査定から売却は焦らない事

さまざまな理由で一刻も早くマンションを手放したいケースががあります。しかし、家を売るときに焦りは禁物です。焦って売ろうとしている様子は、不動産業者にも伝わるので、足元を見た査定額を提示されてしまう場合があるからです。たとえば離婚が原因で家を手放す場合、配偶者と過ごした家が不愉快だとか一刻も早く手放して忘れてしまいたいだとか口走ってしまったら、不動産業者には「急いでいるなら他の会社での見積もりもとらないだろう」と判断されてしまいます。その場合は一般的な相場よりも低い相場を提示されてしまうケースもあるのです。
それでもいい、とにかく早く家を売ってしまいたいという人はそれでいいでしょう。しかし、どうせなら高い値段でマンションを売りたいというときは、一つの業者で決めてしまわず、複数の不動産会社から査定をだしてもらったほうが有利です。また、瑕疵担保責任というものがあります。査定のときにはしっかりと担当者に見てもらって、売れる水準に達していないような状態なら、先に修繕して売れる水準にしてから売買したほうが、後から修繕費を請求されるなどのトラブルを避けることができます。売る前に自マンションの見積もりや売買手数料などのかかる費用や、どのくらいの値段で買い取ってもらえる等の査定は出してもらい、よくよく考えて不動産業者は決めます。このように、マンションを売るときに焦っても良い結果にはなりません。よく吟味して売ることが大切です。

Top