新築一戸建ての売却査定

急いで売りたい場合には、低めの売却価格になってしまいがち

新築一戸建て住宅を建築した直後に、なんらかの原因で急いで現金が必要になり、新築したばかりの物件を売却することが必要になる場合があります。
そのような時には、不動産の仲介業者の元に行って、査定を受けたうえで売却金額を決定することになりますが、急いで売りたい場合にはどうしても値段を下げないと新築一戸建て住宅は売れないため、低めの売却価格になってしまいがちです。

戸建住宅を売却価格は、不動産会社によってまちまちです

新築一戸建て住宅を売却する際の査定価格は、不動産会社によってまちまちですので、少しでも高く新築一戸建て住宅を売却するためには、複数の不動産会社に査定を依頼することが必要になりますが、それはとても面倒なことです。インターネットのサイトの無料査定オンラインは、無料でオンライン査定のサービスを行なっており、不動産会社まで行く手間が省けます。

一度に全国700社以上の不動産会社の査定を受けることができ、わずか60秒で値段がはじき出されます。その結果を見て、一番高い価格をつけた不動産会社に行くと、最高値で新築一戸建て住宅を売却することができます。

併せて読みたい記事

Top