査定価格の落とし穴とは?

中古マンションなどの不動産を売りたい理由はいろいろとあります。「急にお金が必要になった」「もっと新しいマンションに住みたい」「遺産相続したが、自分には管理ができない」などです。そういうときはまずマンションを査定に出します。しかし、素人が不動産の売買をしようと思ったら、知識がないと落とし穴にはまってしまうことがあります。引っ越し先をはっきり決める前に売買契約を始めてしまうと、売買が決まったのに住む場所がまだ決まらず住まいがなくなってしまうということになります。時期を慎重に見極めながら契約を結ぶ必要があります。また、一つの会社でのみ査定をとるよりも、複数の会社から査定を取ったほうが不利な契約をされずに済みます。不動産市場は時期によって価格が大きく変動します。売る時期を間違えてしまうと思ったよりも低い値段で売買することとなってしまいます。
査定額の目安としては、インターネットで簡易的に査定をしてくれるサイトがあるので利用すれば参考になります。また、不動産の専門家に相談してみるとより詳しく価格評価の根拠などを教えてもらえます。いずれにせよ、あくまで参考であり、相手や状況によって価格が前後するということは留意しておく必要がありますが、著しく不利な価格を提示されたときに踏みとどまることができます。どういう場合でも、依頼して提示された査定額は、詳しく根拠を聞くことが大切です。マンションは大きな商品ですので、納得のいく値段で売ったほうが後悔しません。

Top