中古戸建ての売却査定

一般の人にとって不動産の売買というものは、一生のうちに何度も行うものではありません。ですから、いざたとえば自分の住む一戸建てを中古戸建てとして売却に出したいとなった時に、どうすればいいのか分からないというのはいたって普通のことです。中古戸建てなどの不動産を売却する場合、不動産仲介会社に売却の代理をお願いする事になります。しかし多くの不動産会社が多くある中、どの不動産会社に売却を依頼するべきか悩んでしまうこともあるでしょう。
不動産会社の選定の基準として最も一般的なのが、査定額の高い会社を選ぶということです。不動産会社に依頼する前に、自分の所有する売りに出したい中古戸建てを不動産会社の人間に査定してもらうのです。ある会社はその中古戸建てを二千万円で売りますと査定をし、ある会社は二千三百万円で売りますと査定した場合、なんと三百万円もの差がでるのです。従ってなるべく多くの不動産会社に査定を依頼するのがコツと言う事ができ、イエイのようなサイトで、一括で複数社に対して査定の依頼ができます。家にいながらにしてインターネットで簡単に見積額の比較ができるのです。悪質な不動産屋もいないので安心です。

Top