外壁塗装の必要性は?リフォームのタイミングや業者選びのコツ

「外壁塗装のリフォームをしたい」と考えてはいるものの、今がその時期なのかどうか分からない、そのような方は少なくありません。

外壁塗装のリフォームをどのタイミングで始めればいいのか、何に気を付ければいいのかと悩んでいませんか。

劣化した外壁塗装をそのまま放置してしまうと、見た目が悪くなるだけでなく、さまざまな弊害が生じる原因にもなります。

工事に踏み切るタイミングや業者選びなど、正しい知識を身につけ、外壁塗装のリフォームを成功させましょう。

外壁塗装の劣化がもたらすこと

外壁塗装の劣化がもたらすこと

外壁塗装は、いつまでも当初の状態を保つわけではありません。

耐久性は塗料にもよりますが、一般的には10~15年が寿命だといわれています。

劣化した状態で放置すると、見た目が悪くなるばかりでなく、外壁や建物内部、土台や基礎などへもダメージが加わる恐れがあります。

では、具体的にどのようなダメージがあるのでしょうか。

見た目が悪くなる

塗装が劣化すると、見た目が悪くなります。

年月が経つにつれて、塗装を行ったときよりも色がくすんだり、ムラができたりするでしょう。

また、クラックと呼ばれるひび割れや、コーキングの切れなどが目立つと、さらに見た目が悪くなります。

コーキングとは、建築工事や防水工事などで用いられるシーリング材のことです。

ゴムのようなシリコン素材で、外壁材の継ぎ目、目地として用いられます

建物の外壁は、面積がどうしても広くなるため、状態が悪くなると目立ちます。

通りがかった人に「ずいぶん古い家だな」と思われてしまう可能性もあるでしょう。

外壁へのダメージ

塗装が古くなると、はがれやひび割れなどが起こります。

その結果、ひび割れを起こした部分から雨水やゴミなどが入りこみ、外壁にダメージを与えてしまい、さらに劣化が進んでしまうのです。

外壁の状態が著しく悪くなると、外からのダメージを受けやすくなります。

日々の風雨や埃など、外気の攻撃を受けてしまい、住宅の防御能力がどんどん低下してしまうのです。

その結果、家の中まで雨が入ってくる可能性があります。つまり、雨漏りです。

内部の壁から雨水がしみだしてきたり、天井から雨がしたたり落ちたりといったことも起こりえます。

これは、塗装の下地が何であっても同様です。

下地には、モルタルや木材、板金などが考えられますが、いずれにしても湿気や水分、細かい汚れなどによって外壁にダメージが加わります。

浸食による腐食

外壁の状態が悪くなると、わずかな部分から湿気などが入りこみ、内部を浸食される恐れがあります。

白アリが建物の柱や土台を食い尽くすイメージです。

そのまま放置してしまうと、どんどん腐食が広がり、取り返しのつかないことになるかもしれません。

木造建築物の場合は、柱や筋交い、梁などの重要な構造木材が腐食してしまう恐れがあります。

これらの構造木材は、外からは見えないため、ダメージを受けていてもなかなか気づけません。

気が付いたときには手遅れ、といったことも珍しくないのです。

土台や基礎へのダメージ

家を建てるときは、更地にコンクリート基礎を築き、その上に土台を敷いて柱を建てます。

つまり、住宅にとって基礎や土台はとても重要なものです。

塗装の劣化を放置すると、これらの重要な部分にもダメージを加えてしまう危険性があります。

ひび割れや穴、コーキングの切れた部分などから湿気や水が侵入すると、土台や基礎が腐食し、最悪家が傾いてしまう可能性もゼロではありません。

基礎部分はコンクリートですが、セメントの成分が中性化してしまい、強度が低下する恐れもあるのです。

外壁塗装の塗り替えのタイミング

外壁塗装の塗り替えのタイミング

塗り替えのタイミングは一般的には築10年が目安といわれていますが、実際にはもっと早く工事に踏み切ったほうがよいケースも多くあります。

ここでは、工事に踏み切るタイミングをお伝えします。

塗装がはがれてきたとき

建物の外壁を見たとき、はがれがないかチェックしましょう。

もし、はがれている部分が目立つようなら、工事を行うタイミングです。

塗装のはがれやめくれが生じている場合、すでに塗料としての役割を果たしていません。

このままでは、どんどん外壁の防御力が低下してしまい、建物の構造木材にまでダメージが加わります。

はがれやめくれが目立つようなら、工事のタイミングと考えましょう。

手に粉がつくとき

外壁を手で触ったときに、白い粉がつきませんか。

これはいわゆるチョーキングと呼ばれる現象で、塗料の寿命がつき、粉状になった状態です。

これも、すでに塗料としての役割を果たせていない状態のため、できるだけ早く工事に踏み切ったほうがよいでしょう。

湿気や水、白アリなどが建物に侵入しやすい状態です。放置しておくのはリスクがあります。

ひび割れしているとき

外気や水分、紫外線などの影響により塗膜は薄くなります。

長い年月をかけて少しずつ塗膜は薄くなりますが、限界を超えるとひび割れが生じてしまいます。

細いひび割れが入っているくらいならまだ問題ないと考えられますが、3mm~5mmほどの大きな幅のひび割れだと注意が必要です。

そこから外壁にダメージを与え、建物内部にも浸食してしまう恐れがあります。

コーキングが切れているとき

コーキングは防水の役割も果たすため、切れやはがれなどがあると、そこから水が入りこむ恐れがあります。

表面にだけ薄くヒビが入るくらいなら問題ありませんが、目立つようなら早めの対策を検討しましょう。

DIYでもできるのか

DIYでもできるのか

日曜大工や工作などが好きな方だと、DIYで外壁塗装のリフォームをしたいと考える方もいるかもしれません。

DIYには確かにメリットもありますが、デメリットもあります。

ここでは、DIYによる外壁塗装のメリット・デメリットをお伝えします。

DIYのメリット

トータルでの価格を安く抑えられる可能性があるのは、大きなメリットです。

業者に依頼しないため、職人の手間賃が発生せず、必要最小限の出費で済ませられます。

また、業者探しの手間や時間が必要なく、好きなタイミングで工事を始められるのもメリットです。

自分で工事を行うため、見ず知らずの人が敷地内に立ち入ることもありません。

DIYのデメリット

必ずしも安くならないのがデメリットのひとつです。

確かに職人の手間賃などは必要ありませんが、材料や道具などを自分で用意しなければならず、工事に入る前にさまざまな費用が発生する可能性がありますし、時間も取られます。

また、プロではないため仕上がりが甘く、工事が二度手間になるケースもよくあります。

結局自分で仕上げられなくなり、業者に依頼するとなれば余計な費用が増えただけです。

慣れないことをするため、体を壊す、作業中にケガをしてしまうといったリスクも考慮しなくてはなりません。

外壁塗装リフォーム業者の選び方

外壁塗装リフォーム業者の選び方

DIYで作業するのは楽しく、うまくいけば費用も抑えられます。

しかし、仕上がりや工事完了までのスピードを考えると、プロの専門業者への依頼が安心です。

ここでは、リフォーム業者の選び方をご紹介しましょう。

塗装の専門業者が安心

リフォーム業者と一口にいってもさまざまです。

キッチンやトイレなど、水回り工事を得意とする業者もいれば、太陽光発電システムに特化した会社、インテリア工事に強みを持つ業者などもいます。

やはり安心できるのは塗装工事専門の業者です。

専門業者は、自社に職人が在籍していることもあり、余計な中間マージンも発生しません。

手際よく、スムーズに工事を進めてもらえる可能性が高くなります。

保証をチェックしよう

多くのリフォーム業者では、独自の保証を設けています。

ただ、内容や期間は業者によって異なるため、事前にチェックしましょう。

保証の内容や期間だけでなく、アフターフォローもあわせて確認することをおすすめします。

不具合が発生したとき、どのような対応をしてくれるのか、どこまで直してくれるのかなどをチェックしてください。

実績があるかどうか

リフォーム業者の実績は会社によってさまざまです。

昨日今日できたばかりの会社もあれば、何十年も地域に密着して工事を請け負ってきたような業者など、まさに玉石混交です。

実績がない、もしくは極端に経験の少ない業者だと、塗り替えしてもらってすぐに塗装がはがれる、色落ちするといったリスクもあるでしょう。

あるいは手際が悪く、工事完了までにかなりの時間を要してしまうかもしれません。

このようなことにならないよう、事前に業者のホームページや電話などで実績や経験を確認しましょう。

実際に担当者と会う機会があるのなら、これまでの工事実績などの写真を見せてもらうとよいかもしれません。

価格が適正かどうか

塗装リフォームがはじめての場合、工事にどれくらいのお金がかかるか、よく分からないのは当たり前です。

そのため、業者から提示された見積額を、そのまま真に受けてしまうことも珍しくありません。

本来なら50万円でできた工事なのに、100万円の見積もりを提示されるといったことがないとも限りません。

こうしたことを防ぐためにも、業者選びでは相見積もりが基本です。

少なくても2社かそれ以上の会社の見積もりを取り、価格や工事内容などを比べながら選びましょう。

また、見積もり内容で不明点があれば、すぐにその場で質問して確認することが大切です。

まとめ

外壁塗装の状態は年月の経過でどんどん劣化が進み、そのまま放置すると外壁へのダメージ、基礎や土台、柱などの腐食とさまざまなリスクがあります。

最悪、自宅内部への雨漏りを引き起こすことも否定できません。

外壁塗装リフォームの重要性をきちんと理解し、家の防御機能を取り戻しましょう。

塗装工事で失敗しないためには、業者選びが何より大切です。

過去の実績や業者の強みなどをチェックしつつ、相見積もりを取りながら、自分のニーズに合った業者を見つけてください。