宮城県のマンション売却相場

宮城県の中古マンションの平均売却価格は1765万円

2014年2月の宮城県の中古マンション価格(70平米換算)は1765万円で、前月比で0.2%の上昇となりました。なお、仙台市では前月比0.5%上昇の1821万円でした。同市青葉区、宮城野区などでの価格上昇が全体の数値を押し上げた形です。全県での築年数は20.2年となっており、これはほぼ全国平均値です。マンションオーナーにとっては、引き続き安心して売却できる時期であると言えるでしょう。

近隣県と比較すると、価格では東北6県中1位(2位の山形県と約200万円差)、平均築年数の浅さでは4位(1位の山形県と約6年差)となっています。ただし宮城県は価格・平均築年数とも前月比の変動が少ないのに対し、他県での価格が12.3%差(青森県)、平均築年数が3.4%差(山形県)となっている事から、宮城県のマンション相場はほぼ安定している事が伺えます。
その他の政令都市を擁する道府県と比較しても、同県の相場は安定しています。この事は、マンション売却の時期にある程度の融通が利く事を示すものではないでしょうか。

Top