自分好みの空間へ|トイレのリフォームの種類やメリットなど解説

トイレのリフォームはそれほど頻繁にするものではありません。

それ故に、いざリフォームをするとなれば失敗は絶対に避けたいものです。

理想どおりで満足のいくリフォームができるように、リフォームの種類やそれぞれの特徴、トイレをリフォームするメリット、またリフォームの際にかかる費用の相場などを確認しておきましょう。

トイレは毎日使うものです。せっかくリフォームをするなら、機能や使いやすさ、見た目にもこだわって、できる限り自分好みで快適な空間へと仕上げていきましょう。

トイレのリフォームの種類や特徴

トイレのリフォームの種類や特徴

ひと口にトイレのリフォームといっても、その種類はいくつかのパターンに分けられます。

種類とそれぞれの特徴についてご紹介します。

ウォシュレット機能を追加する

まずは、ウォシュレット(温水洗浄便座)機能を新たに付け加えるリフォームです。

最もスタンダードなトイレリフォームといえるでしょう。

温水洗浄便座は、その名の通り便座とセットとなっている商品が大半です。

温水洗浄便座を付けるということは、すなわち便座ごと取り替えることになります。

ノーマルな温水洗浄便座以外にも、乾燥や暖房機能、擬音装置の付いたもの、さらに使用後のタイミングに合わせて除菌するなどさまざまな機能を持った商品が販売されています。

温水洗浄便座を付けるのと同時に、他にほしい機能があるか検討するとよいでしょう。

手洗い器を追加する、はずす

トイレ本体に手洗い器が付いているものと、そうでないものとがあります。

どちらのほうが優れているということはなく、それぞれにメリットがあります。

手洗い器付きトイレのメリットは、当然ですが、洗面所まで行かなくても手を洗えるという点です。

洗面所とトイレが離れている家では、短い距離とはいえ家の中の移動が面倒に感じられることもあるでしょう。

一方、洗面所がトイレの隣にある家なら、手洗い器がトイレの中になくてもそれほど不便を感じないかもしれません。

手洗い器なしのタイプのメリットは、見た目がスマートな点です。

通常、手洗い器はトイレのタンクの上部に付けますが、手洗い器をなくすことで、全体的にスマートな印象になります。

手洗いの際の水滴が飛び散るということもなく、清潔な状態を保てるのもメリットの一つです。

なお、トイレ本体ではなく、トイレ内の壁に手洗いボウルを設置することもできます。

トイレ本体に手洗い器を付けるか、トイレ内の壁に手洗いボウルを設置するか、もしくは手洗い場をなしにするかは、家の配置や自分のライフスタイルに合わせて選んでください。

トイレの本体を交換する

トイレの本体は、大きく分けて便器と便座が別々になっている組み合わせタイプと、そうでない一体型タイプの2つがあります。

組み合わせタイプの場合は、便器と便座を別々に購入します。

温水洗浄便座を付ける際は、選んだ便座に温水洗浄便座機能が付いているかどうかを確認しておきましょう。

一方で、一体型タイプは便器と便座を別々に選ぶ必要はありません。

このタイプでは、温水洗浄便座機能が既に付いているケースが一般的です。

さらに、組み合わせタイプのものよりも、全体の印象がすっきりとしています。

壁紙の張り替えをする

トイレのリフォームといっても、たとえば壁紙を一新するなど、トイレ本体以外を取り替える場合もあります。

トイレの機能面だけでなく、全体の見た目や雰囲気にもこだわってみると、生活の質がぐっと上がるでしょう。

その他、トイレ周辺のリフォーム

他にもトイレの空間に付け足すと便利なのが、手すりです。

たとえば、足腰が弱い人にとっては、便座に座り、再び立ち上がるという一連の動作が負担に感じられるでしょう。

家族に高齢の人や足の不自由な人がいる場合、また自分が高齢になったときのことを考えて、手すりの設置を考えるのもおすすめです。

また、先に紹介した手洗いボウルの設置にも便利な点があります。

トイレ本体に手洗い器が付いている場合は、身を乗り出したり、手を洗う際にいちいち振り返ったりする必要があります。

小さい子どもや高齢の人には意外と負担のかかる動作です。

しかし、壁側に手洗いボウルを設置しておくと、使用後スムーズに手を洗えます。

家族のことを考えるなら、トイレ本体以外のリフォームを考えてもよいでしょう。

トイレは1回ごとの使用時間が短いため、細かい部分は後回しにしがちです。

しかし、毎日使っていると、後々気になる部分が出てくる可能性もあります。

その際、一部分だけを別に工事するよりも、はじめから一緒にやってしまうほうが費用を抑えることができます。

トイレのリフォームのメリット

トイレのリフォームのメリット

トイレのリフォームにはいくつかメリットがありますが、その具体例をご紹介します。

例を参考に、リフォームの際の優先事項を確認しておきましょう。

メリット1:節水につながる

トイレの洗浄に使われる水は、意外と大量に使われています。

東京都水道局が平成27年度に実施した一般家庭における水の使用量の調査によると、内訳は風呂の40%に続き、トイレは21%で2番目に多い項目となっています

参考:水の上手な使い方|東京都水道局

具体的な使用量としては、TOTOによれば、20~30年前に作られたトイレで1回あたり約13L、現在主流となっているトイレでは約4.8Lです。

古いトイレを新しくするだけで、1回あたり約8Lも節水できるとなれば、年単位ではその差は歴然としてきます。

参考:トイレでどれだけ水を使うの?|TOTO株式会社

さらに、最近では節水に特化しているトイレも出ています。

たとえば、TOTOが出している「ネオレストAH・RH・DH」というタイプでは、1回あたりの水の使用量を3.8Lまで減らしています。

参考:節水・節電などエコ情報|TOTO株式会社

トイレは長く使うものです。初期費用はかかりますが、長期的に見れば節水型トイレのような新しいものにリフォームしたほうが経済的といえそうです。

メリット2:掃除がしやすくなる

新しいタイプのトイレは、掃除がしやすい工夫が満載です。

トイレ掃除で気になるのが水垢ですが、トイレの縁などにたまった水垢は、ブラシが届きにくく、知らず知らずのうちに汚れがたまってしまいます。

最新のトイレは洗浄水の出し方を工夫し、ぐるぐると渦巻き状の水流を出したり、泡によって洗浄力が高めていたりと、洗浄機能にこだわった商品が次々と市場に投入されています。水を流すたびに便器を洗浄する仕組みで、水垢や汚れがたまりにくいのが特徴です。

また、ブラシで磨きやすいように、便器の縁のないものや、温水洗浄便座の使用時に出てくるシャワーノズルの収納部分が平らになっているものも出ています。

メリット3:好みの空間作りができる

トイレ本体、壁や床の材質などにこだわれば、自分好みの空間を演出できます。

たとえば、スタイリッシュな雰囲気にしたいなら、タンクレストイレがおすすめです。

タンクレストイレは、その名の通りタンクがなく、フタを閉めればコンパクトにまとまります。

タンクの存在感が無くなり空間に馴染むので、いかにもトイレといった雰囲気を払拭できるでしょう。

また、スリッパを履くときや便座に座っているときは、何気なく床や壁に視線が向きます。

狭い空間に対して壁が占める割合が大きく、壁紙の色合いや風合いを変えるだけでも全体の印象がガラリと変わるでしょう。

シンプルで清潔感を意識した空間に仕上げたいなら、トイレ本体はタンクレス、壁紙は白、床は重厚感のある暗めな色のタイルなどでシックにまとめてみてはいかがでしょうか。無駄なものを極力なくせば、洗練されたイメージに近づきます。

メリット4:オプションでより快適に

トイレのタイプによっては、リフォームに合わせてオプション機能を追加することも可能です。

たとえば、便座だけでなく空間全部を暖めてくれる、暖房機能の付いたトイレがあります。

寒い季節のトイレは、中がひんやりし、何となく心細い感じがするかもしれません。

便座をはじめ空間全体が暖かければ、心身共にリラックスして過ごせます。

この他にも、消臭・脱臭機能が付いた便座や、アロマディフューザーが搭載され空間全体をよい香りで満たしてくれるモデル、便座に座ると音楽が流れ出すモデルなども注目です。

トイレはもはや、居心地のよさを追及すべき場所という認識に変わりつつあるのかもしれません。

オプション機能にもこだわって、トイレでリラックスできる空間作りをしてみるのもおすすめです。

トイレのリフォームにかかる費用の目安

トイレのリフォームにかかる費用の目安

トイレのリフォームにかかる費用には、大きく三つに分類できます。

トイレ本体の費用、トイレの設置に必要な費用、そして新たなトイレの設置に伴う床や壁の張り替え等にかかる費用です。

以下で詳しく見てみましょう。

トイレ本体の費用

トイレ本体にかかるコストは、特に機能を付けないシンプルなモデルで5万円程度が目安です。

今あるトイレに温水洗浄便座機能だけを追加したいなら、便座のみ取り替えましょう。

その場合は大体10万円前後が相場です。

これは温水洗浄便座の操作板がトイレの脇に付いているタイプの相場です。

リモコンタイプのものは少し高額になり、12万~14万円前後になることが多いでしょう。

さらに、タンクレスタイプや多機能型のモデルは、15万円以上する場合もあります。

設置費用

設置にかかるコストは、便座だけを交換する場合は1万円前後です。

専門の業者に依頼せずDIYで交換してしまう人もいます。

一方、トイレの本体を交換する場合には、2万〜20万円ほどかかります。

単に本体だけを交換する場合には比較的安くできますが、水道管を隠したりトイレに合わせて床材も変えたりすると、20万円ほどかかることも珍しくありません。

どこまでやるかで費用が大きく上下します。

和式から洋式にトイレを替える場合は、25万〜40万円ほどかかります。

これは、床に和式用の段差がある場合は段差をなくすなど、比較的大掛かりな施工が必要になることが多いためです。

その他、元のトイレにコンセントが付いていない場合は、コンセントを設置しなければなりません。

電気工事と配線を隠すための内装工事が必要になり、かかる費用は大体1万~3万円です。

床、壁の張り替えの費用

床のリフォームの相場は1万〜6万円ほどです。

ただし、トイレ本体を一旦取りはずす必要のあるタイルなどの床材や、高価な素材を使用する場合は、6万円以上かかる可能性もあります。

費用をあまりかけたくない場合は、クッションフロアがおすすめです。

柄が豊富なうえ低価格で購入できると近年人気を集めています。

クッションフロアから別のクッションフロアに張り替える際も、1万円前後で施工が可能です。

壁紙の張り替えは2万5000~4万円程度できる場合が多いでしょう。

ただし、室内全体でなく1面だけの張り替えならば、1万円前後に抑えられます。

まとめ

トイレのリフォームの種類や特徴、リフォームをするメリット、実際にかかる費用の相場などを見てきました。

リフォームには温水洗浄便座機能を追加するだけのものから、トイレ本体以外に壁や床を一新するもの、さらに便利な機能を追加するものまで、内容はさまざまです。

1回に使用する水の量が3.8Lと節水効果の高いトイレや、便器の縁をなくして掃除をしやすくしたものなど、最新のトイレの機能は進化しています。

リフォームの費用は、個別のケースによって違いますが、家の他の部分のリフォームと比べてそれほど高額にはならないでしょう。

これを機に、本格的にトイレのリフォームに乗り出してみてはいかがでしょうか。