耐震構造物件の付加価値

日本は地震の多い国です。特に、東日本大震災が起こった後は、建物の耐震設計がとても重視されるようになりました。それは不動産の価値にも影響を与えています。同じ地域に建っていたマンションや家なのに、地震が起こった時に全壊してしまったり、半壊だったり、瓦が落ちるだけでダメージが少なくて済んだりといったケースがあります。同じ地域なのにこれほど差があるのは、耐震設計が建物によって違うからです。一般に、古い建物よりも新しく作られた建物のほうが耐震設計もしっかりしており地震にも強い傾向があります。住む人間としても同じマンションなら、地震で全壊しないマンションを選びたいと思うのが普通です。
そういうわけで、マンションなどの不動産を売却する際の査定項目として、耐震設計であるかどうかが非常に大切になりました。特に、地震の多い地域では築年数や耐震構造が高額査定のキーポイントとなります。耐震設計については、公式や計算が非常に難しく、到底素人には理解ができません。しかし、物件を売るのでしたらやはり気にしたい査定項目です。不動産業者に査定を依頼する前に、物件の構造を建築士などの専門家に見てもらったら耐震設計について教えてもらえます。そのうえで売ったほうが、後悔の少ない売買となります。売るほうとしても買うほうとしても、マンションなどの不動産は、地震に強いもののほうが安心です。耐震設計については不動産を売却する際は念頭に置いておきましょう。

Top