購入希望者が内覧に来たら?

購入希望者が来た際のポイント

マンションなどの不動産を売りたい場合、査定をしてもらっただけで満足をしてはいけません。実際に売れなければ意味がないのです。大切なのは査定決定後、実際に売りに出した後に購入希望者が現れるかどうかです。購入希望者は内覧を希望することが一般的で、内覧せずに購入するということは稀です。自分の売りに出したマンションの内覧希望者が現れたら、ついついはりきって猛烈に住宅のセールスポイントをアピールしてしまいたくなる売主もいます。しかし、それは逆効果になりかねません。なぜなら、購入希望者は他の物件も何件も回ってきている可能性が高く、さらに住環境に対してもあらかじめ下調べをしている場合が多いのです。
そうなると、知識は売主以上のこともありますので、その状態でセールスをされても、すでに情報を知っている場合は鬱陶しいとすら思われてしまうのです。また不動産会社からすでに同じようなセールストークを聞かせられていて、うんざりしている場合もあります。実際にそういう購入希望者は多く、慣れていない売主は注意する必要があります。だから、特にアピールは必要ありません。内覧する希望者をただ見守っていて、何か質問をされたときだけ、誠実に答えれば大丈夫です。
マンションに限らず不動産はとても大きな買い物ですので、購入希望者の見る目は厳しいです。不動産を売る場合は、査定の後も気を抜かず、根気よく待ち続ける覚悟をしておく必要があります。査定はあくまでも、マンションを売る前段階でしかありません。

Top