売る時にかかる税金について

マンションなどの不動産を売った場合の所得は譲渡所得や事業所得とは違うものとして扱われます。具体的には、建物の取得費用と譲渡費用を足したものから売却額・特別控除額を引いたものが譲渡取得となります。処分した不動産の買った時の代金・その不動産を入手するために発生した諸々の費用やリフォーム代・建物の取得用から減価償却費用を引いた金額が取得費となります。このように、マンションを不動産に査定に出す際、税金のことも考えなければなりません。不動産は、取得時・売却時・維持時にそれぞれ税金がかかるのです。それぞれの項目の規定はとても細かいので、素人では分かりづらいことも多いです。税理士に依頼して計算してもらったり、税務署で確認してもらったほうが無難です。
また、譲渡費用は不動産を取得するための仲介手数料と考えるとわかりやすいです。特別控除額は家を処分する際に受けられる控除額を指します。住んでいた期間は関係なく、最大で3千万円まで受けられる控除です。譲渡取得は所得期間が5年を超える場合と5年以下の場合で計算の仕方が分かれます。5年を超える長期間の場合なら、売却時には軽減税率が適用されます。このようにマンションを査定に出すときの税金問題は複雑です。よくよく担当の人に話を聞いて、それでもわからなければ税務署に確認しに行ったり税理士を雇ったりするといいでしょう。マンションを査定に出したいときは、物件そのものの査定額だけではなく、税金のことも考慮にいれなければなりません。

Top