人が住んでいない不動産は、老朽化しやすい?

持ち家の戸建やマンションを何らかの理由で引越しなどに伴い、空き家にする場合、賃貸として不動産に依頼を出したり、空き家として現存させたり、あるいは売却するなどの方法があります。賃貸や売却する場合は不動産に査定を出してもらい、手続きをすれば良いですが、空き家として現存する場合は、家のメンテナンスなどにかなり手間がかかります。また空き家にすると、今まで住んでいた人々によって成り立っていた家は、その機能を急速に減退させます。それによって、家は一気に朽ちていきます。周りの植物も荒れ放題になり、家の中もほこりやちりにまみれてしまいます。建具なども軋みだし、害虫被害などがある家では、空き家にすることで害虫達の格好の隠れ場になってしまいます。このように戸建もマンションでも関係なく、家は主を失うと急速に朽ち果てるのです。
そこで、空き家の有効活用のため、不動産へマンションや戸建を査定にだします。賃貸や売家としての付加価値をもう一度つけるのは家にとって、最もよい方法です。特にマンションは賃貸としてはかなり需要があるので、不動産で査定してもらうのは得策です。そして査定してもらう時期もできるだけ早い時期に不動産で金額を提示してもらうことも重要です。空き家に付加価値をつける事で空き家の管理からも解放されます。このように空き家ではなく、賃貸や売家としての付加価値を付けてあげると、家もまた新たに再生して、人々の空気に触れることで朽ち果てることなく、生き続けるのです。

Top