お風呂のリフォームでできることは?方法ごとの費用相場も紹介!

1日の疲れを癒すバスタイムをより快適なものにするために、お風呂のリフォームを検討する人も多いでしょう。

「お風呂場が寒い」「床が滑りやすい」など、今抱えている不満点を改善したいなら、リフォームを考えてはいかがでしょうか。

この記事では、お風呂のリフォームにはどのような方法があるのか、どんなリフォームにいくらぐらい費用がかかるのか、などについて詳しくご紹介していきます。

リフォームの必要性や業者に依頼する際の注意点などもまとめているので、ぜひ参考にしてください。

▼無料一括査定依頼▼
※都道府県が選択されていません。
※市区町村が選択されていません。
※ご指定いただいたエリアへのお問合せは、現在取り扱っておりません。

※リンク先の売却査定/買取査定は、当社提携先の株式会社NTTデータ スマートソーシングのサービスページになります。

こんなにある!お風呂をリフォームするメリットを紹介

こんなにある!お風呂をリフォームするメリットを紹介

まずは、お風呂をリフォームするメリットや必要性についてご紹介しましょう。

見た目がきれいになること以外にも、さまざまなメリットがあります。

見た目がきれいになる

お風呂をリフォームすることで見た目がきれいになります。

お風呂は毎日掃除をしていても、年月がたてば掃除しても落ちない汚れが蓄積したり、傷などが目立ってきたりするものです。

汚れや傷が多いお風呂では、快適なバスタイムを過ごせません。

リフォームすることで、まるで新築時のような清潔感のあるお風呂を手に入れることができます。

お風呂の時間が楽しみになることでしょう。

問題点を改善できる

「冬になるとお風呂に入るとき寒い…」「床が滑るので転倒しやすい」「段差につまずくことが多い」など、さまざまな問題点もリフォームで改善できます。

特に、脱衣所と浴室の温度差が激しいとヒートショックを起こす可能性もあるため注意が必要です。

意識を失って倒れた際に浴槽で溺死してしまう事故も報告されています

参考:ヒートショックの恐るべき実態|一般社団法人 日本ガス石油機器工業会

このような問題を解決し、安全にお風呂に入れるようにするには、リフォームの検討がおすすめです。

高齢者や小さな子どもがいる家庭では事故が起こる可能性も高くなります。

早めにリフォームを検討するとよいでしょう。

掃除が簡単になる

タイルの目地に入り込んだ頑固なカビ汚れは、掃除をしてもなかなか落とせません。

お風呂掃除に時間を取られている人も多いのではないでしょうか。

リフォームで床や壁なども新しくすれば、頑固な汚れともお別れできるかもしれません。

また、最近のお風呂は「掃除のしやすさ」を重視した機能が豊富に採用されています。

汚れが付着しにくい素材の浴槽や表面の凹凸をなくした扉、カビの発生を防止する浴室乾燥機など、汚れにくく掃除しやすいお風呂場が人気です。

リフォームすることで、掃除の手間や時間を大きく軽減できるでしょう。

お持ちの不動産(マンション・一戸建て・土地など)の適正な買取価格を調べるなら、NTTデータグループが運営する「HOME4U(ホームフォーユー) 不動産売却」の一括査定サービスをご利用ください。


お住まいの都道府県と市区町村を選び、物件の種類を選んでいくだけで、その地域で仲介売却を得意とする不動産会社が自動で選ばれ、最大6社から見積もりをもらうことができます。

実績豊富な不動産会社に売却を依頼することができるため安心です。
高く売りたい方は訪問査定を選びましょう。

お持ちの不動産(マンション・一戸建て・土地など)の適正な買取価格を調べるなら、NTTデータグループが運営する「HOME4U(ホームフォーユー) 不動産売却」の一括査定サービスをご利用ください。

不動産売却一括査定のHOME4U

お住まいの都道府県と市区町村を選び、物件の種類を選んでいくだけで、その地域で仲介売却を得意とする不動産会社が自動で選ばれ、最大6社から見積もりをもらうことができます。

実績豊富な不動産会社に売却を依頼することができるため安心です。
高く売りたい方は訪問査定を選びましょう。

お風呂のリフォームでできることは?

お風呂のリフォームでできることは?

お風呂のリフォームではどのようなことができるのでしょうか。

ここからは、リフォームの内容を種類別に紹介していきます。

不動産最新情報を配信中!

お風呂全体をリフォームする

お風呂の劣化が進んでいる場合や気分を一新したいときは、全体的なリフォームがおすすめです。

大がかりなリフォーム工事が必要になるため、部分リフォームに比べると費用は高額になります。

しかし、全体的にリフォームしておけば長持ちするため、長い目で見るとコスト削減につながるでしょう。

この場合、ユニットバスから新しいユニットバスへ変更するのか、在来工法からユニットバスに変更するのかによって、費用は大きく変わってきます。

ユニットバスは浴槽と床・壁がすべてセットになっていて、組み立てるだけで浴室が完成します。

在来工法は、セットではなく好みのパーツを組み合わせて浴室を仕上げる工法です。

最近の主流はユニットバスのため、在来工法からユニットバスにリフォームするケースがほとんどでしょう。

しかし、パーツを組み合わせて理想のお風呂を実現できる在来工法を選ぶ人もいます。

部分的にリフォームする

床や壁・扉など、劣化が気になる部分だけをリフォームする方法もあります。

具体的には、浴槽だけを交換する、浴室内の塗装をする、壁や床・天井を張り替える、などの方法です。

換気扇やシャワーの交換、手すりや鏡の設置など、備品や機器を追加・交換する形でリフォームできます。

p>お風呂の雰囲気を一新できる部分的なリフォームは、「気分を変えたい」という理由でリフォームする人にもおすすめです。

全体的なリフォームに比べて費用を抑えられること、工期が短いことなどもメリットとしてあげられます。

「何日もお風呂を使えなくて困る」ということもありません。

給湯器を交換する

給湯器の交換も、お風呂リフォームの一つです。

「故障してしまい、修理するより交換したほうが安い」という場合はもちろんのこと、「家族の人数が増えたので号数が合わなくなった」「もっと機能の多い給湯器が欲しい」などの理由で給湯器交換を検討する人もいます。

最近は省エネに特化した給湯器も人気があります。

初期費用は高額になりますが、毎月の電気代やガス代を減らせるため、トータルで見るとお得です。

「最近、光熱費が高い」と感じている場合は、給湯器のリフォームを検討してみるとよいでしょう。

バリアフリーリフォームをする

お風呂のバリアフリーリフォームは、介護される人はもちろんのこと、介護する人にとっても大きなメリットがあります。

介護が必要な家族がいる家庭にとって、お風呂のバリアフリーリフォームは特に重要です。

お風呂でできるバリアフリーリフォームには、脱衣所と浴室の段差をなくす、床材を滑りにくいものに交換する、引き戸扉に変更する、手すりを設置する、などの方法があります。

また、車いすでも利用しやすいように脱衣所を広くする、浴槽内に昇降リフトを設置する、などもよく行われるバリアフリーリフォームです。

\10万円キャッシュバック!/

お風呂のリフォームにはいくらかかる?方法別に費用相場を紹介

お風呂のリフォームにはいくらかかる?方法別に費用相場を紹介

お風呂のリフォームにかかる費用相場をご紹介しましょう。

全体的なリフォームは50万~150万円前後

お風呂全体をリフォームする場合の費用相場は、ユニットバスからユニットバスへの入れ替えだけなら50万~150万円前後です。

ただし、在来工法の浴室からユニットバスに交換する場合や、ハイグレードなユニットバスを選ぶ場合は、さらに費用がかかります。

在来工法でこだわりのお風呂場にリフォームする場合は、200万円以上かかることもあります。

部分的なリフォームは50万円以下でできる場合も

部分的なリフォームは、内容にもよりますが、50万円以下でできるものが多くなっています。

たとえば、手すりの設置は3万~5万円、ドアの交換は5万~16万円、床や壁・天井の張り替えは10万~30万円前後が相場です。

水栓やシャワーヘッドは本体価格が2万~4万円前後ですが、誰でも比較的簡単に交換できるので、DIYすれば費用を抑えられます。

給湯器リフォームは本体価格+3万~6万円の工事費用

給湯器のリフォームにかかる費用は、本体価格によって大きく変わります。

本体価格は、暖房機能や追い炊き機能がないタイプで5万~15万円前後、暖房機能や追い炊き機能があるフルオートタイプだと30万円以上するものもあります。

本体価格にプラスして、取付費用が3万~6万円ほどかかるため、合計していくらになるかしっかり確認しておきましょう。

ただし、給湯器の取付位置やタイプを変更するなどの場合は、追加料金がかかることがあります。

バリアフリーリフォームは5万~50万円が相場

バリアフリーリフォームは、工事の規模や範囲によって費用が大きく変わるため、5万円前後でできるものもあれば、50万円以上かかる場合もあります。

たとえば、お風呂の段差を解消するリフォームは5万~7万円程度でできますが、浴槽内に昇降リフトを設置する場合は20万~30万円ほどかかるでしょう。

そのほか、浴室を広くする工事は30万~50万円ほど、暖房を設置する工事は、20万~50万円ほどが相場となっています。

\10万円キャッシュバック!/

お風呂のリフォーム前に知っておきたい注意点

お風呂のリフォーム前に知っておきたい注意点

お風呂をリフォームする前に知っておくべき注意点についてまとめました。

工事期間を確認しておく

お風呂のリフォーム工事が始まる前に、工事期間はどのくらいかかるのかを業者に確認しておきましょう。

工事中はお風呂を使用できないため、その間どうするかを考えておかなければなりません。

1日で完了するリフォームであれば問題ありませんが、1週間ほどかかる大がかりなリフォームは、特に注意が必要です。

また、工事が完了してもすぐにお風呂を使用できるとは限りません。

塗装は乾くまで時間がかかります。

作業後ある程度の間、お風呂場をそのままにしておかなければならない場合があるのです。

その点も事前に確認しておきましょう。

業者は比較して選ぶ

リフォームを依頼する業者は、数社を比較して慎重に選ぶことをおすすめします。

費用は業者によって異なる部分が多いため、事前に複数の業者に無料見積もりを依頼して、大まかな相場を把握しておきましょう。

悪質な業者を選ぶとトラブルに巻き込まれる可能性があるため、豊富な作業実績があるか、見積書の内容は明確か、などをしっかりチェックして選ぶことが大切です。

電話勧誘や、突然、自宅に訪問してくるような業者、見積書に詳細な記載がない業者などは利用しないほうがよいでしょう。

リフォーム会社の選び方や人気業者の特徴について、こちらの記事でも詳しく紹介しています。合わせて読んでみてください。

補助金がもらえる場合もある

バリアフリーリフォームや省エネリフォームを行う場合は、補助金制度の対象になる可能性があります。

国や自治体が行っている補助金制度や、介護保険の補助金制度を利用できるかどうか、インターネットや自治体の窓口で確認しておきましょう。

補助金制度のほかにも、固定資産税の減額制度や所得税の特別控除など、バリアフリーリフォームには多くの優遇措置があります。

こちらから査定を依頼できます!

HOME4Uで不動産査定

【あなたの不動産いくらで売れる?】
HOME4Uが厳選した1,500社と提携。あなたの不動産査定価格を簡単比較!※[1500社]2020年5月現在

まとめ

お風呂リフォームのメリットや具体的な方法、費用相場などを詳しくご紹介しました。

リフォームすることできれいなお風呂に入れるだけでなく、安全で使い勝手のよいお風呂を手に入れることができます。

今のお風呂に対して不満に思っていることがあれば、ご紹介した内容を参考に、改善するためにどのようなリフォームをすればよいのか考えてみてください。

お風呂のリフォームには高額な費用がかかる場合もあります。リフォーム後に後悔することがないよう、業者選びは慎重に行いましょう。