っています。

また、上場企業が運営しているのも特徴であり、不動産の企画・開発・販売など様々なサービスを展開しています。

間取りや想定家賃、周辺環境など、細かい情報提供を行っているので、安心して投資できるのも魅力です。

オンライン上で手軽に投資できるので、興味のある方は着手してみると良いでしょう。

利回りくん

利回りくんは、応援投資をコンセプトとした不動産クラウドファンディングサービスです。

利回りくんには、以下のような特徴があります。

  • 運営会社が案件を厳選している
  • 優先劣後方式を採用している

初心者の方は、案件を選ぶ基準を把握できないケースがありますが、利回りくんは運営会社が案件を厳選しています。

また、優先劣後方式を採用しているので、運用資産の価値が下がった場合でも損失が発生しにくい仕組みになっています。

利回りくんは、リスクを抑えて投資したい方におすすめです。

みんなの年金

みんなの年金は、株式会社ネクサスエージェントが運営しています。

みんなの年金には、以下のような特徴があります。

  • 東京・福岡エリアの物件が多い
  • サブリース契約を活用している

みんなの年金は、東京・福岡エリアの物件を中心とした案件が多いのが特徴です。

東京・福岡エリアは人口が伸びている地域なので、大きな収益を期待できます。

また、不動産運用の際は、サブリース契約を活用し、空室リスクを抑えています。

オンラインで投資できるのも利用しやすさのポイントです。

BATSUNAGU

BATSUNAGUは、地方創生・地域活性化への貢献をコンセプトにしたクラウドファンディングサービスです。

BATSUNAGUには、以下のような特徴があります。

  • 1口1万円から投資可能
  • 不動産運営のノウハウを持っている
  • 商品のラインナップが豊富

BATSUNAGUは、1口1万円からの投資に対応しているので、手軽に着手できるのが魅力です。

また、不動産関連で様々な事業を展開しており、幅広いノウハウを持っています。

ホテルや商業施設を含め、商品のラインナップが豊富なので、希望案件を見つけやすいです。

えんfunding


出典:えんfunding
えんfundingは、リスクを抑えて不動産による資産運用を行えるクラウドファンディングサービスであり、株式会社えんホールディングスが運営しています。

えんfundingには、以下のような特徴があります。

  • 不動産投資の知識やノウハウを習得できる
  • 人気のデザイナーズマンションを対象としている
  • 実績が高い

えんfundingは、不動産に関するノウハウがなくても投資可能ですが、体験レポートを提供するなど初心者の方でも不動産投資の知識やノウハウを習得できるよう工夫しています。

厳選された人気のデザイナーズマンションを対象としているのも特徴であり、案件にこだわりたい方にもおすすめです。

不動産運用に関して30年以上の実績のあるえんホールディングスグループが運営しているのも信頼度の高さのポイントです。

CRE Funding

CRE Fundingの運営には、株式会社シーアールイーと株式会社FUELが関与しています。

CRE Fundingには以下のような特徴があります。

  • 運営元の信頼度が高い
  • 物流不動産案件を取り扱っている

信頼度の高い不動産クラウドファンディングサービスを利用するには、運営元が重要です。

CRE Fundingでは、物流不動産関連案件に特化した「株式会社シーアールイー」とソーシャルレンディング運営に特化した「株式会社FUEL」の強みが活かされています。

全国各地の大型倉庫や小型倉庫などの案件を取り扱っているのも特徴の1つです。

リンプル

リンプルは、プロパティエージェント株式会社が運営しています。

リンプルには以下のような特徴があります。

  • 東京23区を中心とした物件を強みを持つ
  • 1口1万円からの少額投資に対応
  • 運用期間が6ヶ月程度と短め

リンプルは東京23区を中心とした物件に強みを持っており、厳選した案件を取り扱っています。

元本保証はないものの、1口1万円からの少額投資が可能なので、リスク分散しやすいのが魅力です。

運用の手間がかからないことに加え、運用期間は6ヶ月程度と短めなので手軽に投資できます。

クリアル

クリアルは、不動産投資型クラウドファンディングサービスの1つであり、クリアル株式会社が運営しています。

クリアルには以下のような特徴があります。

  • 1万円から不動産投資できる
  • 投資対象の情報提供が充実している
  • ホテルや学校などへの投資に対応
  • 毎月配当金を受け取れる
  • スマホで取引を完了できる

クリアルは1万円から不動産投資が可能なので、リスクを抑えたい方も手軽に利用できます。

また、投資先情報を詳細に提供しているので、慎重に投資判断できるのが魅力です。

なお、アパートやマンションのみならず、ホテルや学校など幅広い投資先を選べます。

社会貢献に特化した案件も多いので、投資しがいがあると感じる方も多くいます。

運用成果にもよりますが、毎月配当金を受け取れるのも魅力です。

取引はスマホで完了できるので、忙しい方でも安心です。

ソーシャルレンディングの選び方

ソーシャルレンディングサービスで収益を得るには、ポイントを押さえて会社選びをすることが大切です。

ソーシャルレンディング会社の選び方をご紹介しますので、参考にしてみてください。

運営会社の上場の有無を確認する

ソーシャルレンディング選びでは、運営会社の上場の有無を確認しておくと安心です。

運営会社が上場しているというのは、信頼度の1つの目安となります。

基準は適宜変更となるケースはありますが、たとえば、以下のような条件を満たし厳しい審査を通過しています。

  • 直近2年間で25億円以上の利益を獲得している
  • 直近2年間で虚偽記載を行っていない
  • 今後安定して収益を得られる見込みがある
  • 法令順守している

なお、基準はプライム市場、スタンダード市場などによっても異なります。

ソーシャルレンディングで安定した収益を得るには、貸し倒れなどのトラブルを回避することが大切です。

安定経営を行っているソーシャルレンディング会社を見極める手段の1つとして、上場の有無を確認しておきましょう。

運営体制を確認する

運営体制は、ソーシャルレンディング選びの1つの基準となります。

たとえば、「大手企業と業務提携して運営を行っている」「大手企業が株主」というソーシャルレンディング会社は安定運営を継続できるケースが多いです。

大手企業が関連していると、運営体制の水準が高くなっている傾向にあります。

また、「優先劣後方式を採用している」など、投資家の損失を工夫した運営を行っているソーシャルレンディング会社も利用しやすいです。

ソーシャルレンディング会社選びでは、運営体制にも着目しましょう。

ファンドの数を比較する

ファンドの数は、ソーシャルレンディング会社選びの重要な要素となります。

案件へ投資する際、先着順・抽選式など様々な方式がありますが、ファンドの数が少ないと投資のチャンスを得られない可能性があります。

ソーシャルレンディングは人気が高まっており、応募開始数時間で募集人数に達する案件もあるのです。

案件の数が多ければ希望案件を見つけやすく、投資のチャンスが増えます。

ソーシャルレンディング案件の中には1口1万円から投資可能など、少額投資に対応している案件もあるので、複数案件に募集することでリスク分散できます。

なお、事前入金を行っているとスムーズに案件に投資できるので、チャンスを逃しにくいです。

投資チャンスを増やすためにも、ファンドの数が多いソーシャルレンディング会社を選びましょう。

情報提供の質を確認する

ソーシャルレンディング会社選びでは、情報提供の質が重要です。

情報提供が不十分な場合、案件に投資すべきか判断しにくいのです。

たとえば、「貸付先の詳細情報を提供している」「取り扱っている物件情報の詳細を提示している」など情報開示がしっかりしていると、信頼して投資できます。

情報提示を徹底し、案件情報を明確に把握できるソーシャルレンディング会社を選びましょう。

貸し倒れのリスクを確認する

ソーシャルレンディング案件に投資する際、貸し倒れのリスクを避けることが大切です。

貸し倒れが発生すると投資資金を回収できない可能性があるので、あらかじめリスクを確認しておく必要があります。

貸し倒れの歴がないというのも1つの基準になりますが、貸し倒れが発生したときの担保も重要なポイントです。

貸し倒れが発生したとしても、投資金額を回収できる仕組みが整っていれば、投資家にとってリスクは少ないのです。

貸し倒れ発生時の対応などの情報収集を慎重に行い、ソーシャルレンディング会社を選びましょう。

金融商品取引業の登録の有無を確認する

ソーシャルレンディング会社選びでは、金融商品取引業の登録の有無を確認することをおすすめします。

金融商品取引業の登録には、「第一種金融商品取引業」と「第二種金融商品取引業」があります。

たとえば、第一種と第二種には以下のような基準があります。

  • 第一種金融商品取引業:5,000万円以上資本金がある
  • 第二種金融商品取引業:1,000万円以上資本金がある

ソーシャルレンディングサービスを運営するには、「第二種金融商品取引業」の登録が必須となります。

より信頼度の高いソーシャルレンディング会社を選ぶには、「第一種金融商品取引業」へ登録しているかがポイントです。

サービス歴を確認する

サービス歴は、ソーシャルレンディング会社選びのポイントの1つとなります。

というのも、ソーシャルレンディング会社の中には、情報提供が不十分などの理由で事業を継続できなかったケースもあるのです。

サービス歴が長いということは、健全な運営を行っている証拠となります。

安心して投資できるソーシャルレンディング選びの基準の1つとして、サービス歴に着目しましょう。

ソーシャルレンディングで利益を得るためのポイント

ソーシャルレンディングで利益を得るには、 「リスクを分散する」「所得税を考慮する」などポイントを押さえておくことが大切です。

ソーシャルレンディングで利益を得るためのポイントを解説しますので、ぜひ、チェックしてみてください。

リスク分散をする

ソーシャルレンディング案件に投資する際は、リスク分散することが大切です。

ソーシャルレンディングでは、融資先の情報を正確に把握しにくいケースも多いので、貸し倒れ等のリスクがあります。

「高利回りの案件に投資したけれど、投資資金を回収できなかった」などの失敗例もあります。

リスク分散するには、以下のような方法があるので検討してみましょう。

  • 投資対象を複数選択する
  • 投資額を少なくする

ソーシャルレンディングでは1口1万円からなど少額投資に対応しているケースが多いので、分散投資を検討するなど工夫しましょう。

入念な情報収集をする

ソーシャルレンディング会社選びでは、入念な情報収集が必要です。

情報収集により、信頼度の高さを把握できるケースもあります。

たとえば、以下のような情報をチェックしておきましょう。

  • 運営会社の運用規模
  • 会員数
  • ファンド数
  • 過去の実績
  • 上場の有無
  • サービス歴

運用規模が大きく会員数の多いソーシャルレンディング会社は、比較的安定経営できているケースが多いです。

また、サービス歴や過去の実績も参考になります。

信頼できるソーシャルレンディング会社を選べるよう入念な情報収集を行いましょう。

所得税を考慮して投資する

ソーシャルレンディングで利益を得るには、所得税の考慮が必要です。

通常、ソーシャルレンディングによる所得は、雑所得扱いとなります。

たとえば、雑所得が20万円以上の場合、確定申告が必要で所得税が多くなるケースもあります。

利回りなどの情報から所得税を考慮し、投資案件を選びましょう。

迷いがちな初心者におすすめ!

【簡単30秒で気軽に無料相談】
不動産投資会社探しで迷っているのであれば、イエベスト不動産投資を利用してみてはいかがでしょうか?
セミナー参加やユーザーインタビューを通して見つけた100社以上の優良不動産会社から、あなたに合っている会社を厳選してくれます。
複数社を完全無料で一括比較でき、不動産投資の経験がある専任コンシェルジュに相談できるのも魅力です。

自分に合うソーシャルレンディングを選び資産運用しよう

ソーシャルレンディングサービスで成功するには、会社選びのポイントを押さえておくことが大切です。

選択する会社によって、得られる収益やリスクが異なります。

また、複数のソーシャルレンディング会社の特徴を把握し比較することで、自分に合う会社が見つかります。

入念な情報収集を行い、ソーシャルレンディングサービスで満足の収益を獲得しましょう。