リースバックの家賃相場

「家を売る高く売る方法を知りたい!」家の売却を検討している方の多くは、高額で売る方法を知りたいもの。所有している家を少しでも高く売るためには、不動産に関する知識をつけることや、売却活動におけるパートナーとなる不動産会社を見つけることが非常に大切なのです。

この記事では、家を高く売るための知識や不動産会社の探し方から、家を高く売るためにやってはいけないNGポイントなどを幅広くご紹介していきます。これから家の売却を検討している方は必見です。

この記事の監修者

黄 威翔/宅地建物取引士

黄 威翔/宅地建物取引士

台湾出身。日本で不動産業と出会い、一年目で宅地建物取引士を取得。 地方の不動産会社に長年勤務し、日本全国の中古不動産の売買仲介を担当。
 日本の方はもちろん、外国の方の対応経験も豊富で様々な視点から日本の不動産市場をご紹介しています。

▼無料一括査定依頼▼
※都道府県が選択されていません。
※市区町村が選択されていません。
※ご指定いただいたエリアへのお問合せは、現在取り扱っておりません。

※リンク先の売却査定/買取査定は、当社提携先の株式会社NTTデータ スマートソーシングのサービスページになります。

家を高く売る7つの方法

家を高く売る7つの方法

家を売却するなら、少しでも高く売りたいというのが本音ですよね。では、具体的に高く売るためにはどのような知識が必要で、何をしていけば良いのでしょうか。

ここでは、これから家の売却を検討している方向けに、家を高く売るための7つの方法をご紹介します。

不動産一括査定サービスを利用

家を高く売るための最大の秘訣は、どの程度で売却できるかという相場を把握しておくことと、売却活動におけるパートナーとなる、不動産会社を選びをしっかりすること。そこで、価格を調べたり不動産会社を見つけたりするのにおすすめしたいのが「不動産一括査定サービス」です。

たくさんの不動産会社へ個別で査定を依頼するのは大変ですが、一括査定サービスであれば複数の不動産会社に一度に査定依頼を行えるので、非常に便利です。

一括査定サービスにもそれぞれに特徴がありますので、詳しくみていきましょう。

HOME4U

HOME4U不動産一括査定

出典:HOME4U

HOME4Uは通信業界大手のNTTグループが運営する国内最大級の不動産一括サイトです。

不動産取引では扱われる個人情報も多いため、セキュリティ面での安心感は非常に重要です。

その点HOME4Uは、2001年から20年以上も続く豊富な実績の中で培われたノウハウと、大手から地域特化の不動産会社まで1,800社もの優良な企業とのつながりから、高い信頼度を誇るサービスといえます。

また、HOME4Uが優れている点は、見積もりが「6社からのみ」届くため、信頼度が高い厳選された6社からの見積もりに絞ることで、より利用者に寄り添ったサービスになっているといえます。

SUUMO

SUUMO不動産売却一括査定

出典:SUUMO

SUUMOはリクルートグループが運営する、不動産ポータルサイトです。テレビCMも頻繁に放映しているので、知っている方も多いです。

不動産一括査定サイトの中には、築年数や広さなど物件の情報を細かく入力しなければ査定を受けられないことが多いですが、SUUMOでは郵便番号を入力するだけで、エリアにある候補の不動産会社が表示され、気に入った不動産会社を選択する方式となっているので気軽に家の売却相場を知ることができるのです。

さらに、電話番号を入力しなくても査定が可能という点も、営業電話が大量にかかってくことを防げるので嬉しいですね。

リビンマッチ

リビンマッチ不動産売却一括査定LP

出典:リビンマッチ

リビンマッチは物件の種別(マンション・家など)や立地などの簡単な条件を入力するだけで、最大6社の不動産会社からの見積もりを受け取れ不動産一括査定サイトです。

提示される6社も、リビンマッチと第三者機関が信用調査を行ったうえで厳選しているので利用者にとっては安心感があります。

また、都心だけではなく地方の物件でも査定が可能という点も高評価につながっており、民間調査会社のアンケートでは「不動産査定サイト認知度No1」「使ってみたい不動産査定サイトNo1」にも選ばれました。

内覧時の印象が大事!

売却の仲介を依頼する不動産会社が決まれば、いよいよ売却活動がスタートします。そして、興味を持ってくれた方がいた場合に発生するのが内覧です。

購入希望者にとっては、自分が住むかもしれない家の立地はもちろん、設備の老朽化具合も含めて知りたいものです。

不動産会社にまかせっきりではなく、内覧時にはなるべく立ち合いをするのがおすすめ。購入希望者がどのような人なのか知ることができるので、後々のトラブル回避にもつながります。

売却の成否に大きくかかわる大切な内覧ですが、実際に内覧に対応する際やどのような点に気をつければ良いのです。

室内の明るさや風通しにも気を付ける

内覧時にカーテンが閉まっていたり、薄暗い部屋だと印象が良くありません。日当たりの良さなどは購入希望者にとっての重要な判断ポイントです。

そのため、こちらから内覧の時間を選択できるのであれば、なるべく日がよく入る時間帯で案内することで印象が良くなります。

また、建物の構造上で、日光の入りにくい部屋などがあれば、隠すのではなく情報として正直に購入希望者へ伝えた方が印象は良くなります。

整理整頓しておく

内覧の際、部屋に物が散乱していたり、散らかっていると印象が良くありません。

生活を続けながら売却活動を行う場合は大変かもしれませんが、なるべく日頃から物を整理しておいたり、まめに掃除をしたりと清潔さには気を配っておきましょう。

特に水回りを綺麗にしておくと一段と印象が良くなります。

身だしなみや笑顔も忘れずに

内覧時には家の外観や部屋の状態を中心に見るものですが、売主の対応が良いに越したことはありません。

購入検討者と会う際には身だしなみも清潔に整えておくことはもちろん、笑顔でにこやかに対応することを心がけましょう。購入を迷っている人への最後の一押しにつながるかもしれません。

相場を把握しておく

家を高く売りたいからといって、相場からかけ離れた販売価格で売却活動をスタートしてしまうと、なかなか購入希望者は見つかりません。

逆に売却を焦って低く設定しすぎても、最終的に納得する売却にはつながらないので、売り出し前に必ず売却価格の相場を事前に把握しておくことが非常に大切えす。

また、実際の売却価格は下がる可能性がありますので、交渉の末にどこまで下げてもよいのかという譲歩ラインを決めておくことも重要です。

おすすめポイントを紹介できるようにしておく

内覧当日は売却を検討している方から、さまざまな質問が投げかけられます。

日当たりの良さや駅からの距離、スーパーや学校など生活に必要な施設への立地など、おすすめできるポイントを整理していつでも答えられるようにおくと、スムーズな案内ができます。

おすすめポイントだけでなく、使いにくいところや懸念されるポイントも可能な限り答えるようにしておくと、逆に交換のアップにつながる可能性が高いです。

書面を揃えておく

家を売る相手が無事に決まっても、そこで終わりではありません。売却にあたっては登記簿や印鑑証明など、多くの書類が必要になるのです。

例えば、以下のような書類が必要になります。

不動産売却時に必要な書類
  • 土地および建物の登記済証(権利証)または登記識別情報
  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 固定資産税・都市計画税納税通知書
  • パンフレット・管理規約・管理組合総会議事録など ※マンションなど集合住宅の場合
  • 建築確認通知書・検査済証
  • 測量図・建物図面・建築協定書など
  • 物件状況等報告書

実に多くの書類が必要になることがお分かりいただけましたでしょうか。

必要な書類はマンションなのか戸建てなのか、不動産の種類によって異なりますので、仲介を依頼していいる不動産会社へ事前に確認しておきましょう。

もしも戸建てで隣家との境界が決まっていない場合は、土地家屋調査士などに依頼して測量を行う必要があります。書類を揃えるために動き出すのに、早いに越したことはありません。

タイミングの見極めが大事

家を売りに出しても、なかなか買い手が決まらないと不安になってしまいますよね。ただ、売れないからといって単純に募集価格を下げても効果が出ない可能性もありますので、売却にはタイミングもとても大切なのです。

例えば、1年の中でも一番売却が活発になる時期は、会社員や学生の新生活がはじまる1月から3月頃です。

家の状態や条件によっては、競合物件が少ない閑散期を狙った方が良い場合もあるわけです。相場や家の状態をきちんと把握して、適切な売却活動の開始時期を見極めましょう。

不動産の役立ち情報を配信中!

ホームインスペクションを実施しておこう

ホームインスペクションとは、住宅診断のことです。

専門家であるホームインスペクター(住宅診断士)が外観から室内、屋根裏に床下まで隅々まで家の調査を行い、欠陥の有無や修繕すべき箇所、そして欠陥の修繕にかかる費用などを算出するなど、家の状態を総合的に診断するのです。

売却活動開始までにホームインスペクションを実施しておくことで、購入希望者に安心を与えることができます。また、欠陥があれば前もって修繕などの対応をしておくことで、家の価値を上げることにもつながります。

お持ちの不動産(マンション・一戸建て・土地など)の適正な売却価格を調べるなら、NTTデータグループが運営する「HOME4U(ホームフォーユー)」の不動産売却一括査定サービスがおすすめです。


お住まいの都道府県と市区町村を選び、物件の種類を選んでいくだけで、その地域で仲介売却を得意とする不動産会社が自動で選ばれ、最大6社から見積もりをもらうことができます。

全国から厳選した実績豊富な不動産会社に売却を依頼することができるため安心です。

お持ちの不動産(マンション・一戸建て・土地など)の適正な売却価格を調べるなら、NTTデータグループが運営する「HOME4U(ホームフォーユー)」の不動産売却一括査定サービスをご利用ください。

不動産売却一括査定のHOME4U

お住まいの都道府県と市区町村を選び、物件の種類を選んでいくだけで、その地域で仲介売却を得意とする不動産会社が自動で選ばれ、最大6社から見積もりをもらうことができます。

実績豊富な不動産会社に売却を依頼することができるため安心です。。

不動産買取の基礎知識と注意点については、下記記事で詳しくまとめています。長所や短所を正しく理解した上で、不動産買取を進めましょう。

家を高く売るための不動産会社選びとは

家を高く売るための不動産会社選び

家を高く売るための最大の秘訣は「良い不動産会社選び」にあるといっても過言ではありません。たくさんな不動産会社の中からどのように不動産会社を選べば良いのか迷う方も多いです。

そこで利用したいのは先にご紹介した、不動産一括査定サービスです。さらにその中でもどの不動産会社を選べば良いのか、比較の仕方などをご紹介していきます。

査定の金額だけではなく根拠も確認

売却活動を開始する前に一括査定サービスを利用すると、複数の不動産会社からの見積もりを取得できます。

届いた売却見積もりの中から選ぶにあたって、金額が高いものを選びたくなりますが、実は金額だけで決めるのはとても危険です。

査定額はあくまでも目安であり、提示された価格で売却できると保証されている価格ではありません。中には、選ばれようとするあまり、相場よりも遥かに高い査定額を出す不動産会社もいるのです。

そこで選ぶ際のポイントとしては、なぜこの査定額になったのかという「根拠」を聞いてみることです。

適切な順序で見積もりを作成していれば、その価格になった理由が必ずあるはずですので、理由を答えられない、誤魔化される、曖昧な返答をされるといった対応をされた場合は注意しましょう。

売却実績や得意エリアを確認

不動産のプロである不動産会社ですが、会社によって得意分野や得意なエリアがあります。

例えば一戸建てよりもマンション売却が得意な不動産会社もありますし、売却よりも賃貸が得意な会社もあるのです。

さらに、家を売る際には、そのエリアに精通していることも非常に重要です。地方の物件であれば、地場の不動産会社の方が大手系列の不動産会社よりも良い売却につながるケースもあります。

査定額だけではなく、ご自身の売りたい不動産に適切な不動産会社を選ぶことが大切なので、不動産会社の得意なエリアや売買実績もきちんと確認しておきましょう。

不動産売却担当者が信頼できるかどうか見極める

家の売却では多くのケースで非常に大きなお金が動くことになるため、信頼できる不動産会社や売却担当者にお任せしたいですよね。

質問に対して曖昧な返答をしてきたり、一生懸命になってくれなかったりすると、良い売却ができないどころか、後々のトラブルにもつながりかねません。不動産会社選びはとても重要なので、すぐに決めずに時間をかけてでも見極めましょう。

家を高く売るためには買取と仲介どちらが良いの?

家を高く売るためには買取と仲介どちらが良い

家を売るには、不動産会社に間に入ってもらって買い手を見つけてもらう「仲介」と、不動産会社に家を買い取ってもらう「買取」という方法があります。

どちらの方が良いの?と気になるかと思いますが、売りたい家の状況や優先事項によってどちらを選んだ方が良いのかは異なります。買取と仲介について、どのような人に向いているのか、くわしく解説します。

金額重視なら仲介がおすすめ

買い手が来るのを待たずに不動産を売却できる買取の場合、売却価格は仲介と比較すると総じて安くなります。

理由は、不動産会社は買取後にリノベーションするなどして、付加価値をつけて再販することを前提としているためです。

相場価格前後での売却を希望するならば、仲介を選ぶのがおすすめと言えます。

スピード重視なら買取がおすすめ

買取の場合、不動産会社が査定を行って提示した価格に納得すれば契約が成立します。

逆に仲介の場合、時間がかかるのがネックです。不動産を査定後に販売活動スタートし、購入希望者を見つけて内覧、互いの合意のもとでようやく契約成立となるので、買取とのスピードの差は歴然です。

相続などの兼ね合いで、売却価格が多少安くなっても不動産を即座に現金化したい方には買取がおすすめです。

古い家は買取のほうが良い場合も

築年数が古い家は買い手が見つかりにくく、仲介での売却が難しくなります。

また、築年数が古くなると、相場価格も安くなります。そのため、仲介よりも買取を検討した方が良い場合もあります。

買取の場合は買い手は不動産会社になりますので、買い手を見つける必要もなく、スムーズに売却できるというのが利点です。

家を高く売るためにやってはいけない3つのNGポイント

家を高く売るためにやってはいけないこと

家を高く売るには、気を付けなければいけないポイントがいくつかあります。ここでは、家を少しでも高く売るにあたって3つのNGポイントについてご紹介します。

内覧時に部屋が散らかっている

購入を検討している人が現れた際に行う、内覧の印象はとても大事です。たとえ現況有姿(内容物そのまま)で売却するとしても、きれいな方が印象が良くなるのは当然です。

部屋が片付いていなかったり、手入れができていないと印象が悪くなり断られてしまう原因になってしもうこともあります。内覧前の整理整頓は入念にしておきましょう。

使いにくいような個性的なリフォームをしている

家の購入を検討している人は、買った後にどのように使うかを想像しますので、生活上で使いにくいような作りになっていたり、個性的なリフォームをするのはよく検討すべきです。

もしもこれから家を高く売るためのリフォームをするのであれば、奇抜なデザインにしすぎないことです。

不動産会社任せになってしまう

信頼できる不動産会社が首尾よく見つかって、売却活動をスタートできたとしても、気を抜いて任せきりにしてしまっては良くありません。

内覧の希望にはなるべく立ち合いをした方が良いですし、購入希望者がなかなか見つからない場合は状況を確認したり、条件を見直したり、動きが遅いときには販促を促したりと不動産会社と二人三脚で相談しながらすすめていかなくては納得する売却はできないのです。

家を売る際に出費を削減する方法

家を売る際に出費を削減する方法

家を売ることで、無条件で大きな利益が出ると思われがちですが、実はさまざまな出費も発生します。

実際の利益とは売却した価格から、売却にかかった諸費用を引いた額のことを指します。

なるべく利益を多くするためには、売値を高くするだけでなく、発生する費用をなるべく抑えるというのも大事な方法のひとつです。

ここでは家を売るにあたってかかる費用や、出費をおさえるために知っておきたいことをご紹介します。

経費にできる費用を知っておく

家を売却して発生した譲渡所得には所得税と住民税がかかるり、これを「譲渡所得税」といいます。

譲渡所得とは家を売却した際の売却価格から譲渡費用と取得費用を指し引きして算出される利益のことです。

経費となる譲渡費用や所得費用をしっかりと計上することで、譲渡所得税を下げることができ、大きな節税につながります。

不動産を売却する際にかかった費用をしっかり計上することで課税所得が下がり、最終的な節税へとつながるのです。家を買う際の経費として計上できる支出には以下のようなものがあります。

家を買う際に計上できる経費
  • 購入時に依頼した不動産会社へ支払う仲介手数料
  • 売買契約書に貼付けした印紙代
  • 取得時の登録免許税
  • 登記のために司法書士へ支払った報酬
  • 不動産取得税
  • 立退料および移転料(※入居中の家を取得していた場合)
  • 不動産取得準備のための測量費
  • 建物の取り壊し費用 ※更地にする場合
  • 不動産購入時にかかった整地・埋立て・地盛り・下水道工事などの費用
  • リフォーム工事費用

さらに、家を売る際にかかった経費をもれなく計上することも、家を高く売る(節税により利益を大きくする)有効な方法です。

家を売るために認められる経費としては、以下のような支出があります。

家を売る際に計上できる経費
  • 家を売る際に契約した不動産会社へ支払う仲介手数料
  • 売買契約書に貼る印紙代
  • 家を売るために広告を流した場合の広告料
  • 家を売るにあたって測量を行った場合の測量費
  • 家を売るために鑑定をした場合の不動産鑑定料
  • 借家人を立退かせるために支払った立ち退き料
  • 家の買主が登記費用を負担した場合の登録免許税
  • 家を更地で売るために取り壊した場合にかかる解体費用
  • 家を売る高くために施工した際の補修工事費用
  • 買主との交渉のために要した交通費や通信費等

長期譲渡のタイミングを把握しておく

家を売った利益にかかる譲渡所得税は、所有期間が5年を超えているかどうかで税率が大きく異なります。

所有期間が5年以下であれば「短期譲渡所得」で、5年超えなら「長期譲渡所得」といい、税率は長期譲渡所得の方が大幅に低くなります。

いつからが長期譲渡になるのか、タイミングをしっかり把握しておきましょう。

3000万円の特別控除を利用

家をを売る際には、家本体と家が建っている敷地に関しては、3000万円までの所得税控除が受けられるため、有効利用したいところ。

ただし、家を売るといっても転居している場合は必ずしも3000万円の特別控除が受けられるわけではありませんのでご注意を。転居していて特別控除を受ける場合は、転居3年後の12月31日までという制約があるんどえす。

居住用財産の買い替え特例を利用

居住用の家(マイホーム)売却年の前年から翌年までの3年間で、また別の家(マイホーム)を購入したケースでは、「居住用財産の買い替えの特例」を利用できるかもしれません。

買い換え特例が適用された場合、買い替え後のマイホームを売却する時期まで課税を遅らせることができるのです。

買い替え特例が適用される条件は、売却した家が「売却した年の1月1日時点で所有期間が10年を超え、居住期間が10年以上であること」「譲渡金額が1億円以下であること」の2点です。

仲介手数料を交渉

不動産会社に仲介を依頼する際にかかる報酬が、仲介手数料です。

不動産会社の中には、買主のみから仲介手数料を受領しているところもありますが、基本的に売主からも受領するケースが多いです。

少しでも抑えたい仲介手数料ですが、不動産会社との交渉で安くしてもらう方法もありますが、他にも契約形態で安く抑えることができるケースもあります。

「専属専任仲介契約」という形態で、1つの不動産会社とのみ契約を結び、その不動産会社が見つけてくれた買い手のみと売買契約できるという契約方法です。

せっかく一生懸命に販売活動を行っても他の不動産会社で売買契約となってしまっては不動産会社にとって利益にならないので、それを回避できる専属専任仲介契約では、不動産会社が仲介手数料の値下げに応じてくれる可能性も高いのです。

こちらから査定を依頼できます!

HOME4Uで不動産査定

【あなたの不動産いくらで売れる?】
HOME4Uが厳選した1,800社と提携。あなたの不動産査定価格を簡単比較!
※2021年6月現在

家を高く売る方法まとめ

今回の記事では少しでも家を高く売るための方法や、必要経費を削減して利益を大きく据える方法、そしてやってはいけないことなど、出来る限り分かりやすく解説てきましたが、いかがでしょうか。

家を高く売るには、知識をしっかり身に付けることや情報収集がとても重要です。

また、大切な家を売却するためのパートナーとなる不動産会社選びも同じくらい大切です。この記事によって、知識を深めたり不動産会社探しを円滑にする助けになれば幸いです。