地方の不動産査定の現状

少子高齢化がどんどん加速し、大都市部への人口集中が問題となっている日本国内ですが、地方の山間部では過疎化が深刻化し、一部の地域では社会生活そのものが破綻する危機に直面している地域もあります。過疎化の最大の要因は若者の地元離れが進んでいることであり、一旦都会の利便性の高い生活に慣れ親しんでしまうと故郷に帰ろうという意識が薄れていくというようなことになるのかもしれません。しかし、故郷には実家があり、自分の両親もいます。やがて両親も他界し、それでも自分の故郷に戻らないということであれば、その実家を相続したとしても無駄になってしまいます。このような場合は不動産査定をしてもらい、売却をすることを考えるのも良いかもしれません。
例えば、実家がマンションであれば思わぬ高額な査定をされることもあるかもしれません。不動産の中でもマンションの需要は全国的にも高まっており、地方によっては購入時よりも高額な査定をしてもらえるマンションもあります。この背景にあるのは、長い都会生活に疲れを感じ、地方に移り住みたいと考える人が増えているということがあるからです。そのため、誰も住んでいないマンションや不動産を持っていて、その使い道が明確になっていないのであれば査定をしてもらうことも良いかもしれません。地方であっても立地的に利便性が高いとか、その他の条件が良いのであれば思わぬ高額査定で不動産所得を得られることも少なくありません。

Top