中古物件に潜む落とし穴

マンションや戸建てなどの不動産を購入する際には、なるべく予算内に費用を抑えて、月々のローンの支払いを楽にしたいと願うものです。限られた予算の中で不動産を購入するとなると、中古物件を視野に入れて家さがし・マンション探しをする人も多いものです。

中古物件は、リーズナブルな価格が魅力的ですし、リノベーションすれば自分仕様の快適な住まいにすることも可能になりますので、新築とさほど変わらないというイメージを持つ人も少なくありません。実際に、住む分には問題なく住める場合がほとんどですし、リフォーム済みの物件であれば、ほぼ新築と変わらない印象の内装の家がほとんどです。しかし、住み替えや売却をする可能性を考えると査定の面で問題が生じてきます。

マンションや一戸建てなどの不動産を売却するときの価格は、不動産の査定金額によって決まります。査定する際には、築年数はとても重要な要素です。築年数が長ければ長いほど、建物自体の査定金額は下がってしまうのです。土地の価格が突然大きく変動することは少ないものですが、建物の年数による査定金額の減少は確実に起こりうる問題です。
ですから、マンションや一戸建ての中古物件を購入する際にはそのような売却の際の落とし穴があるかもしれないということを念頭に入れておく必要があります。事前に建物が築年数によってどの程度売却の際に安くなってしまうのかということを調べたり、信頼のおける業者に相談することも大切です。

Top