不動産売却時の必要書類を知っておこう

マンションを売買する場合は、簡単に契約が締結するということはありませんし、基本的には売買契約書や不動産の登記を必要とします。この他にも不動産の売買には色々な書類が必要になりますので覚えておいたほうが良いでしょう。
マンションなどの不動産を所有している人が売却したいと考える場合は、まず査定をしてもらうことから始めるものですが、この際には特に書類は必要ありません。査定の結果、実際に購入希望者が現れ、売却することになれば不動産の価格、手付金の額や、支払日、その他留意事項等が記載された売買契約書が必要になります。また、これと平行して用意する必要があるのが印鑑と印鑑証明書、印紙、権利書、固定資産税納税通知書、建築確認通知書と検査済証、前面道路登記簿謄本実測図、建物図面、土地建物登記済の証、建築協定書、付帯設備に関する書面、物件状況報告書、身分証明書などがあります。この他にも、マンションのローンの残債があればローン返済予定表も必要で、これはローンを借りている金融機関から配布されます。さらに、管理規約や総会資料なども売却する時に必要ですので用意をしなければなりません。この中で付帯設備には特に注意をしなけれなばなりません。例えば、マンションに設置してあるエアコンや給湯器が付帯設備として査定の対象になると売却をした場合はそのまま購入者の所有物となります。そのため、もしも付帯設備は別の場所で使用したいということであれば取り外す必要がありますので、査定時に確認してどのようにするかを決める必要があります。

Top