机上査定とは?やり方や訪問査定との違い、メリット・デメリットを解説

※当記事はアフィリエイト広告を含みます。

「机上査定ってどんな査定方法?」
「机上査定は正確じゃないって本当?」

不動産の売却を考えている人は、机上査定を依頼するか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

不動産の売却をするならなるべく好条件で売却したいと考えるのが当然です。

納得の行く査定を受けるためには、どのように査定されるのか、査定方法は正確かなど査定方法についての知識が必要です。

ここでは、不動産査定方法の1つである机上査定について、机上査定のメリットやデメリットなどについて解説します。

机上査定の仕組みを知った上で、納得できる不動産査定をしましょう。

▼無料一括査定依頼▼
※都道府県が選択されていません。
※市区町村が選択されていません。
※ご指定いただいたエリアへのお問合せは、現在取り扱っておりません。

※リンク先の売却査定/買取査定は、当社提携先の株式会社NTTデータ スマートソーシングのサービスページになります。

机上査定とは

机上査定とは、不動産査定方法の1つです。

不動産の査定方法は、大きく分けると「机上査定」と「訪問査定」に分けられます。

ここでは、机上査定がどんな査定方法なのか、訪問査定との違いについて解説します。

机上査定とは

机上査定とは不動産の売却価格の査定方法の一つで、現地調査をせずにデータなどから算出する査定方法のことです。

既存のデータから売却価格を算出するので、簡易査定とも呼ばれています。

机上査定と訪問査定の違い

机上査定では、不動産情報やデータから不動産の売却価格を査定するので、当日に査定額が分かる場合もあり、長くても3日程度で査定額を知ることができます。

あくまでデータを元に算出しているので、おおよその査定額を知ることができます。

一方、訪問査定は現地で物件の状態や周辺環境などを見て査定を行うので、実際の売却価格に近い額を知ることができますが、査定額の算出に1週間程度かかる場合もあります。

おおよその査定額が知りたい場合は机上査定、実際の売却に向けて詳しい査定額を知りたい場合は訪問査定のように、必要に応じて使い分けることが一般的です。

訪問査定のメリット・デメリットやポイントは下記の記事で詳しく解説します。

机上査定の流れ

机上査定を依頼するには、不動産会社に依頼する方法と不動産一括査定サイトで複数の不動産会社に査定してもらう方法があります。

不動産一括査定サイトに依頼した場合、登録されている複数の不動産会社から机上査定を受けることができるので、査定価格を比較することができます。

机上査定では、不動産会社によって査定額に差が出ることがあるので、まずは一括査定サイトで査定をしてもらうことでより正確な査定価格を知ることができます。

\ネット環境にお悩みの方へ!端末在庫が少なくなっています/

机上査定に必要な情報

机上査定では、インターネット上で必要な項目を入力する必要があります。

スムーズに依頼できるよう、下記の項目を事前に調べておきましょう。

  • 物件所在地
  • 査定依頼理由
  • 築年数
  • 建物/土地面積
  • 氏名
  • 年齢
  • 住所
  • メールアドレス
  • 電話番号

机上査定のメリット

資金なしで土地活用する方法

机上査定には、訪問査定にはないメリットがあります。

ここでは机上査定の3つのメリットについて解説します。

不動産の役立ち情報を配信中!

短時間で査定額が出る

机上査定の一番のメリットは、短時間で査定額を知れることです。

机上査定では、依頼をした後、早ければ即日、遅くても3日程度で査定結果を知ることができます。

訪問査定の場合は、不動産会社が査定物件を訪れ現地調査に立ち会いをしなければならないので日程調節が必要となります。

仕事が忙しい場合や、遠方で立ち会いが難しい場合でも、スピーディーに査定額を算出してもらえることは大きなメリットです。

簡単に依頼ができる

机上査定では、査定してほしい不動産の情報と個人情報を所定のフォームに入力するだけで、簡単に査定依頼ができます。

インターネットで手軽に依頼できるので、書類を準備したり、現地で立ち会いをする手間がかかりません。

面倒な手続きなく簡単に依頼できることも机上査定のメリットです。

強引に勧誘されないか心配な場合は、連絡手段をメールにするなどして直接勧誘を受けることを避けることもできます。

複数の不動産会社に査定依頼ができる

机上査定のメリットは、複数の不動産会社に査定を依頼できるところです。

それぞれ興味のある不動産会社に複数査定依頼をすることもできますし、不動産査定一括サイトから依頼すれば、複数の不動産会社に一括で査定依頼することもできます。

机上査定では、データのみで査定を行うので不動産会社によって査定額に差が出ることがあります。

そのため1社だけでは、正確な査定額を出すのは難しいのです。

複数の不動産会社の査定額を比較することで、各不動産会社の査定額を知ることができるので、机上査定をする場合は一括で複数の不動産会社に依頼する方がよいでしょう。

お持ちの不動産(マンション・一戸建て・土地など)の適正な売却価格を調べるなら、NTTデータグループが運営する「HOME4U(ホームフォーユー)」の不動産売却一括査定サービスがおすすめです。


お住まいの都道府県と市区町村を選び、物件の種類を選んでいくだけで、その地域で仲介売却を得意とする不動産会社が自動で選ばれ、最大6社から見積もりをもらうことができます。

全国から厳選した実績豊富な不動産会社に売却を依頼することができるため安心です。

お持ちの不動産(マンション・一戸建て・土地など)の適正な売却価格を調べるなら、NTTデータグループが運営する「HOME4U(ホームフォーユー)」の不動産売却一括査定サービスをご利用ください。

不動産売却一括査定のHOME4U

お住まいの都道府県と市区町村を選び、物件の種類を選んでいくだけで、その地域で仲介売却を得意とする不動産会社が自動で選ばれ、最大6社から見積もりをもらうことができます。

実績豊富な不動産会社に売却を依頼することができるため安心です。。

\ネット環境にお悩みの方へ!端末在庫が少なくなっています/

机上査定のデメリット

机上査定のデメリットは、データのみの簡易査定のため査定価格のズレが大きい可能性があることです。

机上査定では、不動産の情報をもとに周辺物件の価格などを元に査定されます。

実際に物件を調査しているわけではないので、不動産会社によって査定額に違いが出る可能性があります。

正確な査定価格を知るためには、複数の不動産会社に査定依頼をして比較することや、訪問査定で実際の物件を調査してもらい査定額を出してもらうことをおすすめします。

机上査定での査定額はどうやって決まる?

机上査定の査定額は、類似物件の成約価格や、周辺物件の価格、不動産市場の動向などのデータから総合的に判断して決まります。

ここでは、その算出方法の仕組みについて解説します。

60秒で無料査定依頼!

HOME4Uで不動産査定

【高く売れる場所が見つかる!】
HOME4Uが厳選した1,800社と提携し、あなたの不動産査定価格を簡単比較!
※2021年6月現在

類似物件の成約価格

机上査定では、類似物件が過去にどの程度の価格で売れたのかを基準に査定価格を算出します。

このように査定する物件に近い取引事例と比較して査定価格を算出する方法を、取引事例比較法と呼ばれ、一般的な算出方法になります。

マンションであれば、広さや築年数が似ている物件であれば、同程度の価格で売却できる可能性が高いので、査定価格の参考になります。

また、同じマンションで過去に売買があれば、立地や築年数が同じなので査定額を決める上で大きな判断材料となります。

比較物件が多ければ多いほど、成約価格に近い査定額を求めることができます。

周辺物件の価格

机上査定では、周辺物件の売出し価格を考慮して算定されることもあります。

近隣で似たような物件が売り出されていた場合、近隣物件よりも大幅に高い金額で売出してしまうと購入につながらない可能性があるからです。

不動産を購入する場合、同じエリアで売出中の物件がある場合は、価格や間取りなどが比較されてしまいます。

周辺地域で販売中にも関わらず売れていない物件がある場合は、その価格では売れないと判断されることもあります。

また、周辺に新築物件がある場合は、その価格も査定額の目安となります。

一般的に中古物件よりも新築物件の方が需要が高いので、新築物件よりも高い価格では売却しにくいからです。

このように査定物件だけで判断するのではなく、周辺の物件の価格も査定額を決める要因になるのです。

不動産市場の動向

机上査定では、不動産市場の動向が査定額に影響されることがあります。

景気が良くなると地価が上昇し、不動産の価格も高くなります。

また周辺エリアの人口推移や、新しい駅ができて便利になったなどの要素も不動産の査定額に影響します。

人気エリアで購入需要が高い地域は、不動産の価格の下落も緩やかなので高い査定額につながることもあります。

このように不動産市場の動向によって、査定額が決定されるのです。

不動産市場の今後について知りたい方に向けて、こちらの記事で「不動産市場の今後や価格の推移を予想」しています。こちらも合わせてご覧ください。

机上査定を利用したほうが良い人

不動産の査定には、机上査定と訪問査定があります。

机上査定は、訪問査定に比べて手間がかからずに手軽に行うことができるので利用しやすい一面もあります。

ここでは、机上査定を利用したほうがいい人の特徴について解説します。

売却するか未定だが査定してほしい人

物件を売却するかは未定だが、売却した場合の相場価格が知りたいという人は、まずは机上査定を依頼することをおすすめします。

「周辺のマンションの価格が上がっているので、もし高値で売れるなら売却したい。」
「今すぐ売却するわけではないけれど、おおよその査定額を知っておきたい。」

このように、売却を決めているわけではないけれど査定額を知りたいという場合は、机上査定で充分に対応できます。

実際に売却を検討する場合は、訪問査定で詳しく査定を受ける必要がありますが、売却の意思がはっきりしていない場合は、机上査定でおおよその査定額を知ってから判断してもいいでしょう。

訪問査定を受ける時間が取れない

訪問査定を依頼する時間が取れないという方は、まずは机上査定で査定額を算出してもらいましょう。

机上査定はインターネット上で必要な情報を入力するだけで査定可能なので、時間が取れない方でも簡単に依頼することができます。

査定したい物件が遠方にあるなどの理由で、現地に行くことが難しい場合なども机上査定であれば全国どこでも査定可能です。

机上査定では不動産会社との日程調節をする必要がないので、時間がない人や遠方の物件を査定したい人は利用すると便利です。

60秒で無料査定依頼!

HOME4Uで不動産査定

【高く売れる場所が見つかる!】
HOME4Uが厳選した1,800社と提携し、あなたの不動産査定価格を簡単比較!
※2021年6月現在

複数の不動産会社を比較検討したい人

机上査定では、複数の不動産会社に一括で依頼することができます。

不動産売却が初めてで、どこの不動産会社に依頼していいのかわからないという場合は、まず机上査定を依頼して査定結果を比較検討することをおすすめします。

極端に机上査定の額が安すぎる場合や高すぎる場合は注意が必要です。

査定金額が低すぎる場合は、売出し価格に影響することが考えられますし、また高すぎる場合も注意しましょう。

査定価格が高いと、高い価格で売却できると思いがちですが、査定金額はあくまで査定金額なので、その価格で売れるとは限りません。

高い査定金額を出してくれた不動産会社に売却を依頼したいと考える心理を利用して、実際の査定金額よりも高い査定額を提示してくる不動産会社もあるので、冷静に見極めることが大切です。

高い査定額を鵜呑みにして不動産会社と契約してしまうと、なかなか売却が進まずに大幅に値下げをすることになってしまいます。

複数の不動産会社に依頼することで、不動産の相場価格を知ることができます。

机上査定を依頼する場合は、複数の不動産会社の査定額を知ることが大切です。

机上査定以外の不動産査定の方法を知りたい方に向けて、「不動産査定の種類やそれぞれの査定手順」についてまとめています。こちらも合わせてご覧ください。

おすすめ不動産無料査定サイト

机上査定を依頼するなら、不動産無料査定サイトを利用すると多くの不動産会社の査定額を知ることができるのでとても便利です。

不動産無料査定サイトでは、1件1件の不動産会社に個別で依頼をする手間がかからない上に、数分程度で複数の不動産会社にまとめて査定依頼ができます。

不動産売却では、不動産の相場価格を知るために複数の不動産会社に査定依頼をすることが大切です。

不動産査定の一括サイトは、特徴や強みがそれぞれ違うので複数のサイトを比較して最適なサイトを選びましょう。

ここでは、おすすめの不動産無料査定サイトを紹介します。

納得の行く不動産売却を目指して、パートナーとなる不動産会社を選びましょう。

HOME4U

HOME4U不動産一括査定

出典:HOME4U

HOME4U(ホームフォーユー)は、NTTデータグループが運営している不動産無料査定サイトです。

2001年に日本で初めてインターネットでの不動産一括査定サービスを開始後、歴史と実績を活かしたノウハウが強みで多くの方に利用されています。

NTTデータグループが運営しているので、官公庁や銀行などの日本最高クラスのセキュリティで培った安全なシステムで、個人情報に関しても万全の保護体制で管理しているので安心して利用できます。

査定対象なる不動産の種類も豊富で、個人向けのマンションや戸建て、土地だけではなく、アパート一棟や店舗・事務所・倉庫などの収益物件も査定できます。

対応エリア全国
実績売却査定数累計45万件(2021年6月現在)
提携会社数1,800社以上
同時依頼数6社
サービス開始年月2001年11月
対応物件マンション、一戸建て、土地、ビル一室、店舗・事務所・倉庫、マンション一棟、アパート一棟、ビル一棟
入力時間1分程度

【PR】SUUMO不動産売却

SUUMO不動産売却一括査定

出典:SUUMO

SUUMO不動産売却(スーモ不動産売却)は、賃貸で有名なリクルートが運営している知名度抜群の不動産無料査定サイトです。

提携している不動産会社の数は2,800社以上と圧倒的な提携数を誇り、提携する不動産会社の店舗ごとの売却実績を公開しています。

SUUMO不動産売却の一括査定サイトでは、1回の査定で10社まで依頼できます。

一度の査定で10社依頼できるので、より多くの不動産会社の査定額を比較したい方には最適です。

営業の電話がかかってくることが不安という方は、連絡希望欄にメールでの回答希望と記入しておくと机上査定結果をメールで受け取ることができます。

しかし、個人向けのマンションや戸建て、土地のみが対応物件となっているので、アパート一棟や店舗・事務所・倉庫・農地・山などの収益物件は査定できないので注意しましょう。

対応エリア全国
実績月間訪問者数 約2,188万人
提携会社数2,800社以上
同時依頼数最大10社
サービス開始年月2009年
対応物件マンション、一戸建て、土地
入力時間1分程度

LIFULL HOME’S不動産売却査定

LIFULL HOME'S

出典:LIFULL HOME'S

LIFULL HOME’S不動産売却査定(ライフルホームズ不動産売却査定)は、提携不動産会社の特色を公開しているので、相性の良い不動産会社を選ぶことができます。

LIFULL HOME’S独自の掲載基準を設け厳正な審査を実施し、地域密着の不動産会社や投資物件に強い不動産会社などさまざまな角度からパートナーを探せるのが大きな強みです。

参加社数は全国3,689社、サービス利用者数は838万人を超えているので安心して利用できます。

運営元である株式会社LIFULLは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」、国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しており、個人情報の取扱いも徹底されているので安心して利用できます。

また、匿名査定依頼サービスを実施しており、匿名依頼サービスを利用すれば、物件情報を入力するだけで概算価格を知ることができます。

匿名依頼サービスで入力したメールアドレスは不動産会社に送信されないので、不動産会社から勧誘などの心配はありません。

その後、査定価格や会社情報を知った上で相談したい場合は、コンタクトを取ることもできるので、不動産査定が初めての方でも利用しやすいサービスです。

対応エリア全国
実績サービス利用者数 838万人(2022年1月現在)
提携会社数3,689社
同時依頼数最大10社
サービス開始年月2008年12月
対応物件マンション、一戸建て、土地、マンション一棟、アパート一棟、ビル一棟、倉庫・工場
入力時間1分程度

こちらで紹介した以外にも不動産無料査定サイトを知りたい方に向けて、「おすすめの不動産一括査定サイト」を紹介しています。

机上査定を利用して納得できる不動産査定をしよう

納得の行く不動産査定を受けるためには、複数の不動産会社の査定額を比較して慎重に判断することが大切です。

机上査定では、手軽にスピーディーな査定結果を得ることができるので、じっくり比較検討してから訪問査定に進むことができます。

机上査定のメリットやデメリットを知って、納得できる不動産査定をしましょう。